北京暮らしを始めてみれば ふたたび

2012年1月から再び北京生活が始まりました。(前回は2003.1~2006.1)
北京の毎日をつづります。

景山公園 牡丹まつりへGO!

2017-04-29 19:01:22 | 北京暮らし おでかけ編

お天気が良かった昨日。

 

 

東門から故宮が見える、景山公園へ行ってきました。

 

 

ここ数年毎年この時期は必ず訪れているのですが、その目的は。

 

 

 

『牡丹まつり』を楽しむため!

 

見頃はまだ先かな~と思っていたのですが、今年の北京は例年よりも早く一気に暖かくなり、白い綿毛も早くから舞い、チューリップの開花も早かった。

 

 

というわけで、牡丹の開花も早いかも!と行ってみたところ。

 

 

 

 

 

・・・あれれ?

西門周辺。 葉っぱだらけですね。

 

 

 

 

絶好調に咲き誇ってるお花もありますが・・・。

 

 

 

 

言うまでもなくチューリップはほぼ終盤を迎え。

 

  

 

牡丹まつり開催中なのに。

 

 

 

 

咲いているのはちらほら。

 

 

 

 

大半はまだ、つぼみ。

 

 

 

 

 

こちらのベンチ上。

緑もっさもっさですが、2年前、5月中旬に訪れた時は。

 

 

 

 

美しいピンクに囲まれた空間でした。

 

 

 

やっぱりちょっと見頃には早かったかな~・・・と、てくてく南に向かって歩いていきますと。

 

 

 

 

おっ!?

 

 

 

 

咲いてる~!!!!!

 

 

 

南のエリアでは。

 

 

 

 

あらゆる色、あらゆる種類が。

 

 

 

 

美しく開花!

 

 

 

 

その一帯はほんとうに心地よい香りで包まれていて。

 

 

 

 

 

お花に詳しくない私でも、思わずうっとり。

 

 

 

 

 

なんとなく気になった、黄色?、黄緑?

 

 

 

 

井戸端会議中をこっそりのぞいてしまったような写真。

 

 

 

 

これから咲きますよ~、というぷくぷく感。

かわいい・・・。

 

 

 

 

黄色つながりで。

 

 

 

 

こちら。

奥にぼわんと写っている黄色。

 

 

 

 

 

可愛い黄色です。

 

 

 

・・・と、私は今回、なぜか黄色いお花に目がいってしまったのですが、中には自分のラッキーカラーをよくご存じの方もいらっしゃって。

 

 

 

 

 

全身ホワイト!なおじさんは、それはそれは真剣に白い花を撮影されていました。

 

 

 

そんなこんなで、西門からてくてくと歩いて。

 

 

 

 

南門に到着。

写真上部の建物からは故宮が一望できるのですが、今回は牡丹が目的なのでさくっと素通り。

 

 

 

 

ここから東門に向かっててくてく、てくてく。

 

 

 

 

続きはまた、今度。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北京で雲南料理『一座一忘』 もぐもぐは朝礼が済んでから!の巻

2017-04-27 20:12:49 | 北京暮らし もぐもぐ編 中華

 先日、こちらのお店に行ってきました。

 

一座一忘 三里屯店

三里屯北小街1号

 

 

ず~~~~~っと前からある人気店なのに、私、初めての訪問です。

雲南地方のお料理、どれもこれもうまうま!

 

 

 

たっぷりのミントを牛肉で巻いたもの。 ソースもうまうま。

 

 

 

 

つるんと美味しい、麗江鶏豆粉(だったかな?)

 

 

 

 

中国でよく見るミニキュウリの和えもの。

 

 

 

 

雲南料理のお店でよく見る、ジャスミンと卵の炒めもの。

 

 

 

 

これは・・・厚揚げっぽい一品だったかな?

 

 

 

 

竹筒に入ったもちもちのお米。

 

 

そして。

 

 

 

 

鮮やかなもち米!

全てお花で色付けされているのですが、そのまま食べてもほのかにしか香りを感じません。

 

 

・・・が。

添えられている蜜をちょっとかけていただくと。

 

 

 

 

めっちゃ、花~!!!!!

花びら食べてるみたいな感じ!

 

 

 

面白いメニューでした。

 

 

 

 

 

お店の一番奥にはこのようなスペースもあるので。

 

 

 

 

人数が集まるときでもOK。

 

 

 

お味も美味しくさすが人気店!

と思ったのですが、いっこだけ気になる出来事が。

 

 

 

このお店。午前11:00にオープンするので、私たちはオープンと同時に入店。

ところが。

 

「ご注文は10分後から承ります」

 

 

と言われ、ま、10分くらいかまへんわ・・・と、お店の一番奥のテーブルにつき、メニューを見つつ”普通に”おしゃべりしておりました。

 

 

 

すると、私たちの背後でいきなり始まったのが。

 

 

 

 

ザ・朝礼。

お店のスタッフがずらりと並んでいるではないですか。

 

 

 

え・・・?

こういうのって、オープン前にやっとくものと違うん?

