伊賀・水と緑の会 http://blog.goo.ne.jp/mtomiga?

川上ダムの予定地には特別天然記念物のオオサンショウウオが約1、369個体確認されています。この素晴らしい水と緑を残そう。

連絡先はこちらから

当会へのメールはこちらからお願いします。

http://form1.fc2.com/form/?id=594503

上野森林公園にて8日まで「オオサンショウウオ調査観察企画展」が開かれています。

2022-05-06 14:20:02 | 日記

このGWには親子連れがたくさん訪れている上野森林公園。

そのビジターセンター内で、企画展をやっています。

なにげに伊賀市の川に棲息しているオオサンショウウオ。

特別天然記念物のオオサンショウウオのことを伊賀市の子どもたちは、どれくらい知っているのかな?

ビジターセンターを訪れて、オオサンショウウオの知識を深めてほしいです。

オオサンショウウオの実物は、残念ながら展示できません。

そのかわり、実物大のぬいぐるみ2体を展示させてもらっています。

今年も夜間の観察会をやる予定ですから、ご希望の方はご参加ください。

 

そしてなんとヤマトサンショウウオが6体もケースの中にいて、見つけることができます。

伊賀の野山でよく見つかるヤマトサンショウウオは生体の身長が7センチほど。

8日まで展示しています。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

水と緑のたより NO130 を発行しました。

2022-03-11 14:32:10 | 日記

                                              1                 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 2

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 3

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 4

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<添付資料 1>

<添付資料 2>

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

N-1グランプリの結果発表と交流会が1月28日にありました。

2022-02-15 11:41:50 | 日記

 

  当会が応募したポスターはこれです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

淀川水系の最上流部である木津川の伊賀市を発端とする、最上流部の文化圏内で活動する団体のポスターコンテストがありました。 伊賀市が主催。

奈良県山添村・京都南山城村・京都笠置町・三重県伊賀市内から22団体がエントリー。

 

22枚のポスターが圏内あちこちの公共施設に展示され、圏内住民一人一票の投票権があったものです。

1,000票あまりの投票があったそうです。コロナ禍の中で初めてのことでした。

結果発表と交流会が1月28日にあって、2人参加してきました。

結果は惜しくも受賞を逃し、敢闘賞を頂きました。

1分間でPRなどスピーチをしあう時間があって、他団体の活動の様子を知り会えたのは良かったです。

 

「川上ダムがほんとに必要なダムなのかを専門の講師を招いて学習会を持ちました」などと、

当会は若手スタッフがさらさらっと活舌よく発表してかっこよかったです。

 

「今後、N-1がより多くの人に自分たちの活動を知ってもらう場となり、団体に係わるすべての人が共に成長しあう場となることを願っています」と伊賀市市民活動支援センターのブログにありました。https://blog.canpan.info/igasksc/archive/7809

短い交流時間でしたが、いろんな方からお声掛けいただきました。

コロナ禍の中で配慮ある運営をなさった皆さんに、感謝申し上げます。

(すべての画像は伊賀市と伊賀市市民活動支援センター所有)

 

↑右腕にオオサンショウウオのぬいぐるみをもって当会が1分間スピーチしてます。

 

    コンテスト中の様子

 表彰式と交流記念撮影撮影

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

衆議院議員選挙立候補者への、水道のこれからを公開質問した回答(最終稿)。

2021-10-29 12:14:45 | 日記

三重県すべての区の候補者から回答が来ましたので公開します。(無回答者が4人ありました)。

みなさんの大切な”いのちの水”に関する候補者のこの回答も、投票の参考にしてくださるとうれしいです。

※ 候補者さま及び、私たちの公開質問に対応してくださった候補者後援会さまに心より感謝申し上げます。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三重県の衆議院選挙候補者への公開質問---<水道の今後について>

2021-10-28 13:04:23 | 日記

2021年10月21日

水道事業における「コンセッション導入」及び「広域化」に関する公開質問状

衆議院三重県小選挙区立候補者

                様

共同質問団体・代表者

「NPO法人 伊賀・水と緑の会」  濱田不二子

「四日市 いのちと水を考える会」  加藤美代子 

 

 

拝啓

時下、あなた様におかれましては益々、ご清栄のこととお慶び申し上げます。この度の衆議院三重県小選挙区立候補に深く敬意を表します。

 

さて、“人は水がなくては生きていけません。” ですから自治体は「地域の実情に合わせた水道の給水計画を立て、すべての人に清浄で安価な水を安定的に供給する」水道法の理念で、公衆衛生の向上と生活環境の改善に貢献する上水道事業を行ってきました。

 

ところが近年、老朽化した施設・管路の更新整備や、耐震化費用が膨らみ、また人口減少に伴う水需要の減少による経営の悪化、職員任用及び技術継承問題など深刻な課題に直面し、厚生労働省は、平成30年(2018年)水道法の一部改正を行いました。

そこには、公共施設等運営権(コンセッション)(※注)を民間企業に長期間(20~30年)譲渡する方式が導入されていました。

さらに驚いたことに平成29年(2017年)、四日市市と三重県を含む全国19箇所に対して、コンセッション導入に向けた働きかけ(トップセールス)を実施済みでした。《※注 公共施設等運営権制度(コンセッション)とは、自治体が公共施設の保有責任を負ったまま、施設の運営権(財産権・利権)を民間に長期間譲渡する方式。運営利益は民間に入る。》

 

すでにヨーロッパでは1990年代に公共水道事業の民間企業経営を許したものの、25年以上を経て、企業の株主配当が優先され、水道料金はフランス2.6倍、イギリス3.0倍の値上がり、設備はボロボロ、人員削減によるサービスの低下・水質の悪化まで起こりました。民間経営の「効率性」、「安い」、「サービスが良い」というのは幻想であったという痛い経験を経て今は、「水は人権、水は公共財(コモンズ)」という認識のもとで再公営化へと進んでいます。

「民に出来ることは民に」のかけ声のもとに進めるコンセッションは、もはや水道法の理念に適合しないことが判明しています。

 

加えて総務省は、法改正の中に市町の区域を越える広域化を求めて来ています。一元的に管理すれば、経営基盤強化が最も期待できると説きますが、伊賀市がそうであるように、需要にそぐわないダム利水への参画や、広域化した施設の整備によって、かえって膨大な出費を招くのではないでしょうか。

一度、水利権を持つと決して安くないダム建設費を負わされ、かつ水利権を途中解約できない今の法律の下では、人口減少などによる水余りになっても割り当てられた利水分のダム維持管理費は撤去の日まで付いて回ります。20年前に亀山市が長良川河口堰(ダム)水利権を断ることができたのは英断であったと思います。(ただし、7年前に県水を一企業分だけ買うことになりましたが・・。)

また広域化は新たな水道施設が必要になり、これも多額の出費を必要とします。むしろ、地域の水系・水源の実情に合わせた細やかな水道事業にすることによって、薬品投入は最小限になり、防災上も安心・安定で安価な水の提供は行われるものと考えます。

ガスや電気と違って水は大変に重たいものです。それを遠くへ運ぶよりも近い水を使う方が理にかなっていると考えますが、いかがでしょうか。

 

縷々述べましたが、お考えを下記の問いに添ってお答え下さい。

・ご回答は一つだけを選び、丸をつけて、その理由を20文字以内でご記入下さい。

・ご回答とその理由は県民の方々と広く共有させて頂くために、公開しますのでご了解下さい。

なおご回答は大変お忙しいこととは存じますが、10月25日必着でmtomiga@gmail.com宛てご返信下さい。

最後になりましたが、あなた様のご健闘をお祈り申し上げます。

敬具

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする