広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

群馬戦、お疲れ様。

2015-05-31 14:56:37 | サッカー(JEF千葉)
J2第16節 群馬ー千葉(@正田醤油)

2ー0で群馬の勝ち

暑い日差し、強風の中、皆さん、お疲れ様でした。

前節の3失点からチームをどう立て直すかに注目していたが、
コイントスでコートを取られ、風下スタートとなった前半。クリア気味に長いボールを蹴っていく。そんな中前半24分に森本が2枚目のイエローで退場。一気にゲームプランが崩れる。

前半何とか耐えて後半に勝機を見出せるかと思ったが、風上にたった後半も情勢は変わらず。逆に攻め気を見せたのが裏目だったか連続失点。

その後、FWの位置に入った金井のターンしてシュートは惜しかったくらいで、逆に群馬の追加点のチャンスは高木がセーブするなどして試合終了。

群馬完勝の試合。

自分は自宅スカパー観戦でこれから自棄酒ですが、現地で応援された方、気をつけておかえり下さい。
コメント

ブログ2周年

2015-05-29 21:31:32 | 日記
なんとか2周年。

まだまだ続けるぞ。



いつもジェフの事ばかり書いてるからたまには他の話題も、、、

最近、アニメ のだめカンタービレにハマって、TSUTAYAで3シリーズ全巻(DVD16本)借りて見た。

面白かった。
しかしエンディングテーマのボレロが頭の中でループして困ってます。

それとは別に前に、ピアノの森というコミックを全巻読んだ。(当時の最新巻まで)
絵のタッチ的に、のだめの作者とピアノの森の作者は同じ人だろうと勝手に思っていたが、別人だと今更気付いた。
(だめだね、オヤジは)



最近、あちらこちらで火山が暴れ出してるけど、富士山噴火とかないよね?

TVのコメンテーターの中には、桜島が噴火してても生活出来ない訳では無いので、富士山が噴火しても同じようなものだという人がいる。
でも関東ローム層は、富士山の火山灰が積もったものと考えると、相当な影響が出るはず。(学生が校庭で運動出来ないとか、スポーツ大会が出来なくなるとか。オリンピック出来るの?)

※wikiによると、関東ローム層は、富士山だけでなく、浅間山とか赤城山などの関東圏の火山のものだとも書いてあったが、そうだとしたら、(そこら中で火山が噴火してる状況を想像すると)それはそれでもっと怖い。

以上
コメント

群馬戦、予習

2015-05-29 08:45:21 | サッカー(JEF千葉)
次節対戦予定の群馬の予習

15節の磐田ー群馬(@ヤマハ)を録画確認。

結果は1ー2で群馬の勝ち

群馬なかなか熱い試合を見せます。


前半はホーム磐田が、格の違いを感じさせる戦いで、一方的に押し込む。いつ点が入ってもいい位の状況だった。しかし群馬全員が最後の所で踏ん張って得点を許さない。(前半のシュート数は群馬がゼロで、磐田は2桁)
たまにあるカウンターチャンスもアタッキングサードに入るのもままならず。

後半に入っても磐田が攻める展開。しかし群馬先発のFW永井に替えてNo.15吉濱が入ると、両チームの攻守のバランスに変化が。
群馬のカウンターチャンスでの攻めが繋がるようになる。その頃から磐田のポゼッション対群馬のカウンターのような構図になる。
すると後半20分、群馬カウンターの流れからCKを獲得。左コーナーキックはGKがパンチングしたボールは逆サイドに流れたが、ボールを拾ったのは群馬、すかさずクロスを入れると、群馬の選手(誰?)がシュート、磐田が跳ね返すも、群馬No.20松下が一際強烈なシュートを放つ。磐田DFに当たったボールは、ゴール前の密集した場所へ飛んでいき、ゴチャゴチャしたやりとりの後に群馬が押し込み先制。

先制され、同点を目指す磐田だったが、群馬は尚も攻撃的な選手をピッチに送り込む。トップ下先制弾の小林竜に替えて野崎、右サイドのオリベイラに替えて有り薗。同点ではなく追加点を取りに行く采配。
これらの交替により、カウンター時の勢いと正確さが増す。

前半とはチームの勢いが完全に逆転。
しかし、後半終了間際に磐田GKからロングフィードの流れから、間隙を突き、ジェイがシュート。ゴールまで距離はあったがシュートが強烈で、DFの股を抜け死角となり磐田執念の同点弾。

しかし試合はこれで終わらず。
アディショナルタイムに、またもカウンター発動。ペナルティエリアに近づくとペナルティアークの所で群馬選手がスイッチしながらミドルシュート。GKが弾くも、そこに左SB小林亮が詰めて勝ち越し弾。(そこにSBが行くか?って位のところを思いっきり追い越して行った。)

長いアディショナルタイム、磐田の猛攻を耐えた群馬が勝利となった。

群馬3連敗中だったんだけど、信じられないような戦いっぷり。

ハードワーク。試合後の監督コメントでもそこを強調してた。

こういう試合は面白い。監督の切ったカードの意味を選手が理解して戦うところ。恐らく2ー0で勝ち切る事を考えていたと思うが、逆に終了間際同点にされても、諦めずに勝ち越し点を狙いにいった。

これは難敵だぞ。
コメント

北九州戦、完敗

2015-05-25 09:54:43 | サッカー(JEF千葉)
J2第15節 千葉ー北九州(@フクアリ)

1ー3で完敗

カモられた。

相性の悪さを覆せず、

肉を切らせて(皮を切らせて?)骨を断つ。北九州のゲームプランにがっちりハマってしまった。

一点目は、予想外のクロスからの失点。二点目、三点目は心配していたスルーパスからの失点。

攻撃は出来ていた。しかし中々ゴールが決まらない。攻撃の最後の精度を上げること、守備でのリスク管理、これらを上げていかなければならない。

希望を見出せた所は、
前節金沢戦で、先制後に押し込まれスタミナ切れかと思い、今後の試合運びに不安を感じていた。(これまでのハイプレス、ショートカウンターの戦術が使えないかと)
しかし昨日の試合では最後まで走れていた。今後暑さで更にコンディション的にはキツくなるが、まだまだこの戦術は使えるだろうという安堵。

また半分捨て身の攻撃で1点もぎ取った事。

しかし相手ゴールキーパーの鈴木。無茶苦茶当たってたな。

これで15節終わって勝点28。
5試合で勝点10のペースを初めて下回った。まだ上位と離されている訳ではないが、20節でどうなるか?上向き基調で行かないと、離されるのではないか。

他力本願な位置にならないよう、食らいついていこう。

コメント

明日は北九州戦

2015-05-23 23:50:29 | サッカー(JEF千葉)
J2第15節 千葉ー北九州(@フクアリ)
16時キックオフ

前節、先制しながら、ゲームをコントロール出来ず、勝点1に終わった。

幸運な事に上位4チームの順位に変動は無かった。もう一度勝利への飢えを見せ首位の座を狙いたい。

その相手は、昨シーズン、ホーム・アウェーとも敗北を喫したギラヴァンツ北九州。
完全にカモにされた状態で、柱谷幸一が監督に就任した2013年からはジェフがフクアリで大量点で勝って以来、3連敗中。

今年ジェフが好調で、昨季プレーオフ圏内の5位になりつつも今季は15位と低迷しているとは言え、相性というのはそう簡単には覆せないという事を肝に銘じて戦って欲しい。

明日はヤックスマッチデーで、試合前に沢山のお土産を貰って観客・サポはきっと相当な満足感を得てしまうだろう。しかし、それはそれ、



コメント