Yes,We Love Science!

自然科学大好き!「自然」は地球、宇宙、人、社会、宗教...あらゆるものを含みます.さあ、あらゆる不思議を探検しよう!

第78回ノーベル物理学賞 ペンジアス、ウィルソン、カピッツァ 「低温物理学の分野における基礎的発明と諸発見」

2021年02月18日 | ノーベル賞

 「低温物理学」とは何か?

 1978年のノーベル物理学賞の受賞理由は「低温物理学の分野における基礎的発明と諸発見」である。

 文字通り低温の世界の現象を研究する学問が低温物理学である。ペンジアスとウイルソンは極低温状態である宇宙空間に関する研究で、カピッツァは極低温下における液体ヘリウムのふるまいについての研究でノーベル賞を受賞している。

 日常生活では氷点下になると氷ができる。そのため雪が降ったり積もったり、水道管が凍ったりして生活に支障が出ることがある。

 水は低温下の状態変化により様々な現象が起きるが、これは何も水だけに限ったことではない。低温にすると、様々な物質で様々な現象が起きる。我々はその現象を解明している段階にある。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

7月2日未明の関東の大火球、千葉のマンションに落下した「習志野隕石」だった!

2020年12月16日 | サイエンスジャーナル

 関東上空で大きな火球 破裂音が「聞こえた」

 去る7月2日午前2時32分ごろ、関東上空に極めて大きな流れ星(火球)が流れた。数分後には爆発音も聞こえたといい、火球が破裂した際の音が地上まで届いたようだ。火球の音が聞こえた例は極めて珍しい。

 流れ星は、宇宙を漂うちりが地球の大気とぶつかって光る現象。大きなものが地上まで落ちてくると隕石(いんせき)と呼ばれる。

 隕石で思い出すのは、1908年ロシアでシベリアの森林を数十キロメートル四方にわたってなぎ倒した例があるほか、2013年にもロシアのチェリャビンスク州上空で隕石が爆発し、衝撃波で建物のガラスが割れたり、けがをしたりする人が出るなどの被害が出たものが記憶に新しい。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 アストロアーツ: http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11382_meteorite

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

金星に生命が存在か?大気中に「ホスフィンPH3」を検出!

2020年12月16日 | サイエンスジャーナル

 金星に生命の証拠?

 金星の大気から、地球では生命体によって生み出されるガス「ホスフィン」(リン化水素)が検出されたという論文がこのほど、英国の科学誌「ネイチャー・アストロノミー」に掲載された。

 ホスフィンは、生命体にとって死に至らしめるほどの有毒ガスだが、地球のような岩石惑星では、人間や微生物などの生命体からしか生成されないと考えられている。 ホスフィンが地球以外の岩石惑星から発見されたのは初めてのこと。

 アメリカ航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官は、「地球外生命探査史上最大の発見だ」と述べている。 金星における日中の気温は鉛が溶けるほど。灼熱地獄のような環境と言われ、一般に生命が存在するとは思われていなかった。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news:https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/091600541/

The Liberty Web:https://the-liberty.com/article.php?item_id=17620

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

秋の天体観測!10月1日中秋の名月・10月6日火星接近

2020年12月16日 | サイエンスジャーナル

 火星が準大接近

 9月22日は秋分の日。心配された台風12号も本州から東側にそれ、関東地方は直撃を免れた。ここ湘南地方の風は北風に変わり、一気に秋の空気が日本列島に流れ込み、いよいよ季節は夏から秋へとはっきり変わった。

 まだ、マスクの息苦しさもあるが、ようやく過ごしやすくなった。暑い時期は夜空を見上げる気にならなかったが、最近は涼みながら星を見上げるのによい季節になった。そして、9月~10月にかけては天体観測には絶好のイベントも控えている。

 夜、8時をすぎて、東の空をみると、明るいオレンジの天体が昇っているのが分かる。ちょっと他の星とは違ってオレンジ色に大きく見えるのでびっくりする。あれは火星である。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 国立天文台: https://www.nao.ac.jp/astro/feature/mars2020/

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

今夏、浜松で41.1℃を記録!デスバレーでは約90年ぶり54.4℃、地球はどこまで暑くなるのか?

