稽古なる人生

人生は稽古、そのひとり言的な空間

武漢ウイルス(新型コロナウイルス)に思う事あれこれ雑記。

2020年04月06日 | 政治など
世界の感染者数と死亡者を比べたら、日本だけ極端に数値が小さい。
この事実を報じないマスコミが多い。
同時になぜ少ないのかわからない。
隠ぺいしているのでは無いことは確かなようだ。





--------------------------------

ウイルスはある一定以上の数が体内に入らなければ発症しないというが、
発症しない程度のウイルスを常日頃から体内に入れていれば、
それはワクチンと同じように抗体を作り免疫力を生んでいるのでは無いか?

とすると、ここ何年も中国からの観光客がとても多かったので、
知らない間に適度な新型コロナウイルスを吸い込んでいて、
知らない間に日本人に免疫力が出来ていたのでは無いか?

--------------------------------

似非コンサルタントは、横文字を駆使して話を煙に巻くことが多いが、
小池都知事が「ロックダウン」や「オーバーシュート」などという、
初めて聞くような言葉を使うと似非コンサルタントと同じではないかと勘繰りたくなる。

小池都知事がロックダウン(都市封鎖)というならば、
どのように都市封鎖をするのか具体的に説明しなければならない立場だろう。
横文字を使って定義を曖昧にし、不安を煽るだけなのはいかがなものか。

--------------------------------

安倍首相が全家庭にマスク2枚を配布すると発表した。
この件を朝日新聞が無茶苦茶に叩いていたが、
その朝日新聞が通販でマスク2枚を3,300円で販売している事実を知って笑ってしまった。


(通販朝日 洗える立体ガーゼマスク2枚セット3,300円)

3,300円の高額マスクを売るのに政府が無料配布するのは確かに困るというわけだ。

朝日新聞は沖縄の珊瑚礁の自作自演のように、いかにも正義者ぶっているが、
読者を間違った方向に誘導するので報道機関としては失格だと以前から思っている。
良識のある人は読んではならない新聞の一つである。

--------------------------------

しかしながらマスク2枚を配布すると堂々と発表した安倍首相もいかがなものか。
マスク2枚が悪いとは言わないが。急激に悪化している経済崩壊の救済が先だろう。
マスク2枚など大臣程度にまかせ、現金支給を先に決定し実行すべきである。

しかしながら、岸田も駄目だわ。30万円支給は全世帯では無いらしい。
手続きもややこしくなりそうだし限定ではその効果も薄い。
送るマスクと一緒に30万円の政府発行小切手を同封すればいいのに。
小切手は課税収入扱いにすれば相対的に弱者に有利になると思うのだ。

いずれにせよ実施は5月以降だということで、緊急事態に間に合わない。
岸田。もう少し頭の良い人物だと思ったがやはり財務省の飼い犬だったわ。
麻生もダメだし、岸田も駄目となったら自民党の将来も先が見えている。
今こそ頑張るべき野党も無能で的外れでばかりだしねえ。何やってんだか。

--------------------------------

日本は古代から「祓いたまえ清めたまえ」の国である。
きれいな水が蛇口から出る水道がどこにでもあり、
手を洗い、口を漱いで身を清める神道の儀式は日常生活でも現れる。
外出から帰ったら靴を脱ぎ、手を洗い、ウガイをし、部屋着に着替える。
着ていたものは頻繁に洗濯し、毎日のようにお風呂にも入る。
朝晩の歯ブラシ、トイレに行けば必ず手を洗うのが普通である。

古代から、夏は高温多湿、冬もそこそこ寒くなる風土で、
健康な生活を送る知恵は延々と伝えられてきたのかも知れない。
欧米に比べ、武漢ウイルス(新型コロナウイルス)の影響が少ないのも、
日本の生活風習に一因があるような気がしている。

--------------------------------

本当かどうかわからないが。。。
ネットで検索して「さもありなん」と目についたもの列記。

1) 中国共産党は、新型コロナウイルスが武漢発祥である事を隠蔽しようとしている。
2) そのため、中国共産党の指示で、世界中の中国人がドアや手すりに唾をかけている。
3) 同様に国家ぐるみで世界中でマスクの買い占めをしている。
4) 中国のマスク工場で、仕入れ実績のある日本企業にマスクを出荷しない。
5) そのマスクは共産党が買い占めている。政治的な戦略物資として使っている。
6) 普通に考えてパチンコも規制すべきなのに規制しないし報道もされない。
7) 計画停電の時もパチンコだけ規制を逃れた。マスコミ、政治家、警察との癒着である。
8) 基本的にコロナウイルスは普通の風邪(各種のウイルスが原因)と同じであるという事実。
9) 感染数や発症数ではなく、死者数だけで判断する方が見誤らない。
10) 普通のインフルエンザの方が新型コロナウイルスよりはるかに死者が多いのが事実。
11) 今の状態は、風邪を引いた者全員が病院に行って風邪を広めて大騒ぎになっている・・のと同じ。
12) 現在の日本は(欧米に比べて)小康状態であることは間違いない。
13) インフルエンザの患者が例年より少ないので、そう簡単に医療崩壊は起こらない。
14) 欧米のコロナウイルスはすでに致死率が高い「スーパー新型コロナウイルス」に変異しているのかも知れない。
15) その「スーパー新型コロナウイルス」が日本に入ってきたらバタバタ死ぬようなことになるかも知れない。
16) 自分が感染していなければマスクは気休め程度でしか無い。マスクを過信してはならない。
17) 感染者はどのように生活していたのか?マスクや手洗いはどのようにしていたのか?・・を知りたい。

ガセやフェイクかも知れないのでご自分で調べて確認してください。
コメント

新型コロナ陽性 大勢で“剣道の稽古”

2020年04月05日 | 剣道・剣術
とうとう剣道関係の武漢ウイルス感染が公になってしまった。

剣道稽古での感染は、いつか起こるだろうとは思っていたが、
最初にニュースに取り上げられるというのは困ったもので、
それ見た事かとスケープゴードにされるのがオチにはなるが同情もしてしまう。



YAHOOニュース(東海テレビ 4/2(木) 17:55配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00027676-tokaiv-soci

 東海地方の新型コロナウイルスの感染者数は愛知で183人(19人が死亡)、岐阜で34人、三重で12人と連日増え続けています。
 このうち、1日愛知県で確認された2人は愛知県警の男性警察官ですが、2人は“特殊な警察官”でした。
 1日、新型コロナウイルスの感染が確認された2人の男性警察官…。

