女装子愛好クラブ

女装小説、女装ビデオ、女装動画、女装記事などを紹介していきます。

平成元年の新宿・女装バーで①

2024年01月25日 | 私的東京女装史
1989年1月7日に天皇陛下がなくなり、平成が始まりました。

初めて女装子さんとデートしたのが、この年の夏。
くいーん誌でスリムでレオタードがよく似合うM子さんを見つけました。
だめでもともととお手紙を書いて、アント商事気付で送りました。
待つこと1か月。
「だめだったかな....」とあきらめかけた頃、アパートの黒電話がジリジリと鳴ったのです...。
「お手紙ありがとうございます....」
きたぁ、M子さんだ。

待ち合わせは翌週の土曜日夜7時。
場所は新宿伊勢丹前の地下鉄出口。
「目印は...」
「多分わかると思いますよ、他の女の子たちとは少し違うから」

心を弾ませて、伊勢丹前で待ちましたが、なかなか彼女はやってこない。
夏至近くの長い昼が終わりかけたころ、美女が現れましたのです。

こちらは天まで上るきもちです。
近くの喫茶店でコーヒーを飲み、タクシーを飛ばして渋谷にでて、パブでカラオケを歌ったり。
そして肩を抱いて道玄坂を上りました。

短い夜が明け、彼女は朝日の中を新宿に帰ってきました。
そのタクシーを見送る私はまだ夢を見ているようでした。

えっ? この話に女装バーが出てこないって。
M子さんはバーJの着替え部屋の会員でした。
私にすぼっかされたら、そのまま新宿3丁目駅ちかくのJに行くつもりだったそうです。
まあ、セカンドプランを作っておくことは大切ですね。
それとメールも携帯もない平成元年、待ち合わせに現れない男も何人かはいたのでしょうね。
コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 昭和末期の女装バーで③ | トップ | 平成元年の新宿・女装バーで② »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (菜那)
2024-01-27 01:32:28
コーイチローさんは何フェチですか?菜那はパンスト🦵フェチです母が履いて居た「肉色のストッキング」梶山先生の小説の引用を履いて自慰行為🚀して居ました!

コメントを投稿