ラブラドール・トリプルスター昨日、今日、明日

ラブラドールブリーダーの気侭な「雑記帳」へようこそ。

☆☆☆五月に入りました...

2021年05月03日 | トリプルスターラブラドールズ その日その時

コロナ禍で 笑顔に会える 幸せを

分かち合えてこそ 喜びが 増します

#ラブラドール子犬 #ラブラドールの躾 #健康なラブラドール #幸せなラブラドール

五月に入り、メンバーが集う最初の日。

限られた五組の家族が 初夏の自然を満喫しました。

今日集まった全ての人達は 

未だワクチン接種の予定が立っていません。

ということもあって、できるだけ密を避けて、気分転換を行いました。

運動場の常連さん、ジュディーちゃん♡
いつも楽しそうでしたが、今日はまた特別に楽しそうでしたね。

Blackレディーのシェリーちゃんは、初めての里帰りが叶いました。
我が家の三頭の兄弟犬に会って、一緒に遊べて好かったねぇ(*^_^*)

ジュディーちゃんとジョワちゃんの関係って?

左側が娘のジョワちゃん。右側がお母さんのジュディーちゃん
久しぶりの再会でした。ジュディーちゃんのONさんのご厚意で、
特別に今日は来ていただきました。感謝々々
ジョワちゃんの唯一の姉妹ベラちゃんは、滋賀県にいるので
残念ながら今日は来れませんでした。
今日里帰りしたシェリーちゃんは、ベラちゃんの娘さんです。
なんだかふくざつですが、家系(血統)の一端をお話しさせて戴きました。

ジョワちゃんは今日、特別に楽しそうに笑っていました。
やっぱり、お母さんに会えて、「よしよし好い子だね」って して貰って
嬉しかったんですね。
ジョワちゃんの家族は、とてもジョワちゃんを可愛がっていて、
ジョワちゃんの笑顔は信頼にこたえる証しなのだと思います。

今日は シェリーちゃんの幼児教育のお話しと、
ピーター君とハルちゃんの ハンドリングレッスンを行いました。

一連のレッスンやらレクチャーやらが終わって、

将来は優しいドッグトイレーナーになりたいと思っているわとちゃんに、
生意気盛りのハルちゃんをハンドリングさせてみました。

オーナーさんが手を焼いているハルちゃんを、
どんな風にハンドリングしてくれるのか 楽しみでしたが...

わとちゃんは、教えてもいないのに、ハンドリングの決め技を幾つか
既に会得していて驚きました。 子供の目が如何に澄んでいて素直か
と言うことが、全ての人達に判ったことだと思います。

そして 子犬を躾けると言うことの大切さも、心に刻み込んで戴けたことと思います。

栴檀は双葉より芳し
私たちブリーダーは、心に誓って良い犬を提供しますから、手間隙惜しまずに
家族の一員である子犬の躾は 愛情の証しとして確実に行なって戴きたいと思います。

子供のわとちゃんが、
どれだけ犬を扱えるか...と言うことを視るために
車に積まれた子犬の乗降をやってみて貰いました。

犬のハンドリングが出来るか否かは、車に愛犬を乗せるときと下ろす時を見れば
一目瞭然なのです。一事が万事というように、ここで手間取る人は...まず、
ハンドリングが上手に出来ません。
馬に乗るには手綱が扱えなくては乗ることが出来ません。犬のリードを扱うのも
それと一緒で、リードで意思を伝えられなくては...何おか言わんやなのです。
※何おか言わんや とは。
「こんな基礎知識すら知らないようでは何をか言わんやだ...」
と言うような使われ方をします。

健康に育てられた子犬は落ち着いています。
初めての経験を前にしても、本能が正常に働き、怖がったりしません。
接してくれる人間を見抜いて、それがたとえ子供でも信頼感を抱くのです。
気持ちのこもった扱い方に、子犬の心の成長は正しく育まれていくのです。

わとちゃんについて。
わとちゃんのニックネームは「しゃんこ」と言います。
それは兎も角、
この子には今までも一切ハンドリングや犬の扱い方を教えたことはありません。
ですが、いま、この子はほぼ完璧に犬をハンドリングすることが出来ます。
この子が自分の犬を扱うようになる前から私からハンドリングを習っている大人は、
この子のようにハンドリングすることが出来ません。
私の教え方が下手なので...ということもありますが、何おか言わんやなのです...(-_-;)

愛犬を家族として考えているのなら、
マズルコントロールが自然に出来なくては、何おか言わんや-笑
ほんとうに笑ってしまいます。
母親から子へ父親から子へ、愛情を伝える手段がマズルコントロールなのです。

わとちゃん、リラクシングタイム。

今日 一言だけ 彼女からの質問がありました。
それは訓練中の犬の行動⇒噛む行為について...でした。

彼女は 子犬でも成犬でも不良犬でも、怯まずに扱います。愛情を込めて。
噛まれるときもありますが、血が出るときもありますが、怯むことはありません。

噛まれても、引っかかれても、血が出ても、気にしないよ。何日かしたら治るから。
そんなことを自然言い得る子供なのですね。
ひっかく犬や噛む犬が、どうしてそんな犬になってしまったかを、見抜いているのです。

さて、最後になったね シェリーちゃん。

シェリーちゃんは、可愛さに磨きがかかっていて、健康そのものに育っていました。
賢そうな目つきとエレガントな風情が感じられて、飼主さんの愛情の注ぎ方に納得が
行きました。我が家のお転婆たちとは偉い違いがありました。見習わなければ...ね。

-----------------------------------------------------------------------------------------

               
Instagram   

Twitter    https://twitter.com/TriplestarLab

Facebook 白石 哲 https://www.facebook.com/tetsu.shiraishi.3/

      

      

お知らせ
子犬をご希望の方は、
住所/連絡先を明記の上
メールまたは電話にて お問い合せ下さい。

お譲りできる対象の子犬

New
2020年12月21日生まれ
@ブラック⇒女の子 譲渡価格応談

Triplestar Labradors Calendar
トリプルスターの予定表です。
  

A happy 10th birthday to JAKE !!! DOB 2010/09/26

   

お知らせ 子犬をご希望の方は、メールにてお問い合せ下さい。

   さて今日の記事は、貴方のお役に立てたでしょうか? 
   この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
   応援ボタンをポチッと押して頂けると嬉しいです 

コメント