蜜柑のつぶやき ~演出家の独り言~

NPO法人劇空間夢幻工房の演出家/青木由里の日々の呟き。脚本執筆・役者・ワークショップ講師も兼業する舞台人日記♪

令和2年度 劇団本公演「維新の彗星」公演情報解禁!

2020年06月03日 13時02分17秒 | 日記

劇団本公演情報解禁!

 【NPO法人 劇空間夢幻工房 劇団本公演 PLANNING STAGE vol.16】
 
 ※芸術文化振興基金助成事業
 ※共催:上田市/上田市教育委員会/飯山市/飯山市教育委員会
 
タイトル 『 維新の彗星 ~信州の偉人 赤松 小三郎~』
原作 「龍馬の影 悲劇の志士・赤松小三郎」江宮 隆之(河出書房新社 )
脚本・演出 青木由里
日程  2021年2月下旬~3月下旬
会場  上田市(サントミューゼ 小ホール)
    飯山市(なちゅら 大ホール)
    長野市(松代文化ホール)
出演  青木 賢治/坂本 真由美/村松 沙理亜/滝澤 里香
    松本 恭子(ことたま座)/窪田 裕子(ことたま座)
    水嶋 義人(演劇集団 真田CROSSーB)
    島津 則雄(銀杏座)
生演奏 牧美花(バイオリン)
制作  NPO法人 劇空間夢幻工房
 
詳細は劇団公式HP「連絡掲示板」をご確認ください。
 
2015年、堀直虎公の脚本執筆にあたり
原作「将軍慶喜を叱った男 堀直虎」の著者
江宮先生にヒアリングをするため
山梨県まで伺った時に
先生から著書「龍馬の影」をいただいた。

江宮先生、ありがとうございました♪

  

龍馬って、もしや坂本龍馬?

興味津々で読み始めたところ
読みやすくて面白くて一気に読了。
 
日本で初めて議会制民主主義を唱えたのは
坂本龍馬だと思い込んでいた。
けど、本当は赤松小三郎氏だったのか・・・

上田藩にこんな凄い人がいたなんて・・・

明治維新はかなり調べたし
本もたくさん読んだつもりだったのに
名前すら知らなかった・・・

まだまだだなー💦

堀直虎公もそうだったけど
信州の偉人と言える方なのに
知らない人のほうが多いよね

いつか必ず舞台化しよう!
 
と思ったのが昨日のことのよう。

けど、気づけば5年の時が過ぎていた💦

江宮先生は「龍馬の影」を執筆された後
上田市にて“赤松小三郎”氏の講演され
赤松氏ゆかりの方々との人脈も多い。

で、昨日早速、先生にメールにて
上田市の「赤松小三郎顕彰会」の方を
ご紹介してくださるようお願いしたところ
すぐにお電話をくださった!

毎回すぐにお返事をくださるんですよ~
信頼できる素敵な先生です♪

ご紹介いただいたのは上田市の某ホテルの女将・Kさん♪

今朝、Kさんにお電話して
赤松小三郎氏についてお話を伺いたい旨を
お伝えしたところご快諾をいただいた。

江宮先生、Kさん、誠にありがとうございます!

ただ今は10月の北斎ホールシアターが始動し
その台本を書き上げるのが先決💦

ひと段落したら上田へヒアリングに伺わせていただく予定。

今回の劇団本公演は
少人数で役者が多役を演じ分け
音楽、歌、身体表現を交えた
小空間エンタメにしたいと思っている♪
 
少人数は機動力が高く巡回公演が可能💛
  
ということで、県内3都市にて上演させていただくことに!

客演として、ことたま座の恭子ちゃんとクボちゃんの他
昨夏、小布施野外シアターで福島正則公を演じた島津さん
創立20周年記念公演でキルを演じた水嶋さんの出演が決定♪
 
どんな舞台になるかな~
楽しみで仕方ない♪♪
 
今回も芸術文化振興基金よりご助成いただき
また、上田市と飯山市からご共催をいただきました。
 
ご尽力を賜りました関係者の皆さま
誠にありがとうございます!
 
コロナ禍の影響が心配だけど・・・
無事上演できることを祈って
夏頃から執筆にとりかかろう(^^♪
 

皆さま、今からご予定をあけておいてくださいねー


コメント   この記事についてブログを書く
« 未だ届かず・・・マスクと給... | トップ | 小布施「北斎ホールシアター2... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。