 

 

まぁ、ここは中国。 こういうこともアリでしょう。

10分で終わるというので、それなら待ちましょう。

 

 

 

というわけで、”常識的な普通の声のトーン”でおしゃべりしつつ待つ私たち。

 

 

 

10分経過。

 

朝礼、終わる気配なし。

 

 

 

15分経過。

 

朝礼、ますます盛り上がる。 

 

 

 

そしていよいよ20分が経過しようという、その時!

私たちの背後から客の一人と思われる女の子がやってきて、私たちに向かっておもむろに・・・。

 

 

 

「し~っ・・・・・」

 

 

 

 

 

・・・・・え?

 

 

 

そっ、それはまさか。

“朝礼やってるから静かにしましょうね。” 

ということデスカ?

 

 

 

くどいようですが、私たちは一番奥のテーブルで、ごくごく日本人としては常識的な普通の声のトーンで話していたわけですが、それでもどうやら朝礼の邪魔になってしまったらしい。

 

 

 

 

あるいは。

 

 

 

 

先ほどのこの彼女は熱烈な朝礼マニアで、せっかく楽しんでる朝礼タイムを邪魔すんな・・・ということだったのかもしれない。

 

 

 

というわけで、朝礼マニアのあなた、開店直後の『一座一忘』へ急げ!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都 錦市場でもぐもぐ食べ歩き!

2017-04-25 21:43:30 | 日本一時帰国

昨日。

 

こいのぼり舞う羽田空港から、北京に戻ってきました。

 

 

 

日本一時帰国は毎回、気になるところの病院通いがメインでスケジュールはタイトなのですが、その合間を縫って。

 

 

 

 

京都 錦市場へ。

 

錦・・・といえば、私の中ではお正月前にお買い物に立ち寄るというイメージだったのですが、いやはや。

 

 

 

 

観光客がいっぱいの、なんとも楽しいスポット!!!

 

 

 

というわけで、私たちも観光客にまじって買い食いスタート。

 

 

 

 

 

いきなりスイーツ。 抹茶味、濃厚~!

 

 

 

・・・の後は。

 

 

 

 

日本酒を試飲させていただき。

 

 

 

 

 

日本酒の余韻にぴったりの、子持ちイカ。

たまごがプチプチ! 

 

 

 

 

続いて揚げもん。 コロッケもぐもぐ。

 

 

 

 

 

 

ふたたびスイーツ。

炭火で焼いたよもぎ餅の香ばしさといったら!!!

 

 

 

 

“つきたて餅”のお隣りに、“きのうのお餅”が並んでた。

 

 

 

 

そろそろ主食。 

お漬物の中でも大好きな“すぐき”が入ったおにぎり。 ちなみに夫は“おいなりさん”。

 

 

 

 

頭まで丸ごといただける鮎。 ふわっふわ!

(隣りのおばちゃんは、「なんや、骨っぽいな。 頭まで食べられへんわ」とぶつぶつ言ってたので、丸ごと食べられるかどうかは個人差があるらしい)

 

 

 

ちなみに、鮎をいただいたその店先には。

 

 

 

 

すっぽん! どじょう! なまず~!

値段がすべて“〇〇円くらい”というのが面白い。

 

 

 

〆はきゅうりの浅漬け。 口の中もさっぱり!

 

 

 

 

 

他にも練りもん、お漬もん、お肉串焼き、海鮮・・・。

 

 

 

 

おでん、サーモン焼き、そして見るからに香ばしそうな海老串焼き。

あぁぁ~、どれもこれも美味しそうっ!!!

 

 

 

ちなみに今回いただいた中で一番のヒットは。

 

 

 

 

イカ! 表面は香ばしく中は半生、ぷりっぷり。

美味しかった~。

 

 

 

 

天満宮でお参りついでに。

 

 

 

 

自動紙芝居、ついつい見入ってしまった・・・。

 

 

 

 

美味しい楽しい京都の食べ歩き。 

一時帰国の度にぷっくりふくよかになってしまう私たちです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都 もぐもぐ

2017-04-23 20:18:22 | 日本一時帰国

日本一時帰国中です。

 

鴨川 四条 いい天気!

 

 

10年ぶり...!?くらいのこちらへGO!

 

 

 

 

『鍵善良房』

 

 

 

大好きな『くずきり』。

 

 

 

 

 

夜。 綺麗な京都タワー。

 

 

 

 

こちらは

向かい側の建物に映る京都タワー。

 

 

 

...の近くで。

 

 

 

 

 

天一、もぐもぐ!   こってりうまうま~!!!

 

 

 

 

 

 

 

一時帰国わっしょい! 京都ばんざ~い!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一時帰国中です

2017-04-20 21:50:52 | 北京暮らし いろいろ

 

一時帰国中です。

人間ドックが目的なので、今回は駆け足の一時帰国。

 

 

 

ですが。

 

 

 

「ん!? あいつが来た!?」

 

 

 

 

はい。 にゃおに、もふもふするかっちゃんが来ましたよ〜〜!

 

 

 

 

 

もうすぐ17歳のにゃおですが、食欲旺盛!

