もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

SIONのアルバムを取りに行けていない・・・

2016-06-26 20:23:12 | Weblog
30周年記念ベスト盤。
3CD1DVDの計4枚の豪勢なヤツ。

街中のタワレコで予約したのですが、
ポイントが10倍になるのは今日までだったのね~(涙)
ファンなら素早く聴きたいところではあるが
SIONのベストって何種類も出てんだよね。
それを1枚除いて全部持っていて、
通常のアルバムは企画物及びNaked Tracks も全て持っている身の上としては
いまいちあわあわしていない。
ふむ、
いいのか悪いのか。

何故にベストをそんなに買っているかと言うと
「この1枚がSIONのご飯代」だと思っているから。
応援大事。


30年ねー、30年かー。
人に歴史ありだわよ。


今年の野音は8月なので、暑くて倒れること間違いなしなので(経験あり)
行かないのです。
晴れるといいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tシャツから始まるトークもあるよ

2016-06-25 21:45:48 | Weblog
何年も前のメンズUT、
「ストレンジャー・ザン・パラダイス」のポスターがプリントされてるヤツ。
見つけた時はもう枚数が少なくなっていて
ひっくり返してSサイズを探し出して買った。

それを着ていたらついこの間
あるお店の方に「それ、ジムジャームッシュの」と声をかけられて
何年も着ていて初めてのことだったので
「そうです!ストレンジャー・ザン・パラダイス」
「すごく好きな映画でした」
からしばしジャームッシュ映画トーク。
「コーヒーアンドシガレッツ」を2回観て同じところで寝ちゃった話など
マニアックな話を。

いや~、何があるかわかりませんね。
残念なのはその方が「ナイト・オン・ザ・プラネット」観ていなかったこと。
あれはオムニバスの中のどれが好きかを
ぜひ語り合いたい作品なので。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無意識の暴力

2016-06-24 23:18:18 | 考え事好き
10年ぶりくらいに逢った友人は、
今年年金生活に突入した人生の先輩。
「職場の送別会で、何か運動(スポーツ)してたんですか?と聞かれた時に
反射的に学生運動と言ってしまったが、信用されなかったよ」
原発反対など思想的に近いところもあるが
この人の考え方を聞いていると、昔の学生運動の破たんは解る気がするのね。
昔のインテリ階層。

介護を終えてひとり暮らしになって
ぐちゃぐちゃな一人暮らしでだらだら酒飲んでて楽しい。
までは良かったんだけど
「私さー、部屋が片付けられないから発達障害だと思うんだよね」とのたまったから
病院でそう診断の下った人、
それも二次障害で鬱までわずらった人と関わったことのある私からしたら
『そんな言葉を簡単に使うな!』だったんだよね。
なるべく柔らかく
「実際にADHDやアスペの人はマジで人生もっと大変だから、そーゆーことは言わない方がいいよ」
と言ってみたが
「結局人間は、みなどこかしら発達障害的なもので、今は騒ぎたて過ぎなんじゃないかな」
という、ワタシは理解している良い人風味のままだったので
ダメだこりゃ。
とさじを投げました。

ああいう、解ってるつもりの年配者はタチが悪い。
労働者との分断、とか口にしている段階で
アンタの立ち位置はインテリから一歩も動いてないんだね、って話だから。
離婚してから25年も賃金労働者だったのに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高山なおみのはなべろ読書記

2016-06-22 21:53:01 | BOOK
「日々ごはん」を10巻まで読んでいて(全て図書館本♪)
高山さんの文章は好きなのだけれど、
時折
彼女が自分の中身をさらけ出しすぎる文章があり
それを読むと何故か苦しくなる。
あまりにも取り繕わないことは読者を照らしてしまうのだと思う。
本人は全く意図していないことなのに。

小説を読むときは ~鼻の上まで布団をかぶり、本の世界にもぐり込むようにして~ 読むらしい。

本を読んで文章とその中に出てくる、もしくはイメージが沸いた料理を
一冊にひと品ずつ。

高山さんの料理は「よしっ、作ってみよう」とメモするものと
調味料、作り方が私には縁遠く、味を想像してみるだけのもの。


結局、今日の晩御飯でレタスチャーハン。卵とレタス欲を満たす。


そして、チャララーン
ついに
熱帯部屋の夏用に狙っていた”蒸気の出ない電気ケトル・沸く子さん”購入!
0.8ℓ用の白々さん。うふふ。
部分的に淡いピンクのにしようかと思ったけれど、
保温ポットが薄いベージュなのでうるさくならないように白。
デザイン的にはティファールが好きだけど
蒸気が出ないが超重要だから。

簾も買いたい、夏近し。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イカのゴミはきっちり片付けんとならん

2016-06-21 23:01:38 | Weblog
知ってます?イカのはらわたとか凄い臭くなるの。

ワンルームが腐敗臭で満たされるのはツライので
きっちり新聞に包んでゴミの日まで冷凍庫に。
と、ぬかりはなかったはずなのに臭い!
台所を洗ったはずが
爪の先ほどのイカの皮がへばりついていたのか、臭い!

凹みながら流しを洗ったが、ご飯支度をする元気がでてこないので
買って来た中華サラダと納豆という謎の組み合わせ。

レタスの卵炒めを作ろうと買って来たのにのう。


♪選挙だホイ選挙だホイ なので
アベ君がテレビに出ていて見るモノがありません!
声も顔もキライなんだもん。
我慢して、音を消して字幕で発言を見ていたらクラクラしてきたので
何を言うたかは明日活字で確認します。
身体に悪い。

昨日はラジオから緊急地震警報鳴ってびっくりしたわ。
携帯はなっていないと思ったら、また函館か。
活断層があるとかないとかじゃなくて現実に揺れていることに対処してくれよ。
って、誰に言えばいいの?


