ラブラドール・トリプルスター『昨日・今日・明日』

ラブラドールブリーダーの気侭な「雑記帳」へようこそ。

☆☆☆ 暑かった夏ともお別れですね~水曜日・・・

2011年08月31日 | トリプルスターの日常
   
8月最後の日、慌ただしく過ごしました。
仮設トイレの返却や、雑草除去、繁り過ぎた果樹の剪定、そして山砂の搬入~敷き均し、、、、夕方になって無情の豪雨
なにくそと頑張って一日が過ぎました
7月4日から始めたツイッター、変な事ばかりつぶやきました。
8月の主なつぶやき、こんな感じでした。

  8月15日:ブログ更新のお知らせ多頭飼育について書いてみました。
 8月16日:湘南レディー=ジャミン嬢の近況、毎日 波乗りナウ。
 8月17日:お墓参りに行って甘いものを戴きました。猛暑の日。
 8月17日:レモンとノアちゃんのシャンプー、疲れました!
 8月18日:ハル君の近況=毎週末(土曜)針治療へ、経過は良好!!
 8月19日:オードリー姫お預かり、散歩でしかしない排泄の苦労話。
 8月20日:避暑地のジャック、もう宿題済んだかなぁ~
 8月20日:芝刈り機がなおって来て嬉しかった、修理代=買った方が、、、
 8月21日:雨続きですが、除湿機をフル稼働させてWan達は快適
 8月22日:今日も雨、上がってすぐに子犬達と遊びました。苦労してます
 8月24日:猛暑続きでしたが、子犬達の成長ぶりに満足=苦労の甲斐あり
 8月24日:気象の悪戯、つかの間のピーカン、蒸し暑かったです=危うく
 8月24日:日が落ちてから子犬達と遊びます=真剣に育児してますナウ。
 8月25日:ハウスドッグ・アンジェラ=入浴後~マッサージ~若さの秘訣
 8月27日:Wan達のお世話は蒸し暑くて大変。老人にとっては命がけ=マジ。
 27日:ポノままに教えて貰った「お帰りマンゴー疲労回復に毎日食べてます
 27日:スタッドドッグ・デューク、常に良いコンディションを保っています。
 8月29日:秋を感じる様になって来ました、Wan達にはせっせとスープ作りナウ。
 8月29日:子犬達と遊ぶ意味などを書いた日、真剣になっている時期です。
 8月30日:好物のジャンバラヤ、食欲増進⇒夏バテ解消ですね。
 8月31日:今日だけで健康相談が8件ありました。
医療ミスや末期治療など、考えるだけで心が重くなります。
何とか頑張って、相談される方の気持ちが晴れてくれると嬉しいのですが。 きっと、Wanも嬉しい筈なのです。
愛犬の健康には日頃から十分にお気を付け下さい。特にこれからの季節の変わり目は、健康そうに見える子でも要注意です。
病院の治療や対応に疑問が有ったら、しがらみに縛られたり我慢しないで、セカンドオピニオンも考えて見て下さい。
病院内を犬や猫が自由に動き回っている動物病院が或る地方(東海地区)には点在するそうですね。しかし治療台にまで乗って来る
ようでは、、、本末転倒では済まされない、、のではないでしょうか。
手術の決断には十分考慮してください。切り取られたものは、決して戻っては来ないのです。
今日、今すぐにでも、断脚・断尾・断?した方が良いなんて、俄かに信じがたいです。一度冷静になって(病院の外に出てみるのも)。
被災地の或る地方(宮城)では、高額医療が当たり前と言われていますが、調査してみた処、未成犬の去勢手術15万円、不妊手術
25万円、そして長期の入院、ただただ、もう絶句です、、、。(長い間、私は無知でした、、、、)


お疲れさまでした一息つかれましたらワンクリック宜しく御願いいたしま~す。

そして此方にもにほんブログ村ポチッと一押し願います。

≪大震災関係参考サイト≫

 東日本大震災によって被災した方の犬や猫の救援情報特設掲示板です。


Google 震災情報特設サイト   Yahoo 復興支援サイト   

今すぐ必要な「義援金」の送り先は「日本赤十字社」
ボランティア・NPO 活動支援の為の募金「中央共同募金会」

 皆さまも、今日もご愛読下さいましてありがとうございました。
「ラブラドール」のこと全般に関して、気になる事やご相談事等が有りましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
出来る限り、お役にたてるように努力いたします。