2020年12月16日 | サイエンスジャーナル

 日本はこの夏、観測史上最も暑かった 浜松で日本記録タイ

 秋分の日を迎えようやく暑さも一息したところだ。今年の夏は特別に暑かった。初めて熱中症というものにかかってしまった。

 日本では、40度台を観測する地点が続出した。8月17日に静岡県浜松市で41.1度を記録し、国内最高気温に並んだ。それまで単独1位だったのは、2018年7月23日の埼玉県熊谷市の41.1℃だった。

 意外だが、温暖な九州・沖縄地方が首位ではない。なぜなのか。気象庁によると地形の特色だそうだ。 「海岸から離れた位置に平野部や盆地があり、また周囲(西側及び北側)が山地に囲まれているため、条件が合致すれば最高気温が上昇しやすいと考えられます。逆に、沖縄などは、特に陸地の広がり(海岸からの近さ)といった点で、夏季の最高気温があがりにくいと考えられます」

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 サイエンスポータル: https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2020/09/20200918_01.html

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

コメント

国内初「ゲノム編集食品(トマト)」誕生!遺伝子組み換えとの違いは何?

2020年12月16日 | サイエンスジャーナル

 国内初「ゲノム編集食品」誕生

 ゲノム編集食品が販売を認められるという。知っての通り日本では遺伝子組み換え作物の販売には安全審査が必要である。加工食品であっても、豆腐や醤油などのパッケージに「本製品は遺伝子組み換え大豆を使用していません」などの表示を何度も見てきた。食の安全性に対してはそれほど厳しい壁がある。

 ゲノム編集でも遺伝子を変えることに変わりはない。ゲノム編集ならば認められるというのはどういうわけだろうか?食の安全性は確保されるのであろうか?ゲノム編集と遺伝子組み換えでは何が違うのだろうか?

 今回、遺伝子を自在に操作できる「ゲノム編集」の技術を使って開発された、血圧を下げるとされる成分を多く含むトマトについて、厚生労働省の専門家会議は12月11日、国内初の「ゲノム編集食品」として販売の届け出を認め、今後、ゲノム編集食品の流通が始まる見通しとなった。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 NHK news: 国内初「ゲノム編集食品」トマト 販売認める 厚労省専門家会議 

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

WHO「顧みられない熱帯病」に命をうばうヘビ毒を指定

2020年12月12日 | サイエンスジャーナル

 新型コロナウイルスの現在地

 2020年12月11日現在、各国当局の発表に基づき日本時間11日午後8時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は158万2721人に増加した。

 中国で昨年12月末に新型ウイルスが最初に発生して以降、これまでに世界で少なくとも6956万4380人の感染が確認され、少なくとも4425万6000人が回復した。

 この統計は、世界保健機関(WHO)からの情報に基づいたもので、実際の感染者はこれよりも多いとみられる。多くの国では、症状がある人や重症患者にのみ検査を実施している。最も被害が大きい米国では、これまでに29万2190人が死亡、1561万7923人が感染し、少なくとも598万5047人が回復した。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic: 命を奪うヘビの毒 | ナショナルジオグラフィック 

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

12月21日木星と土星が大接近(コンジャンクション)! 1226年以来の超希少現象

2020年12月09日 | サイエンスジャーナル

 12月21日は何の日?

 12月21日は何の日か。そう冬至である。冬至は二十四節気のひとつ。冬至は北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日(=1年で最も日が短い日)。英語では「the winter solstice」といいます。「Solstice」は至、至点という意味。また、冬の中間点という意味で「midwinter」とも言う。夏至は、「the summer solstice」、「midsummer」になる。

 冬至は、北半球において太陽の位置が1年で最も低くなり、日照時間が最も短くなる日。冬至の日の日照時間を、太陽の位置が1年で最も高くなる夏至(6月21日頃)と比べると、北海道の根室で約6時間半、東京で約4時間40分もの差がある。

 また、冬至は生命の象徴である太陽の力が最も弱くなる日であるが、この日を境に日照時間が延びていくことから、陰の気が極まって陽の気に向かう折り返し地点とも位置づけられている。この考えが「一陽来復(いちようらいふく)」というもので、衰運をあらため幸運へと向かうみそぎの意味合いで柚子湯に浸かる風習がある。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 CNN: 夜空で木星と土星が大接近、1226年以来の超希少現象

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

次世代高速輸送システム「ハイパーループ」、初の有人試験に成功!

