広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛媛戦、初の逆転勝利

2017-05-28 09:24:23 | サッカー(JEF千葉)
2017年 J2第16節 千葉ー愛媛(@フクアリ)

4ー2でジェフ勝利

今季初の逆転勝利らしい。

前半いい感じで攻めてたなーとか思ってたら突如愛媛のカウンター発動。綺麗に決まって前半10分でいきなりビハインド。

失点でリズムが急に悪くなるいつもの光景。そこを踏ん張ったのが、GK優也のプレー。愛媛FKからドンピシャヘッドを横っ飛びでセーブ。
このプレーは大きかった。

その後乾の同点弾、山本真希の勝ち越し弾、シュートのこぼれを押し込んだヤマト。前半で2点のアドバンテージ。

乾は今季初先発でリーグ初得点。おめでとう。相手DFの背後から相手を上回る跳躍でのヘッド。

山本真希のゴールは、長崎戦で指宿・清武のコンビを再現したかのようなプレー。ヤマトのヒールでの落としから目の覚めるようなダイレクトシュート。

ヤマトのシュートは、、スタジアムで流れたリプレー画像が、ヤマトのオフサイド?と思ったが、後にダゾーンで引きの画像を見たらギリギリオンサイドだった。ヤマトナイス飛び出し。清武のミドルも良かった。

ペースを握りながらカウンターでの失点、そこから崩れる事なく(これまではガタガタと、、)立て直していけた。判断が早いかも知れないがチームの成長と言ってもいいかも知れない。

後半CKから近藤のヘッドで追加点を奪ったものの、愛媛にも得点を許してしまった。この失点については選手交替を立て続けにして不安定な所を突かれた形。ここは監督の反省点じゃなかろうか。

なかなか安定的に勝てず上位進出はならないものの、ワンタッチプレーが格段に増えていてコンビネーションもよくなってきた。チームの熟練度は確実に上がってきていると思う。やはりつまらないミスをどれだけ減らせるかというのが課題。あとはこれから気温が上がっていった時にどう対応していくかか。

コメント

東京V戦、ドミノ倒しの如く

2017-05-18 07:33:16 | サッカー(JEF千葉)
2017年J2第14節 東京Vー千葉(@味スタ)

3ー0で東京Vの勝ち

ダゾーン観戦です。

やはり取れる時に取っておかないと。
前半の船山、後半開始直後のアランダ、ビッグチャンスどちらかでも取っておけば違った展開になったと思うんですけど。

連勝を期して臨み、上々の立ち上がり、上々の前半、後半の出だしも素晴らしい戦いが出来ていた。何の不安もない状態から、敵も味方もびっくりのプレゼントパス。ドウグラスからアランピニェイロがキッチリ決めて先制。

落ち着いて前半の戦いが出来れば良いと思うのだが、完全に浮足だして連続失点。今年のジェフは、一つ歯車が狂い出すと流れを止める事が出来ない。展開的には横浜FC戦と全く同じ。
非常に勿体無い。

普通サッカーはミスを前提として、ミスが起きた時にどうフォローするか次の一手を考えておくものだが、その備えの部分を省略し攻撃に割いているのが今年のジェフ。
自陣側でのミスは失点に直結するのを自覚してつまらないミスは極力無くさないと。

熊谷しかり岡野しかり。
3点目、岡野倒れてる場合じゃないよ。近藤が一人で二人見る事になってほぼノーチャンス。金沢戦で退場になった若狭を100%見習えとは言わないが、その気概や一つの選択肢としては持ってもらいたい。


でもまー、次の熊本戦はすぐ来るので、もう一回メンタル立て直して、次頑張ろう。
コメント

長崎戦、清武3の船山2

2017-05-14 05:52:22 | サッカー(JEF千葉)
2017年 J2 第13節 千葉ー長崎(@フクアリ)

5ー0 ジェフ爆勝ち

いやー、こんな試合、6000人しか見てないなんてもったいない。

まあ、出がけに雨が降って、昨日とは打って変って肌寒いとなれば、フクアリに足を運ぶのがためらわれるのも致し方ないですが、あー勿体無い。

前節金沢戦スタメンからは、岡野が入って、勇人が入って、指宿が入って。

山本真希は、DF?