(リポート)
「2人はともに愛知県警警備部の機動隊に所属していました」
 感染が確認された2人のうちの1人、名古屋市に住む20代の男性警察官は、3月26日に発熱があり、検査の結果、1日陽性と判明、もう1人の愛知県江南市に住む30代の男性警察官は、3月28日に発熱や倦怠感を訴え、1日陽性が確認されました。
 2人が所属していたのは「機動隊」。

(リポート)
「陽性が確認された2人は、愛知県警の剣道特別訓練員でした」
 特別訓練員とは、逮捕術などの指導員になるために1月から11月までの期間を剣道や柔道の稽古に費やし、それ以外の時は、機動隊員として職務に当たる特殊な警察官です。
 自宅から直接、稽古場となる名古屋市港区の愛知県武道館へ通勤することとなっていて、感染が確認された2人は、それぞれ名鉄電車と市バス、また自転車で通勤していたということです。

(リポート)
「警察官らは発症前にあちらの剣道場を利用していたということです」
 愛知県武道館では、今年1月から指導官を含めた特別訓練員合わせて65人が、剣道と柔道の稽古に当たっています。
 3階で剣道の稽古をしていたのが、感染が確認された2人を含めた34人。2階では31人が柔道の稽古をしていていました。
 愛知県警によると、剣道の特別訓練員の男女合わせて9人に、発熱などの症状が出ていて、このうちの30代の男性警察官1人が1日、PCR検査を受けたということです。
 県警は武道館にいた特別訓練員65人のうち、感染が確認された2人が接触した可能性がある49人を1日から自宅待機とする措置を取りましたが、愛知県警幹部は…。
<愛知県警の幹部>
「発熱した9人のうち、少なくとも2人は味覚や嗅覚に異常を訴えている」
 愛知県警は感染した2人が発症前に立ち寄った機動隊の庁舎と、警察署5カ所を消毒。稽古をしていた武道館は、消毒をしたうえで2日から15日まで臨時休館としています。

---------------------------

やはり剣道は危ない。息苦しいのでマスクをして稽古をするわけにもいかない。
大声を出すし、鍔迫り合いをするので、お互いに唾の掛け合いになってしまう。
ウイルスはある一定以上の数が体内に入らなければ感染しないとはいうが、
感染者が一人でもいたら、一緒に稽古してしまえば間違いなく感染してしまうだろう。

ただし、県警の特練なら剣道も専門家で仕事のうちである。
私のように趣味で稽古をしていて感染していたのではない。
自粛せよというのもわかるが愛知県警の今回の件は少し可哀想な気もする。
一生懸命に稽古に取り組んできた警察官や関係者をあまり責めないで欲しい。
ともかく、はやく、堂々と剣道の稽古が出来るように収束して欲しいと切に願う次第だ。
コメント

スマホを臨時のドラレコにした。

2020年04月04日 | バイク・クルマ
中古の部品が手に入ったので、愛車のデリカスターワゴンは再び入院。
簡単に直ると思ったが考えが甘かった。


(入院中のデリカ)


(ヤフオクで落札したタイマーコントローラー)

関連記事「デリカスターワゴンのエアコン故障」
https://blog.goo.ne.jp/kendokun/d/20200328

ヤフオクで落札したタイマーコントローラーが悪いのか、
他に何か原因があるのか、車屋さんも途方に暮れている。
車専門の電装屋に相談してみるとのこと。やれやれ。

借りてきた代車はニッサンADバン。
車は何でも好きなので何でも乗りこなす。
ところがこの車にはドラレコが無い。
ドラレコが無ければ事故が起こったら面倒になる。

で、使っていないスマホにドラレコアプリを入れてみた。






(オーディオがあるべき位置の大阪城はダミーのはめ込みパネルである)


(ネットに繋がっていないので、速度と位置表示は役に立っていない)



ドラレコアプリは無料のものもたくさんあって迷ったが、
結局120円の「ドラレコ」というものにした。

じっくり比べて決めたわけでは無いが、衝撃センサーが付いているのと、
上書きモードなのと、簡単にファイル操作が出来るというのが気に入ったのだ。

画質は今まで使っていたドライブレコーダー専用機よりも良い。
運転するたびに設定しなければならないが、便利であることに変わりは無い。

-----------------------

実はこのアプリ、バイク用に設定した


(ミラーのネジ部に取り付けたが振動が予想外に大きかった)

バイクのハンドルのミラー部分に取り付けた。結果は大失敗。
ただでさえ振動の大きいバンバン200では画像がブレまくりドラレコの役に立たなかったのだ。
いま、振動の影響の少ない取り付け方法を模索中である。
コメント

ひとり近所を春めぐり

2020年04月03日 | 写真・カメラ
花見には滅多に行かないが、
毎年、職場近くの公園の桜を撮影して花見としている。

もう葉桜かなと思ったがまだ大丈夫だった。

SONY NEX-6 タムロン18-200mm で撮影







チューリップが可愛い。





れんげ畑も咲きはじめてている。





NEX-3C DESCOVER 25mm固定で撮影





久々にカメラをいじったら、片方が電池切れ、もう片方が、残量ほぼゼロ。
片方の電池をもう片方へ入れ替えての撮影だった。

明日の剣道稽古は無し。
一刀流の稽古も中止になった。

少しは身体を鍛えようとスクワットをしてきたが、
数日前から昔痛めた右膝が痛み出してきた。水も溜まったような気がする。

なんにもするな・・というお告げかも。
ああ、つまらんつまらん。
コメント

商業界の倒産

2020年04月02日 | つれづれ

(東京都港区麻布台2丁目4−9 商業界会館)

老舗業界雑誌「商業界」をはじめ「食品商業」「販売革新」などを発行する「商業界」(東京都港区麻布台)が、2020年4月1日に事業を停止し、事実上倒産した。
商業界ゼミナールなどでも広く知られた商業界は1948年に蜂谷経一氏、新保民八氏、倉本長治氏らが創刊した老舗業界雑誌。そのほかにも「食品商業」「販売革新」など多くの小売業界雑誌や「日本スーパー名鑑」を出版していた。

-------------------

今は無きホワード株式会社に入社して、初めて商業界という雑誌を見た。
その頃、父の粕井貫次はホワードの社長で、社長室の本棚には「商業界」と「販売革新」いう雑誌が並んでいたのだ。
当時、粕井貫次は商業界のエルダーでもあったので、雑誌には度々記事を投稿していた。

商業界ゼミナールは商業界が主催する勉強会である。
商業界ゼミナールにはホワードのお客様と一緒に何回か出席した。
冬の箱根で行われることが多く、大きなホテルを全部借り切ったセミナーは、
各講義毎に部屋が分かれた2泊3日の朝から晩までの大掛かりなものだった。

商業界ゼミナールとは、倉本長治が提唱した、
「店は客のためにある」 「損得より先に善悪を優先しよう」
というスローガンを元にした正しい商いの実践を学ぶ商人道場である。

以下、コピペになるが紹介する。

-------------------

 日本の敗戦により、国土は荒廃し、街にはまだ砲火の残り火が立ち込めていた頃、若き商人たちは、国民の消費生活に欠くことのできない物資を探し求めて全国を渡り歩く日々が続いていました。「店」とは名ばかりの焼け跡に建てられた手づくりの小屋に、ようやくかき集めてきた物品を並べて、これを代価に換えることから商売が始まったのです。

「商業界」創立者である倉本長治主幹(1899-1982) 後に商業界創立者となる男、倉本長治はそういう時代から日本を駆け巡って、闇取引の根絶を叫び、今こそ商人が将来の社会的信用確保のために立つべきときだと説いて歩いていました。

 雪深い北国ではゴム長靴を借りて、一軒また一軒と店主と懇談して歩いたそうです。「先の見えない暗い環境でも、(倉本)主幹の話だけには闇がなかった」と当時を知る商人は言います。

 しかし、それは苦しい困難の道でした。あの当時は、各地の市役所も商工会議所も、商店の常道化などを顧みる余裕がなかったし、そういう運動のための費用も持っていませんでした。

 一宿一飯だけという条件でも、今後の商人の在り方を説く会合は体よく拒否されて、倉本はさびれた乗り換えの小さな駅で空しく一夜を明かすことさえもありました。その挙句の果てはGHQによる公職追放という処分で報いられたものでしたが、それでも経営問題の遊説は禁止事項ではなかったので、倉本はその後も全国を隅々まで観察し、教導し、日本の商店の再建に努めたのでした。

 その情熱に動かされた友人たちが倉本不在の中、雑誌『商業界』を発刊し、倉本の追放解除とともに一切の事業を倉本に引き渡すという友情が商業界誕生の真実です。その後も一円の蓄えもない倉本の啓蒙講演は続きました。そして、1951年2月に箱根で行われたのが『第1回商業界ゼミナール』。参加者は全国から集まった130人ほどの商人たち。今日「商業界エルダー」と呼ばれる人たちの中には、その頃の同友が多いのです。

 こうして始まった商業界ゼミナールは、日本の革新的商人の歳時記的行事となり、1年のけじめの一つとなり、そしてまた毎年必ず繰り返して参加する結集点となりました。

-------------------

私は将来、ホワード株式会社を継ぐかも知れない・・という立場だったので、
父親(粕井貫次)の勧めで商業界の主催する2世後継者の交流勉強会「商業界スパークル」にも参加した。
すでに倉本長治先生はお亡くなりになり、故倉本初夫先生が主幹として執務されていた。
藪下雅治先生に出会ったのも、この商業界がきっかけだった。


(商業界スパークル20周年大会、私は最上段右から4番目に顔を覗かせている)


(一番右側でタバコをくわえているのが私、薄着で寒くてこのあと風邪をひいてしまった)


(商業会館の中で撮ったものだと思うが定かでは無い、倉本初夫先生の後ろのVサインが私)

ホワードは親戚の内紛で、父は追われ、私も閑職の身になり紆余曲折の中で独立し今に至っている。
30代から20年ぐらいかかって毎年更新し作り上げてきた「ホワード再建計画書」は紙くずとなった。
しかしながら、あの頃に学んだことは、少なからず今の自分の商売に対する考えの基礎となっている。

ここに、感謝の念を込めて、当時習った商売十訓と、新保民八の言葉を紹介しておく。

商売十訓

1.損得より先きに善悪を考えよう
利益を無視しろというのではなく、その商品やサービスがお客様の為になるのか、便利なのか、有利なのかということを優先するべきである。

2.創意を尊びつつ良いことは真似ろ
軽率に他店の真似をするのではなく、その精神や技法を取り入れて創意工夫をしていく姿勢が大切である。

3.お客に有利な商いを毎日続けよ
一人のお客様が繰り返し来店していただくことで繁盛する。その為には、お客様に有利さを提供し続けることが大切である。

4.愛と真実で適正利潤を確保せよ
お客様のことを思い、正直な商売をすることが大切であり、それを維持継続するための費用は商売そのものの中から生まれてくるものである。その為、適正な利益を得られるようにすることが大切である。安売りをする結果、商売の存続が危ぶまれるならば、それは、お客様を守る道ではない。

5.欠損は社会のためにも不全と悟れ
利益を伴わない商売は、お客様に対してより良いサービスを継続して提供できないばかりではなく、社会的貢献活動もできない

6.お互いに知恵と力を合わせて働け
一人でできないことも、店内や他店の人達と知恵を出し合い、協力し合うことで可能になることもある。経験や知恵を共有し合う姿勢が大切である。

7.店の発展を社会の幸福と信ぜよ
商売はお客様を楽しくさせ、得させることであるから、店が発展しその繰り返しがされていくことは、世の中を幸福にすることである。

8.公正で公平な社会的活動を行え
商売とは社会的活動であり、それは公生で公平なものであるべきだ。

9.文化のために経営を合理化せよ
商売を継続するには、古きを捨て、新しきを得ることである。つまり、価値の無くなった商品やサービスを捨て、新しいものを生み出すことで継続することができる。これが合理化である。そして、商売の継続は一つの文化を成していく。商人よ、あなたの文化をつくれ!

