高島平発・ファッションカフェ「ミストラル」への夢

高島平をファッション・音楽・お酒の“文化”の力で元気に!……地元でファッションカフェ、ダイニングバー開店を夢見ています。

粋な計らい

2011年08月06日 03時27分51秒 | 「Lu Mico」進行状況
偶然にしては余りのタイミングの良さに、ビックリすることが時々あります。

そんな時は“神”の存在を感じてしまうもの。

今日は正にそんな日でした。


来年から今までの仕事とは、全く違う関係のコトやろうと、今週の始めから動いております。

簡易的な一つの飲食業の形態なんですが、今日もそれに関することで、地域活動の仲間の方々から、貴重なご意見を高島平駅前の「たか村」で、聞かせて頂きました。

その後で“某パブ”に寄ったのです。


マスターにも聞いて頂こうかと思い、カウンターの奥の方に人から離れ、独り座りました。

店に着いて20分もしなかったでしょうか、どんどんカウンターの席が埋まり、私の隣りが空いてるだけとなった時に来たのが、これからやろうとしている業種のプロ、T君だったのです・・・(Oh My God!)

30分前にその話しを別な所でしていたというのに・・・


最後に会ったのは、確か西台のダイニングバー『バリーズカンパニア』で、半年前ぐらいだった思います。

勿論、その時は全く飲食業のことも、考えてもおりませんでした。

有り難いアドバイスを頂いたのは、云うまでもありません。

それにしても、何というタイミング・・・


神様の粋な計らいに思えてしまいます。



The Beach Boys - 『God Only Knows (神のみぞ知る)』
コメント

店をつくるなら!

2011年08月02日 03時16分44秒 | 「Lu Mico」進行状況
昨日がこれからの、新たなスタートとなりました。


具体的なアイデアが、“仲間”のみなさんのお陰でドンドン出てきてます。

そして今日、地元で展開する施策の、第一弾のコンセプトがまとまりました。

たった2日で、あっと言う間にまとまったのです・・・


早ければ、11月に飲食形態のコミュニティースポットを、高島平で出せるかもしれません。

ショップの名前は、『○○○○○○-Lu Mico』にします。


○○○部分のショルダーコピーを何にするか、いま一生懸命考えています。

でも、ここまでのスタート地点に辿りつけたのも、いろいろなお付き合いをさせて頂いた、“みなさま”のお陰だと思ってます。

“みなさん”有難うございます!


今まで自分のポリシーを曲げなくて、本当に良かったと思います・・・



加藤和彦 「家をつくるなら」
コメント (4)

コーラを少し・・・

2011年04月24日 02時22分49秒 | 「Lu Mico」進行状況
今日も仕事だったのですが、会社の近くにある1000円カットの店のマスターに、仕事が終わってから美味しい焼き鳥店で、お酒をご馳走になってしまいました。

それも、茅場町まで行ってご馳走になったのです。


数年前に、忙しくて髪をカットする時間がなく、たまたま仕事の合間に、飛び込んだ店だったのですが、その時にヘアスタイルや髭のカタチまで、丁寧にアドバイスしてくれ、それ以来通い続けてました。

職業や立場に関係なく、自分の意見も持ってる人が好きな私としては、最初から気持ちが通い合うのを感じ、10分の間の他愛無い会話でも、私には密かな楽しみであったんです。


今日、連れてかれた店の名前は『とり健』と云う店で、レトロなお洒落感の店で、とても落ち着く店です。

隠れ家的で、それでいてカップルや女性客が多いのです。

馴染みの客でも、泥酔の時は店に入れないそうで、料理の質も高いですが、それと同じように、お客も上質でした。


居心地の良い店と云うのは、店がお客を選ぶのも大事なことかもしれません。

メニューや店のコンセプトに雰囲気と、どれも『Lu Mico』のいいヒントになりました。

お腹の調子が万全ではないのに、今日はそれを忘れての至福の時間でした。


そのお腹なんですが、○痢が治まったかと思うと、今度は○秘状態です。

自分の身体なのに、勝手にしやがれと云いたくなります。

山ノ神は私のことを、“性格が極端”だと云いますが、性格だけではなく身体もでした。


実は○痢で、好きなコーラも控えておりましたが、今日から飲んでみることにします・・・



『コーラが少し』高木麻早
コメント   トラックバック (1)

旨さいろいろ

2010年08月10日 07時54分26秒 | 「Lu Mico」進行状況
昨日から出張で宮崎に着ております。

宮崎に来るのは一年振りですが、本場の名物料理は来る度に何度食べても、美味しいものです。

昨夜は家庭料理店で、地頭鶏に新鮮な海の幸・山の幸による、宮崎の名物料理を頂きました。


宮崎は人口比に対して飲食店の数が多く、それが低予算で楽しめます。

今回の出張は得意先も一緒で、2軒の店に行きました。

得意先が焼酎「百年の孤独」を飲み過ぎたのか、得意先とは11時前にお開きに。

私はそれから有名な宮崎ラーメン店で、大盛ラーメンで〆ました。

同じ豚骨ラーメンでも、博多のそれとは違い、旨さに感動しました。

宮崎に来る楽しみがひとつ増えました。


今回は行けませんでしたが、300種類の宮崎焼酎が楽しめる、焼酎バーも発見。

その焼酎を使ったオリジナルカクテルや、果実酒まであるそうなので、「Lu Mico」のヒントになりそうです。

昨夜は食べ過ぎましたが、これからバイキングの朝食です。

きっと食べ過ぎるのでしょう・・・


今夜は宮崎の旨さを堪能した重い体を引きずり、高島平のバーに羽田から直行の予定です。

こちらはに“人情”のスパイスが加わります。

宮崎と高島平の味比べを楽しみたいと思います。
コメント

最初だけ異邦人?

2010年08月06日 22時40分52秒 | 「Lu Mico」進行状況
お客の質が揃っているバーほど、居心地の良いバーはありません。

昨日酔って、百万本のバラ的気持ち?になったバーは、そんなバーでした。
(丁度、加藤登紀子のこの曲が流れていたんです・・・)

以前に書いた、入り口に近いカウンターに、マドンナ?がいつも座っているバーです。


昨日もいらっしゃいました。

私が座ったのはカウンターの中程の席です。

マドンナ以外は私と同年代の男性客が数名程。

そのバーは馴染み客ばかりで、見知らぬ私が入っていくと、明らかに空気が変わりました。

私が席に座るなり、入り口にいた客もそう言った位ですから・・・


その時の、ちょっとした緊張感を解してくれたのは、マスターの一言でした。
「以前に来られたことありますよね?」

前に来たのは、もう1年以上も前かもしれません。

マスターの一言が効いたのか、途端に空気が和み、それからはお客から質問攻めです。

「音楽が好きなんですか?」
(大好きです・・・)

「山本周五郎は読まれました?」
(ほとんど読みました・・・)

「囲碁か将棋はやられます?」
(残念ながら・・・)

「商社にお勤めなんですか?」
(小社の方です!)

「ジャズが好きなんですか?」
(お酒を飲む時は・・・)


お客ひとりひとりから質問されました。

徐々に仲間と見なしてくれたのかもしれません。

マドンナとも話しました。

二人の孫がいるそうです・・・


初めて話した人ばかりなのに、そんな気がしません。

年代が近いのと、マスターとマドンナが作る、店の空気のせいかもしれません。

とにかく、私には寛げる時間でした。

「Lu Mico」もこんな寛ぎのバーをイメージしてます。

客層は60代前後の年代をコアにした、男女のお洒落なお客ですが。


昨日はマドンナに引き寄せられて入ったバーで、「Lu Mico」のイメージを描いてきました・・・
コメント (2)

行ってきました、やきとりの名門「秋吉」・・・

2010年06月05日 13時02分18秒 | 「Lu Mico」進行状況
以前、テレビの紹介で知り、行こうと思っていたやきとりの「秋吉」に、昨日、やっと行くことができました。

赤羽店に行ったのですが、今まで場所は知っていても、帰る時間的な問題もあり、中々行く機会がありませんでした。

昨日は時間の都合もつき、親しいお客さんと一緒に、6時半に行ったのです。

入った時は3割に満たない客の入りでしたが、1時間もすると満席の状態になりました。

7割近くが女性客だったのですが、女性客の多い理由を自分なり探ってみると、「Lu Mico」のヒントになることが、いろいろ見えてきます。

味・価格は勿論ですが、ネタの大きさやカタチ、5本売りを基本とした売り方など、ちょっとした工夫がお客のココロを掴んでいる気がします。

人気メニューの「純けい」から、締めに「やきとり重」までいろいろ食べてみましたが、個人的には「しろ」と「タン」が好きです。

女性客が多い繁盛店は、マーケティング面でもいろいろな点で、参考になる事ばかり。

一緒に行った得意先も、営業職で勉強家の人です。

味以外の何かに満足した様子で店を出ました。


「秋吉」を出たのが午後8時でしたが、家に帰ったのが午前4時。

4軒目のカウンターバーで、ロックで飲んだ「余市」が、まだ効いてます・・・

やっとの思いで、昨日の分のブログを書き終えました・・・
(キモチガワルイ・・・)
コメント

真夜中の「牛筋カレー」

2010年05月14日 04時14分22秒 | 「Lu Mico」進行状況
昨夜会社に泊まり、今日は少し早く帰れるかと思いましたが、結局、終電になってしまいました。

会社に泊まって帰ると、その日の夜のメニューは、山ノ神も結構気を遣ってくれます。

晩酌が進むよう、刺身系のメニューが多いのですが、今日は夕食がないのをスッカリ忘れておりました。

下の娘とディズニーに行ってる日だったのです。

2人で行くのが、年に2~3度あります。

私はあまり行きたいとは思わないのですが、2人だけで行く母娘にとっては、貴重な日のようです。


遅い夕食を何にしようかと思い、今日、食べたのが某大盛軒の新メニュー、「牛筋カレー」でございます。

「Lu Mico」のランチメニューでも考えていたので、研究?も兼ねて食べてまいりました。

中々の味でしたが、牛筋の調理方法に別なアイデアも浮かびました。


今度、休みの日に実際に作ってみようかと思います・・・
コメント

ハイ、従うことにします・・・

2010年04月28日 03時33分34秒 | 「Lu Mico」進行状況
この方も女神なのでしょうか?


午後、会社にいると携帯に、懐かしい人から電話です。

以前、印刷の仕事でお世話になった方なのですが、今は独立して西新井の方で、印刷会社を経営している社長さんでした。

すぐ側に共通の得意先があり、たまたま立ち寄った時、私の会社が近くにあるのを聞いて、連絡してくれたとか。

直ぐに挨拶に来てくれました。

丁度、バタバタしていた時だったのですが、彼女はお構いなし。

とにかく行動が早いんです。

会うのは数年振りでした。

しばらく近況を語り合った後、彼女の住む西新井の旨い処を、聞いてみたのです。

高島平の街の活性に関わりを持ち、それぞれの街の食文化について、興味を持つようになったものですから・・・


歴史のある西新井ですから、さぞ美味しい店がたくさんあるであろうと、期待していたところ、ところが彼女の口から出たのが、旗の台にある焼き鳥屋でした。

彼女の住む西新井とは、場所が全然葉離れています。

西新井だっていっぱい美味しい店があるだろうと、しきりに聞いたのですが、彼女が語るのは、その焼き鳥屋のことばかり。

焼き鳥、焼き鳥と聞いてる内に、「Lu Mico」のことが頭を過ぎりました。


「Lu Mico」はジャズを聴きながら、昼間からお酒を飲む“焼きとんバー”