ご質問やご相談は此方まで ⇒ lab@triplestar.jp            


Websiteへは此方から

コメント

☆☆☆ 子犬の健康を考える~火曜日・・・

2011年08月30日 | トリプルスターの日常

   

益々秋らしくなった朝、気分も爽快で~す。
Wanたちも秋の気配を感じて身体がうずくのか、ソワソワしてる気持ちがヒシヒシと伝わって来ます。
ご飯よりお外で遊びた~いとばかり、何粒もフードを残してケージの扉を開けるよう目で訴えるWan達。
なかには足踏みをしている奴もいて、まるで子供の様です、思わず口元が緩んでしまいました。

      ◇ソーニャと子供たち。
      
      ソーニャと子供達の距離感は、今迄の母娘関係とは少し違う様に感じます。
      子供達の方が微妙に母犬との距離を置くんですね。
      変にベタベタしたところが無いんです。
      
      ソーニャの行動、立ち居振る舞いは見ていてズッコケるほどゆったりとしています。
      何があっても、我を忘れて急ぐと言うことが無いのですね。
      
      タイミングがずれて、ブツカッテしまうこともあるくらいですから、、、万事スローモウなんですね。
      
      そんなソーニャの子供達ですから、推して知るべしなのかもしれません。
      
      三頭と言う子犬の数は、子育てをする頭数としては理想的と言うか恵まれ過ぎた状態です。
      
      のんびり屋のソーニャの事です、もし倍以上の子犬の数だったらどうなっていたことでしょう。
      恐らく、子犬が歩く様になった時点でパニックに落ちいっていたのではないでしょうか?
      
      何はともあれソーニャの子育ては、極めてのんびりと、そして順調に進展しています。
      
      今日は砂地の上で、砂にまみれて遊びました。
      砂の汚れは犬の被毛に対して良い働きをします。
      恐らく地面に生息する何種類ものバクテリアが、皮膚や被毛に対して良い働きをするのだと思います。
      
      柔らかな子犬独特の被毛は、砂にまみれるたびに強(こわ)さを増して太くなって行きます。
      
      きっと肉球を通して大地からの(恵み)エネルギーも吸収しているのでしょうね。
      日増しに、子犬達の体力や健康度が増していくのが良くわかります。
      
      午前中に二時間、三日に一度は午後にも二時間、子犬達は母犬と遊びます。
      父犬のデュークは、余り子犬に執着を見せません。
      どちらかと言うと一定の距離を置いて、離れたところから母娘や子犬達を眺めています。
      
      しかし、父犬が子犬と遊ばないかと言うとそうではありません。
      母犬のいない時、良く子犬を可愛がっています。時には自分の子供よりも他所から来た子犬を可愛がることさえもあります。
      甘える子犬のなすがままになって、鋭い乳歯に傷つけられた牡犬の頬の傷を何度も治療してあげたことが有ります。
      母犬であれば怒るようなこと(悪ふざけ)を子犬がしても、黙って耐えているだけ。情けない位なのが牡犬の特徴です。
      人間も同じですって、、、?

      ◇犬の健康って何でしょう?
      病気や怪我を負わず、すくすくと思い通りに育ってくれる事を言うのでしょうね。
      ラブラドールのブリーディングに携わるようになって何年も経ちました。
      最近になってから、犬を健康に育てる法則が判るようになって、いま育てている犬達は、全てが極めて健康です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生涯に亘って健康な犬を作るには、自分なりのファンダメンタル(ブリーディング及び飼育の基本)を忠実に実行し続けることであると考
えています。
○健康な犬づくりは先ず親犬選びからスタートします。
姿かたちだけに捉われるのは良くない事かもしれませんが、形の良さは健康度の高さも表している事が多く、形の良くないものは敢え
てブリーディングに使われる事はありません。
健康な親同士のぺリングからのみ、健康な子犬(素材)が生まれてくると信じているからです。
○健康に育成されている親犬同士を適期(牝犬と牡犬の挙動から判断)に交配しますと、交配からおおよそ63日目に出産となります。
出産までの母犬の管理は極めて重要で、妊娠期間中のその時その時に適した適正管理(基本)が安産に繋がる近道となります。
健康に育った母犬の場合、妊娠期間中に病気をしたり、出産の時期が遅れる(或いは大幅に遅れる)と言う事態は殆ど無く、二日程
出産が早まる事のほうが圧倒的に多い結果が出ています。(胎児の発育具合にも係わる)
○出産に際しての介助は時に重要です。出産後の母犬の回復を重視した介助であることが望ましく、また、臍の緒の適切な処置など、
子犬の成長に欠かせない衛生観念なども介助の基本の一つと言えましょう。
○出産後、授乳期の母犬の介助も基本的な重要項目の一つです。
24時間体制で母犬と子犬を監視し、特に子犬の圧死を防ぐ事と、初乳をバランスよくまんべんなく飲ませる事や、授乳の介助によって
バラバラな大きさで生まれてきた子犬を、一定時期までに出来るだけ同じ大きさの身体に揃えることを目標にして管理します。
子育てに没頭する母犬の精神状態を常に良好に保ち、母乳の質を高める工夫も基本的な介助の一つとも言えますね。
○生後三週間を過ぎて、離乳の時期を上手に見極め、母乳から離乳食への移行をスムーズに行います。
子犬が離乳食だけを食べる様になる頃、完全離乳によって張ったりする母犬の乳房を適切にケアすることも忘れられない基本です。
出産した母犬が寄生虫キャリアの場合は、適切な時期を見計らって子犬に適量の薬剤を投与し、最初の駆虫を(必ず)行います。
○外に出て遊びたがる子犬を、感染に気をつけて日の射す屋外に出す(日の光を浴びる)ことを考えます。
離乳優先の場合は、母犬と子犬が一定期間離ればなれの状態となることもありますが、母犬にとっては良い休養期間ともなります。
じゅうぶんな産後の休みをとった母犬は、いわゆる産後の肥立ちも良いものです。
この頃の産箱や産室内の衛生面には特に気をつけて、子犬の身体に触れるもの全てが毎日衛生的なものに取り換えられている事が
望ましいこと(基本)となります。
○子犬は50日目になった頃を見計らって、一回目の健康診断(検便・体重測定・眼底・外耳・骨格・肉質)を子犬に手慣れた獣医師に
よって受けます。問題無く健康に育っていれば、一回目の混合ワクチンを接種します。
◆普通は、この時点まで全く問題なく子犬が育つ事が望ましいのですが、僅かなことでも(発熱や軟便・下痢・便秘など)あれば、基本の
管理が疎かになっていたと言えます。
健康診断時に獣医師などと話し合い、子犬に及んだ「問題点」を浮かび上がらせておく事が望ましく、その後のスキルアップに繋がります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 発売間近か、ロイヤルカナン・ステアライズド⇒ラブラドール専用のご注文をお受けいたします。
ステアライズドは、ウェイトコントロール用のドライフードです。肥満犬や老犬など(運動の少ない個体)に適しています。
12キログラムパック・定価9600円(¥10,080円税込み)8月中の特別価格8000円(税込・送料込み)でお受けします。
出荷予定日9月5日、お手元には9月7~8日頃のお届けとなります。
ご注文の方への給餌方法の手引及び健康相談・飼育相談などは随時お電話またはEメールでお受けいたします。
全ての連絡先は lab@triplestar.jp 迄ご連絡下さい。
お疲れさまでした一息つかれましたらワンクリック宜しく御願いいたしま~す。

そして此方にもにほんブログ村ポチッと一押し願います。


≪大震災関係参考サイト≫

 東日本大震災によって被災した方の犬や猫の救援情報特設掲示板です。


Google 震災情報特設サイト   Yahoo 復興支援サイト   

今すぐ必要な「義援金」の送り先は「日本赤十字社」
ボランティア・NPO 活動支援の為の募金「中央共同募金会」

 皆さまも、今日もご愛読下さいましてありがとうございました。
「ラブラドール」のこと全般に関して、気になる事やご相談事等が有りましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
出来る限り、お役にたてるように努力いたします。


ご質問やご相談は此方まで ⇒ lab@triplestar.jp            


Websiteへは此方から

コメント

☆☆☆ 子犬達の夏も終わりそうです~月曜日・・・

2011年08月29日 | トリプルスターの日常
     
今日も良いお天気になりました。
風が少しあって、気持ちの良い朝です。
三頭の子犬達は暑さが和らいで、益々元気になりました。
子犬は、人間と遊びたくって仕方のない時期に差し掛かっています。
午前中は子犬達を遊ばせることを主眼に、殆どを運動場で過ごしました。
      