10.正しく生きる商人に誇りを持て
正しい商人は、単なる儲け主義者ではない。お客様と取引先と社員の利益を考え、社会的な責任を全うしようとする者である。誇りを持って正しき商人をめざせ。

-------------------

新保民八(商業界主筆)の言葉

正しきによりて滅ぶる店あらば、滅びてもよし、断じて滅びず
コメント

転載「感染拡大の状況下、剣道の稽古はどうするべきか?」

2020年04月01日 | 剣道・剣術


全日本剣道連盟のお知らせを転載しておきます。
https://www.kendo.or.jp/information/20200330/

----------------------------------------

全日本剣道連盟 アンチ・ドーピング委員長
大阪大学免疫学フロンティア研究センター・招へい教授
宮坂昌之




剣道関係者の皆様

 東京、大阪で急激な感染爆発が起こりそうな状態のもと、剣道の稽古はどうすべきかという議論があります。これに関して私の意見を申し上げます。

 添付の図はオーストラリア政府が作ったものを私が改編したものです。昨日のテレビ番組で使いました。

 それを見ていただくとわかりますが、通常、新型コロナウイルスは1人が感染すると2.5人に感染をうつすので、5日目には感染者が2.5人となります。この2.5人が動き回ると、30日後には感染者はネズミ算式に増えて406人になります。

 ところが、人との距離を1.5メートル以上空けて、さらに人と接する機会を半分減らすと、5日目の感染者は1.25人、30日目で15人と大きく減ります。

 さらに1.5メートル以上の距離を保ちながら人と接する機会を4分の1に減らすと、5日目の感染者は0.625人、30日目の感染者は2.5人となります。

 これは彼らの計算ですが、私は非常にわかりやすく、十分に信頼できるものだと考えています。

 さて、剣道ですが、竹刀を持っての相手との距離は2メートル近くです。しかし、大きな気合を出して相手を打とうとすると、多量の飛沫を吐き出し、相手に近接します。もし片方が感染者であれば、相手が感染する確率が大です。

 そのように考えると、今の流行がひと収まりするまでは、対人稽古は難しいかもしれません(特に高齢者の方は)。

 一方、個人レベルでのトレーニング、稽古は、お互いの距離を1.5メートル以上保ち、三密(密閉、密集、密接)を避けることが出来れば、可能なはずです。

 今後の読みは難しいですが、私は中国のように日本でも近いうちに感染者が減ってくると思います(ただし、1.5メートルの距離を保ちながら三密を避ければ、ですが)。そうなったら、いくらでも剣道の稽古は可能になります。

 それまでは慎重に考えることが大事だと思います。「打って反省、打たれて感謝」のこの素晴らしい文化を継承していくために、ここは皆さん、慎重に考えるべき時だと思います。
コメント

№102(昭和62年11月15日)

2020年03月31日 | 長井長正範士の遺文


以上、前項の隋と、この機(隋機)は絶想から自然に生ずるので、そこに到達する秘訣は、日夜組太刀の稽古に励み、不撓不屈の精神で、各技の勝機を見出し、理に順って打込む修行を積み重ねることに「あります。かくして真鋭無比な剣の道に叶い、順理の徳を得て、あたかも池中の蛟竜が風雲を得て、蒼穹に昇るように、聖賢が世紀の大転機に乗って現れ出るように、われも亦、神機を得て、永恒純一の一刀流の功用を顕現することになるのである。と教えられています。

尚又、一刀流では〇心機一元ということを力説されています。それは、太刀技というものは、心、気、理、機、術の五格の上に立っている。これを説明すると、先ず人を司どるのは心であります。(※この心については№61、62、№94、95に述べていますが更に一刀流でじは)心と気とは本来一元である。心は実であって静である。気は用であって動である。心は動きの潜勢力であり、気は能動力である。心を水にたとえると、気は液であると表現しています。

この気なくしては機をとらえる事は出来ません。尚、気理一合と言って、気の雄渾な大勢がよく理に合してこそ大勝を得ると言ってあり、理機一閃機術一致の大切さを述べてあります。更に申し上げますと、一刀流では、真剣勝負には、先ず心を清明にして、敵状を知悉し、真情実意を一つにし、気を満たし、豪快雄渾な気合をもって理を捉え、深遠微妙な理の中に機を掴み、一瞬に現滅する神機に投じて精妙の術を施し、以って必勝の功をあげるのである。と教えられています。

以上、機について笹森順造先生のお説を申し上げましたが、私自身まだまだ未熟で守、破、離の守りの域を脱せず、又解説も舌足らずで一刀流修行中の皆さんに満足して頂くまでに至りませんが、おいおいお互いに研修して先祖様の霊に報いるべく努めて行きましょう。この項これで終わります。

さて心は水にたとえられたついでに申し上げておきます。

一刀流では、〇一刀湛水と言いまして大事なことを述べてありますので、次に申し上げておきます。
水は方円の器に湛え、深淵に湛え、大洋に湛えて、自らの形に居付くことが無い。無形無相である。この水が一度緑にあえば、緑玉よりも緑に、紅葉にあえば紅玉よりも紅く輝く、一滴のしずくが玉となって、丸く万酙の大海が淼々(びょうびょう=水の広く満ちたさまをいう)として又、丸い。これは水の性が満ちたら、わいて欠ける所がないからである。無心に湛えた桶の水が桶の針ほどの隙があると忽ち奔り出る。これは湛水の性である。

一刀を無形無相と教えるのは、敵に従って転化し、八方に進出して浸透し、円満具足して円相を象(かたどら)らせるためである。欠ける所なく、満ち足る性を本然とするから、敵に針ほどの隙があると、そこをのがさず忽ち切込み、決して許すことが無い。又わが内心の欠陥を補い補いして、円満に具足するために精進する。自らを補い補いして円相に達し、主心を発露して欠ける所がなくなり、初めて転変流露し、無碍自在となり常勝の士となる。ここが一刀湛水の極地である。と教えています。

以上で一刀流の心と水のお話を終わりますが、話のついでに財団法人船舶振興会の会長でもあり、財団法人日本顕彰会の会長でもある笹川良一氏(他に多数の会長をされて世界中に活躍貢献されている偉人)がこの水について述べられており、私共剣道を志す者にとって大変教えられ、笹川良一氏の高潔な人格の一端を伺うことが出来ますので次に申し上げておきます。

笹川良一氏の〇水六訓と題して(№103へ)
コメント

武漢ウイルス(新型コロナ)に思う事。

2020年03月30日 | 剣道・剣術
少人数ながらも稽古を続けていることについて、
かなり感情的に非難されたのでここに考えを書いておく。

イタリアのように高齢社会で、
衛生観念(マスクや手洗い)が日本ほどでは無く、
日常生活で握手や抱擁を頻繁に行い、
帰宅しても靴を脱がない生活習慣では、
驚くほどの死者数(本日で1万人越え)を出してしまっているのが現実である。
6,000万人の人口からすれば死者数は0.017%で決して無視出来ない数値になりつつある。

しかしながら日本は死者は54人。
人口が1憶2,595万人だから、0.000043%で、1万人のうちの0.43人、
言い方を変えれば2万3,000人いたら1人が死ぬという確率でしか無いのである。

これははっきり言うが大きい数値とは言えない。

感染して死ぬのは80才以上が中心で、次に70才以上。
高齢者は注意して生活すべきだと思うが、ほとんどの社会人は関係ないレベルなのだ。
(もちろん、感染者数と死者数が爆発的に増えたらこうは言ってられないが)




