新勝庵

元サラリーマン、映画・読書・芸術好き。
おんとし 92歳 です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蜂の巣

2012-06-30 15:20:33 | うんちく・小ネタ

蜂に刺されて二度入院、 三度目は入院こそしなかったが右腕

がラグビーボールのようにはれ上がった。

20年位前、グランドゴルフをしていて、クラブヘッドが朽木の

蜂の巣に当たり、蜂の総攻撃を受けた。 皆一斉に逃げが、

だけ逃げ遅れて左手に二か所刺された。 一時間後は全身

蕁麻疹で腫れがり、三日間入院 呻吟した。 それから、何故

か又二度刺された。

以来兎に角蜂が嫌い 憎い 怖い!! その大嫌いな足長蜂

が何故か嫌がらせみたいに、我が家の裏出口の上の方に

今頃になと毎年巣を作る。

今年も又、巣を作りかけたので、取り除く隙を狙っていたが、

夜は巣に張り付いていて駄目。 昼間のちょっと居ないすき

を狙って 棒の先で叩きおとした。

Photo

帰ってきた親蜂が巣の無いことに驚き? ・・ ブン ブン ・・・

Photo_2

・・・ 確かこのへんだった筈? ウロウロしている。

このとき、親蜂目がけて一斉に殺虫剤の猛噴射で見事撃墜

した。

2

親蜂の残骸 ・・・ 〝 ざまー見やがれ ”

Photo_3

作りかけの足長蜂の巣 ・・・ かわいそう! 大人げない!?

いえいえ、私はもし今度刺されたら死ぬかもしれない!

それは 「アナフィラキシーショック」といって、 すでに私の

体内に出来ている抗体と入ってきた蜂の毒が一緒になって

本体である自分をアタックし、ショック死させることがある。

私の様な過反応体質の者には看過出来ない大問題!

だからもう病的に蜂は嫌 ・・・・ 

・・・ でも、 こちらが何かしない限り 向こうから襲って来る

事はまずないのだけど、 怖さの過反応? 矢張り大人げ

ないかな? ・・・・

コメント (1)

嘘 Ⅱ

2012-06-23 21:57:44 | 映画

遥か若かった昔、尊敬と憧れで輝いたロシア文学作品群。

中でも ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」は、読ん

様な、途中で投げ出した様な定かではない?筋を覚え

いないから完読していなかっただろう ・・・

1969年ソ連版、イワンブイりェフ監督の映画「Ⅰ部・Ⅱ部

Ⅲ部」をDVDに撮って、繰り返し2度見た。

素晴らしいの一言に尽きる! 誠に奥深い、死生観・宗教

問題から愛と憎しみ、階級問題 ・・・ etc ・・ その内容の

複雑さ、多様さ奥の深さは今更言う事でもないが ・・・

Photo

話は、ロシア正教会のミサ後の 長老神父を交えての 別室

での トーク 場面から始まる ・・・・

カラマーゾフ家の父親と三人の息子の物語だが ・・ この

四人の異常とも思える個性思考の違い、 老神父の前で父

長男の親子喧嘩となり、 深く神父を悲しませるが・・・

神父親子喧嘩よりむしろ次男の思想に将来の危惧を感

じる 

Photo_2

カラマーゾフ家の当主地主、父 〝 フヨードルカラマーゾフ ”

強欲で異常なほどの好色家で、 独善的 ・・・ 誰かに

殺害され金をとられる ・・・・・

Photo_3

退役将校の長男 〝 ミーチャ ”  直情型で放埓な生活

美女 〝 グルシェーニカ ”  を父と取り合う ・・ 善人だ

最後は父親殺しの犯人としてシベリア送りとなる ・・・

Photo_4

次男 〝 イワン ” 冷徹で、知性的な無神論者、 彼の

思考言動がこの物語の全貌を覗かせるようにおもえる。

彼の苦悩が人間の苦悩の様にも思える? ・・・ 

父の死を巡り 自己懐疑に陥り 錯乱状態になる ・・・・・

Photo_5

三男 〝 アリヨーシカ ” 敬虔な修道者であるが ・・・・

親 兄弟の言行の狭間で苦悩する ・・・ 遂には 神の

存在を疑い 還俗する

Photo_6

〝 カチェリーナ ” ミーチャの上官の娘。 高慢で

自尊心が強い

Photo

父と長男が取り合う妖艶な美人 〝 グルシェーニカ ”

親子を憎しみと疑心暗鬼に捲き込む 中心人物 ・・・・

Photo_2

だが、最後は長男ミーチャを愛していたことに気付き、

彼を追ってシベリアに向け旅立って行く ・・・・・

本当の犯人は 使用人の自殺で分からないまま ・・

この映画を見て、何故か私は、あの芥川の「藪の中」

=映画「羅生門」を思い出した! この世は嘘の固まり

・・ どの嘘が本当の嘘か? 人は嘘をつくもの、 嘘

をつくから人間。 嘘こそ人間の本質か、だから人間

はかわいい ・・・ かな? この映画でこんなことを思

うのは私だけだろう! ・・・ 

 

コメント

パソコン画グループ展

2012-06-13 16:42:19 | アート・文化

今年も、友人の「ギャラリーYYY」のオーナーからの誘い

でパソコン画を、7点ほど展示しました。

Photo

展示会紹介「チラシ」・・・だいたい6月いっぱい

Yyy

 場所は、宗像市 自由ヶ丘6丁目

Photo_2

作品は「A3伸び」・・483×329mm・・・

Mrkatsuda

・プラスチックパネル張りです。

Photo_3

上のいなせな若者をクリックしてください。

コメント

馬頭観音像

2012-06-06 15:30:48 | アート・文化

ボストン美術館所蔵の逸品(日本にあったら国宝)900年前

(平安朝)に描かれた「馬頭観音菩薩像」が里帰りして、上野

の国立博物館で展示されているらしい(NHK-BSⅢで見た)

密教文化華やかな時代で、絹地に描かれたこの馬頭観音

1166×86㎜と左程大きなものではないが、最高峰の仏画

言われ、細部に亘りキラキラ光り輝き「脅威のミクロの装飾」

から発するオーラが感じられる

Photo

   観音の上部(顔と腹部)

2

  (密教の印を結ぶ手と足部)

仏画だけど不思議なというか、怪しい超ゴージャスな感じ

Photo_2

   (佛の着衣の部分)

Photo_3

  (台座の蓮華の額の部分)

すべてに施された「脅威のミクロの装飾」 すべてが金箔

の線で描かれている「日本美術史上究極の美」と言わる。

それは「キリカネ」という技術。

金箔を0,08ミリ以下に切って、極細の筆の先端で絹地に

貼り付けていいく ・・・・ 

Photo_6

一応再現して見せたが ・・・ 現在最高の仏画技術者でも

これほどのものは描けない(つくれない)らしい!

数十年前、私は同じ国立美館でボストン美の里帰り展を見

た事がある。

あの時は数多くの版画(錦絵)に驚いた記憶がある。

いずれにしろ、火災の多い国で更に大空襲を受けた日本で

は恐らく残ってはいまい、ボストンでも何処でも何処でもいい

!兎に角大事に残して保存して置いて呉れたから、こうして

先祖の素晴らしい!誇らしい!文化に触れるこ事が出来る。

コメント