     ◆子犬達と遊ぶ(子犬が将来人と一緒に暮らす事を考えると、子犬の頃の人との触れ合いはとても重要なんだと思います)
      早朝、子犬達を載せて運動場へむかいました。
      
      ブリーダーが子犬と遊ぶ目的は幾つかあります。
      一つには、子犬がより良い発達をする為に手助けすること。
      二つ目は、性格や健康上の問題点などの有無を見抜くこと。
      三つ目が、子犬に社会性を身につけさせる為に必要な人としての触れ合い、ということになるでしょうか。
      
      昨日刈った芝は朝梅雨の量も少なく、子犬の運動場としては理想的なコンディションでした。
      清潔で安全な遊び場は、何の心配も無く子犬達を開放してあげる事が出来ます。
      
      ボニー(♀)~ジミー(♂)~クライド(♂)と順番に遊んであげてから、三頭を一緒にして遊ばせてみました。
      複数の子犬と遊ぶ場合に心掛けていること、⇒自己主張の強い子から順番に遊んであげる様にしています。
      
      一頭の子犬と遊ぶ時は、かがんだり座ったりして出来るだけ子犬に近い姿勢で遊んであげる様にしています。
      子犬が小さいうちは、胡坐をかいた姿勢で遊んであげることも良いですね。
      但し、子犬が膝に乗っかって来るのを許してばかりいては良くないと言われています。
      
      撫でたり、転がしたりしてお腹をくすぐってあげたり、マズル(口吻)を軽く掴んで目を覗き込んだり、口を開けて歯を見たり
      触ったり。
      殆ど腕の中で囲うようにして遊び、離れても身体の周りにいて、すぐに触れる範囲内で遊ぶように心掛けていますが、この
      頃は子犬の方から離れたがないものです。
      
      兄弟同士複数で遊ばせる時は、殆ど子犬任せにして、身体の寄せ合い方や遊び方などを観察する事が主眼となります。
      遊びの中に手を入れる(差しのべる)ことは余りありません。
      
      但し興奮度が高まりそうになった時だけは、手を叩いて音を出したり、影響力を思った子犬の身体に強いタッチをしたりして
      、我に返させて興奮度を鎮めるように心掛けます。
      
      楽しそうに、余り興奮し過ぎずに遊ぶ子犬達からは、色々な(貴重な)情報が得られます。
      犬と遊ぶと一言で言っても、結構難しいものなんですね。考えれば考える程、、、、。
      ブリーダーは惰性で犬と遊ぶと言うことはしません。
      特に子犬の場合は「導くと言う使命」もありますから、必然的に慎重になるのですね。
      
      しかし思い通りに育って行く子犬には癒されます。 これを、余録と言うには、、、、、、余りにも、、、、、、。
      
      夏子(なつご)である三頭の子犬達は、暑い夏を考えた特別なメニューの給餌方法で育てられました。
      簡単に表現しますと、肥り過ぎを防ぐことに気を遣った給餌と言う事になりますでしょうか。
      カロリーがあまり高くならない様に気をつけて、子犬用のドライフードのみで育ててみたのですが、結果オーライでしたね。
      
      親交のある犬舎で、子犬の扱い方だけを何回何回も見せて戴いた事があります。
      そこの犬舎の子犬達の行動には驚くことばかりでした。
      それは、7頭の子犬だったことも、ある年は9頭の子犬だったこともあります。親犬の血統は其々に異なっていました。
      数年間に亘って行く度に見せて戴いた子犬達。驚くことに、一度も「走り回っている光景」を見た事がありませんでした。
      何年もかかって歴史を築いて来たのでしょう、いつか我が家もそうありたいと願っています。
      
子犬の動きは、持って生まれたもの(骨格構成や筋肉など)の中で理に叶っていて無理が無く、そしてしなやかです。
最近は子犬を作る意図(ブリーディング)の中に、ファンダメンタル(基礎)な部分の重要性を強く感じます。