根気強く、レトルトもぐもぐタイムを待っています。

 

 

 

「あなたの運勢、占いましょうか?」

 

 

 

かっちゃんのストールを巻いたら、占い師感バリバリ。

 

 

 

もぐもぐ大好きなので、若干ダイエットが必要なぽっちゃりにゃおはんですが。

 

 

 

 

健康でいてくれたら、それで良いのです。

 

にゃおがストレスなく、元気に暮らせる環境を作ってくれている両親に感謝!

 

にゃお、夜中にあんまり大騒ぎしたらあかんよ。

これからもいい子でね。元気でね。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中山公園のチューリップ 

2017-04-17 20:02:38 | 北京暮らし おでかけ編

今日の北京。

 

 

昨日から引き続き、こんな感じ。

 

覆水盆に返らず。

こぼれたミルクは嘆いても無駄でっせ。

 

そうです。

 

逃した美しい空気は取り返せない。(in 北京)

 

 

 

というわけで、先週土曜日。 晴天を逃さず行って良かった~!!!  というのが、こちら。

 

 

 

 

中山公園。

 

 

 

 

故宮のお堀にも面しているこの公園。 今まさにチューリップが見頃なのです。

 

 

 

特にお気に入りは東門付近。

 

 

 

ずら~っと、いろんな種類のチューリップが植えてあって。

 

 

 

 

ひとつひとつのチューリップにちゃ~んと。

 

 

 

 

 

 

説明がついているのです。

こちらは“Demon” 中国名“精霊”。

 

 

 

この公園に来るたび思うのは。

 

 

 

 

チューリップって本当にいろんな種類があるんだな~ということ。

(こちらは“グドシュニク”)

 

 

 

 

ひらひらとした花弁が美しいこちらは、“ダラス”

 

 

 

 

 

ですが、なぜか中国名は“小牛”。

(まさかNBAつながり?)

 

 

 

“クールクリスタル”

 

 

 

 

中国名 “完美”!

 

 

 

 

ピンクというより紫に近い感じだけど、“ピンクフラッグ”。

 

 

 

 

ちなみにこちらが、“パープルフラッグ”。

 

 

 

ひとつひとつ、名前はとても憶えていられないけど。

 

 

 

 

 

 

それぞれ・・・。

 

 

 

 

どの姿かたちも美しい!

 

 

 

 

 

“コロンブス”。 

・・・ネーミングの由来はなんやろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

“アペルドーン”

 

 

 

 

 

“フリンジドファミリー”

 

 

 

 

“ハネムーン”

 

 

 

 

“フラミンゴ”

 

 

 

 

 

 

 お気に入りの“インフィニティ”。

 

 

 

これだけ美しいチューリップが次から次へと現れるので、立派な一眼カメラ片手に撮影する人もいっぱい。

中には。

 

 

 

 

 

 

スプレーで水、吹きかけまくり!!! 

水滴したたるチューリップを撮りたかったらしい・・・。

(にしても、水かけすぎやろ。 どしゃぶり後のチューリップでの撮りたかったんか?)

 

 

 

 

 

色とりどり。

 

 

 

 

今がまさに見頃のチューリップ。

 

 

 

 

ここ数年訪れた中でも一番良いタイミングだったかも!

 

 

 

 

それでは、てくてく南門の方へ移動しましょう。

 

 

 

 

南門近くにも、ずらっとチューリップの花壇がありまして。

 

 

 

 

 

この時期の中山公園。

どこへ行ってもチューリップに包まれる、幸せな時間を過ごすことができるのでした。

 

 

春の北京。 空気の良い日は公園へGO!

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中山公園 チューリップ満開!

2017-04-15 19:45:41 | 北京暮らし おでかけ編

そんなイメージをお持ちでない方もいらっしゃるかもしれませんが・・・。

北京の春は至る所で美しい花が見ごろとなり、それはもう美しいのです。

 

 

・・・ただ、空気がアレなだけで。

 

 

 

というわけで、よいお天気の日は逃すまい!!!

 

 

 

 

今日は『中山公園』へGO!

 

 

 

昼間の気温は30度。 夏やん・・・。

 

 

 

 

チケット(10元/160円くらい)を購入したら、公園なのに空港のような手荷物検査&セキュリティチェック。

押し合いへし合い。

 

 

 

 

今日は西門から入り、少し南の方をぶらぶらしてから東門へ。 最後は南門から出ました。

 

 

 

最初のセキュリティチェックまでは、おいこら、並ばんかい!とイラっとすることもあったり、やたら後ろからぎゅうぎゅう押してくるおばちゃんに、頼むからひっつかんといて・・・と目で訴えたりとわちゃわちゃしますが、公園に入ったらもうこっちのもんじゃ!

 

 

 

 

いきなり目の前にチューリップエリアが広がります。

 

西門近くはチューリップ以外のお花も多く、

 

 

 

 

道に沿ってカラフルなお花がいっぱい。

 

 

 

 

カラフルだ!

 

 

 

 

めっちゃカラフルだ!