(令和2年3月17日、厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部の資料から)

現在のところ、日常生活に注意して、
外出時には人混みを避け、電車やバスの吊り革や手すりを極力触らす、
マスクを着用して、家に帰ったらウガイと手洗いをしっかりしていればかなり防げる。

何か持病をかかえていないのなら、
若い人は(注意しつつも)日常生活を続けるべきであり、
決して武漢ウイルス(新型コロナ)におびえて萎縮することが無いよう願っている。

普通の風邪と一緒と考え、体調が悪かったら栄養を摂って休養すること。
それでほとんどの人は治ってしまうのが今回のウイルスだと思う。

問題は風邪の症状が出た人が、慌てふためいて病院に行くことだ。
今回の武漢ウイルス(新型コロナ)は感染力が高いのは事実だ。
かかってしまった人は、他の患者にうつしてしまうことになるし、
かかっていなかった人は弱った身体に武漢ウイルス(新型コロナ)をもらってしまう。

調子が悪いと思ったら、病院には行かず、自宅に帰って栄養つけてよく寝ること。
それで充分なような気がする。というか、そのほうが良いと思う。

それから一般の社会人は身内であっても老人には近寄らないこと。
誰もがどこかでウイルスを付着させる可能性を持っている。
それをそのまま老人の近くに持ち込むことは避けるべきなのである。

慌てふためいて検査などするからマスコミは騒ぎ、
感染者を抱えた企業は大きな痛手をこうむっているのが現実である。
これはマスコミによる魔女狩りのような気もしてしまう。
今回の騒動を見る限りマスコミなど害の方が大きい。

感染しても「大したことは無い」と思うことこそ正しい。

昨日初めて知ったが、どこかの剣道団体さんが、
「うちに稽古に来ませんか?」とPRして非難をあびていた。
場所を見たら、私の職場のすぐ近くである。

これには反対する。
見知らぬ者が大勢集まるような稽古会はやり過ぎだろう。


(一刀流の木刀と鬼籠手)

私は剣道稽古も一刀流稽古も続けているが、
少ない人数で細々と自己責任の範囲で行っているのだ。
呑気に考えているのでは無い。
健全なる危機感を持って適正に行動しているのだ。

それを、過剰反応して、感情的に非難してもらっても困るわけである。

武道家たるもの、今こそ「平常心」で過ごすべきでは無いか?
慌てふためいて、驚き、騒ぎ、悲しみ、怒り、感情的に行動することなどあってはならない。
今こそ、どう判断し、どう行動すべきなのか、冷静になってよくよく考えて欲しいものである。


追伸

武漢ウイルス(新型コロナ)で入院していた志村けんが肺炎で亡くなった。
好きな芸能人だったのでこれは少なからずショックである。
謹んでご冥福をお祈りしたい。本当に残念である。
コメント

往馬玄武会と一刀流の稽古(2020年3月28日)

2020年03月29日 | 剣道・剣術
生駒市武道館、往馬玄武会にて稽古。
(往馬玄武会は複数の剣友会の有志が集まる稽古会)

【緊急連絡】
現在、往馬玄武会では、会員以外の方の出稽古はお断りしています。
出稽古の方の入場、稽古は出来ませんのでご了承願います。



(生駒市武道館の前で)


(出稽古禁止の張り紙がしてあった)


(私を入れて4人だけの稽古だった)


(玄武会のあとは生駒一振会の稽古が始まる)

人数は少ないが思いっきり声を出し身体を動かす。気持ちが良い。
週に一度の稽古(来週の4月4日はお休みだが)だが稽古出来るのは嬉しい。
出稽古が禁止で少し人数が少ないのは寂しいが時節柄仕方が無い。

急ぎの出荷を片付けて本町まで仕入れに行ってから中野中学に向かう。
17時からは長正館、小野派一刀流の稽古。
参加者は8名+井上館長、それに休館中のS田さん。

人数が少ないので、休憩を入れないで大太刀60本を続けて打った。
発(ほつ)で仕方1名が肉離れをやってしまった。後半は刃引。


(私の愛用の修理を重ね使い古した鬼籠手)


(休憩時間に田村鍼灸師による井上館長の鍼灸治療)

鍼灸 潤氣堂(じゅんきどう) TEL.06-7500-9598 大阪府門真市栄町9-16
http://jyunkido.com/medical/


(稽古のあとでS田さんとのツーショット)


【感想・反省点】

武漢ウイルス(新型コロナ)への対策について意見の相違があったが押し通した。
(イタリアの死者は異常だが)現状では国内での武漢ウイルスは恐れるに足らない。
館員へのラインには以下のように通達しておいた。

--------------------------------
今後の稽古についての連絡です。
当面の間は自主稽古として稽古を継続します。
稽古は換気のため窓やドアを開放し、各自マスク着用を奨励します。
自主稽古なので館費は免除します。
社会においての立場上感染するわけにはいかない方、健康に自信が無い方は来ないでください。
中野中に来る経路でも感染する恐れがあります。
無理をして稽古に参加する必要はありません。
稽古はリスクを承知で自己責任として参加してください。
なお、社会情勢が悪化すれば自主稽古自体も中止する可能性があります。
以上ご了解のほどお願いします。
--------------------------------

個人的には、武漢ウイルス(新型コロナ)は通常の風邪と同じだと考えている。
普通の風邪でも特効薬は無い。かかったら栄養を摂って身体を休めれば治る。
現に日本で死んでいるのは70才以上の高齢者で何かしらの疾患があった者なのだ。
怖がり過ぎて活動を自粛するなど今のところは必要が無いと考えている。
コメント

デリカスターワゴンのエアコン故障

2020年03月28日 | バイク・クルマ


元々エアコンはあまり効かない車なので、
冬の雨の時に窓が曇り気味になるのもあまり気にはしなかった。
それにしても除湿が効かないなあ・・と思っていたら、
どうやらエアコンそのものが動いていないことに気がした。
エアコンのコンプレッサーに起動がかかった様子(音)が無いのだ。

エアコンのヒューズを探したが見つからない。
車の取扱説明書を見たがそれらしい事は書いていない。

エアコンが効かないまま夏を迎える気はしなかったので、
さっそくいつもの車屋(辰巳自動車)に持っていった。
もしかしたら、先日、ホーンを交換した時に何かしてしまったのかも知れない。
いずれにしろ大したことは無いと思っていた。
ヒューズの交換程度で済むと思ったのだ。