2020年12月07日 | サイエンスジャーナル

 「ハイパーループ」初の有人試験

 「ハイパーループ」というと、高架チューブ内を真空にして空気抵抗を減らし、人が乗る「ポッド」をリニアモーターの原理で浮上させ、音速で走らせるシステムである。

 最高速度1287km/hは、音速(1224km/h)を超えているので、ソニックブームが心配だが、飛行機と違って真空中を移動するから、音も聞こえない。ソニックブームの轟音を心配する必要がないのだ。

 今回、ヴァージン・ハイパーループ社が開発を進める高速輸送システム「ハイパーループ」が米ネバダ州ラスベガスで初の有人による試験運用に成功。商用化に向けた大きな節目となった。 今回の試験運用では時速100マイルまでの到達となった。軌道が500メートルの長さしかなかったためで、速度が制限されたのだ。それでも、会社の幹部は今回の試験を大きな節目であり、商用化に向けた前進とみている。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 CNN: 高速輸送システム「ハイパーループ」、初の有人試験

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

おめでとう!「はやぶさ2」カプセル無事帰還、本体は拡張ミッションで地球近傍小惑星へ

2020年12月06日 | テクノロジー

 「はやぶさ2」が無事帰還

 日本時間2020年12月5日14時35分、小惑星探査機「はやぶさ2」は、搭載カプセルが計画どおり分離されたことを確認された。小惑星探査機「はやぶさ2」搭載カプセルは、日本時間2020年12月6日2時28分(JST)頃に大気圏に再突入した。その後ヘリコプターでカプセル本体を捜索した結果、日本時間2020年12月6日4時47分(JST)にウーメラ砂漠WPA内にて発見された。

 小惑星探査機「はやぶさ2」搭載カプセルを搭載したヘリコプターが現地本部へ到着した。国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」再突入カプセルについて、カプセル本体、ヒートシールド、パラシュートを2020年12月6日に豪州ウーメラ立入制限区域内にて回収した。

 現地本部において、回収したカプセル本体から小惑星リュウグウのサンプル由来と考えられるガスの採取作業を行う。また、小惑星探査機「はやぶさ2」は、カプセル分離後、12月5日15時30分から16時30分(日本時間)にかけて、地球圏離脱軌道への遷移のための軌道変更を3回に分けて実施し、12月5日16時31分に完了した。探査機は正常。この後、拡張ミッションで2つの地球近傍小惑星探査に向かう。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 NHK: はやぶさ2 地球帰還|NHK特設サイト

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

NHKガッテン!「小豆の不思議なでんぷんパワー!腸スッキリ&美ボディー革命」

2020年12月04日 | サイエンスジャーナル

 あずきでもっと健康に!

 小豆というと、お汁粉やぜんざいに入っているがなかなか食べる機会がない。アンコは小豆だが甘すぎてなかなか口に入らない。しかし、お赤飯に使われていてこれなら時々美味しくいただいている。

 NHKで9月2日放送の「ガッテン」では小豆の健康効果について分かりやすく紹介していた。便秘改善や筋肉量アップにつながるパワーを持っていることが紹介されていた。

 小豆は、大豆や落花生など脂質が中心の豆と違い、食物繊維と糖質で構成される炭水化物が主体の豆だ。タンパク質も豊富で、ビタミンB群やミネラルを含む。あずきは低脂質・高タンパクで食物繊維の豊富な健康食品だ。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 NHK ガッテン!: http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20200902/index.html

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

コメント

米有人宇宙船がISS到着、シャトル廃止以来9年ぶり!いよいよ本格的な宇宙時代へ

2020年12月04日 | サイエンスジャーナル

 シャトル廃止以来9年ぶり悲願達成

 去る2020年6月1日、米国の民間有人宇宙船「クルードラゴン」の試験機が日本時間5月31日午前(米東部時間30日午後)、飛行士2人を乗せ、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた。