 

 

 

 

 

白いぞ!

 

 

人でごった返している公園。

ここは中国。 

ということは、ニンニク臭がしたり、暑い日ですからいろんなかほりが漂うわけですが、それを感じさせないほどの素晴らしいお花の香りに満ちていた中山公園!

 

 

すごいぞ!

 

 

 

 

子供も楽しそうだ。

 

 

 

 

ついつい太極拳をしてしまう気持ちも理解できる。

 

 

 

 

頭からチューリップを生やしたくなる気持ちは、すみません、理解できません。

 

 

 

 

売店で売ってました。

 

 

西門から少し南の方へ進むと。

 

 

 

 

おぉ~!!!

 

 

 

 

とにかく、どこもかしこもチューリップ!

 

 

 

 

色とりどり。 種類もたくさん。

 

 

 

 

かわいい・・・。

 

 

 

そして。

 

 

 

美しい・・・。

 

 

 

 

去年はタイミングが早すぎてあまり咲いていない時に行ってしまったのですが、見頃を迎えた中山公園はこんなに美しいのですね!!!

 

 

 

それでは、東門の方へ向かいましょう。

ここには。

 

 

 

長~い花壇にずら~~~~~っと一面のチューリップ!

種類ごとに植えられていて、ちゃんと説明もついています。

 

長くなりそうなので続きは後半へ。

 

 

 

 

写真大好きな中国のみなさん。 ここでも『チューリップと私』風の写真撮りまくり。

 

ただ・・・。

めっちゃドヤ顔で『チューリップと私』的写真を撮ってたその直後に。

 

 

おっさんみたいに、痰吐くのはやめてくれ。

 

 

****************************************

 

 

日々いろんなことがあって、災害など悲しいニュースもあるけれど。

 

 

 

そういう時、お花はす~っと心の中で寄り添ってくれるなぁ・・・と感じます。

日本も今、桜やお花が美しい時。 たくさんの方の心が癒されますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三里屯エリアのカフェ&ワイン カルボナーラうまうま!

2017-04-12 20:21:51 | 北京暮らし もぐもぐ編 各国料理

たまには新しいお店に挑戦しよう!

と出かけたのがこちら。

 

 

ON Emotions Cafe & Wine

世茂広場北側 海隆石油北門西側

 

 

偶然目にした、こちら。

 

 

 

北京の情報誌『ジャピオン』のキャンペーン。

 

ワイン+おつまみセットでこのお値段! 行くべし!行くべし!!!

 

 

 

 

落ち着いた店内。

 

 

 

店長さんは日本の方。 スタッフの中にも日本人がいらっしゃったような・・・?

 

 

 

 

このキャンペーンを・・・と伝えると、赤or白のリクエストができるとのこと。

普段赤ばっかりなので、ここは迷わず赤! ニュージーランドの赤ワインでした。

 

 

 

 

一番奥のテーブルでまったり。

 

自転車が映っていますが、私たちの自転車ではありません。

私たちは、今大流行の(?)シェア自転車でのこのこやって参りましたので。

 

 

 

 

おつまみ、登場~! うきゃ~っ!!! 

 

 

くいくい飲みやすいワインによく合います。

 

 

 

明太子ポテト。 枡にたっぷり。

 

 

くいくい飲みやすいワインによく合います。

 

 

 

 

そしてカルボナーラ。

夫婦そろってこの、こってり高カロリーパスタが好きなのですが、このお店のカルボナーラは実に私たち好み!!!

 

 

くいくい飲みやすいワインに・・・(以下同文)

 

 

 

そんなわけで、ワイン。

 

 

 

あっという間にからっぽ。

 

 

 

 

助っ人。 アサヒビール。

 

 

 

 

口コミでは圧倒的にお昼のカフェについてが多いのですが、夕方以降も中国のお客さんがまったり過ごしておられます。

一人でPC持参とか、本を読みながらお酒・・・のような、静かな空間。

 

 

 

 

なんだかあっという間にワインがからっぽ。

飲みやすいワインと美味しいおつまみ。  カルボナーラ目当てにまた来たい!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

北京レストランウィーク・・・で、いきなりつまづく私 の巻

2017-04-10 20:16:13 | 北京暮らし もぐもぐ編 各国料理

 以前から『レストランウィーク』という言葉はよく耳にしていて、何やら素敵レストランで素敵もぐもぐが味わえるらしい・・・と気になっていたのですが、いったいそれがどんなシロモノなのか全く知らなかった私。

 

 

ですが、この春ついに、レストランウィークデビューいたしました!

 

 

 

場所はこちら。 『芳草地』。

 

 

そもそも『レストランウィーク』ってなんぞや?

 

どうやら、いくつかのレストランが参加し、一定期間限定メニューを提供。 それをお客さんが採点していろんな分野でのベストレストランを決定する!というイベントらしい。

普段はなかなか入れないお店でもこの期間なら限定メニューでお手頃にいただける、とか、ちょっと敷居の高い店でもチャレンジしやすい・・・などなど、美味しいもの大好きな皆様には好評なイベントらしい。

 

 

 

というわけで、友人が予約してくれたお店へ行ってきました。

George's Bar & Restaurant

東大橋路9号 北京怡亨酒店1-2階

 

 

 

お店がある『芳草地』。

 

 

 

 

おい、反りすぎや!

