高島平発・ファッションカフェ「ミストラル」への夢

高島平をファッション・音楽・お酒の“文化”の力で元気に!……地元でファッションカフェ、ダイニングバー開店を夢見ています。

ココロの浮力

2012年02月29日 01時41分30秒 | ●雑記録
定時に家を出る会社勤めを辞めて、もう二ヶ月になります。

神楽坂の事務所に行く時間は自由なのですが、今まで定時出社の感覚が染み付いているせいか、この“自由”と云うのが慣れるまで悲しいかな、実は以外と疲れるものなのかもしれません・・・

睡眠時間が以前より多くても、神楽坂の事務所に向かう電車で、疲れを感じてしまうことがよくあります。


そんな“不完全燃焼”のような感覚の時に、北海道の小中時代の東京同窓会から、連絡がありました。

一昨年より出席してる同窓会です。

用件は役員会の高齢化が進み、新しい役員になってくれないかとのこと。

一番若い役員さんでも62歳(私より4歳上)なんだそうです。


この歳になると、何でも恩返しをしたくなるので、快く引き受けさせて頂きました。

最初に書いた疲れるはずの“自由”が、ここでは良いのかもしれません。

それと、引き受けたもう一つの理由が、一緒に役員をやる同期の女性が、小学校の時の同じクラス委員で、密かに好意を持っていた方だったですもので・・・


あくまで小学生の時のコトですが、そんな時代のほのかなトキメキが、何か心を軽くしてくれます。

このタイミングでの慶事的?な出来事。

これも、神様からの計らいなのでしょうか・・・



ベッツィ&クリス - 『白い色は恋人の色』
コメント

フィールド・オブ・ドリームス?

2012年02月28日 03時11分44秒 | ●「ミストラル」起業(過去)
昨日の鴨川から帰りの車でのこと。

一緒に行った、いま設立準備中の合同会社の副代表と、こんな話しをしました。


先日のビジネスコンテストの受賞式で、ある板橋区議会議員と名刺交換をして、会う約束になっていたのですが、連絡待ちの状態にしていたのです。

そのことで彼から、こちらから連絡を入れて、積極的に動くべきだと言われました。

今日は予定が詰まっていて、明日にでも連絡を入れるつもりだったんです。


その予定と云うのが、高島平のある喫茶店で、他のプランナーも交えての打合せです。

4時頃から始めた打合せも、佳境に入った頃でしょうか。

件の議員さんが、その喫茶店に一人で入って来たのです・・・


これには、副代表と顔を見合わせて、余りの偶然にビックリ。

高齢者の問題を中心に1時間半以上、有意義な話しができました。

最近、こんなことが多いのは、夢が現実になる証しなんでしょうか?


それにしても、余りにもタイミングが良過ぎます。



Fleetwood Mac - 『Dreams』
コメント (2)

“日本の男はあきらめない”

2012年02月27日 02時09分59秒 | ●「ミストラル」起業(過去)
今日、テレビのCMで見た封切り映画の、宣伝コピーを使わさせてもらいます・・・


今回の鴨川行きは、前回見学した鴨川の棚田を見て、その自然環境の良さから、何人かのデザイナーが移住して、ここで仕事ができないか、調べに行ったのです。

空いた時間を利用して、棚田の稲作りやサーフィン等の好きなことをやれば、感性が研ぎ澄まされて、新たな創造意欲も湧くのではと考えた次第です。

既に夫婦で行きたいという、デザイナーも現れました。


不動産屋を回り、事務所の物件やアパートも、何件か調べてきました。

現地の人にも会って、いろいろアドバイスも受けてきました。

まだまだ、準備を要するプランですが、何でも行動してみると、いま進めているプランまで、側面から捉えられるものです。


資金も足りない中で、あれもこれも同時に進めてるので、理解し難い山ノ神には、不安ばかりが多いと思います。

初めての事ばかりの挑戦ですから、山ノ神の気苦労も分かりますが、私には支えてくれる男たちが何人もおります。


今は高島平版「はやぶさ」の、打ち上げを静かに見守って、と云う事でしょうか・・・




Starduster 「はやぶさ」
コメント

雨の訪問者

2012年02月26日 15時57分38秒 | ●「ミストラル」起業(過去)
昨日は朝9時に高島平を出ました。

雨の中を鴨川に向かったのですが、鴨川に着いたのは11時半位だったでしょうか?

鴨川に着くと同時に雨が止みました。


いろいろな情報を仕入れ、家に先程戻ったのですが、睡魔に襲われ辛いです。

後程、書き直します・・・



『雨の訪問者のワルツ』-フランシス・レイ
コメント

街はにわかに、ざわめいて・・・

2012年02月25日 02時37分33秒 | ●「ミストラル」起業(過去)
明日(土)から日曜まで、千葉の鴨川市に行きます。


先日、一度行ってきました棚田に行き、別なプランが実現可能か、下調べをしてきます。

少し離れて、高島平を考えると別なアイデアも、出てくるかもしれません。

いろいろな意味で、離れて見直すのも必要かと思います。

明日の朝が早いので、今日は休みます。


また、頭が冴えて眠れなくならないと、良いのですが・・・





『人生の空から』- 松山千春
コメント

一泣二笑

2012年02月24日 02時58分32秒 | ●雑記録
一歩後退、二歩前進という言い方があります。

火曜は自分のプレゼンの下手さ加減に、落ち込んだ日でありましたが、水曜日にはその落ち込む原因になった、コミュニティービジネスコンテストの、授賞式に出られていた方から連絡がありました。

その方が入ってる高齢者対策の委員会で、受賞した私のプランを紹介したいと云うことなんです。

プレゼンは下手でしたが、アイデアや熱意は評価されてたいたようです。

現金なもので、その連絡を頂いた途端に落ち込みも何処かに。


そして、今日は今日で地域の仲間と、協同で事業を進められる方策が見つかり、思わず笑顔になってしまいました。

この3日間は、差し詰め“一泣二笑”と、云うことでしょうか。

このペースで焦らず進みたいと思います。




EPO(エポ)- 『う、ふ、ふ、ふ』
コメント

高島平新聞創刊500号 、 そして40年前・・・

2012年02月23日 00時05分20秒 | ●“夢”の原動力・仲間
高島平のタウン紙、高島平新聞が今月号で創刊500号であることを知りました。

今から40年前の5月に、第1号が出たそうです。

技術の進歩で社会は、洪水のように情報が流れております。

そんな中で街の情報だけは、何かホッとするものがあります。


思えば私が、高島平の地域活動に参加するようになったのは、6年前のこの新聞の6月号に載っていた記事が、きっかけでした。

“情報”は“情けに報いる”と書きます。

私も6年前に読んだ記事で、街の情けに報いたくなりました。

そんな記事をこれからも、載せ続けて頂きたいと思います。


今日の曲は40年前の、高島平新聞創刊の月に発売された曲です。

この新聞が、街の“いくつぶもの希望”で、あり続けて欲しいと思います・・・




『ひとつぶの涙』- シモンズ
コメント

泣いてばかりじゃ、辛いから・・・

2012年02月22日 01時41分41秒 | ●「ミストラル」起業(過去)
今夜は二重のショックで、ほろ苦いお酒を飲んでます。

と、云っても家で缶ビール1本を。

それも発泡酒ですが・・・


今日のお昼に更新したブログに書きましたが、今日は板橋区コミュニティビジネスコンテストの授賞式。

その場で入賞者によるプレゼンテーションがありました。


1時間前にリハーサルをしたのですが、予定より時間をかなりオーバーしそうなので、急遽、台本を手直ししたのです。

受賞したプランに、次の発展型プランを盛り込んだために、説明を削るのに四苦八苦。

結局、時間がなく中途半端な状態で本番に臨みました。


自分の上がり症に加え、元々の事前の練習の不足もあって、案の定、かなり悲惨?なプレゼンテーションになってしまいました。

これまでアドバイスして頂いた方も、時間を割いてわざわざ見に来て下さってました。

プレゼンを手伝ってもらったプランナーにも、大変申し訳ないことをしてしまったと、大反省です。

とても最優秀賞のプレゼンとは思えませんでした・・・


