豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『いのち寄り添う』

2018-03-22 00:08:31 | 緩和ケアと難病サポート
すっかり先延ばしし過ぎてしまった柏木哲夫先生のレポです

ホスピスを作られターミナルケアに力を入れてこられた
柏木先生を初めて知ったのは父が闘病した時。
『ベッドサイドのユーモア学』等の著書を読んで
「こんなお医者さんが近くにいたら・・・」と思ったものでした。

まさかあの先生のお話を生で岐阜で聴けるとは!!
本当に嬉しかったです。


“寄り添う”と言う言葉は
最近よく聞かれるようになりましたが
その本当の意味に合っているのか
怪しいと思うこともしばしばです。

ましてや「死」と言う現実をを直視している人に
寄り添うと言うのはどれだけ大変か。

閉ざしてしまっている心の扉を開けるには“笑い”が一番
そう先生はおっしゃっています。
つまりはユーモアが大切だと。
これは他の多くの先生もおっしゃっていて
あのアルフォンス・デーケン先生も同様でした。

どんなにご本人にとって良かれと思っても
無理強いすれば心を閉ざされるだけ。
まずは心をほぐさなければ何も始まりません。

特に末期患者さんの切なる願いは
①苦痛を取り除いて欲しい
②私の気持ちをわかって欲しい


苦痛を取り除くのは医師にお任せするしかないですが
気持ちをわかろうとすることは医療従事者でなくても出来るはず。


患者を支えるのに大切な力を次のように説明されました。

《一般医療》人間力・(医療の)技術力⇐下から支える

《救急医療》技術力⇐上から差し出す
      緊急を要しているので、
      この場合は人間力よりも技術力が優先されます

《緩和ケア》人間力・寄り添う力⇐横から

つまり寄り添うと言うのは
その人のすぐ側にいて、
心や身体の痛みなどを共に感じようとすることで
それは上から目線でもなく、
下からのフォロー力とも違うと言うことです。

末期の患者さんは
しっかり寄り添うことが出来れば
死んで行ける力(感謝と安らぎ)を持てるのです。


寄り添って行くために大切なのが人間力!!
そのポイントとして10項目上げられました。

①聴く力
共感する力
③受け入れる力
④思いやる力
⑤理解する力
⑥耐える力
⑦引き受ける力
⑧寛容な力
⑨存在す力
⑩ユーモアの力

共感力はカウンセリングなどでもとても大切ですが
自分との考え方や価値観とは違っていても
それは一旦横に置き
相手や患者さんの身に自分を置き換えて感じてみる。
と言うことですね。

どの項目も予想はついていた中で
唯一わからなかったのが⑨の存在する力。

患者さんやクライアントと接していると
色々なことが起こり辛くなったり
逃げ出したくなることもあります。
そんな時でも逃げ出さず
その場に踏みとどまれるかどうか。

気付いていませんでしたが
それも大切な点でした!


生と死は表裏一体。
人は生きて来たように死んでいくもの。
これは先生もおしゃっていたし
私も色々な方を見て来て実感していることですが
更には次のように説明されました。


『良き生を生きれば
 良き死を死することが出来る』


良き生とは・・・
感謝する人生
②散らす人生
 お金や時間、経験などを自分のために集める生き方ではなく
 人のため、周りのために使う生き方
③ユーモアがある人生
 ユーモアとは愛と思いやりの現れです

良き死とは・・・
・苦しくない死
・交わりの死(孤独死とは逆と考えるとわかりやすい)
その中でも究極の良き死とは“平安な死”
魂の平安、永遠の命、等々。
それはお金や家族など失われることの無い
絶対的な安心感。

信仰など絶対的な所からやってくる
全てを超越した安心感
魂の安らぎ。

これを聞いてある方を思い出しました。
ある信仰をお持ちで
「死は復活ですから怖くはありません」
そうおしゃっていました。


患者さんの想いをご本人と全く同じに
完全にわかることは出来ないでしょうが
わかろうとしてくれている姿勢は伝わるもの。
それが寄り添うと言うことなのでしょうね。


貴重なお話を聴くことが出来て本当に良かったです。
この講演会に誘って下さった加藤さんに改めて感謝します。
ありがとうございました


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鈴鹿の森庭園 | トップ | 思い込みは禁物! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

緩和ケアと難病サポート」カテゴリの最新記事