※余談ですが、36歳のアスリート室伏広治氏が「世界陸上ハンマー投げ」で見事に優勝しました。
彼は、「何年かかるかわかりませんが、達人になりたい」と以前 関係者に語ったことがあるそうです。
達人を目指して自らのファンダメンタルな部分を鍛える為に、「赤ちゃんは筋力が発達していない分、理にかなった動作をする
ので、参考になるのです」と言って、赤ちゃんの動きにヒントを得たメニューのトレーニングをする事もあると言ったとも伝えられています。
投てき(砲丸投げ・やり投げ・円盤投げ・ハンマー投げ)関係者に言わせれば、室伏は既にその域に充分達していると言われていますが、
達人の域に達してからも未だ努力を怠らない姿、素晴らしいアスリートなのだと思います。
※更に余談です。テレビの映像を見ていて彼の姿に心服した場面が有りました。
競技中に10種競技の表彰式が行われていて、アメリカ国歌を静止して聴く室伏選手の姿でした。
真に強い者は静かな心を持っているのだ、まさに「泰然自若」と言う言葉そのものの立ち姿でした。
そして彼の父である室伏重信氏の姿。スタンドで観戦中の父が4投目の投てきのあと、こぶしを握って振り上げた姿でした。
それは同じアスリートとして、父を超えて最高のパフォーマンスを見せた息子への賞賛の表れだったと思いたいのですが、、、。
父親と息子、コーチと選手、競技の先駆者と後継者、、、絆と言うものでしょうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 発売間近か、ロイヤルカナン・ステアライズド⇒ラブラドール専用のご注文をお受けいたします。
ステアライズドは、ウェイトコントロール用のドライフードです。肥満犬や老犬など(運動の少ない個体)に適しています。
12キログラムパック・定価9600円(¥10,080円税込み)8月中の特別価格8000円(税込・送料込み)でお受けします。
出荷予定日9月5日、お手元には9月7~8日頃のお届けとなります。
ご注文の方への給餌方法の手引及び健康相談・飼育相談などは随時お電話またはEメールでお受けいたします。
全ての連絡先は lab@triplestar.jp 迄ご連絡下さい。
お疲れさまでした一息つかれましたらワンクリック宜しく御願いいたしま~す。

そして此方にもにほんブログ村ポチッと一押し願います。

≪大震災関係参考サイト≫

 東日本大震災によって被災した方の犬や猫の救援情報特設掲示板です。


Google 震災情報特設サイト   Yahoo 復興支援サイト   

今すぐ必要な「義援金」の送り先は「日本赤十字社」
ボランティア・NPO 活動支援の為の募金「中央共同募金会」

 皆さまも、今日もご愛読下さいましてありがとうございました。
「ラブラドール」のこと全般に関して、気になる事やご相談事等が有りましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
出来る限り、お役にたてるように努力いたします。


ご質問やご相談は此方まで ⇒ lab@triplestar.jp            


Websiteへは此方から

コメント (2)

☆☆☆ さあ、お天気回復しましたよ~日曜日・・・

2011年08月28日 | トリプルスターの日常

           
             yahoo 天気情報より

      午前八時草刈り作業開始です
      
      久し振りに天候が回復し雑草も乾きました。
      今日を逃がしてはと、友人が草刈りの応援にやって来てくれました。いつもの事ですが本当に助かります。
      
      昨日来る筈だったニ組三頭のゲストさん達が、ニコニコ笑顔でやって来ました。
      湿度が低く、犬達も人々もホッとしているように見えました。 こんな明るい日は、色々と楽しいお話しが出来そうです。
      
      隣町からはL君がやって来て、課題のトレーニングに励みました。
      いつもは広場などを使って行うトレーニングですが、今日は皆のいるランの中でやってみました。
      三頭の子犬がサークルに入っていたり、テーブルを囲んで興味津々の犬達がいたり、トレーニングには気を使う場所です。
      さあ頑張って~。
      
      皆の見ている前で行われたL君のトレーニングが終わって、色々な課題を話し合いました。
      トレーニング自体にはだいぶ進捗が見られました。 
      課題の克服(下向き癖、引っ張り癖)という点ではもう一歩と言うところでしょうか、
      今日までお天気の関係で思うようなトレーニングが出来なかったのでしょう、
      犬のトレーニングは結果がすぐに現れますから怖いですよね。
      歩行中や休止の時など、もっと意識的にアイコンタクトを心掛けると課題は更に改善される筈なのですが。
      K子さんからの指摘は、声が余り出ていない(内向的に見える)ので、もっとハッキリ指示を出した方が(犬も理解し易い)
      良いのではと言うものでした。
      
      30分程のトレーニングが終わってから、待ちわびていた三頭のWan達をランに開放してあげました。
      嬉しそうに遊ぶチョコ♂、イエロー♀、ブラック♀の面々、三頭とも表情が明るくって豊かです、、、、、、。
      