 

 

 

 

いつまでも割れない風船をキープするのもご苦労様でございます。

 

 

 

突っ込みどころ満載の芳草地の中にあるホテル。

 

 

 

初めて入ります。

ドキドキ。

 

 

 

 

 

フロントを抜けて、レストランへ・・・。 ドキドキ・・・。

 

 

 

 

なんか、いるぞ・・・。

クジラ? 船???

 

 

 

 

でっかい頭突き出してるし、向こうで背を向けている方はなんだかシマシマだ。

 

 

 

階段を上がった先がレストランなのだけど、これらのオブジェに迎えられ早くも腰ひけひけの私。

 

 

 

そして店内は。

 

 

 

 

あ~~~~~。

おしゃれと不思議は紙一重。

 

 

 

気を取り直して。

レストランウィークの限定メニューをいただきましょう。

 

 

 

 

スープ。

 

 

 

 

 

海老のサラダ。 アボカドが腹巻のよう・・・。

 

 

 

 

メインのおさかな。

 

 

 

 

友人は豚肉料理を。

 

 

 

 

デザート。

 

 

 

率直なところ、美味しかったのだけど飛びぬけて絶賛というほどでもなし。

以前『ベストサービス』として表彰されたこともあるお店だけに、接客は確かに丁寧でしたが。

 

 

 

 

というわけで、ごちそうさまでした。 帰りましょう。

 

 

 

・・・と階段を下りる私たちを。

 

 

 

出迎えるおっさんの絵と、へんな犬。 そして赤い猫背野郎。 

わけわからんぞ。

 

 

 

ところで。

実は。最初は別のレストランに行く予定だったのですが、予約したのにある日突然勝手にキャンセルのメールが。

しかも、「あなたのキャンセルは無事受け付けられましたよ」みたいな感じで、おい、いつ誰がキャンセルしてん!!!とわけがわからん。

 

なんでや?

 

 

 

その頃ちょうど年に一度の大きな政治イベントが行われていたので、もしかして道路の通行規制の関係でその店に行けないのでは!?

(日本じゃ考えられないけど、こちらでは平気で道も公共交通機関も規制しちゃうので、それに巻き込まれたら不運としか言いようがないのです)

 

 

 

そこでレストランに電話してみたところ、理由が判明しました。

 

 

 

『その日 120名の団体を受け付けることになって、個人のお客様へのサービスが十分にできる状態ではなくなりました。 ごめんね。』

 

 

 

 

この時期の120名の団体って・・・。

 

 

絶対、政治イベントがらみでしょ! お国関係でしょ!!!!

 

 

 

これまで何度もレストランウィークで美食を堪能している友人も「こんなの初めて」らしいのですが、記念すべき初めてのレストランウィークでこんなことにぶち当たる私・・・。

 

 

旅行だけでなく普段の生活でも、ハプニングの神に好かれてるんやろか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまには三里屯をぶらぶら

2017-04-07 21:06:53 | 北京暮らし おでかけ編

清明節の3連休。

残念ながら後半2日間は。

 

 

どんより。 中途半端に空気が悪い。

 

でもまあ、これくらないらマスクして出かけましょ。

というわけで。

 

 

 

この日もシェア自転車でGO! 

 

 

向かった先は。

 

 

 

三里屯。

写真は加工してありますが、二度目の北京駐在でその変化にびっくりしたことの一つが、ここ三里屯のビル群。

 

 

 

 

普段は素通りの三里屯ですが、たまにはぶらぶら散策してみましょ。

 

 

 

 

んんっ!? ABCクッキングスタジオ!?

 

って、日本のあのお料理教室?

 

 

 

どうやらそうみたいです。

お料理に加え、パンコースなど色々あるみたい。

 

 

 

いやいや、ほんまに北京の変化のスピードはすごい! 

あんなにもっさかった北京が、あっという間にこじゃれた都市になっちゃった。

 

 

 

ま、相変わらずセンスのズレは常々感じますが。

 

恐怖しか伝わってこない店頭ですね。

 

 

 

恐怖と言えば。

 

 

 

 

こっちのお店も。

 

 

よ~く見たら。

 

 

 

全部、靴&靴ひも!

 

 

 

このエリアからすこ~し北に歩くと。

 

 

 

 

ここにもショップやレストランがずらり。

 

 

 

その広場にど~んと立っていたのは。

 

 

 

なんやろ? 漢字?? “旅”???

 

 

 

 

カラフルなジャングルジム。

子供が遊ぶというよりは、みんなの自撮りor撮影スポットになってました。

こっちの人、写真好きやからね~。

 

 

 

 

こんな素敵花壇の前でももちろん、お花と私…的な撮影が繰り広げられています。

 

 

 

 

さて。

ここ最近は気温もぐっと上がった北京なので。

 

 

 

ちべたいデザートを。

 

 

 

 

SOFTREE

三里屯北区19号 三里屯Village北区B1階

 

 

どうやら韓国のソフトクリーム屋さんみたい。

 

 

 

 

若人でいっぱい。

それなりのお値段するのに、コンビニソフトクリームの何倍もするのに、すごいな、若者!