録画したもやサマ見て笑ったから寝る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩ごはんはイカのバター焼き

2016-06-20 23:44:32 | Weblog
刺身用だけど私の能力だと短冊切りになっちゃうので
さばいてバター焼き。
あとは人参とピーマン炒め。
フライパンしか使って無い。

こないだ久々に豆腐チャンプルーを作った時は
豚肉が冷凍庫に無かったので
ツナ缶にしてみたらこれが沖縄感UPでした。
贈り物用のツナ缶の詰め合わせがスーパーで売っていた沖縄。
ソーメンチャンプルーの時はツナ缶の方が良さそう。

一汁一菜でも作って食べられるのは元気の印。


長年使っている鍋の取っ手が焦げてボロボロなので
事あるごとに品定めしているが
こう、手になじむカンジがなかなかねー。
値段と重さも重要項目。
鉄製のあまり重くないフライパンも欲しいことである。


大貫さんのチケット買ったし、お米も買った。
ココナツチップも買ったのでシアワセ。


ところで皆さん、
スマスマのビストロのコーナー
客席最近映らないでしょう。
あれ、後で映像見ながら笑ったり手を叩いたりしてるんですよ。
ファンの反応が良すぎるので気が付いてないかもしれませんけど
なんでそんことになっちゃってるんでしょうね?
芸能界は生き馬の目を抜くって本当なのかなー、Jだけかなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「蜜のあわれ」

2016-06-19 21:09:44 | 映画
タイトル間違ってた~(汗)


石井岳龍監督だから(今だ石井聰亙と思ってから、頭の中で変換する)
マニアックな客層かしら、と思っていたら
普通な人々多し。
二階堂ふみちゃん効果?


小説家のおじさまに買われて暮らすうちに女の子の姿になった
三歳っコの金魚の赤いおべべが美しいこと、
ひらひらとした尻尾の色っぽいこと。

とうに亡くなった芥川と交わした言葉
「離縁して出戻った娘の話も小説に書いた」
業の深い、若く死ぬこともなかった物書き。
彼の筆が生み出した金魚の赤子との暮らし。
年を取ることのおかしみと悲しみと、男の愚かさを隠さない文豪に大杉漣がはまっている。

とにかく
二階堂ふみちゃんの金魚がかわいい。
自分の言葉の意味がまだ解らぬような幼さから
嫉妬を覚えてゴロゴロ転がり
卵をはらむまでの成長の速度。
そして
金魚のダンスがこれまたかわいい。

永瀬正敏の金魚売りは「空気人形」の人形作りのようでした。


所々にくすっと笑える描写もあり
良い作品でした。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「ちはやふる 下の句」

2016-06-18 22:20:16 | 映画
2016.6.14

上の句ではかるた部を作って団体戦に挑むまでの話でしたが
全国大会に行けることになったら
『かるたが出来て楽しい』からその先に色々なことが・・・。


新が「もう、かるたはやらない」と言ったことで動揺する千早は
その理由を確かめずに『新と戦っていたクィーンと戦う』に直進してしまう。
相変わらず太一の気持は置き去りだし
個人戦と団体戦の違いに対応しきれず混乱してゆく千早。
でも
ぶれながらも仲間が手を離さないでいてくれたことで
かるたを続ける理由を確認する。

机くんと奏ちゃんがパワーアップしてて
キュートさ増し増し。

孤独に描かれているクィーン。
限定キャラクターのタオルに反応するかわいさとのギャップを
松岡茉優が上手く演じている。

広瀬すずちゃん、きりっとしたり白目むいたり
かわいいわー。


千早と新と太一の関係が
恋だけでくっきり縁どられずに
恋と友情とスポ根の割合が絶妙で見ごたえがある。


太一の家の前で雨の中、千早が待っているシーンは
絵面以外あまり意味がないような気がします。
もうひと展開欲しかった。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

スマスマの「糸」の感想

2016-06-17 23:24:58 | 好きな人
「糸」というタイトルと意味に合わせて
スタイリングしてくれてんのね。
全員の衣装にステッチやフリンジで「糸」そのものが。

フリンジはまあ流行っていなくはないが
ステッチを彼らの衣装で揃えるのは無理そうなので
スタイリストさんが手仕事を施してくれたのではないかと想像しております。
ありがとうございます。


一人だけ糸が黒で目立たないのは
考えすぎちゃうけどな。


SMAPの織りなす糸は私を温めてくれておるよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小沢健二~魔法的  ZEPP SAPPORO

2016-06-16 21:13:17 | 音楽
2016.6.15

ソロからのファンだけれど
初めてオザワ君(永遠にオザワ君)のLIVEに。
チケットの買えない何度かのツアー、
NYに行っちゃったりして。

今回のツアーも「どうせチケ買えないんだろう」
なんて気分で申し込んだのにね。


いやいやいや、緊張する。
どういう風に楽しんだらいいんだろう。
なんて緊張してたのに
オザワ君の歌声でいきなりワタシの心のドアが全開!
LIVEでも少しずつ時間をかけないと開かないドアが全開に!
そして、
スガさんの午後パレダンスも頑なにやらないワタシが
オザワ君のミョウな振付につられて踊ってる!
新曲全く知らないのに
素晴らしいアレンジでおなじみの曲とシームレスに楽しめる演出。
魔法的なオザワ君の空間支配力、
というより
オザワ君から愛と幸福があふれ出て止まらない。



「宇宙に良いことをしよう」
カウントダウンで日常に踏み込んだ後も心に残った言葉。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加