午前中に持っていったがその日に直らず夜に電話があった。
なにやらタイマーコントローラーの基盤に問題があるらしい。
とっくにディラーに部品は無い。中古品を探しているが出ていない・・・とか。
幸いなことにコンプレッサーには問題は無いらしい。


(この奥にタイマーコントローラーがある)



2日待ったが部品は出てこなかった。
仕方がなくスイッチとコンプレッサーを直結してもらうことにした。
こうすると、エアコンはオンとオフしか出来ない。
出来ないと連続運転で霜が付き凍り付いて故障することもあるそうだ。



背に腹は変えられない。
このまま夏を乗り切ろうと思う。


(応急修理完了)


(問題のタイマーコントローラー、TIMERCONTROLLER CAD501A001)

夏場の運転中、手動でエアコンのオンとオフを繰り返すのはつらい。
気長にヤフオクで中古の部品を探してみるつもりだ。
コメント

№101(昭和62年11月14日)

2020年03月27日 | 長井長正範士の遺文


〇機について
日本剣道形、太刀七本目の形で、打太刀は機を見て打つと教えてありますが、この機をただ漠然と機をはかってとか、機を見てと簡単に解釈して自分の勝手なタイミングで行っていっては形が泣きます。そこで先ずこの機とは一体どんな意味を有しているのか、国語的の解釈をしますと、機とは矢を発するところを言い、つるのバネ、ひとたび動く時は、直ちに発射するところから物ごとについて、ハズミ、カナメ、シオドキの意味に用いられている。そこで機を見るとは、きざしを知る、機会をさとると解釈出来ます。ですから剣道では上に立つ者も、下からかかる者も、勝つべき機を見つけることが大切であります。まして形の打太刀も仕太刀もそうでなければなりません。

さてこの機について一刀流では次のように言われています。機は時間と空間の変る急所のつぼであり、、永遠の、過去、現在、未来につながる時の上に一閃して現滅し、一つの機は、まばたく間に走り去る。この機が現れるのは永恒の時の上にある。只今である。いつでも好機は只今だと悟って厘豪の油断もなく、用意するのが機を逸しない心がけであります。機を捉えるのには神速、速妙に前方から迎えて好機に投ずるべきであって、後から追いかけるべきではないのです。一つの機は一度過ぎ去ると永久に戻ってこないが、又別の新しい機がくるからその機会をのがさずに捉えることを習わなければなりません。そのために組太刀の稽古で一本、一本ごとに勝つべき機を迎えて捉えることを学ぶのであります。

その機は相手の太刀筋の起り頭、堕勢、未勢、反動、居付など、その盛衰の変り目、呼吸の変り目などに、虚実転換の勝機として出てくる。その勝機は調子と拍子の中に旋律的に点滅する。それを打方と仕方の技の稽古で、ここぞと学びとるのです。切落の勝機、向い突きの勝機、鍔割の勝機、即意付の勝機を捉え、なるほどこれだと理解し、体得すべきであると教えられています。

次に形は稽古の如く、稽古は形の如くということは既に何回も述べてきましたが、私はいつもこれを念頭におきまして打太刀をやる場合は一刀流の教えに従って次の三つを心得て形を打っております。即ち
第一に、初心の仕太刀に対して打つときには、さあゆくぞと起りがしらをオーバーにして、きわどい所まで打つようにゼスチュアを示して打つようにして実は打たず、わずかな所ではずしてやり、お前の勝つべきところはここなんだと勝つ機を与えて打たします。
第二に、仕太刀が相当上達し、打ち間も判ってくれば、さあゆくぞと打つようにしてして本当に打ってゆきます。
第三に、同格ぐらいに熟達してくれば、打つそぶりを少しも見せず、サッと打って出ます。

このように打太刀(稽古に於ける元立ち)は仕太刀(稽古で下からかかってゆく者)の技能の度合いに応じて打ってゆき、それぞれ仕太刀(かかる者)の勝ちどころの機を与えるのであります。これが機を見て打ってゆく打太刀(元立ち)の心得でありまして、ただ仕太刀(下からかかる者)の技能の程度に関係なく打太刀(元立ち)が、いちように自分の調子で打ってゆくのは、機を見て打つという奥深い真意を解してないと言えるでしょう。このようなやり方では剣を交えて互いに人格を練るにはほど遠いと言わねばなりません。そして又この機は機に通ずという事を忘れてはなりません。

打太刀は常に自ら心気を振いおこして九歩の距離から既に発動し(ここから既に真剣勝負が始まっている)三歩前へ攻め進む、このわずかな間に仕太刀に対し打太刀に応ずる心気をいよいよ育てて打ち間に入るや気一杯の旺盛な打突の技を出して、これに応じて打ち勝つ機会を見い出させ、理に叶うほどよい塩合いで打たせ、勝つところはここぞと仕太刀に覚えさすのであります。(続く)
コメント

おい!四条畷警察署の寺川交番のバイク警官お二人よぉ~!

2020年03月26日 | バイク・クルマ

(googleマップの寺川交番)

一般人なら許せるが相手が法を守る番人であるがゆえに一言言わせていただく。

その日(3月22日)はバイクに乗りたくて、夕方から雨だとの予報にもかかわらず、
昼過ぎから愛車のスズキバンバン200に乗って職場まで行ったのだ。そう、暖かかったしね。

いつもは旧阪奈道路を使うが、この日は気分転換もあり、生駒から国道163号線を使い、
トンネルを超えて坂を下り、四条畷の東中野交差点から左折して、
片側一車線の旧170号線(東高野街道)を南下した。

四条畷駅付近の信号で、前方を走る警察官が乗るバイク2台に追いつく。
私の後ろには急いでいる感じの125ccのスクーターが1台いた。

男性警察官が乗るバイク2台は、いつも見かける寺川交番のバイク。
「ああ、交番に戻るところなんだなあ」と思いながら後ろをついていた。

しばらくしてキリン堂野崎店にさしかかる。
この店前には横断歩道があり横断する歩行者が多い。
30才前後の男性がキリン堂側(左側)から横断歩道を渡ろうとしていた。

私は減速した。当然、目の前の交番バイク2台は停まると思っていた。

交番バイク2台は前後で並列して走行している。
先行する1台目のバイクは歩行者を完全に無視して通過した。
右側の2台目のバイクは歩行者を確認したのか少し減速したように見えた。
見えたが、1台目が通過したので、そのまま加速して走り去った。

