アンティークのある暮らし  DORIS

ハウステンボス在住のネットショップ「DORIS」店長のブログです。http://mttaki.shop-pro.jp/

飲食店に前払い~ちょっと良い話・・・

2020年04月10日 | 日記
連日の「コロナウィルス」関連のニュースを聞いて不安で一杯の日々を送っている中、昨日の夕方のNHKの長崎放送局では「ちょっと良い話」を報道していました。

それは、長崎市の職員の方たちがコロナウィルスの影響でキャンセルした「宴会」のお代金(確か18万円くらい)を前払いでお店に払ったとのこと。

そして、お店からは領収書を受け取り「いつかまたお店で宴会ができるようになったらその時のために・・」とのお約束をしたとのこと。

ニュースを聞いて「私たちもこういう形でお店の人たちを応援したりできるのよね」とアイデアをいただいたような気がしました。

今は、たとえお店が営業を続けていたとしても心理的に「自粛要請が出ているのに飲食店に行って良いのだろうか・・・」という思いが働くので、協力してあげたいと思ってもなかなかお店に行くことはできません。

でも、「次回のために今払っておきますね」という形でならお店も助かるし、経営者も「よおし、それまで頑張るぞ・・・」という気になれるのではないでしょうか。

(政府があてにならないから)、こんな時こそお互いに助け合える社会になると良いですね。
コメント

フランス&英国アンティーク籠のお写真・・・

2020年04月09日 | ネットショップ
「毎日コロナウィルスのことばかり書くのはあまり気が進まないなあ・・・」と思っていたら、お得意様からお電話がありました。

てっきり「叱られるのかしら・・・」とびくびくしていたら「落ち込んでいらっしゃるより、怒っている方が素敵です・・」とお褒め(?)の言葉をいただいてしまいました。

「共感してくださる方がいらっしゃるのだわ」と元気が出ました!

そして以前、私のブログで紹介したことのある籠のお問い合わせをいただいたのですがネットではご紹介していなかったので、お写真をご紹介します。

まず、こちらのフランスのアンティークの籠ですが、私は普段レースなどの材料を入れて使っています。



お色は明るいブラウンです。





サイズは、約38センチ×29センチ 高さは約22,5センチ

そしてこちらは、英国のアンティーク籠ですが、



玉ねぎなどのお野菜を入れるのにはこちらの方が良いかもしれません。





サイズは、約38センチ×21センチ

よろしくお願いいたします。

コメント

桜が散ってしまいましたが・・・

2020年04月08日 | 自己紹介


待ちわびた桜の開花も十分に楽しむ余裕もなく、すでに葉桜に・・・

朝、連れ合いが家を出る際に「あまりコロナ関連のテレビを見ないように。散歩は自粛しなくてもいいんだからね」と言って出かけて行きました。

わかっています。でも、見ずにはいられません。

でも、安倍首相の顔は見たくないので昨日の「演説」の放映が終わってからテレビの前に・・・

本当に、「この人」の顔を見ると腹が立ってきます。

私が「この人」が苦手なのは最近のことではなく、「この人」が最初に首相をしていた時からなので、かなり昔からです。

詳しいことは書けませんが、「この人」の行動が「卑劣で許せない」と思う出来事があり、私は「信頼できない人だ」ということを見抜いていました。

なので、「森友問題」や「桜を見る会」で批判されるようになっても「この人ならやりかねない」と思っていましたし、「そういう人を政治家に選んだ国民も悪い」と思っています。

しかし、昨日の「緊急事態宣言」を聞いて(テレビは見ないで声だけ聴いていました)、感じたのはいつも通り、「国民に対する思いが全く伝わってこない」のです。

自粛しなければいけないとわかっていても(または、コロナ感染リスクがあるとわかっていても)、今日働かなければ生きていけない人や、テレワークも出来ずに満員電車に乗らざるを得ない人たち。

