広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

決勝は山形と

2014-11-30 19:30:06 | サッカー(JEF千葉)
PO準決勝 磐田ー山形

1ー2でリーグ6位の山形が、4位の磐田を破る。

1ー1から後もう数分を守り切ればという磐田に対し、CKでキーパー山岸もゴールマウスを空け磐田ゴール前に向かう。最後の大ギャンブルそのCKで山岸が決めるというミラクルぶり。

個人的には、磐田より山形に来てくれと思っていた。別に天皇杯の雪辱を晴らしたいという事でもなく、何か磐田には、リーグ終盤の不調から突然目を覚ます想定外の怖さみたいなものがあった。

しかし、リーグ終盤好調で来た山形はある意味想定内。

さあ、相手も決まって、あと一週間しっかり準備して最後の一戦に臨もう。

怪我で退いたディエゴも絶対来る。ベストメンバー対ベストメンバーでジェフが勝つ。
コメント

今年もそういう時期になりました。

2014-11-28 23:33:44 | サッカー(JEF千葉)
ニュースを見ると、契約満了、退団などがランキングベスト10をほぼ独占。

ジェフに関わりのあるところでは、

鳥取 奥山
北九州 下村
岡山 影山監督
甲府 水野

とか、
どうしてもさみしい気分になる。しかし、センチメンタルモードは、しばらく封印しよう。
12/7まではアドレナリン出しまくって行こう。
コメント

天皇杯準決勝、山形戦、粘る粘る

2014-11-27 22:30:35 | サッカー(JEF千葉)
天皇杯準決勝、
千葉ー山形(@ヤンマー)

2ー3で惜しくも敗戦。

ジェフの先発は、
戸島とオナイウの2トップ。
二列目にヤザ、健太郎、田代、井出。
DFラインに中村、キム、大岩、竹内。
GKは高木。

ケンペスも森本もベンチには入らず(帯同もせずと)、天皇杯では見慣れた感のあるメンバー。

ケンペスは温存。若い2トップに森本の代役を任せる。

山形はガチメン。と言うことらしい。


先制は山形。ジェフの右サイドからのクロスを大外のサイドバックのヘディング、キムの股間をすり抜け、ゴール前の山形の選手の足元へ、高木もどうにも出来ず、開始2分であっさり失点。
その直後にもダニエルのヘディング。これは高木が防ぐが最悪の立ち上がり。

山形のハイプレッシャーからなかなか山形陣内にボールを運べないが、徐々に落ち着きを見せ、前線の戸島を狙ったボール、その落としから二列目が前を向きボールを持てるようになると、DFライン・ボランチ辺りでもいつものようなパス回しが出来るようになる。
すると右からのCKを大外の竹内が合わせ(シュートコース上のヤザが変な動きで山形GKを撹乱)そのままゴールに吸い込まれ同点。

この日、中村が古巣に対して、FK、CK、クロス、そしてヤザとの左サイドのコンビネーションで獅子奮迅の活躍。

しかし、BS中継の実況が連呼していたように、両チーム精度の高いプレースキッカーがいると言うことで、山形側のセットプレーもかなりの脅威。
そんな中、山形のCKから失点。またもリードを許す展開。
前半は1ー2で終了も、いい攻撃も出来ていた。ただ守備時の対応に危うさはあった。徐々に慣れてはいったが。

後半、メンバーチェンジは無かったが、前半取り戻したリズムのままにジェフが攻める。ペナルティエリア内でパスを受けたヤザが、フェイントでかわし、シュート。またも同点に追いつく。
ヤザは落ち着きと精度で違いを見せつける。