私は減速して横断歩道の前で停車。
歩行者は私が止まったので渡り始めようとしかけた。
その私のバイクを右側から追い越していったのは後ろからきた125ccスクーター。
横断しかけた歩行者はその場に立ちすくんだ。少し驚いたようす。


(翌日に撮影した同じ場所の横断歩道)

走りはじめ、しばらくして交番バイク2台に追いつく。
もう1台、女性警官のバイクが合流して3台になっていた。
3台の交番バイクは寺川の交差点前で右折し交番に入っていった。
私は寺川の交差点から西に右折して職場まで。

バイクにはドラレコが付いていないので画像は無し。
翌日、車で同じ道を走ると同じ交番バイクが前から来たので撮影した。


(翌日に撮影した交番バイク、信号機の奥に見える交差点が寺川交差点)

あのねえ。
交通機動隊でなくても警官なら道路交通法は守らなくっちゃ。
逆の立場でこちらが白バイだったら3台とも検挙してるところだ。

旧170号線(東高野街道)は生活道路なので横断歩道が多い。
時間帯に関わらず歩行者や自転車やバイクが多く事故もそれなりに多い地域だ。
(剣友がバイクで車に衝突され大けがしたのもこのすぐ近くである)

ここでのボヤキが警官まで届くとは思わないが、
地域の安全と安心を守るべき警察官は自意識を持って活動して欲しい。


(我が愛車、スズキバンバン200)
コメント

転記「回想と皆さんへのエール(稽古の出来ない今だからこそ)」

2020年03月25日 | 木曜会(誠先生の剣道教室)
本日は師匠からのメッセージを紹介します。
言い訳ばかりしている自分が恥ずかしく同時に元気が出てきました。
稽古が出来ない毎日が続きますが出来ることを確実にやろうと思います。

-----------------------------------------



回想と皆さんへのエール(稽古の出来ない今だからこそ)

「その時はやってきた」

誰もが人生の様々な理由で剣道ができない時期があります。

私にもありました。

34歳で7段合格後35歳から45歳まで稽古が出来なくなったのです。

とりわけ40歳までは稽古どころか竹刀さえ握る事が出来ませんでした。

剣道家にとって「最も大事な時期である」と言われる35歳から45歳までの期間です。

かねてから35歳で自らの事業を起こそうと計画していましたので分かりきった事ではありましたが・・・。

起業したのは飲食業、それも焼き鳥居酒屋。
まるっきり剣道が出来なくなりました。

朝9時に起床、10時から買い出し 、昼食後から夕方まで串打ちなどの仕込み作業、17時に開店し25時まで営業、26時頃まで掃除、後始末、朝3時頃就寝、9時起床。そんな日が毎日!

それに加えて36歳で家業の武道具店を引き取ることとなり、二足のわらじを履き
仕事三昧の日々を送りました。

開店から3年間は休み無しの365日営業!
人生の中で一番仕事した時期でもあります。

6年目から週に一度の定休日を設ける事でやっと徐々に稽古が出来る様になりました。

八段受審そして合格は自分にとって夢とかじゃなく果たすべき目標って言う感じでしたね〜。
だから稽古が出来ない事に落胆ばかりはしてられませんでした。「この生活のなかから絶対に合格してやる!」なんていつも思っていました。

剣道人生の中で誰もが順風満帆に稽古の出来る環境に有るかといえば、ほとんどの人がそうではない。

自分は、幸いに34歳で七段に合格する事が出来ましたので、稽古が出来なくなったのもの46歳の八段審査まで12年の期間がありました。

では、その間になにをどうすればいいのかを真剣に考えました。

「新しい自分自身の創造をしよう、剣道が出来ない事で良い事もあるはずだ、まずは自分自身を真っ白なキャンパスに変え、そこにデッサンし、色を乗せ八段合格と言う絵画を描こう」と、ある種の開き直りがありました。

後輩や同輩にこんな話をすると「大風呂敷野郎」みたいに蔑まれるようなこともありましたけどね。

しかし、本人は真剣そのもの!

絵を描くためには、被写体を細かく見る事が何より大事です。

八段合格ってどう言うことなのか?
どうすればそうなれるのかを知る必要がありました。

①八段審査会に行き、第一会場の午前中の立会いを全て録画編集し、一次審査の合格者ばかりの動画、二次審査合格者ばかりの動画を自分が受審する前の年まで撮り溜めました。

②その動画を毎日毎晩、暇さえあれば鑑賞する。時には合格者、不合格者混在した動画、時には一次審査合格者ばかりの動画を見る、時には二次審査合格者ばかりの動画を見るといった具合にです。

③始めの頃は動画を見ていても、何故こちらが合格しこちらが合格しないのかその差がまったくわかりませんでした。

④しかし、毎日毎晩見続けると同じ動画なのに毎回発見があるのです。

始めは気づき、「あれ?」って、それらを繰り返し見ていると「ハッ‼︎」とひらめき、また繰り返し見る事で、「なるほど!」と、何故こちらが合格しこちらが合格しないのかが確信として理解と説明が出来る様になりました。

⑤もちろん動画をただ見てるだけでなく、剣道専門誌の昇段審査を特集した記事やそれらをまとめた本など、活字で学ぶ事も平行して行いました。

⑥それは、それは、来る日も来る日も、毎日毎日です。

⑦それらを繰り返した結果、どの様にすれば審査合格に至るのかを信念化する事が出来きたと確信しています。

41歳になり週一度のペースで稽古が出来る様になりました。

⑧後は自分の確信で得たイメージを自分の動作に乗せるだけですが、なかなか上手くはいきません。
そこで最初は合格者のものまねから始めました。

礼の仕方、蹲踞、立ち上がり、発声、間合いの取り方、攻め、溜め、打突、残心の取り方など、合格されたいろんな先生のものまねです。

⑨このものまねが自分の合格のイメージを作る事に非常に役立ちました。

「学ぶことは真似る事」とは、よく言ったものです。

45歳で10年続けた飲食業をやめて、36歳で引き取った家業の武道具店に専念するかたわら稽古三昧の日々を送るようになります。

46歳で受けだした八段審査に48歳6回目の平成21年11月に合格!
目標を果たす事ができました。

私の座右の銘は「一心不乱」
これぞと決めたら実現するまで!

そんな自分の性格?、意識?が、立てた目標を果たす結果となったと確信しています。

やれば、出来る!

皆様も自分自身を信じて目標に立ち向かってください!

私のすべてをかけて皆様を応援しています!
コメント

武漢熱(新型コロナウイルス)など大したことは無い!

