広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

松本戦、PKの1失点に泣く。

2014-06-28 21:35:51 | サッカー(JEF千葉)
J2第20節千葉ー松本(@フクアリ)

0ー1で敗れる。

開始早々に松本のロングキックに相手FWとキム(だったと思う)が並走。

ワールドカップの日本ーコロンビア戦の先制点のようにPK献上。
近くからは『ワールドカップかよっ』と声が上がる。PKを決められ先制を許す。

結局この試合、その得点以外はゴールネットを揺らすシーンは無かった。

失点後、ちょっとだけバタついたが、すぐに落ち着き、いつものパスワークを見せていく。うまい。改めて淳さんは素晴らしいものを残していってくれたと思った。

はっきりいって今日の負けは勿体無い。

松本それほどでもないじゃん。というのが正直な気持ち。湘南ははっきりパワー、テクニック、スピード、連動性何から何まで凌駕されていると思ったが、そういうのが無いんだよなぁ。

(はい、負け犬の遠吠え)

まあ、千葉の自爆だね。

次はもっと落ち着いた試合の入りをお願いします。
コメント

明日は松本戦、偽らざる気持ち

2014-06-27 21:12:34 | サッカー(JEF千葉)
J2第20節千葉ー松本(@フクアリ)
19時キックオフ

鈴木監督解任後初、斉藤TD監督代行の試合。

たった一週間で何か変わるのか?

斉藤さんが代行という事ではあるが、
やはりこれまで一番近くでチームを見てきた江尻さんが影の監督になると思う。
そうなると、恐らく淳さんのサッカーとほぼほぼ同じものになるのではないかと想像する。

スポーツ新聞によると、斉藤TDが後半までには監督を決めたいと言ったそうだが、個人的には江尻さんを今シーズン一杯を影の監督に据えるのではないかと思っている。

その理由として、クラブにそれほどの資金があるとも思えないから(急な解任劇がスポンサーの圧力で、後任の監督の為に、口も出すけど金も出すものであればよいのだが)

もう一つに、江尻監督にしてしまうと、今シーズンの結果によっては今度こそ、江尻さんの監督生命が終わってしまう事になる。(今シーズン影の監督として、そこそこの順位でフィニッシュしたら晴れて来シーズンから監督にする。そうすると実はかなりの継続性は保たれるし、来シーズンの補強など有利に進められる。江尻さんの監督経験も積める。)

まあ予想が外れてそこそこのビッグネームが早々に決まるとそれはそれで嬉しいが、あまり期待もしていない。(だって無理でしょ。)

むしろ何の実績もない監督を連れて来られるのが一番困る。



しかしホーム4連勝中であったので解任タイミングがあと1試合遅ければと思った。松本との対戦はここ2年は、それぞれホームチームが勝っていた。

今年松本は確かに好調だが、順当に行けば千葉が勝つ順番で、松本に勝って反町監督の(愛ある)憎まれ口のコメントを見るのを楽しみにしていた。

またはっきり言って、選手の精神状態が心配。なぜかと言うと私もかなりのダメージを受けているからだ。


いつもなら選手をいつも以上に後押ししようと思うのだがその意欲が湧かない。
(選手にというよりもクラブに愛想がつきかけてるのだと思う。)
逆に選手がプレーでサポーターを元気付けてくれとさえ思う。

負のオーラをまとうサポは家でスカパー見てた方がいいのだろうか?

今は気持ちが昂ぶってくるのを待つしかない。

コメント

ワールドカップ、コロンビア戦

2014-06-25 13:24:09 | サッカー(日本代表)
グループリーグ
日本ーコロンビア

1ー4

1分2敗の勝ち点1で4位。
グループリーグ突破ならず。

キックオフから、前へ前へと。
コロンビアの攻撃も、前線からの守備で潰していく。

しかし先制はコロンビア。
カウンターを受け、ペナ内で今野が痛恨のファウル。PKを確実に決められる。

しかし前半ロスタイム、右サイド本田のクロスから岡崎ヘディングで同点。

本田のピンポイントクロス、岡崎のDFの後ろから一瞬で前を取る動きと、キーパーの死角からいいコースに決めたナイスゴール。

1ー1の同点で前半を終える。

もう一方のカード、ギリシャーコートジボワールがギリシャリードとの情報もあり、日本の逆転に期待しながら、後半を迎えた。

しかし次の点を取ったのはコロンビア。
カウンターから面白いように得点を重ねる。勝たなくてはいけない日本が前がかりになった所をあざ笑うかのように。

コロンビアのカウンターは本当に早くて鋭くて正確だった。とはいえ、2点は、相手FWと日本のDFが1対1の状況で簡単にシュートを打たれてしまっているので、今後に向けては人数が同数の場合は最低限抑える事が出来るようにならないと優勝なんて夢物語でしかない。

攻撃に関しては、みんなよく頑張ってた。全員攻撃を。
ただ、相手が待ち構えている所を攻めて行くのでやはり点が入りにくい。
ポゼッションとはそういうもので、日本サッカーがそういうスタイルを選択しているので仕方無いとして、

今日は相手ゴール前最後の所で、倒されファウルアピールをする姿が何度もあった。
確かにファウルだったのかも知れないが、今野がPKを与えた後にもペナ内でファウルをしたが、審判が試合を壊さないように笛を吹かなかった。それ以降笛の基準が高くなっていた。(と個人的に思っている)
笛を当てにしないでシュートを打ち切る事はとても重要。


さて、日本はグループリーグ敗退となったが、これからの決勝トーナメント、他国のサッカーを見て、目を養って行こうと思う。

コメント

そこまでやるか?ワールドカップ

2014-06-25 03:01:52 | サッカー(その他 )
イタリアーウルグアイ

勝ち点が同じ両チーム、得失点差の関係でイタリアは引き分けでも決勝トーナメント進出。ウルグアイは勝つしかない。

イタリアのマルキージオ。
後半14分、アタッキングサードに入ろうかという位置で、相手をドリブルで交わす。交わした先にいたウルグアイ選手にボールを取られそうになり、思わず相手の足を蹴りに行く。
ふくらはぎを蹴って更にねじ込む。そのシーンを主審は間近で見ていて一発レッド。

イタリアは残り30分を一人少ない状態で戦う事に。こうなると完全に引き分け狙い。

マルキージオのプレーは、生まれて初めて見る位のとんでもなく相手を壊してやろうという超悪質なプレー。レッドも納得。

対するウルグアイのスアレス。
数的有利にもかかわらず、得点出来ないイライラか、イタリアゴール前でイタリアDFの肩に、何と噛み付き。
こちらは審判の死角で、イタリアDF必死の抗議もノーファウル。

スポーツだよな?
こんな奴らがいるのがワールドカップ。
日本は心の準備、戦闘態勢に入れていたのか?

試合は、その後コーナーキックからヘディングで一点を奪ったウルグアイが、イタリアの反撃を凌いで勝利。
コメント

日本代表、明日はコロンビア戦

2014-06-24 22:00:10 | サッカー(日本代表)
明日はいよいよグループリーグ最終戦

キックオフが日本時間の5時。

日本は1、2戦ともほぼいいところ無くきて、戦前の予想(FIFAランク)を覆す戦いは出来ていない。

コロンビアもよもや日本に負けるとも思っていないだろう。コロンビアはブラジルと陸続きの隣国でサポーターがスタジアムをジャックする。

でも、目を覚まさないまま終わりってこと無いよな?

今からでも世界を驚かせて欲しい。
ちょっとだけ信じてるゾ。日本代表。
コメント