 

なんだか作るのに手間がかかるらしく、レシート片手に出来上がりを待ちます。

目の前の若者がベッタベタしていて、相変わらず中国人わこ~どの密着率高し・・・。

 

 

 

 

できあがりました。 一番シンプルなソフトクリーム。

うん。 確かにおいしい。 コクがあるのにすっと引くさわやかさ。

 

 

 

ですが、普段そこまでアイスを求めない私なので、この値段やったら生ビールの方がうれしい。

 

 

 

 

それでは、そろそろお家に帰りましょう。

 

 

 

あ、空気が残念なので、マスクを忘れずに!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

首都博物館へGO!

2017-04-05 19:56:46 | 北京暮らし おでかけ編

清明節の3連休。

 

 

首都博物館へ行ってきました。

復興門外大街16号

 

あらかじめ予約&身分証明書が必要とのことだったので、ネットで予約の上パスポート持参で向かったのですが。

 

 

 

 

予約なしで入館してる人もいたし、おまけにパスポートを出そうと思ったら「出さんでええわ」と言われてしまった。

なんのこっちゃ?

相変わらず中途半端な規則ばかりの北京やな~。

 

 

 

 

さて、外観の壁からはみ出ていたこちらは。

 

 

 

 

 

館内でもなかなかの存在感を示していた。 発掘されたなんかをイメージしてんのかな?

 

 

 

 

それにしても規模が大きい!国家博物館にははるか及ばないけど、今日はとりあえず興味あるところだけサクッと参観しましょう。

 

 

 

 

 

こちらは、北京とその周辺から発掘されたもの。

 

 

 

 

 

「やぁ!」

 

はいはい。 こんにちは。

 

 

 

 

 

「ようこそ」 「ようこそおいでまし」

 

 

どうもどうも、こんにちは。

 

 

 

 

「やっほ~」

 

うんうん。 やっほ~。

 

 

 

 

・・・と、私好みの皆様が出迎えてくれました。

 

 

 

 

「くけ~!!!!!」

 

 

 

 

発掘されたものから、近代までの展示がずらりと並ぶ3階をざっくり見学。

4階はこの日は閉鎖中。

 

というわけで、5階へ。

 

 

 

京劇についてのエリアとか。

 

 

 

 

美しい美術品などなど。

 

 

 

 

 

実に精巧に作られた景徳鎮の枕。

 

・・・やけど、寝心地悪そう。

 

 

 

 

 

仏像エリア。

 

 

 

 

 

キレッキレ!

 

 

 

メインのエスカレーターは5階までだけど、小さなエスカレーターが更にもう一階上に続いていました。

 

 

 

 

どうやらここは、ちょっと懐かしい北京の街並みを再現したコーナーらしい。

 

 

 

 

まあ、家族でまったりするエリアか?

 

 

 

 

 

ちなみにここは地下もあり、本屋、お土産屋さん、そして、飲食できる場所もありました。

 

各国の美術館&博物館のミュージアムショップでは、そこでしか買えない素敵グッズもあるので期待して行ったのですが。

 

 

 

 

・・・玉砕。

 

 

しょぼしょぼ。

欲しいもん、一個もあらへん。

 

 

 

 

 

でもまぁ、無料でこれだけの規模の博物館を開放するとは、すごいな・・・。

人もそんなに多くなくゆったり見られたし。

 

北京の友人も来たことがない、場所もよく知らないと言っていたので、国家博物館などに比べたら参観する人は少ないのかも。

 

 

 

 

ちゃ~んと注意書きっぽいものがあったので、館内も静かでした。

 

 

・・・にしても、一番上の画はなんだ?

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

清明節 北京の旅行者気分でおでかけしよう!

2017-04-03 20:12:13 | 北京暮らし おでかけ編

中国は昨日から『清明節』の3連休。今回は特に予定も立てず北京にいることになったので、

「そうだ! 北京に行こう」

みたいな感じで、あたかも北京に旅行に来たような気分で観光してみることにしました。

 

 

 

とりあえずは、4月1日。連休前日。

(土曜日ですが連休前ということでみなさん出勤日)

 

 

 

前夜祭!

 

 

 

 

大人気日本料理店MANZOで。(北京旅行風と言いながら、いきなり和食)

MANZO(慢走)

亮馬橋40号 二十一世紀飯店1階東北角

 

 

 

そして、4月2日(日)。

 

 

 

 

これぞ北京観光!

 

 

 

 

天安も~ん!

