ラブラドール・トリプルスター『昨日・今日・明日』

ラブラドールブリーダーの気侭な「雑記帳」へようこそ。

☆ティムとジャスミンの子供達

2006年01月31日 | ブリーディング
31 Tue 01

生後20日を過ぎたパピー達は極めて順調に成長しています、10日後には「離乳食」を食べ始めることでしょう。

二頭を持つ腕にずっしりと、5キロを超える重さが力強く感じられます。

両親の持つ良いところが、どんな形で現れてくるか、とても楽しみな時期です。

外観からは幾つかの特徴的な事が判り始めました、性格面もこれから徐々に表面に現れてきます。

一日数回産室から部屋に出し、「光」や「音」「匂い」等に触れさせます。

好きなように歩かせたり、転がしてみたりして様子を観察します。

ラブラドールに求められる最重要な要素は、良い「性格」を持っている事です。

「良い性格」を適切にのばしてあげる事が、より良きパートナードッグを作る事に役立ちます。
人の世界でも、「三つ子の魂いつまでも」とよく言いますね。

今回の仔犬達は、生後7~8週齢になると「行動学テスト」が行われます。
ある化学系大学の動物行動学を研究しているグループによるテストは、ブリーダーとしても興味深々です。



コメント (12)

☆厳  寒

2006年01月30日 | トリプルスターの日常
30 Mon 01

昨日今日と温かな陽気になった埼玉県北部です、春の近ずいた証拠に?
早朝と夕方、狸が道路を横切り危ない危ない、、、、、、。

犬舎の近くでは、イタチや小動物の活動が目立ってきました。

地面は凍っていますが、徐々に融けてきてワン達は楽しそうに泥を身体にこすり付けています。これが始まると被毛は強くなってきてラブラドールらしさが益々強調されます。

国外組のディナから連絡がありました、「モスクワは連日零下数十度の気温に震えています」とのメディアの報道は少し誇張が有ったみたいです。

でも零下の気温に変わりはありません、そんな中ディナは毎日散歩とボール遊びを欠かさないようです。Iママごくろうさまです~~~~。

アルバムを公開しています、ディナの元気な様子を覗いてみて下さい。
http://lumixclub.jp/photo/Lci?mode=guest&album=GGJMRVGIPX0fhKR57gpD

☆写真は、温かな寝室でお休みのディナちゃんです。
相変わらず美人で可愛いねー!

コメント

☆兄 妹

2006年01月29日 | トリプルスターの日常
29 Sun 01

ホセ君とアニーちゃんは仲良しです。

トリプルスターのラブ達は親子兄弟は本当に仲良しです、吃驚する位。

両犬ともやや過保護に育てられていますが、本質的に気性が穏やかなので問題行動は起こっていません。

飼育は本当に楽なのですが、躾けるところはキチンとしたいところです。

座れ、待て、後へ、伏せ、などのコマンドに正確に迅速に応える様にトレーニングすると、犬としての完成度が高まります。

かなちゃんはフードが合わずに痩せ気味でした。気持ちも高ぶり気味で元気を持て余していましたが、もう少し太って欲しいと思いました。

☆写真:妹?のアニーをレスリング遊びに誘う兄貴株のホセ。
二頭とも多少ポッチャリですが、体中を全部使って、息を切らせるほどの遊びを楽しみ、帰る頃には締まったプロポーションに・・・・・・・・・・・・・・
オーナーさんには其々、パートナードッグとしてのトレーニングの基礎がレクチャーされました。
自分では、やっている心算の色々な事が、中途半端でワンの役には立っていない事が指摘されます。
傍では先輩格のワン達が、ハンドラーの飼い主さんに嬉々として従っている様子が見られ、アドバイスが更に生きる事となります。
コメント (2)

☆ランチタイム

2006年01月29日 | トリプルスターの日常
29 Sun 01

昨日までの北風(半端ではない)がピタリと止んで、ポカポカ温かな日曜日となり皆が集まりました。

裏山トレッキングを楽しんで、恒例の持ち寄り昼食会を開きました。
持ち寄りと言っても私はいつも手ぶらです、皆さんの美味しいご馳走を頂くだけで楽しいのです、、、、お許し下さい。

ホセとアニーの兄妹は久し振りに仲良くいつまでも遊んでいました。

ウフ、バスターの兄妹はさすがに距離を置いていましたが・・・・・・・・・・・

バスターは母さんのシルビーにマウンティングしてこっぴどく怒られていました。

ゴンちゃん、シルビー、イマン、アリー、かなちゃん、みんな春の陽気に浮かれて楽しそうでした。

☆写真:毎週土日はラブ連れの老若男女(老域は私だけ・・・?)が運動場SEFに集まります。
オーナーさん達と愛犬達のコミュニケーションは最適なかたちでとられる事になります。
私自身は、繁殖後其々の家庭に引き取られたワン達の様子が良く判り、安心すると共に飼育の面など、工夫向上にも役立つところです。
最新の情報は「お知らせ」メール等で多くのオーナーさんに連絡されます。新しい知識など、各家庭での飼育にただちに生かされワン達も益々健康で元気になります。
コメント

☆問い合わせ

2006年01月26日 | トリプルスターの日常
26 Thu 01

最近の問い合わせには、遠方の方からのご質問が多い。

北(北海道を含む)と、南(関西・中京が多い)からの問い合わせに私なりに丁寧に返事をお返しする。

内容は、仔犬の事やら、繁殖に関すること、ラブラドールの飼い方に関しての質問が大半を占める。

繁殖に関してはまだしも、飼育や躾けの面に関して間違った知識を持っている方の多いのには、、、、、本やウェブの影響は少し問題かもしれない。

一日留守をしただけなのに、我が家のワン達は不満を漏らす。

天気も良く、温かな様相に犬達の機嫌も良く、一頭一頭テーブルに乗せて愛を囁く・・・・・・・・・・?
牡には歯の浮く様なおだて言葉を並べ立て、更に良い機嫌にする・・・・・・・

そう言えば、今日は歯医者さんに予約の日だ。シャワーを浴び、歯を磨き、コロンを吹きつけ外出着に着替える。

院長は私より僅か年長のかなり信頼出来る先生である、手際が良く、上手い。

三人の歯科医と、4人の助手(女性)がいるのだが、全て男前と美人だ、、、。

中でも一人とても可愛い女性がいて・・・・・・・・・・・またあとでお話しましょう。

☆写真:南天である、白い可憐な花が雨季に咲くが、花を雨に当てると実がつかない。清楚な中にも艶やかな一面を持つ、、、。

コメント