      ◇L君以外のWan達も、実は幾つかの課題(飼主さん達の悩み)を抱えていました。
      ブラックのHANAちゃんは、資格のあるトレーナーさんから「臆病」な犬としてレッテルを張られていたらしく、飼主さん夫妻は
      HANAちゃんが他の犬とオフリードで遊んでいるあいだ中 ピリピリと緊張が解けませんでした。
      その理由は、「噛む傾向のある犬」として、みんなに色眼鏡で見られていた残念な過去があるからなのです。
      いつ他の犬に噛みつく事になるのか、、、、ひやひやとして心配だったのですね。
      今日初めて触れ合う犬も含めて、HANAちゃんのリードを外して自由に遊ばせました。そしてリアルな中で一つ一つ飼主さん
      の間違っていた認識を改めさせて貰う事が出来ました。
      「問題犬・噛む犬」として見られていたHANAちゃんは、実は全く普通の、むしろ性格の良い社交的なWanちゃんだった事を
      証明するのはわけのないことでした。
      トレーナーさん(飼い主さんから見れば犬の専門家)の犬の見方や言葉の使い方が、結果的に飼主さんの認識を間違った
      方向に進めてしまっていたのですね。 少し残念です。
      HANAちゃんの事は、ある時期に、直接相談をお受けして良かったと思いますし、早い時期に真実を理解していただく事が
      出来て良かったです。 
      愛犬家達の何気ない会話の中にも、実は隠された怖い話が沢山あります。「冤罪に悩む犬」がもし居るのなら、早く救って
      あげたいですね。
      
      もう一頭イエローのMERONちゃんの課題は、肥り過ぎと要求哭きの二つでした。
      この二点も、飼主さんの考え方が今までと違う方向(正しい方向)に変化してくれるだけで改善されると思います。
      一貫性のある飼育方法が、自然と課題を克服してしまいます。
      今迄のWanに対しての数々の認識を一度に変えるのは、飼主さんにとって勇気が要ることなのでしょうが、それを行わなけ
      れば課題克服は実現しません。
      犬の事は全てシンプルに考えた方が上手く進みます。
       しかしそのあたりの事が、飼主さんにとっては多分「物足りない」ものとして、不安を募らせてしまうのでしょうね、、、。
      「下手の考え休むに似たり」と言いますが、余り難しく(ややこしく)考えずに、前向きに明るく考えて欲しいのです。
      問題犬と言われているWanのほとんどは、見方(扱い方)を変えれば良い犬であったと言う事はよくあることなのですから。
      
      午後三時過ぎ、ブランの飼主さんがお迎えに来られました。
      幾つかの悩み事の相談に乗りましたが、多分早期に解決するでしょう。
      一つは既に、今回のお預かり期間の中で解決出来た事柄だからです。
      (屋内での排泄~小は難なく出来るが、大は出来ない)⇒時間に余裕の無い飼主さんには、難しい課題の一つです。
      
      午後五時を回って涼しさが増しました。
      不思議と身体が生き返ったように思えます。
      
      芝を思い切り短く刈って、芝の種の追い撒きをしました。
      来週の半ばまで晴れの日が続いたら、客土も考えたいですし追肥も考えたいのです、、、。
      
      
      ◆ドッグフードに関して
      一週間ほど前に、ある飼主さんからフードに関してのクレームが入りました。
      すぐに同じロットの袋を開けて、指摘の有った「匂いや色」などを確かめましたが別段何も問題は感じられませんでした。
      しかし問題のない事を(クレームを伝えてきた飼主さんに)お話しても、残念ながら納得してはいただけませんでした。
      そして、ご家族全て(奥様とお子様)が調べた結果、いつものフードと違って「おかしい」と結論を出したと仰るのでした、、、。
      