そして、夫の収入だけでは生活できないので妻も非正規(派遣)社員として働かざるを得ない中、いきなり解雇され妻の収入がなくなっても世帯主でないので給付金はもらえないとのこと。

「30万円を支給します!」と声高に言い切りながら、実際には約2割の人たちしか貰えないとのこと。

安倍首相の演説は「自分がいかに国民のための政治をしている優れた政治家であるか」と自慢しているように聞こえてならないのです。

生まれた時から恵まれた環境で育った人には「ぎりぎりの生活の中で暮らしている人たち」や「食べるものがなくて飢えに苦しんでいる」人たちの苦しみが理解出ないのでしょう。

いえ、想像力のある人ならたとえ自分が恵まれた環境で育っても「恵まれない人たち」に思いを馳せ、そういった人たちのために力になろうとし、活動をする人も沢山います。

しかし、残念ながら私には「安倍首相」には想像力が欠如しているとしか思えません。

五輪や改憲を実施して自分の名を残すことに執着していると思われても仕方ないです。

「アンティークがメインの楽しい話題を提供するブログなのだから政治的な話題は書かないように・・・」と再三連れ合いにも注意されましたが、今日もまた書いてしまいました。

でも、嬉しいこともありました。

ミセステーラーを通して親しくなった友人からラインで「今の政府はアメリカ同様日本も最悪だと思います・・・」というメッセージが届きました。

彼女は私とは正反対で、「いつも笑顔で穏やかで決して人の悪口を言わない女性」と思っていたので、彼女の口から「安倍批判」が出るなんて意外でした。

なので、わかってくださる方はいると信じて書いています。

それから、数日前にニューヨーク在住の友人から私が送った食材が届いたとの連絡が入りました。

そして、苦労したけれどやっと「失業保険」の手続きが済んだとのこと。

「これでやっと家賃が払える」というラインを受け取り、私も一安心しました。

今は、こうした「ささやかな嬉しい出来事」が大きな喜びになっています。

私も怒ってばかりいないで「ささやかな楽しみ」を見つけて過ごしてみたいと思っています。






コメント

チューリップとカステラ・・・

2020年04月07日 | ハウステンボス
ハウステンボスがまた「休園」するというので土曜日の午後、散歩に出かけました。

それなりにお客様もいらっしゃり、すれ違う方たちの中には沢山のチューリップを抱えているのを見かけたので「もしや・・・」と思い、声をかけてみると「チューリップの球根のプレゼントは3時半まででしたよ」とのこと。

時計を見るとすでに3時半を過ぎていたので「しまった!」とがっかり・・・

前回、訪れた際にもまだ綺麗に咲いているチューリップが沢山トラックに積み込まれていたので「どうせ捨てるのならいただけないかなあ・・・でも、黙って持って行くのは泥棒だからいけないよね」と自制したのです。


まだあんなにきれいに咲いているのに、次回訪れた際にはもうチューリップはなくなっていることでしょう・・・

「もう少し早く来ればよかった・・・」と後悔しながら、その後ゴンドラに乗っている方たちを見かけたりしながら、



「カステラの城」に行き、少しお安くなっていたのでお世話になっている方に送ることを思い付き購入しました。

ご高齢なので多分あまり外出もできずにお家で籠っていらっしゃると思われる、「大切な人たち」にお手紙を書いて贈り物を届けたいと思っています。
コメント

ハウステンボスもまた休園に・・・

2020年04月04日 | ハウステンボス
この1週間、ごみ捨て以外は家から一歩も出ない生活を送っています。

「おこもり生活」は苦手ではない私もさすがにむずむずしてきてそろそろハウステンボスにでも散歩に行こうかしら、と思っていたらまた明後日から休園とのニュースが・・・

その影響でお隣の「ホテルオークラ」も9日から30日まで臨時休業するとのこと。

私と連れ合いの楽し「楽しみ」は月に一度ほどの週末に12階のバーで飲むことだったのですがしばらく行けません(と言うか、もしオープンしていたとしても「こんな時に飲みに行って良いのだろうか・・・」と思っていたので行くことは諦めていたと思いますが・・・)。

