もっと素敵な明日が来る♪

「なんとかなるさ」がモットーのアラフォー夫婦の日常
2014年2月に二世帯住宅が完成しました♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久々に出没

2016-04-18 | ▼今日のつぶやき
半年ほど放置していましたが、久々に出没します。

九州は連日地震に見舞われており、私も人生初の地震の恐怖の真っ只中にいます。

でもとりあえず元気です。
被災もしておらず、いつもの普通の生活を送っています。
今自分がしなければならないこと、できることをやりながら、
地震が鎮まるのを待ちます。

ごめんなさい。
阪神淡路の震災も、東北の震災も、
やっぱり心のどこかで遠いところの話と思ってたようです。
今回は現実がそこにある。

今週は旦那がいない夜が続きます。
実は1週間ほど前から体調を崩し、ようやく回復傾向にある私なので、ちょっと不安です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

微力ながら世界経済に貢献します

2015-10-09 | ▼今日のつぶやき
思い立って3年半。
ようやく投資信託での老後資金準備を始めました。
40代になってからなんて、遅い話ですが…

我が家は子どもがいないので、教育費用が不要です。
住宅ローンも低めの金利で借りることができたので、
住宅ローン控除の恩恵を最大限に受けながら、
(今のところ)繰り上げ返済をしない選択をすることにしました。



インデックスファンドを購入しているので、
日経平均株価のチェックが最近の日課となっています。
始める前は、地道にコツコツ積み立てて、結果に一喜一憂せず…と思っていましたが、
今は一喜一憂してもいいんじゃないかと思っています。

というのも私、基本小心者なので、リスク許容度は小さいと思っていました。
でも実際に始めてみると、意外とそうでもなさげ。
元本割れしていても、落ち着いて見ていられる自分がいて、ちょっとビックリです。
こういうとこ、ダンナに似てきたのかもしれません

もちろん性格的にどうこうということだけではなく、
FPさんへの相談をしたり、資産運用セミナーに参加して勉強し、
これなら大丈夫と思えているからだと思います。

まずは2人の老後にどれだけお金が必要か計算し…
片方が亡くなった後の、もう片方の収入状況をシミュレーションし…
(捕らぬ狸の皮算用の)退職金や年金、受け取れる保険金などを確認し…
ダンナと私、それぞれの不足金を推測します。

遺族年金は女性に厚くできてるんですねー
私が亡くなると、年下のダンナは、自分で働けるうちはまだしも、
年金生活に入ると(若しくは年金がもらえる年齢になるまでの間は)
生活に困窮すると予想されました。
そこをどうやって繋ぐか、どうやって不足分を補うか、最低いくらぐらいあればいいのか、
具体的な数字を出しましす。
計算上、私はそれほど困らなさそうなので、主としてダンナのための老後資金です。

それをどうやって今から準備する?
どれだけ眺めてたって、通帳の数字はちっとも増えませんもんね

私名義の証券口座とダンナ名義の証券口座を開設し、
目標金額をそれぞれ設定して、スポット買付&積立で運用、貯蓄していきます。

私たち夫婦のお金が(少額ですが)世界で使われて、世界経済に貢献でき、
そして、私たちにもリターンがあればこんな素晴らしいことはないですね。
当分は一喜一憂しながら、楽しんでやっていきます



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅に出ました その3

2015-10-08 | ▼今日のつぶやき
今さら感満載ですが、夏休みに旅した記録の続きです。

旅に出ました その1
旅にでました その2


妙成寺

  

北陸における日蓮宗の本山だそうです。
入口入って、正面に建つ五重塔が印象的です。

君が代に歌われる「さざれ石」がありました。



なんとなくパワースポット的で、ちょっぴりゾクッとしました



千里浜なぎさドライブウェイ

石川県羽咋(はくい)市にある千里浜海岸は、海水浴客で大賑わいでした。
ここは日本で唯一、車で走ることができる砂浜です。
海水浴客もみんな砂浜に車を停めています。

サンドアートを造っている方がおられました。
初めて見たけど、すごく精巧にできていて、ビックリです









羽咋市ってUFOの町だったんですね。
知らなかった~
しかし、何度確認しても羽咋(はくい)市って読めないし、覚えられない私です



前作の朝ドラ「まれ」で出てきた赤いバス(観光バス)。



私たちを乗せて、いよいよ海岸線を走ります

 

…と言っても、海水浴客との境界があり、ノロノロ運転。
イメージとだいぶ違う
冬だったら、人も少なく、快適に走れそうです。
こーれはレンタカーでのリベンジしたいな


にほんブログ村 トラコミュ 千里浜なぎさドライブウェイへ
千里浜なぎさドライブウェイ



能登半周?観光を終え、バスは金沢駅に到着。



 

欲張りな2日目の観光、これにて終了。
次の日も盛りだくさんです!!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やりくり費の赤字分はどうやって埋めるのだろう

2015-09-17 | ▼今日のつぶやき
先週、突然口の中が乾いたようになり、
やけどしたときのように皮?がむけてきて、びっくりしました。
口の中がぬるぬるして気持ち悪く、舌も若干しびれ気味…
え?なにこれ??