 約19時間後の同日深夜に国際宇宙ステーション(ISS)に到着し、往路の飛行に成功した。米国独自の有人飛行は2011年のスペースシャトル廃止以来、9年ぶり。米国は悲願だった有人飛行のロシア依存からの脱却を果たし、民間による有人宇宙飛行時代が幕を開けた。

 クルードラゴンは宇宙開発企業「スペースX」が現行の無人の物資補給機「ドラゴン」をベースに開発。同社の大型ロケット「ファルコン9」に搭載され、31日午前4時22分に打ち上げられた。

参考 サイエンスポータル:https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

「穴あき雲」各地の空で目撃相次ぐ、その原因は過冷却水とライミング

2020年12月03日 | 気象

 「穴あき雲」関東や四国などで発生

 11月30日朝、広がる雲にぽっかり穴が空いたような雲が関東や四国など各地の空で目撃され、その写真がインターネットのSNSなどに相次いで投稿された。専門家によると、これは秋から冬への変わり目に発生しやすい「穴あき雲」と呼ばれる雲で、「同じ時間帯に各地で見られるのは珍しい」そうだ。

 このうち、午前8時ごろ千葉市若葉区で撮影された写真では、雲の合間に大きな穴があいたようになっていた。撮影した60代の女性は「初めて見る雲でとても驚いた。同じような穴が見える範囲だけでも2、3個あった」と話していた。

 また、四国の上空でも撮影され、高松市で午前7時半ごろに撮影された写真では空一面に広がった薄い雲の中に大きな穴のようなものが見られた。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 NHK: 「穴あき雲」 関東各地で目撃相次ぐ

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

「はやぶさ2」カプセルの帰還は12月6日!打ち上げから6年「はやぶさ1」から10年

2020年12月02日 | テクノロジー

 「はやぶさ2」カプセルの大気圏突入は12月6日 

 日本の探査機「はやぶさ2」が帰ってくる。小惑星「リュウグウ」の砂が入ったとみられるカプセルを地球の大気圏に突入させる時間が日本時間の12月6日の午前2時28分から29分になると、JAXA(宇宙航空研究開発機構)が公表した。

 「はやぶさ2」は6年前に打ち上げられ、小惑星「リュウグウ」で採取した砂が入ったとみられるカプセルを12月6日に地球に帰還させる計画。分離されたカプセルがオーストラリア南部の砂漠に着地するのは午前2時50分ごろになる見込みだ。

 「はやぶさ2」のプロジェクトチームは30日会見を開き、本体からのカプセルの分離を日本時間の12月5日の午後2時30分に行い、カプセルの大気圏突入は12月6日の午前2時28分から29分になると公表した。「はやぶさ2」は、カプセルを分離したあと、すぐに軌道を変更して別の小惑星へと向かうという。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 NHK: はやぶさ2のニュース

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント

計算速度世界一!スパコン「富岳」が8年ぶりに首位奪還!新型コロナ対策で活躍中

2020年11月29日 | テクノロジー

 スパコン「富岳」、計算速度世界一 8年半ぶり日本勢奪還

 スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が2020年6月22日、オンラインで開かれた国際会議で発表され、理化学研究所の次世代機「富岳(ふがく)」が1位となった。先代の「京(けい)」以来、8年半ぶりに日本勢が首位を奪還した。他の3つのランキングでも1位となり4冠を達成し、実力の高さを示した。

 「TOP500」は性能評価用プログラムの処理速度で性能を競う年2回のランキングで、11月17日にも発表され、首位をキープしている。富岳は毎秒44京2010兆回(京は1兆の1万倍)で、フルスペックまで整備を進めた結果、前回の41京5530兆回から向上。2位の米国「サミット」に約3倍の性能差をつけ圧勝となった。

 また富岳は、産業利用に適した計算の速度を競う「HPCG」と、グラフ解析の性能を競う「Graph500」でも1位となり、史上初の3冠を達成。さらに、人工知能(AI)の深層学習に用いられる演算の指標「HPL-AI」のランキングでも1位となっている。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 サイエンスポータル: スパコン「富岳」、計算速度などで連覇 

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  ←One Click please

コメント