でも、前回行った時にあまりにもお客様が少なかったので「もし、従業員の方たちが辞めさせられたらお気の毒だからなんとか応援してあげたいよね」と連れ合いと話し合ったのも事実です。

「頑張っている人たちを応援したい。でも、こんな非常事態時にレストランやバーに行くのは良心が咎める・・・」という葛藤に陥っています。

すでに、ハウステンボスで働く「臨時社員」の方たちが解雇されたとのことで、突然辞めさせられた人たちは「寮を出て行かなければならず途方に暮れている・・・」とのこと。

連れ合いの勤務する大学も「苦学生」や「留学生」が多いので、アルバイトをしなければ学業を続けられない学生さんたちも沢山いるとのことで彼らのことを考えると胸が痛むとのこと・・・

今日も「楽しくない話題」で申し訳ありません。
コメント

マスク要らないから現金支給を早く・・・

2020年04月03日 | 日記
今日もまた「重たい話題」を書きますが、やはり国民の一人として「それはおかしいのでは?」と政府に対して意見を言わなければ(黙っているのは)「肯定していること」だと思うので、書かせていただきます。

私はフランスのパリとリヨンに在住の方のブログを毎日愛読しているのですが、お二人とも今回の安倍総理の「マスク2枚を支給します」とのニュースについて、「エイプリルフール?笑っちゃいました・・・」と書かれていました。

コロナウィルスの蔓延に対して危機感を抱き、普段から気をつけている人たちはたとえマスクが入手できなくても自分たちで工夫をして「布製のマスク」ならすでに作っています。


「不繊紙とホッチキスで作れるマスク」の作り方をブログで紹介している方もいらっしゃいますし、ネットで「簡単マスクの作り方」と検索すればわかります。

私は、次のような「折るだけで作れるマスクの作り方」を実行しています。

こちらはコットン布地のハンカチですが、4枚にたたみ、両端を折りゴムを通しただけです。



そして、こちらはいただきものの「ふきん」ですが、使い道がないと閉まっておいたのを思い出し、作ってみることにしました。



こちらも、3枚に折り畳み、自分の顔のサイズに合わせて折り、ゴムを通せば完成です。



連れ合いがさすがに「花柄のはちょっと・・・」と言うので、思いついたのがやはり「ふきん」です。

ガーゼも入手できないので、台所用のふきんをみて思いつきました。

このふきんはガーゼのような素材ですし、中にも布が入っており厚みがあるのでハンカチなどよりは少し効果があるような(?)気がします。

一枚のふきんで二枚作れるし、「100均」などでも買えますし、とても簡単です。

こちらは、顔のサイズに合わせて両端を縫っています。



2回お洗濯したので、少しよれよれになっていますが、連れ合いはこちらのマスクを気に入り、使ってくれています。

以上のように、今、必要なのは「たった2枚のマスク」ではありません。

本当に困っている人たちに「至急に現金を支給」してあげてください!

私も子供の頃「母子家庭」で育ったので母親が失業した際にはお腹いっぱい食べれないこともありました。

今まさしく、そういう大変な状況に追いやられている人たちが沢山いるのではないかと思います。

一日も早くと願わずにいられません。



コメント

「英国の医療事情」について・・・

2020年04月02日 | イギリス
今朝の「西日本新聞」に掲載された「プレイデイ・みかこ」さんの文章を読んで私が英国に滞在していた約20年前のことを思い出しました。

英国にはNHSという「国民保健サービス」制度があり、無料で医療を受けることができます。

そのサービスは外国人の一時滞在でも受けることが出来るので、留学生でも病気やけがをした時には無料で診療してもらうことが出来るのでとても助かりました。

英国では直接大きな病院に行くことはできず、最初に地域のGPと呼ばれるホームドクターに登録をする制度になっています。私の場合は連れ合いが大学院生だったので、まず最初に大学の構内にある「診療所」でGPのドクターの診察を受けました。