6月の健診で、正常範囲だけど、空腹時血糖が少し高めなので、
ちょっと気をつけといてね~と言われたことが頭に浮かび、
ついに糖尿病発症か?!とさらに
帰りに病院に行こうかと思ったのですが、いつも慌てん坊な私なので、
ここはちょっと落ち着いて様子を見ることにしました。

あれから約10日…今日ふとあることに気付き、ネットで検索。
(病気かも…とネット検索するとろくなことがないので、基本、検索はしない主義)
原因は、最近使い始めた洗口液のようでした。
同じような症状の人がたくさんいたんです。
良かった~
確かに、使わなかった休日はそんな症状無かった気がする。
なんでこんなの売ってるんだ~
明日から使用を中止します




さて、このブログもカテゴリを整理しないとと思いつつ放置中ですが、今日は家計の話でも。

新居に転居してきて1年半。
いったん家計を見直さないといけないなと思うようになりました。
なぜかというと、家計のやりくり費が赤字なことが多くなったから
今までそれなりに回ってたのに、なんでだろうなーと考えたら、
やはり二世帯住宅になって、母と一緒に住むようになったことが原因のひとつな気がします。

外食の頻度は決して上がってないと思いますが、外食に出るときは母も誘うことが増え、
必然的に母の分まで支払っていますし、お店のランクが上がってます(=単価が)。
おかずの差入れ等で助けてもらっていることも多々ありますが、
逆に甘いものとか、ちょっとしたものを買う時に多めに買うようになりました。
それに加え(むしろこっちのせいか?)私の買い物が大雑把になってきまして…
以前は計算しながらカゴに入れてたのに、最近はわりかしユルくなってる自覚アリ。
イカンなー
すぐ楽な方に流れる

我が家でいう「やりくり費」という名の食費・日用品費・雑費など
日常使う現金が不足したときは、みなさんどうしてるのでしょう?

我が家の場合は、基本的には赤字の先送りです。
いったん貯金からおろしますが、翌月のやりくり費からその分をきっちり戻します。
なので、翌月は、通常のやりくり費から前月の赤字分を差し引いた額で生活するのです。
そうすると、基本的にはいつも以上の節約意識で前月の赤字分を一気に解消できます。
ただこの方法は、先送りした赤字がせいぜい1~2万のときしか無理ですね。
赤字が大きすぎると、翌月もその翌月も…と本当に赤字が先送りされるだけになります

物価の上昇や生活スタイルの変化などを加味すると、
我が家のやりくり費は少し予算を上げる必要が出てきたのかもしれません…

ということで?他の節約家さんを参考にしながら、考えていきます。
節約カテゴリーにも参加してみます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭で猫と出会った

2015-09-04 | ▼今日のつぶやき
先日、庭の草の陰に、子猫が1匹座り込んでいました。
毛がふわふわで、とっても小さくて、生まれて1ヶ月も経つのかな?って感じ。
私やダンナと目が合っても、泣きもせず、動きもしないし、近くに親猫の姿も無し。
もしかして捨てられてる?
病院に連れてったほうがいいのかな?

なんてダンナと話しながら時々様子を見ていたら、母猫が来ていました!



母猫のお乳を飲んだ後は、ずっとジッとしていた子猫が活発に動き出しました。
塀の上に座ってみたり、自分の尻尾を追いかけてくるくる回ってみたり。

…可愛い元気じゃん!

でもその後も子猫はひとりにされている時間が長く、
その夜は、庭の隅に置いてあった植木鉢に寝ていたようです。

元々は犬派だったダンナですが、
実家で飼っていた猫を時々我が家にお泊まりさせていたことがあったので、
表立って猫が好きとか可愛いとかは言いませんが、
猫派になりつつあることは、うすうす気づいていました。

それを示すかのように、庭に子猫が現れると、ちょこちょこ見に行ったり、
ネットで野良猫の行動パターンを検索したりしてたんですよ。

飼い猫のくろが15歳で亡くなってから、7年。
ここ数年、二度と猫は(生き物は)飼わない!という思いと、
もう一度猫のいる暮らしをしたいなという思いが交錯していたので、
このままいついちゃったら、飼うかな…と密かに思いはじめていたところ、
子猫はふいに姿を消しました。

実は、私とダンナ、既に子猫を「ちび太」と呼んでいたんですね

数日間は、朝や夕方にちび太の姿を探していた私たちでしたが、
親猫と共に引越したのだろう、もう戻ってこないだろうと思うようになりました。
ダンナも、
「もうちび太は戻ってこないよ。(引越しは)野良猫の習性だよ」
と私に言いました。

そう言うダンナですが、それ以来、動画サイトで猫の動画を延々見てるんです。
そして時折、「これ、ちび太に似てるよ」とか
「これ、ちび太くらいの大きさだよね」と私に話しかけてきます。
実はちび太がいなくなって残念がってるのは、私よりダンナなんじゃないか?

猫の行動範囲は狭いと言いますから、
もしかしたらそのうち、大きくなったちび太に会える可能性もあるかもしれません。
猫にとって野良の生活は大変だと思うし、
逆に野良猫に迷惑してる人もいて、それはお気の毒なことですけど、
何かの縁で見かけた小さい命が無事に大きくなってくれたらいいなと思います。

ちび太、頑張れ




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加