身近で手軽な食材をツマミに、低料金だけどちょっぴり気取ってお酒を楽しむのを、コンセプトにしたバーです。

キーワードは“シンプルエレガンス”

身近で安いもつ焼きで、気持ちがリッチになることに、こだわっておりました。


その夢を彼女に話したところ、女性の視点で焼きとんは反対とのこと。

食材の味、匂い、ヘルシーさやイメージの観点から、キッパリと反対されたのです。

女性が1人でも来れる店にしたいので、耳を傾けない訳にはいきません・・・


最初、彼女の“焼き鳥”の話しには、全然興味が湧かなかったのですが、あまりにも熱心に話してくれたんです。

まるで憑かれたように話してくれたんです・・・

彼女は神の使いか?


そう云えば、今まで女性から勧めてくれた事や、アドバイスを受けた事で、私が損になったような事は、一度もありません。

むしろ、感謝したい事ばかりでした。

今まで“焼きとん”の店を結構リサーチしたのですが、“焼き鳥”に路線を変更したいと思います。


今回も女性を信じることにします・・・
コメント

「神は急がぬ」

2010年04月23日 04時43分33秒 | 「Lu Mico」進行状況
毎日周りでのことを注意していると、神からの啓示?でないかと思いたくなるような、タイミングいいことが、このところよく起こります。

この「神は急がぬ」も、今日の夕刊に書いてあった言葉です。


最近憤慨していたのは、地元に作るある施設のことが、キッカケになってでした。

私は急ぎ過ぎていると思っているところに、今日の新聞の言葉です。

新聞の内容は、着工から128年経って今なお出来な上がらない、バルセロナにある「サグラダ・ファミリア」についてでした。

無理せずのんびり作ろうとしている「ミストラル」・「Lu Mico」について、以前にこの「サグラダ・ファミリア」に例えたことがあります。

さすがに128年も「ミストラル」・「Lu Mico」の完成を待てませんが、今日の新聞はまるで私に、焦るなと言いかけているように思えてなりません。

そんな訳で明日も神?からメッセージはないか、周りで起こることに、気をつけていこうと思います。


私に都合のいいように解釈されていると、言われても仕方ありませんが・・・
コメント

筋書きのある出逢い?

2010年03月20日 14時17分22秒 | 「Lu Mico」進行状況
日々の生活で筋書きのないドラマなど、無いのではと最近強く感じております。


昨夜は御得意先と食事でした。

始めに軽く食事をして、その後で『Voice』でジャズのライブを聴きながら、ゆっくり寛ごうと思っていたのです。

ところが、最初に寄ろうと思っていた、イタリア料理店のオープンが7時。

オープンまで30分以上も時間があるので、やむなく近くの炉端焼店に、場所を変えたのです。


別な接待の時に、下見だけはしておいた店なのですが、利用するのは昨夜が初めてでした。

下見の時はBGMまでは気付かなかったのですが、炉端焼きの居酒屋なのに、流れる曲はカントリー主体の洋楽系。

BGMはお客からの要望だそうなのですが、客層もどこか普通の居酒屋とは、感じが少し違います。

従業員も全員キビキビしていて、とても居心地の良い店でした。

海鮮の料理も美味しく、お陰でお得意先にも喜んで頂けました。

そして、ここで思わぬ収穫があったのです。


私達の炉端の前についたスタッフが、将来、バーのオープンを夢見ているとの事。

明るくて気持ちの良い接客で、とても好感の持てるスタッフでした。

サービス業は従業員の“人柄”に尽きると思います。

そう云う意味で彼は、『Lu Mico』のイメージにピッタリでした。

帰り際にそんな話しになり、私の夢の細かい所までは話せませんでしたが、最近は良い縁が続いております。

最初のイタリア料理店の“つまずき”そのものが、筋書きにも思えました。

この後の『Voice』が、得意先に喜んで頂いけたのは、言うまでもありません。


こちらは、お得意先の好みを知っての筋書きでしたから・・・
コメント