 

・・・の前をバスで通っただけ。

 

 

この日はまず『首都博物館』へ出かけ(詳細はまた今度)、そこからバスで建国門近くの和食『萬葉』でランチ(これまた詳細はまた今度)、そして再び天安門まで戻ってきました。

 

というのは、天安門向かいにある『国家博物館』へ行きたかったから。

事前にスマホで予約をしておいたので、あとはチケットを受け取って(と言っても無料なんだけど)入館するのみ。

 

 

 

・・・だったのですが。

 

 

 

 

なんじゃっ!? この行列は~~~!?

 

 

 

そう。

天安門広場へ向かう人はみな、セキュリティチェックを受けなければならないのです。

私たちは広場ではなく博物館へ行きたいのですが、それでもここを通過せねばならないらしい。

 

 

 

3連休初日。 中国各地から北京にやってきた観光客に加え、各国旅行者の姿も。

博物館には行きたいけれど、この行列に並ぶ気力は・・・・・ない。

 

 

 

というわけで、あっさり退散。

博物館はまた後日、普通の日に行きましょう。

 

 

 

 

それにしても、この天安門の前でも。

 

 

 

 

自転車率高し!

 

 

 

 

乗り捨て自由、料金も格安とあって、ものすごい勢いで普及しているシェア自転車です。

 

 

 

さて。 博物館をあきらめた私たちが向かった先は。

 

 

 

 

王府井書店。

 

王府井。 ここは今でも観光地なのかな?

かつては“北京の銀座”などと、銀座に手をついて謝れ的な紹介がガイドブックに書かれていたけど・・・。

 

 

 

中医学、薬膳学の本がほしかったので、しばし本屋で物色。

 

・・・にしても、今時その態度でやっていけるんか?という横柄な店員の態度。

そして。

 

 

 

トイレが恐ろしくばっちい。

4つのうち使用可能は1個のみ。

(別の1個は扉がなかったので、私の中では使用不可能と判断いたしました)

 

 

 

とまあ、そんな王府井書店で。

 

 

 

無事、お目当ての本をゲット。

 

 

 

 

 

観光客でごった返す王府井大通りをてくてく。

 

 

 

 

 

なぜかキューピーの広告をやたら目にした。

 

 

 

 

歩き疲れたのでそろそろ帰りましょ。

と、バスに乗ったのですが、そのバスが急ブレーキ連発。挙句、扉を開けたまま走り出して、乗客から。

「ドア、開きっぱなしやぞ~!!!」

と注意される始末。 

 

やれやれ。 

 

 

 

というわけで、家の近くまで戻ってきました。

 

 

 

お気に入りの地ビールやさん。

 

 

 

 

ほぉ~。 こんなにいっぱい種類があるんだ。

 

 

 

 

こちらでは、地ビールをお持ち帰りできます。

しっかりした瓶に入れてくれて、かわいいラベルもぺたっとね。

 

 

 

 

・・・あれ? あれれ?

 

お持ち帰りだけの予定でしたが、のどが渇いていたのでついつい乾杯!

 

北京旅行気分でぶらぶら観光。

一日目無事終了です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春 北京のあれこれ

2017-04-01 21:09:10 | 北京暮らし いろいろ

ぐっと暖かくなった北京。

 

 

さわやかな春の北京。

 

 

 

 

乗り捨て自由の便利な自転車でGO!

 

 

 

といきたいところですが、案の定故障中の自転車が増えてきた上に、勝手に自分の鍵に付け替えるやつがいたり、

 

 

 

 

入力できないように番号を削ったりする奴も。(QRコードで読み取れるとは言え、まったく・・・)

 

 

 

というわけで。

 

 

こちらのタイプの自転車も登録しました。

 

 

 

QRコードを読み取るだけで、勝手に鍵オープン!

黄色の自転車よりも造りがしっかりしている分なのか、デポジットも高めの299元。

 

 

 

 

とまぁ色々ありますがやっぱり便利なので、自転車利用率がぐっとアップした今日この頃。

 

自転車に乗るといろんな景色が楽しめます。

 

 

 

 

信号待ちの人々に交じって・・・。

 

 

 

 

人間よりマナーがよ良い!わんこ!!!

 

 

 

 

 

ある日突然入り口がレンガで封鎖された一帯。

(詳しくは → この日のブログを)

 

 

 

相変わらず窓にはしごをかけて、強気の営業を続ける店もあれば。

 

 

 

 

え? レンガ積み上げただけ?

 

 

 

 

それでも営業できるらしい。

 

 

 

 

 

逆にこちらは、以前よりしっかりした梯子が備え付けられてあった。 やりおる。

 

 

 

 

 

 

場所は変わって、こちらはダンキンドーナツ。

  

 

春の限定ドーナツを販売していたのですが。

 

 

 

 

 

・・・ドーナツから虫、湧いとるで。

 

 

ゼリーか何かで作った虫2匹がトッピングされたドーナツ。

こういう時、美意識にものすごい隔たりを感じてしまう・・・。

 

 

 

 

さてさて。昨日は空気もきれいだったので。

 

 

 

 

川沿いをてくてく。

 

 

 

・・・あっ!!!

 

 

 

 

川の中から丸い水泳帽子が!!!

