自由民主党 柏市議会議員・円谷のりひと 公式ブログ

千葉県柏市議会議員 円谷のりひとの議会・活動報告、政策提言など。記事には政治活動以外の内容(雑記)も含まれます。

新時代の夜明け~日本陸上選手権~

2007年07月01日 21時15分19秒 | 陸上(ライター時代の記事)
大阪世界陸上を控えていることもあり、例年以上の注目を集めた今年の日本選手権。
結果は有力選手が前評判通りの結果を残す順当なものであった。
なかでも末續、為末、室伏、それに福士や池田といった世界大会常連組はさすがのひと言。
調整過程にもかかわらず、つまずくような気配はまったくなし。
ここではレベルが違うといわんばかりの強さを見せた。

大きな番狂わせがあったわけでもなく、超新星が現れたわけでもない。
だのになにが新時代なのか。
それは、出場選手の所属先にあるチーム名が目立ったことである。

そのチーム名とは、新潟アルビレックス。
アルビレックスはJリーグクラブをはじめ、バスケットボールや野球チームも抱える総合スポーツクラブの陸上チームだ。

これまで、陸上といえば学生か実業団と相場が決まっていた。
しかも、実業団陸上は斜陽といっていい。
特に駅伝やマラソンにつながらない短距離、フィールドは廃部になることも多く、
教員にでもならない限り大学卒業後の競技続行は難しくなっている。

そんな時代に逆行するように登場したのがアルビレックスである。
今大会、アルビレックス勢は、エース格の久保倉は女子400メートルハードルで優勝、平地の400メートルでも2位となった。
さらに女子1500メートルで太田が9位に入るなど、確かな足跡を残した。
今後もこうした活躍が続けば、陸上を続けるための選択肢として、新たな道が開けるかもしれない。

そして、願わくばしっかりと取材し、ひとつの記事にしてみたいと思う。
私は野球を愛し、サッカーを日常としている。
だが、もう一度高校時代に戻れたとしたら、私はもう一度陸上競技部の門をたたくだろう。
それは青春に対する郷愁ではなく、陸上競技というスポーツにそれだけの魅力があるからだ。

クラブチームという新しい競技生活の道。
それが確立されるかどうかは、アルビレックスの今後にかかっているといっても過言ではない。
ライターとして、元陸上選手として。
その行く末に注目したい。