そこで「胃カメラの検査」を受けることを勧められ、大きな病院を予約していただきました。

正直言って昔日本で胃カメラ検査をした際には太い管のような物を胃の中に入れられてとても苦しくて「二度と受けたくない」と思っていたので躊躇したのですが、なんと全身麻酔で痛みは全く感じませんでした。

しかも、眠りから覚めると看護師さんが暖かい紅茶を用意してくださり、ほっと一息をついてから帰宅しました。

「なんという素晴らしい医療制度!やっぱり、イギリスは素晴らしい!」と思い、益々イギリスが好きになってしまいました。

幸い胃の検査は異常がないとのことで、私の場合は「ストレス」だったのかもしれません。

しかし、そのNHS制度も緊縮財政で慢性的な人員不足で緊急での外来の待ち時間は最悪になっているというニュースを耳にするようになり、一晩中廊下に置かれたベッドの上で苦しむ患者さんたちの姿も報道されるようになりました。

一応「歯科」も無料ですが、時間もかかるしあまりちゃんとした治療は受けれないとのことで、ミセステーラーは「個人の歯科医院」を利用していたので「治療費が高い」とこぼしていました。

そういう状況の中、この「コロナウィルス」蔓延で、英国もさらに大変な状況に・・・

なので、英国政府はリタイアした「医療関係者」さんたちに復職を呼びかけたそうですが、日本でも同じような状況に陥らないことを願っています。





コメント

ハーフドールさんたちを使ってティーコージーを作りませんか・・・

2020年04月01日 | ネットショップ
「コロナウィルス」のことが頭から離れず、作ったケーキの写真を撮っても「こんな時にお気楽な独りよがりの話題」を載せてもよいのだろうか、と悩んでしまい、なかなかブログの更新が出来ずにいます。

でも、以前コメントをくださった「ままちゃんさま」の(「こんなご時世だからこそ、人はたとえば「貴女」の「日常」を垣間見てほっと息をつけるんではないでしょうか。あまり悲観的に考えるとそこから負を引きつけるのではありませんか・・・」)というお言葉を思い出し、あまり「悲観的」になるのは良くないと自分に言い聞かせています。

そして、私が今出来ることは、ネットショップを通して「ささやかな楽しみ」を作ろうと思っていらっしゃる方の少しでもお役に立てることではないかと思っています。

先月も「自宅にいる時間が出来たのでバッグを作ろうかと考えています」とおっしゃるお客様からアンティークレースをお買い上げいただいたり・・・

「初めてですが、自分でティーコージーを作ろうかと・・」とおっしゃるお客様からハーフドールをお買い上げいただいたことを考え、昨日ハーフドール5点をネットショップにUPしました。

冒頭写真のハーフドールさんは昨年末訪れたパリのアンティークショップで出会ったのですが、あまりにもドレスがボロボロでしたのではがし、洗剤で汚れを落としたらとても美しいレディになりました。



こちらのハーフドールさんもドレスはまとっていませんが、とても魅力的なお顔をしていますので素敵なティーコージー、またはランプシェードなどを作ることが出来ると思います。