2020年03月24日 | つれづれ
剣道稽古が出来ないからじゃ無いが・・・

毎日報道で大騒ぎしているけど、
今回の武漢熱(新型コロナウイルス)は大したことは無いと思う。

なぜなら下の図を見て欲しい。



国内で、感染者数が、1,089人、死者が41人!

え!?、たった41人!!!というのが正直な感想である。

で、毎年のようにニュースになる普通のインフルエンザを調べてみた。



最近のみ大きくしてみると、



なんと2019年は3,325人も亡くなっている。

2017年からの月別を見てみると、



昨年(2019年)の1月は、1,685人も亡くなっている。
1日平均にすると54人である。

これを見たら、今回の武漢熱(新型コロナウイルス)なんか屁のようなもんだ。
おそらく今回も、普通の風邪をこじらせて死ぬ人のほうが多いんじゃないか?

新しい感染症だから慎重に対策をするのは良いが、
何もかも自粛して社会全体が委縮してしまうのは過剰反応のような気もする。
国外の死者数が、12,741人だから多いような気もしてしまうが、
総人口からすれば大した数字では無い。

あくまで素人の個人的な感想だが、
おそらく武漢熱(新型コロナウイルス)は、
昨年の10月や11月ぐらいから徐々に日本に入ってきてたのでは無いか?
少しずつ入ってきていて、少しずつ拡散してきたのでは無いか?

多くの人が知らない間に感染していて、知らない間に免疫が出来ていて、
それでいま、死者が(たった)41人に抑えられているのでは無いか?

報道は、武漢熱(新型コロナウイルス)にだけ焦点をあてるから、
なにかこの病気だけが特殊なように考えられ脅威のように思われがちだが、
同じように焦点を当てるなら、普通の風邪や、
いや交通事故のほうがよほど脅威なのでは無いだろうか?

本当に今回の武漢熱(新型コロナウイルス)が脅威なのかどうか、
今いちど、専門家はデータを元として説明して欲しいものだ。
このままでは日本の国そのものが根本からおかしくなりそうな気がする。

過剰に反応するのはやめて、
武漢熱(新型コロナウイルス)も他のインフルエンザと大差は無く、
大騒ぎせず、手洗いやマスクなど個人レベルで気をつけて、
毎年の風やインフル対策のように普通に対処するようにと広報すべきである。
治療薬が無いから大騒ぎになるだけでそんなに脅威とは思えない。
言ってるうちにワクチンも出来上がるだろう。
普通の健康な人が怖がる必要など無いのだ。

それから余談だが、新型コロナウイルスという名称はわかりずらい。
新しい、別の新型が出てきたら何というのだろう?と疑問も残る。

今回の騒動は中国の武漢市が発端なので、素直に「武漢熱」と言って欲しい。
あるいは、武漢ウイルス、中国熱、中国ウイルス・・・
というような名前に統一して使って欲しいと願っている。

個人的には「武漢熱」がわかりやすいと思う。

ーーーーーーーー

ともかく体調の悪い時は無理をせず、
外出した時には手すりや吊り革には手を触れず、
帰宅したら念入りに手洗いとウガイを行うようにしようと思う。
それで感染して死ぬようなことがあったとしても仕方ないと思っている。
思いながらも「かかるわけがない」とタカをくくっている。
コメント

映画「星屑の町」を観に行った。(2020年3月22日)

2020年03月23日 | つれづれ
3月8日に観るはずだった映画をやっと観に行けた。
きょうはその紹介。

映画「星屑の町」公式サイト。
https://hoshikuzu-movie.jp/




■25年愛され続けた舞台が映画化!
劇作家・演出家の水谷龍二とラサール石井、小宮孝泰が、「笑ってホロリとする作品」を作ることを目指し結成したユニット「星屑の会」によって1994年に第1作「星屑の町・山田修とハローナイツ物語」を上演。その後25年に亘って愛され続けた舞台「星屑の町」シリーズ(全7作)が、ハローナイツのメンバー変わらず、ヒロインにのんを迎えて遂に映画化!

■時代を超えて復活!昭和歌謡の名曲たち♪
「恋の季節」「宗右衛門町ブルース」「ほんきかしら」「新宿の女」「中の島ブルース」など、聴けば誰もが耳にしたことのある昭和歌謡が続々と登場!!歌から生きる元気・勇気をもらった昭和という時代。その時代を彩った名曲が、令和に蘇る。さらに、「山田修とハローナイツ」として96年に発売した「MISS YOU」、オリジナル楽曲「シャボン玉」にも注目。新しい時代を迎えても、いつだって歌で元気をもらう?

■のんが銀幕に復活!!さらに熱唱披露で七変化!
豪華ベテランキャスト陣×ヒロイン・のん 
意外にして絶妙な組み合わせ

25年間を共にした仲間として息ぴったりのハローナイツのキャスト陣 。円熟味溢れる演技と阿吽の掛け合いが妙なリアリティを生み出し、たっぷりの笑いと、時には涙を誘いだす。さらに、本作のキーパーソンともいえるのが、6年ぶりの実写劇場映画出演となるヒロイン・のん。『マイ・フェア・レディ』のイライザの如く、田舎娘がやがて大輪の花を咲かせるまでの変身を見事に演じ、吹替えナシの透き通る歌声で、妖艶さと軽快さを見事に歌い分ける。60年代を意識した衣装の七変化も見逃せない。長年培われた熟練の芝居に、のんの透明感あふれる演技が加わることで、意外性がありつつも、またとない最高のメンバーで、観る人すべてを魅了する!

■出会いによって輝き始める人生とその後
鳴かず飛ばずの売れないおじさんコーラスグルーブが、歌手を夢見るヒロインと出会うことで人生が大きく変わり、新たな人生を歩むことになる。そして、成功の中で気づかされる“大切なこととは?”終わった後、誰もが名曲を口ずさみたくなる、笑って、ホロリとする温かい映画が誕生しました。





いやはや・・・

懐かしい曲もあって初老の爺さんはけっこう楽しんでしまった。
東北、特に岩手は最初に勤務した土地だし、東北なまりも懐かしい。
久々に、ほっとするあと味の良い映画を見させてもらった。

劇中歌の「MISS YOU」には胸が熱くなってしまった。
青春から青年、中壮年、そして老年期・・・
今まで、ずっとずっと走り続けてきた思い出や思いが駆け巡る。

さて映画館は、武漢ウィルス(新型コロナウィルス)のせいでガラガラだった。
いつもは入場に列を作っているのに人影もまばら。









星屑の町も観客は10人も居なかった。
コメント