広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

上総更級公園

2015-09-29 06:46:32 | スケボー
昨日、会社休んで上総更級公園に行ってみた。

初めて。



スケートパーク

1日大人200円。
(再入場出来るのか事前に把握できなかったので、家の近くのコンビニでおにぎり調達。しかし杞憂あまりに杞憂。

まず、再入場は可能との事。
そして近くにコンビニすら無かったら、と心配していたが、公園隣に無茶苦茶でっかなショッピングモール。グローボの何倍だって位。

次回からは、お昼はどこかで外食してから公園に戻ろう。)

スケボーの練習の方はと言うと、平日という事もあってか、スケートパークがガラガラで、使い放題。
といっても、出来る事は限られているので、大半の設備はオーバースペックw。

緩い斜面を使って練習。こんな丁度いい斜面が家の近くには無いんだよなぁ。
車で往復2時間かけて200円払っても安い。

もっと出来るかと思ったが、体力的に厳しく、1時でギブアップ。足腰立たねー。

また暇作って平日に行ってみよう。



コメント

大宮普通に強い。

2015-09-27 20:25:43 | サッカー(JEF千葉)
J2第34節 大宮ー千葉(@ナクスタ)
2ー1で大宮の勝ち

大宮の攻撃陣のタレントっぷりにやられた感じか。

前半パウリーニョの圧力に呼応するようにジェフ全体がラインを高くし、リズムをつかむ。動きがよくパスコースに顔を出し、縦にも横にもパスが通る。フィニッシュにも行けていたが、ミドルシュートが多く、決定機には至らない。

逆に、前半8分、高いラインの裏に放り込まれたボールにムルジャと富澤が競りあいに富澤が先に体を入れGK高木にバックパスを送るが呼吸が合わず、ムルジャのボールに。ムルジャは無人のゴールにシュートを打つが枠を捉えられず。

この頃からムルジャ、家長とジェフDFラインの駆け引き。ただこの二人、よくボールが収まる。ジェフが全員で攻撃するのに比べ、大宮は前の何人かで攻撃を作り、ジェフのスタミナを奪っていく。

先制は大宮、前半34分。
大宮右サイドをドリブルで突き進み、ジェフは後ろ向きの守備を強いられる。最後は、ムルジャがDFライン裏に呼び込んだスルーパスを受け、高木を交わすシュートでゴール。

これも大宮は少ない人数で攻撃し、最高のコスパ。

そして時間の経過と共に、ジェフはラインが下がり、セカンドボールも拾えず大宮ペースに。
まったりしたペースでボールを回し、気の利いたパス交換、いきなりスピードアップするランニングにジェフ守備陣が手を焼くが、追加点は許さず0ー1で後半へ。

後半先ずは同点に追いつきたい千葉だったが、前半の終わりとリズムは変わらず、逆に追加点を奪われる。今度もDFラインの裏に抜け出す動きに付いて行けず、一度は高木がセーブするも弾いたボールを詰められて0ー2。

厳しくなったジェフは、森本・金井をアド・ユースケに二枚替え。さらに健太郎に替えてヤザワ。
大宮も二点差の余裕から、ある程度ジェフにボールを持たせ、ボールを奪えば前線に預け、うまく時間を消費していく。
ジェフがようやくゴールを奪ったのは、88分。
大宮DFラインの裏に抜け出したユースケが中央にクロス。アドがヘディングを決めて意地の一点。しかしそのままタイムアップ。

点差は一点だけど、ほとんど大宮のやりたいようにやられた感じ。

まあ、ただ一喜一憂はしない。
次、次。

攻撃も守備も一定以上のパフォーマンスは出来ていた。悲観する内容ではない。続けて行こう。
コメント

バクマン

2015-09-26 10:43:41 | 日記
バクマン。
TV番組の告知を見て結構面白そうで、映画館でも行ってみようかと思って、映画館のページで検索した。



縛卍
コメント

栃木戦、りーきー

2015-09-24 09:20:16 | サッカー(JEF千葉)
J2第33節 千葉ー栃木(@フクアリ)

2ー0で千葉勝利。

試合前のフクアリの雰囲気は、いつもより人が少ない事もあったが、応援の声や拍手が完全に小さい。何かもう消化試合の雰囲気すら醸し出していた。

ジェフの前半も悪く、序盤、シュートの意識の高さは見られたものの、徐々に残留争いをする栃木に押し込まれる展開となった。

3日前の北九州戦の惨敗を引きずってるのか?

選手もスタジアムと同じようなメンタルでいるのではないか?

しかし後半開始とともに、選手達はギアを上げて攻撃をしかける。
するといきなり得点が動く。
中央のドリブルから松田力に縦パス。前にDFがいたが、トラップから素早く右足を振り抜くと、DFのブロックも間に合わず、強烈なシュートがゴールに突き刺さり先制。

その後もカウンターから何度かチャンスを作るが、ラストパスの質が悪くゴールには結びつかない。
すると75分最大のピンチ、ジェフの左サイドからクロス、ボレーシュートは弾くもののこぼれ球を決められる。しかしオフサイドで難を逃れる。
すると久々の複数得点、待望の追加点。
試合後のアキュアメイドMVPの高木がインタビューで自画自賛したように、高木のフィードをアドが浮き球で前方にはたくと、松田力が、キーパーの位置を見て、これまたダイレクトでループシュート。これが決まり2ー0。
結局このまま試合終了。

引き分けの多いこのカードでキッチリ勝点3を奪った。

オフサイドで難を逃れた栃木のプレー。
Jリーグサイトの動画で確認したが、
ダイレクトボレーを打った瞬間、8番の選手が完全にオフサイドポジション。
後ろから飛び込んだ14番の選手が決めていれば得点は認められたはずだが、8番が押し込んでいるので、完全にオフサイド。(現地ではあそこまで栃木が抗議しているのでもう少し際どいプレーかと思っていたが…しかし線審がよく見ていてくれた。あれで同点に追いつかれていたら恐らくそのまましょっぱい結果に終わっていただろうし)

得点シーンで徐々に、スタジアムの雰囲気がよくなり、2ー0での勝利によっていい時のフクアリの雰囲気にさらに近づいた。

そうだ泣いても笑ってもあと9試合。
まだまだ諦める時ではない。
松田力のゴールを狙う貪欲さ、これにチームが触発されれば、残り試合の起爆剤になる。
コメント

明日は栃木戦

2015-09-22 09:15:20 | サッカー(JEF千葉)
J2第33節 千葉ー栃木(@フクアリ)
16時キックオフ

リーグもついに残すは10試合。

もう既に腹はくくっている。
一喜一憂はしない。

残り10試合を何勝何敗でとかは考えない。目の前の試合で勝つ事を信じて応援する。

圧倒的に引き分けが多いこのカード。
だからこそ、勝ち切るという課題に立ち向かって欲しい。乗り越えて欲しい。
コメント