そして、こちらのハーフドールさんは英国の「エリザベス女王1世」みたいですね。



ハーフドールをお買い上げいただいた方には「ティーコージーの作り方」のプリントを差し上げていますので、ご希望の方はお知らせください。

他にも「お求めになりやすい価格」のハーフドールさんをネットショップにUPしましたので、興味のある方はネットショップをご覧ください。



         ネットショップはこちらの「雑貨&小物」からご覧いただけます。



コメント

「門司港グランマーケット」の開催中止のお知らせ・・・

2020年03月28日 | 門司港グランマーケット
昨日、またもや4月に開催予定だったイベントの中止のお知らせが届きました。

毎年、年に2回、北九州の門司港で開かれる「門司港グランマーケット」は国内外から沢山の人で賑わうので私も出店を楽しみにしていました。

「中止?それとも、屋外で開かれるから大丈夫なのかしら・・・」と案じていましたが、やはり中止になったとのこと。

いくら屋外での開催とはいえ、沢山の人が集まるのでやはり中止にするのはやむを得ないと思うし、今の状況では賢明な判断だと私は考えています。

次回は12月11、12、13日の開催予定とのことです。

九州在住のお得意様方にお会い出来ないのは残念ですが、約8か月後の再開を楽しみにすることにします。

それまではネットショップをどうぞよろしくお願いいたします。

カップやフイギュリンさんたちなどをお安くしましたので興味のある方はネットショップをご覧ください。



       ネットショップはこちらからご覧いただけます。
コメント

「東京アンティークグランデ」の開催は中止になりました・・・

2020年03月27日 | お知らせ
突然ですが、来月開催予定だった「東京アンティークグランデ」の開催が中止になりました。

実は、私自身の体調があまり良くなかったので、すでに出店を諦めていました。

でも、「メルフォード」のオーナーさんとのシェアでしたので、私が止めてもお一人で出店してくださるとおっしゃってくださっていたので少し安心していました。

ところが、「東京が日ごとに大変な状況」になっていくことに対して不安を感じ「中止すべきはないか・・・」と思い始め、「ミルフォード」さんには本当に申し訳ないと思っていたところでしたので、「中止になって本当に良かった」と思っています。

楽しみにしてくださっていた皆さまには大変申し訳ありませんが、ブログにてお詫びを申し上げます。

どうか、皆さまもくれぐれもお気をつけてくださいませ。

また、いつかどこかでお会いできるのを楽しみにしています。

***********友人・知人のみなさまへ********

本日、脳神経外科でCT検査を受けてきましたが、異常は見られないとのことでしたので安心しました。

でも、年齢的なことも考えてこれからは「年に一度の定期健診」を受けようと思っています。

コメント (2)

感謝の気持ちを込めて・・・

2020年03月26日 | ネットショップ
こんな大変な状況なので(「ネットショップでお買い物をする気にはなれない」と思うので)、お買い上げ下さる方がいらっしゃることが本当に嬉しくて、プレゼントを差し上げています。

フランスのアンティークポストカードを買い上げ下さった方にはもう一枚ポストカードをプレゼントをお入れしましたし、

また、先日Mary Barker の妖精のプリント画をお買い上げくださった方には同じシリーズのプリント画をプレゼントいたしました。





当店を支えてくださるお客様に感謝の気持ちを込めて少しでもお礼を申し上げたいと思っています。

後、1年、なんとか頑張りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。


        ネットショップはこちらからご覧いただけます。









コメント

独り言・・・

2020年03月25日 | 日記
  *****これは私の日記です****

今朝パソコンを開いたら私が4月に宿泊する予定だったロンドンの棒ホテルからのメールが・・・

「3週間クローズします・・・」とのこと。

レストランや一般のショップなどがクローズしているのは知っていたけれど、まさかホテルまでクローズになってしまったとは!

それでも今朝のBBC放送では結構たくさんの人たちが地下鉄で通勤している様子が報道されていた。

しかも、誰もマスクをしていないし(売っていないから仕方ないとは思うが)隣の人との距離も保っていない。

ジョンソン首相があんなに必死で呼びかけているのに・・・

いや、わかっていても「仕事を辞めたら食べていけなくなるから苦渋の選択なのだ・・」と思う。

昨日、病院に行った帰りに郵便局に行き、ニューヨークに住む友人に食材を送ろうとしたら局の方が「飛行機も欠航便が増えているし、無事に米国に届いたとしてもあちらの郵便局でも配達が溜まっているようなのでいつ届くかわかりませんけれど・・・」とのこと。

「それは覚悟しています。でも、いつかは届くことを信じて送ります」と私。

コロナウィルスの影響で仕事も減っていたところに「外出禁止」になり、全く収入が途絶えてしまった友人のことを考えると胸が痛む。

せめてSちゃんの好きな日本食材を食べて少しでも元気になってほしいと思ってニューヨークでは買えないこんなおつまみと、



「豚アレルギー」のSちゃんが食べることができる「チキンラーメン」や「五島うどん」などを入れたのだが、



どうか、一日も早く届きますように・・・

ニューヨークの郵便配達さんも大変でしょうが、お願いします!