その後もリズムよく攻め、ビックチャンスが何度かあったが、山形GKに防がれると、カウンターから失点。三たびリードを許す。
最後まで得点を狙ったがタイムアップ。


3点目を先に取るチャンスもあり、そこで取れていれば…というのもあるが、それをいうと山形にも沢山チャンスはあったのでお互い様か。

サッカーでは3対2の試合が一番面白いともいうし、実際、見ていて面白かった。残念なのが2対3だった事か。

チームとしては、二度追いつき、山形にプレッシャーを与え、90分戦わせた。余裕の選手交代をさせなかった点については、磐田にも有難く思われるのではないか。これで週末のPO準決勝が面白くなる。(と強がってみる)


みんなそれぞれ頑張っていい試合だったが、敢えて苦言を呈するならば、大岩のCBとしての判断力(ボールを取りに行く、待ち構える)がちょっと鈍いかなと思った。現状山口慶との右SB争いでは後手を踏んで、更に来期即戦力期待の専修大北爪くんの入団も決まっている。
SBとしてやって行くのかCBとしてやって行くのかチーム方針が分からないが、どちらにしてももう一段二段レベルを上げて貰わないと。


その他

戸島については、2失点目の対応に問題はあったが、攻撃面では良かったと思う。やはりあの高身長は魅力的。よくハイポストは彼のスタイルではないと聞くが、チームの求めるスタイルに自身のスタイルを合わせていくのもそろそろありなのではないか。というか関塚さんが新たな才能を引き出してくれると嬉しい。

中村も古巣対戦という事で頑張っていたけど、健太郎もいい縦パス何本も入れてがんばってたなあ。

コメント

プレーオフに向けて勝手な希望

2014-11-26 16:00:39 | サッカー(JEF千葉)
J1昇格プレーオフに向けて、

PO準優勝が終われば対戦相手も決まり、相手チームへの対策となる練習が1週間出来るとして、準優勝免除の時間的優位を有効に使って欲しいです。

・守備の約束事の再確認

やっぱり失点したくないし

・セットプレー(サインプレー、パターンを増やす)

膠着状態だろうが劣勢だろうが、一気に試合を動かすのがセットプレー

・ロングカウンターからシュート(単純なシュート練習ではなく、試合想定で役割決めて。ヤザが持ち出して、ヤマトにパス、ヤマトからケンペスにパス、ケンペスがシュートみたいな。とにかくシュートで終われるように。欲を言えばシューターは二択位の選択肢があるといい)

リスクを冒し攻めて来た相手を奈落の底に突き落とす。


あくまでもこんな練習・準備をして欲しいという個人的希望です。


コメント

今夜、天皇杯準決勝、山形戦

2014-11-26 05:41:36 | サッカー(JEF千葉)
天皇杯 準決勝
千葉ー山形(@ヤンマー)
19時キックオフ

当然ながら勝てば、12/13(土)の決勝戦、横浜日産スタジアムへ進めます。

ちなみに天皇杯上位チームには、賞金ではなく、チーム強化費という名目のお金がチームに入って来ます。

優勝 1億円
準優勝 5千万円
ベスト4の2チーム 2千万円

じゅるじゅる。欲しいですねえ。

というのは半分冗談で、、

先ずは、プレーオフでJ1へのキップを掴み取れるかどうかが最優先事項。と個人的には思っています。

そりゃ、残り3試合、全て勝てればそれに越した事はないけれども。

いや、一戦必勝の気持ちで戦い、ここまで来れたので、急に切り替えるよりは、同じ気持ちで一つ一つ戦っていった方がいいかも知れない。

天皇杯を全力で戦い、プレーオフを全力で戦う。


ただ讃岐戦で森本があんな事になって、どうなるんだと不安一杯になったように、怪我とかカードトラブルとか、そういったリスク管理だけはして欲しいし、無いように祈ってます。

森本は元気みたいですけど、経過観察からか出場はないみたいですが、スタメン誰になるんでしょうか?


うちにはBSが無いので、(讃岐戦に引き続き)千葉Hubでの観戦予定です。

毎年、準決勝までは、地上波無いんでしたっけ?スカパーも録画放送だし。

一戦必勝。
絶対勝とう。
コメント