これが、一つ目のショックです。

もう一つは、今日の場には銀行・信用金庫の方も来ています。

プレゼンでプランの説明を聞き、融資の判断材料にする場と解釈していたのですが、これが全然違っておりました。

ビジネスへの融資とは違い、今回のコンテストは社会的事業のために、融資の例がないそうなんです。


資金作りを一から見直しです。

幸いにもiPadを活用した発展型プランの方に、別なところから助成金の話も来ております。

これは、新たに加わってくれた、プランナーのアドバイスのお陰です。


一人で進めていたら、多分、ここで挫折でした。

いろいろな方の応援が、今となって本当に有難く感じます。

これからも、こんな事が続くでしょうが、泣くことはしないようにしたいと思います。

今夜を最後に。


これだけ、応援してもらってるんですから・・・




城之内早苗 - 『酔わせてよ今夜だけ』
コメント

君住む街角のために?

2012年02月21日 12時00分05秒 | ●「ミストラル」起業(過去)
これから板橋区コミュニティビジネス・コンテストの、授賞式に行ってきます。

何度かブログに書いてますが、23年度のコンテストでオープンダイニング「小さな幸せ」が入賞することができました。

昨夜はその絡みで、今後の展開の打合せのために、家に戻れたのが午前4時。

地元の仲間といつもらしい展開です。


この街に住む人への、思いから生まれたプラン。

これからが本番です。



中西圭三 - 『君住む街角』
コメント (2)

愛なき時代に生まれたわけじゃない

2012年02月20日 02時10分07秒 | ●“私を支える”一言・本・音楽.etc・・・
今度の土日に、これから一緒に仕事をするプランナーと、先日行った鴨川にもう一度、泊り掛けで行ってきます。

新たな仕事のプランを考えているんです。

そのために次の土曜のバンド練習と、日曜の「市場通り」のゴミ拾いができません。

正月以外、ゴミ拾いを休んだことがなかったので、今日のゴミ拾いは何かいつもと違うものを、思いながらスタートしました。

むしろ、何か“啓示”や“メッセージ”を、感じ取ろうと思いながら、始めたかもしれません。


まず、天気。

これ以上ないくらいの快晴。

ゴミ拾いは“楽しくやりたい”をモットーにしているので、雨の日はやりません。

毎週続けられてるのは誰か?の声援と、仲間と考えるようにしています。

今日も声援を頂いたようです・・・


そして、7丁目の半分を終わった頃に、60半ばの女性の方に声を掛けられれました。

犬の散歩中だったのですが、前から何度か見てたようです。

「何かのボランティアですか?」と聞かれました。


いつも自分が歩く通りを、気持ち良く歩きたいから始めた事と、自分の“庭”(と思っている所)を掃除しても、ボランティアではないので、「違います!」と毎回応えてます。
(一緒にやってる内の一人は、杉並から毎週来ているので、ボランティアです。)

強いて云えば、小さな事かもしれませんが、ここに住む子供にとって、少しでも良い環境にしたいという思いが、あるかもしれません。

私の生まれ育った北海道の、町の自然環境の影響が多分にあると思います。


そんなひと言から、その方から会話が始まったのですが、何度もお礼を言われてしまいました。

仕事でお礼を言われた事は、何度もありますが、あくまでもお金を戴いての事。

自分の住む街で勝手にやってる事で、ここまでお礼を言われると、何か不思議なエネルギーになり、こちらの方がお礼を述べたくなります。


以前から何度か私たちを見られてからの、今日の何度ものお礼の言葉。

知らないところで誰かが見ていて、違う“誰か”の言葉となって、返ってきたようにも思えます。

これも、勝手に思えた事ですが・・・


でも、何か今日もいい日でした。




斉藤和義 - 『やさしくなりたい(LIVE)』
コメント (2)