それにしても、昨日、スーパーに行き「豊富な食材」が山積みされているのを見て「日本だけこんなに恵まれていてよいのだろうか・・・」と感じたので、そのことを連れ合いに話すと「自虐的になるな」と言われてしまった。

「考えすぎる・・・」と人から言われる私の性格。

でも、私から見れば「なぜほとんどの人は明日は我が身」と思わないのだろうか・・・

「なぜ、自分だけは大丈夫」と思えるのか・・・

「絶対に大丈夫、なんてことはあり得ない。例えばコロナウィルスのことでもいつ自分が罹患者になるかもしれないのに・・・」

やっぱり、私はこんな時に「お気楽なことばかり」をブログには書く気になれない。

明日こそ、もう少し楽しい内容を書きたいと思うのだが・・・




コメント

雪柳ロード・・・

2020年03月24日 | お花・植物
「雪柳が綺麗に咲いているよ・・・」と連れ合いが言うので、夕方歩いてみました。

我が家の周辺の桜はまだ咲きそうにありませんが、雪柳は満開でした。



かすみそうもそうですが、白くて小さな花が大好きです。

コメント

ホームレスに宿泊提供・・・

2020年03月23日 | イギリス
最近、楽しくない話題を載せているせいか私のブログへの「アクセス数」が減っています。

でも、めげずに今の私にはとても興味のあることですので今日も書くことにします。

来月の9日からイギリスとフランスに買い付け旅行に行くために乗る予定だった航空券を本日やっとキャンセルすることができました(電話が繋がらなくて待ち続けました)。

相変わらず「鉄道」のチケットは払い戻しができません(悔しいけれど仕方ありません)。

フランスの鉄道はなんと1週間もたたずに払い戻しがされていました。しかも手数料はなしで(この差はなんでしょう=ストばかりのフランスの鉄道ですが見直しました)。

ユーロスターからは未だになんの連絡もありません(28日間ほど待ってくださいとのことですからいずれ連絡があるでしょう・・・)

イギリスでも「コロナウィルスの被害」が広がっているそうですが、ロンドン市は路上生活者(ホームレス)の人たちにコロナウィルスへの感染予防対策として、約3か月間ホテルを無償で提供すると発表したとのニュースを読みました。

ホームレスの人たちは感染後に重症化しやすい基礎疾患を抱えている場合が多く、自主隔離や手洗いも難しいことが背景にあるとのことで、カーン市長が決断されたとのこと。

しかも、私が普段利用している「インターコンチネンタルホテル・グループ」のホテルが協力すると知り、嬉しく思っています。

日本だったら、風評被害などが出て「感染者を受け入れた**ホテルに泊まるのはちょっと・・・」と敬遠されがちですが、「こんな時だからこそみんなで助け合いましょう・・・」ということになるのではないかと考えています。

次回、ロンドンに行った際には勿論「インターコンチネンタルホテルグループ」のホテルに泊まる予定です。
コメント

鶯の歌声(?)に癒されて・・・

2020年03月22日 | 日記
昨日は「重たい」内容のブログを書いてしまったので今日は気分を変えて・・・

朝方から降っていた強い雨が止むと鶯の美しい鳴き声が聞えてきたので、窓を開けてみると・・・



こちらの木々の上の方から聞こえて来るのですが姿が見えません。

ツグミやカササギなどの鳥の姿はよく見かけますが、鶯の姿はあまり見かけません。

写真を撮ろうとするとすぐにどこかへ行ってしまいます。

とてもシャイな鳥なのでしょうね。
コメント