序盤から押し込み、CKを何度か得て、ファーに飛んだボールに、フリーになってボムヨン?がゴール前に押し込むと、キーパー前で船山がコースを変えてゴールイン。幸先よく先制。

いつも通り、前半はほぼ危なげなく過ごし1ー0で折り返し。

後半勝負だろうと心して臨んだ後半開始直後、清武と指宿のコンビネーションが清武がゴール。
そこから清武ゴールショー。
記憶をどこまでさかのぼればいいのか分からない程久しぶりのFK直接とハットトリック。

そこから船山も2点目を奪い、ハットトリック揃い踏みと行きたかったが、そこは残念。(直接FKを清武に譲ってもらったり、終了間際にカウンターでチャンスは十分あったんだけど)

後半のゴールラッシに繋がったのは、やはりハーフタイムでの高橋君とヤマトの交替が要因か。
前半高橋君が悪いようには思わなかったけど、試合前に100試合出場の花束贈呈もあったヤマトが存分に攻撃のタクトを振るったのを見ると、交替で攻撃のギアが上がったのは間違いない。

攻撃で5点を奪い、守備でもしっかり締めてクリーンシート。

今週は水曜に東京V戦もあり連戦となるが、うまい事ターンオーバーしているようなので、ここを浮上のきっかけにしたいところ。
コメント

金沢戦、数的優位を活かせず。

2017-05-08 06:35:15 | サッカー(JEF千葉)
2017年 J2第12節 金沢ー千葉(@石川県西部緑地公園・・)

2ー1でホーム金沢の勝利

ダゾーン観戦です。

風の影響からか、ピッチ状態が悪かったのかボールの落下地点を見誤ったり、何気ないところで体を入れ替えられたり。
いつも以上にハイライン裏の守備が危ういように感じられました。

1失点後、金沢のレッドカード(得点機会阻止)退場で数的優位になる訳ですが、

あのキムボムヨンからのスルーパス、良かったですね。
今年のジェフの攻撃は、基本ショートパスを繋いでいくものと思ってますが、あのようにドリブルで一つ持ち運ぶ事によって違う状況が生まれる。パスで相手の守備を崩すよりも、ドリブルで動く方が金沢にとってはマークの受け渡しがうまくいかず、ジェフには効果があったように思いました。

しかし数的優位も前半の内に得点する事は出来ず、後半開始後、一人少ない金沢に追加点を許す最悪の事態。
直後ラリベイが得点を奪い一点差まで詰め寄るも、今度は若狭が抜かれた相手を後ろから倒してレッド退場。10対10の戦いに。
攻める千葉、守る金沢という構図になったが、5連敗阻止の気迫で勝ったのか金沢ゴールをこじ開ける事が出来ず、1ー2のまま終了。

コメント

讃岐戦、勝ち点1止まり。

2017-05-03 18:04:04 | サッカー(JEF千葉)
2017年 J2第11節 讃岐ー千葉(@ピカラスタジアム)

1ー1ドロー

ダゾーン観戦です。

ボールは保持できる。シュートも結果的には17本も打っている。(正直そんなに打った気はしない)しかし決定的なシーンは多くない。

ボールは持てども、相手もキッチリ引いて攻め入るスペースがないまま、外で回し最後クロスを入れても精度を欠き跳ね返される。

ラリベイ・指宿のツインタワーでの先発も、試合序盤で指宿が積極的に2連続シュートを見せたが、ツートップのコンビネーション、二列目とのコンビネーションは見られず。

唯一の得点、山本真希のミドルは良かった。ここしかないってところに低く抑えたシュート。

しかし得点した直後の失点や、相手カウンターを止めるためのイエローカードなどやはりバタバタ感は否めず。

ダゾーン解説で、ジェフはボールを持たされているというフレーズを何度も使っていたが、そうは思わなかった。積極的にボールは持っていたはず。しかしその先のアイデアが見えない。そしてアイデアが見えないのはセットプレーでも。

勝ち点1にとどまったが、正直勝ち点3に見合うサッカーは出来ていない。自らをしっかり分析して次に繋げて欲しい。
次こそ勝利を。
コメント