HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

カナメモチ(要黐)

2021-05-23 | 春 白色系

生け垣に普通だったカナメモチ。
特に新葉が赤いものをベニカナメモチと呼んだ。
今は新葉が赤が多く、病虫害に強い交雑種の「レッドロビン(セイヨウベニカナメモチ)」の名前の方が好まれるようだ。
それでも古い生け垣にはやはりまだこのカナメモチ。










(2021.03.07 林崎町)




















▲ 花数が多いので捉えどころが無い。画面真ん中辺りのおしべの先端に焦点当てると全体が撮れる。▼





(2021.04.27 明石西公園)






カナメモチ(要黐)
 バラ科カナメモチ属 Photinia glabra
特に新葉の赤が目立つものをベニカナメモチと呼んでいる。
セイヨウベニカナメモチ(西洋紅要黐)はベニカナメモチとオオカナメモチの交雑種
Photinia x fraseri 'Red Robin'(Photinia glabra x Photinia serratifolia)
(2021.05.18 明石公園)


▲ セイヨウベニカナメモチ(レッドロビン)の新葉 ▲
--------------------------------------------------------------
カナメモチの果実 セイヨウベニカナメモチ カナメモチ(要黐)


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« キヅタ(木蔦) | トップ | オランダガラシ(和蘭陀芥子... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵です。 (こいも)
2021-05-11 22:43:58
林の子さん
お花が本当に可愛くてたまりません。
お花も赤い葉も緑の葉も背景の色もとても素敵です。
こんな柄の小紋の着物が欲しいと思ってしまいました。
画像の中からいくつかのピンク色の葯をみつけました。
もう何年も前にピンクの葯のお花をみたのですが、
そんなお花を忘れられないまま、今年も見られなかった・・・と思っていたのですが
こちらで見させていただきとても嬉しいです。
ありがとうございます・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・
ピンクの葯?? (林の子)
2021-05-12 11:18:21
花粉出す前の葯も、先端が二つに割れて出てくる花粉も薄黄色、出し終えると葯は脱落して花糸だけが残るようです。
二裂しているめしべの柱頭も、先端部に花粉が付けば半透明から少し色がつくかも知れませんね。
開花した花の萼片の先端に赤が見えますが、ピンクの葯は見当たらないです。
https://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/e/010fc97783e9f8d0b5e332f1ca5601bc
ピンクの葯・・・ (こいも)
2021-05-13 00:20:20
林の子さん
希望的観測になってしまうからでしょうか?
上から9枚目と8枚目の画像で、こいもには葯がピンクに見えるところがあるのですが・・・
雌しべの柱頭は二裂しているのですね。
ピンクの葯を撮ったものがあるのですが...
5年も前に撮ったものですが
こいものカナメモチのページに貼り付けました。
見ていただけたらと思います。
タイトルは「ベニカナメモチ」になっていますが、撮った場所は同じところです。
今年のお花は終わってしまいましたから載せていません。
よろしくお願いします。
確かに。 (林の子)
2021-05-13 11:18:05
花粉を出す前の葯の色、うっすら桃色ですね。
見えること、見えたことを画像に残しておくのも必要なことだと思いました。
全体を見て感じることを、一つ一つの花で再確認することも大事なことですね。
かなり早くおしべの葯からは花粉が飛び出てしまうので、次の春には忘れていなければ撮っておきたいです。
ありがとうございます。 (こいも)
2021-05-13 15:18:25
林の子さん
あの頃はカナメモチのお花に夢中になっていました。
その時はたまたまピンク色の葯が目に入りました。
以来お花の頃には出逢いを楽しみにしていましたから
こちらを見させていただき「わぁ~ピンクだわ~」となってしまいました。
来年はこいももピンク色の葯を見つけられるといいな~と思います。
確かに。 (林の子)
2021-05-13 23:22:16
葯=花粉袋と思っています。
花粉が収まっている頃は、薄い皮膜状で期が熟すと割れて
中から花粉が出てくる…ので
半透明のものでは中の花粉が見えている場合が大半だと思っていました。
確かに葯にも色がついているのですね。
よく見かけるノミノツヅリの葯も、薄桃色のものがありました。
https://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/e/dba18dcc2467a8fb304eb876a20f21c2
今年はお花に先を越されて・・・ (こいも)
2021-05-15 10:31:44
林の子さん
今年はお花に先を越されてしまい残念な思いばかりです。
さぁ、今日こそはと思って出かけても遅かった~~~なんてことばかりです。
カナメモチのピンクの葯をこちらで見させていただきまして
それはそれは嬉しかったのです・・・ありがとうございます。
ノミノツヅリの葯も薄桃色のものがあるのですね。
何処かで見られるとよいのですが・・・
今年は散歩道や公園の小さな草花も刈り取られてしまうのでしょうか?
あまり見かけないのです・・・寂しい限りです。
また歩いてみたいと思います。
いつも色々とありがとうございます。
余り良いことでは無いですが。 (林の子)
2021-05-15 11:34:20
良い表現では無いですが、今年は色々と外出制限されたりして
近場で過ごす人が増えたようです。
のんびり雑草など撮っていた小公園などは余り草刈りされないのですが
混雑することも多くなり、その所為?だとは思わないですが
草刈りがかなり頻繁です。
たぶん、ですが『汚らしい…』の悪評が来ないようにとの配慮なのかと思っています。
狩り出されているのはご近所の年配の方々、出歩かなくなって
少しは身体を動かさないといけない…と言うことで公園はきれいになる、適度の運動になる、一挙両得??なのでしょう。

コメントを投稿

春 白色系」カテゴリの最新記事