      今迄その様なクレームは一件もありませんでしたが、販売元の担当者(営業、製品管理、倉庫担当者)さん等とは製造から
      配送までの取り扱い方や荷送方法、、製品の色や匂い形状の変化等についての対応等に関し、気がついた時点で何回も
      お話しを重ねて来た経緯があります。
      それは、製品の性質上(原材料が季節によって異なる⇒色や匂いなどが微妙に変化する)出来る限り満足度の高いフードと
      して犬達に与えたいからという気持ちからなのですが。
      早速クレームのフードを返送して貰い、検査に必要な分を抜き取ってメーカに送り、苦情の内容に伴う検査を依頼しました。
      丁度一週間かかって、その結果が今日書状として届きました。
      その内容は、各種検査の結果「製品には全く問題が無かった」と言う事が丁寧な言葉で記されていました。
      クレームを連絡してきた飼主さんには今回の結果報告を電話でお伝えする予定ですが、心配をお掛けすることに至らず良か
      ったと胸を撫でおろした次第です。
      酷暑と言われる夏を乗り切って、人の嗅覚や味覚にも変化が現れているのかもしれませんね、、、。
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 発売間近か、ロイヤルカナン・ステアライズド⇒ラブラドール専用のご注文をお受けいたします。
ステアライズドは、ウェイトコントロール用のドライフードです。肥満犬や老犬など(運動の少ない個体)に適しています。
12キログラムパック・定価9600円(¥10,080円税込み)8月中の特別価格8000円(税込・送料込み)でお受けします。
出荷予定日9月5日、お手元には9月7~8日頃のお届けとなります。
ご注文の方への給餌方法の手引及び健康相談・飼育相談などは随時お電話またはEメールでお受けいたします。
全ての連絡先は lab@triplestar.jp 迄ご連絡下さい。
お疲れさまでした一息つかれましたらワンクリック宜しく御願いいたしま~す。

そして此方にもにほんブログ村ポチッと一押し願います。


≪大震災関係参考サイト≫

 東日本大震災によって被災した方の犬や猫の救援情報特設掲示板です。


Google 震災情報特設サイト   Yahoo 復興支援サイト   

今すぐ必要な「義援金」の送り先は「日本赤十字社」
ボランティア・NPO 活動支援の為の募金「中央共同募金会」

 皆さまも、今日もご愛読下さいましてありがとうございました。
「ラブラドール」のこと全般に関して、気になる事やご相談事等が有りましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
出来る限り、お役にたてるように努力いたします。


ご質問やご相談は此方まで ⇒ lab@triplestar.jp            


Websiteへは此方から

コメント

☆☆☆ 秋に向けての健康チェックしましょうか~土曜日・・・

2011年08月27日 | トリプルスターの日常

   
朝から生憎の雨です。
うっかりランニングシューズのままで作業をしていて、ぐっしょりと濡らしてしまいました。
少しして濡れたソックスを履き換え、車に積みっぱなしのゴム長靴に履き替えました、、、。
初めから、身支度を整えておくべきだったと後悔のスタートとなったわけであります
K子さんは今日の訪問者宛に連絡明日(日曜日)に計画変更していただきました。
グランドコンディションはずっと良くないままですから。
       アサガオも最後になって来ましたね~
      
      ◇Wan達の健康チェック⇒最初に排便のチェック。
      午後遅くなって、先ず牡達からランに開放してあげました。
      昼前からずっと寝ていた牡達は、嬉しそうに走りだして、まるでラグビーでもやっている様に身体をぶつけ合っています。
      