 

 

 

 

 

4月を待たずして、早々に始まった自由すぎる人々による川泳ぎ。

 

 

 

 

 

おっちゃん・・・何度も言うが、この川。 めっちゃ汚いで。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北京でいちご狩り!

2017-03-30 17:10:46 | 北京暮らし おでかけ編

 

いちごです。

 

先日、いちご狩りへ行ってきました。

 

 

車に揺られて1時間ちょっと。

すると。

 

 

 

 

「やぁ!」

なんだかふくよかな方が出迎えてくれた。

 

 

え~っと、いちごハウスはどこかな?

 

 

 

 

なんだか、廃墟に囲まれているんですけど。

 

 

 

 

絶賛建築中。

 

 

 

ハウスは? いちごハウスは???

 

 

 

どうやらあの奥にあるようです。

 

 

 

 

いちごハウスだ~!!!

 

嬉々として、ハウス内に足を踏み入れると。

 

 

 

 

 

おわっ!!!

寝るんかいっ! ここでっ!!!

 

 

 

違和感ありすぎのベッドの奥に。

 

 

 

いちご畑は広がっておりました。

 

 

 

 

 

かわいい・・・。

 

 

 

 

 

なんというか、正しいいちご!って感じのいちご(どんなん?)が並んでる。

 

 

 

 

絵本に出てくるような、つやつや、真っ赤ないちご。

 

 

 

 

 

さっそく一口。

 

 

あっま~!!!!!

じゅ~すぃ~!!!!!

 

 

 

正直、いちご狩りというイベントを楽しむ方がメインで味にはそこまで期待していなかったのですが、甘い! おいしいっ!!!

 

 

 

もぐもぐ食べてはお持ち帰り用のいちごをタッパにつめ、あっという間に時間は過ぎていったのでした。

 

 

 

 

 

ちなみにまだ赤くなる前のいちごもかじってみたのですが、シャクッと歯ごたえがあって、青リンゴのようなさわやかな、野菜に近い味でした。

 

 

 

 

た~っぷりいちごを堪能した後はやっぱり。

 

 

 

 

 

お手洗いが心配ですよね。

(いちご 水分たっぷりですし)

 

 

 

 

 

  

ご安心を!

こんな立派な建物があるんです。

 

 

 

 

 

 

中は緑がいっぱい。 ここは・・・?

 

 

 

 

レストラン。

 

 

 

 

 

・・・の、お手洗い。

照明は暗いけど、ちゃんとしたお手洗いがあったので、ホッ・・・。

 

 

 

建物の入り口には。

 

 

 

 

 

オカメインコさんや。

 

 

 

 

ボタンインコさんもいらっしゃったので、鳥もいけるクチの方はぜひ!

 

 

 

 

 

こちら、持ち帰ったいちご。 1斤(500g)単位でお値段が決まっています。

詰め込みすぎたのか、持って帰る道中でいちご同士が当たって傷んじゃったのが残念ですが、た~っぷりいちごが入ったボウルを抱えてもぐもぐ存分にいただきました!

 

 

 

 

血中いちご濃度高めのイラスト・・・のつもりですが、単に毛深い変なイキモノみたいな画になっちゃった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北京で雲南料理『山茶雲南菜』

2017-03-27 19:20:51 | 北京暮らし もぐもぐ編 中華

久しぶりに雲南料理を食べに行ってきました。

私の勝手な印象なのですが、北京って雲南料理の店が多い気がする・・・。

 

 

 

山茶雲南菜

建外大街永安里中街25号

 

 

 

 

こちらは1階。

 

 

 

 

少人数向けのテーブルがずらっと。

 

 

 

 

グラスもずらっと。 夜ならお酒も。 ぐびぐびっと。

 

 

 

 

お昼時はお客さんで大繁盛。

 

 

 

 

こちらは2階。

 

 

 

 

大人数用の丸テーブルが4~5個。

 

 

 

 

 

お皿&おさじ、お箸もかわいい。

 

 

 

今回注文したのがこちら。

 

 

 

 

青パパイヤのサラダ。

東南アジアの青パパイヤサラダよりも癖がなくさっぱり。 

 

 

 

 

雲南料理のお店ではついつい食べたくなる『ジャスミンと卵の炒め物』。

ジャスミンのかわいいつぼみが一杯入っていて、優しいお味。

 

 

 

 

 

おナスの上に肉そぼろ。 

 

 

 

 

ジャガイモ千切りを固めて焼いたもの・・・。(ガレットのようなもの?)

 

 

 

 

 

こちらもジャガイモなのですが、雲南料理っぽくミントがいっぱい。

ちょっと辛くて、ほくっ! 辛っ! ス~っ!って感じ。

 

 

 

 

きのこと唐辛子。

キノコがまた美味しい! さすが雲南!

 

 

 

 

最後はデザート?のチーズを揚げたもの。 ほかのお店ではヨーグルトの風味が強かったけど、こちらはチーズという感じ。

 

 

 

雲南地方。 

 

 

 

旅行へ行ったのはかなり前。

また行きたいな~と思うもののなかなか難しいので、北京で雲南料理を食べて気分を味わおう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加