      ひとしきりのラグビーごっこが終わると、三々五々、思い思いの場所に散らばって排泄を始めます。
      タイミングを逃さず、何気なく近寄って尿の色や量、匂いなどをチェックします。
      そしてその都度「アストップ」を希釈した液を入れたジョウロで、排泄場所をかけ流します。
       タックル!
      其々のWanの尿の色や匂い、そして排泄量などの確認は、健康を判断するうえでの大事なチェック項目なのです。
      健康でいるか、疲れていたり何処かが悪くなっていないか等などが、ほゞ尿や便の様子から判断できますからね。
      特に屋外飼育の場合芝や草に対して行った排泄はチェックするのが大変ですが、習慣の様になっていて自然と身体が動き
      ます。
      身体が動くと言うか、顔自体が地面の排泄物に近かづくんですね、、、。人が見たら、きっと変に思うでしょうね。
       逃げる!追いかける!
      アストップの希釈液をジョウロで撒くのは、折角青々と伸びた芝を茶色く枯らさない為と、匂い消し(消毒)の意味もあります。
      グランド全体には、アストップ希釈液を定期的に大量散水するのですが、じめじめしたこんな時期はそれだけでは追いつか
      ないのです。
      それから芝は、すぐに尿を流さないと茶色くなって枯れてしまいます。
      一旦枯れると根まで腐ってしまうことも多く、緑の維持には結構気を使っているんですね。      
       マーク確認
      犬達はマーキングと言って、牡でも牝でも他の犬の排泄後(場所)に尿を掛けることをします。
      本能的に行っている行為なのですが、重ねて尿を掛けられた芝はそのままでは確実に枯れてしまいます。
      芝にとってはとんだ災難なのですが、人間が気を使うことによって幾分か被害を免れますのでかけ流しは欠かせません。
      ※訪問者のいる場合は困ります。ジョウロでの散水が嫌味な行為に映りますから、したくても中々出来ないのですね~。
       マリア
      牡達の開放が済んで、牝達の番になります。
      ※ランにWanを出す順番は牡が先で牝が後になります、この順番は必ず守られます。
      牡達が、必要以上に落ち着きを失くさない為の予防策とでも言えましょうか。
       たっくる
      ◇牝達の排泄観察(チェック)。
      牝達の排泄には牡達以上に気を使っているかもしれません。
      肉体的な構造の面から、膀胱炎や腎炎等の感染症にかかり易い牝達の排泄には、牡達以上に気を使っています。
       ハンドオフ!
      ♀Wanの場合、腎臓病などになるととても厄介ですから、日頃から尿の状態には気を使っておくことが正解と言えますね。
      屋内飼育のWanの場合は、シーツなどに浸みた尿の状態を観察します。
      僅かな失禁なども見逃さないように心掛けたいですね。
      おかしいなと思える日が連続して続いた場合は、すぐに掛かりつけの獣医さんに連絡して、診察を仰いで下さい。
      こればかりは、「善は急げ」なのですから、、、。
       
      さて牡達と違って、一か所で済ませる傾向のある牝達の排尿は調べるのには都合が良いのですが、芝にとっては問題です。
      観察していると、殆どの牝が開放後最初の排泄を同じ場所で行います。
      そしてその後も、毎回同じ場所で行う事が多いものです。
      緑の芝に点々と、茶色く枯れた模様を描かせている原因が、殆ど牝達の排尿にあるのですね。
      
      6時前、ひとしきり運動し終わって、一旦ケージに収納した犬達の身体をタイルで拭いてあげました。
      皆満足げに身を任せています。 
      お世話の最後に水分補給を行いました。
      今日は、昨夜作ったレバーの煮汁と手羽先のスープを混ぜたものを其々の個体に適量(200ccから350cc)与えました。
      (二種類のミックススープに、強肝作用のある成分を加えた特製スープです)
      天候のハッキリしない今の時期、Wan達の就寝時間帯だけは、身体をできるだけ冷やさない様に心掛けます。
      朝起きて、喉の渇きを訴える位の状態が良いと思います。
      クレート飼育の場合、朝方床に敷いたシーツに尿がしてあれば、就寝中の身体の冷えも考慮して良いかもしれません。
      就寝場所の適温は、30度前後が良いと思います。 当然湿度は低い程(40%前後)良い(熟睡できる)のですよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 発売間近か、ロイヤルカナン・ステアライズド⇒ラブラドール専用のご注文をお受けいたします。
ステアライズドは、ウェイトコントロール用のドライフードです。肥満犬や老犬など(運動の少ない個体)に適しています。
12キログラムパック・定価9600円(¥10,080円税込み)8月中の特別価格8000円(税込・送料込み)でお受けします。
出荷予定日9月5日、お手元には9月7~8日頃のお届けとなります。
ご注文の方への給餌方法の手引及び健康相談・飼育相談などは随時お電話またはEメールでお受けいたします。
全ての連絡先は lab@triplestar.jp 迄ご連絡下さい。
お疲れさまでした一息つかれましたらワンクリック宜しく御願いいたしま~す。

そして此方にもにほんブログ村ポチッと一押し願います。


≪大震災関係参考サイト≫

 東日本大震災によって被災した方の犬や猫の救援情報特設掲示板です。


Google 震災情報特設サイト   Yahoo 復興支援サイト   

今すぐ必要な「義援金」の送り先は「日本赤十字社」
ボランティア・NPO 活動支援の為の募金「中央共同募金会」

 皆さまも、今日もご愛読下さいましてありがとうございました。
「ラブラドール」のこと全般に関して、気になる事やご相談事等が有りましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
出来る限り、お役にたてるように努力いたします。


ご質問やご相談は此方まで ⇒ lab@triplestar.jp            


Websiteへは此方から

コメント