シャンテ サラのたわ言・戯れ言・ウンチクつれづれ記

独断と偏見で世相・経済からマンガまで 楽しい内容を目指します。 音楽とオーディオ関係の「シャンテサラ2」も統合しました。

ワーグナーの毒

2012年10月29日 | ワグナー聞き比べ
私の保有するショルティ VPO による指輪四部作 __ 左上が CD 版「ラインの黄金」、左下が「ワルキューレ」、右上が「ジークフリート」、右下が「神々の黄昏」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 2006年6月9日投稿分__ ワーグナーのオペラに夢中になると、なかなかその魅力から抜け出せず、彼の音楽にどっぷりとつかる様を「ワーグナーの毒」といいます。 私もしばらくこの毒に冒され、毒が抜けるのに . . . 本文を読む
コメント

音楽会は女性でもつ

2012年10月29日 | 音楽界よもやま話
2006年6月9日投稿分__ コンサートやオペラに行くと、聴衆は女性が多い__特に中年以降の。 だから、音楽業界は女性が支えている__といっても過言ではありません。 米国の音楽団体は寄付で成り立っていますから、中年女性の指示がなかったら、たちまち赤字運営に転落してしまうそうです。 寄付をするのは、節税目的の金持ち男ですが、どこに寄付するかは妻の意向が大きく働いている__どこへ寄付してもいいが、 . . . 本文を読む
コメント

シカゴ響と名物批評家

2012年10月29日 | ドイツ以外の音楽
左上から 「オケコン 他」(ライナー指揮)、ライナー、小澤、「春祭」(小澤指揮)、左下から 「我が祖国」(クーベリック指揮)、ショルティ、「ツァラ、ティル、ドン・ファン」(ショルティ指揮 LP)。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 2006年6月8日投稿分__ 引用が長くなりますが、シカゴ響の概要を語るには、これ (下記ウィキペディア) が最も適しています。 私もシカゴ響の CD は、ライ . . . 本文を読む
コメント

供給が細れば需要が減るのは当然

2012年10月27日 | 経済あーだこーだ
供給独占国としての地位を利用して世界 (といっても日本が殆ど) への供給を絞り、(一時10倍ほど) 価格が高騰したレアアース市場は沈静化し、供給国の大手 中国業者の中には破産したところも出てきています。 中国の “レアアースカード” は失敗しました。 中国は、日本のハイテク産業にとって欠かせないレアアース供給を絞れば、中国に依存する日本の産業界は、中国の主張を聞かざるを得なくなり、日本に対して優 . . . 本文を読む
コメント

さもありなん というお話

2012年10月26日 | 世相あれやこれや
写真は、こんな顔して飲まれたら叱りにくい。 (らばQ) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 私が昔在籍していた国立大学では、学科主任教授はその学科の予算を独占し、他の教授の予算は微々たるものだった。 なぜそんなことが許されるかというと、”他の教授たちは主任教授ではない” からだということだけ。 大学というものはそんなところかと、学生時代は思っていた (というか納得していた)。 その主任教授 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

海の嵐の効用

2012年10月23日 | ワグナー聞き比べ
2006年6月8日投稿分__ 左絵は伝説のオランダ人を描いた絵を見るゼンタ。 中央右絵はオランダ人と共に海から昇天するゼンタ。 ベートーヴェンはドイツのボンで生まれ、オーストリアのウィーンで亡くなりました。 その間 旅したのは中央ヨーロッパだけで、全く海を見たことがありま せんでした。 だから 彼の「静かな海と幸ある航海 Meeresstille und glueckliche Fahrt 」 . . . 本文を読む
コメント

ベン・ハーの音楽

2012年10月23日 | ドイツ以外の音楽
2006年6月7日投稿分__ ミクロス・ローザ Miklos Lozsa が作曲した映画「ベン・ハー Ben-Hur」音楽は大いに気に入り、サウンド・トラック盤 LP ('59) やローザ自身が指揮したナショナル・フィル盤 LP ('77) も買ったくらいです (「戦車」シーンの音楽は日本の競馬放送のテーマ音楽に流用されましたね)。 後にドルビー・サラウンド化された映画の LD 盤も入手しました . . . 本文を読む
コメント

"ばらの騎士" 決定版は

2012年10月23日 | 独オペラあれこれ
2006年6月7日投稿分__ 写真左半分は、カラヤン/シュワルツコップ/ローテンベルガーらによる60年録画 LD 盤から。 右端はローテンベルガー。 ~~~~~~~~~~~~~ 最初 銀座ヤマハホール上映の形で、カラヤン/シュワルツコップ Elizabeth Schwarzkopf (S)/ウィーン・フィルの演奏に接しました。 これは60年のザルツブルク音楽祭での公演を録画したもので、ツィンナー . . . 本文を読む
コメント

鮮明な展覧会の絵

2012年10月20日 | ドイツ以外の音楽
2006年6月7日投稿分__ 「展覧会の絵 Pitures at an Exhibition」は、ムソルグスキー Moussorgsky のピアノ独奏曲がオリジナルですが、ラヴェルによる管弦楽編曲版が一般には有名です。 普通の人は、オーケストラ演奏を聞いてから 原曲のピアノ曲に親しみますね。 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 組曲「展覧会の絵」はロシアの作曲家、モデス . . . 本文を読む
コメント

最強のテノールは何でもござれ

2012年10月20日 | ワグナー聞き比べ
2006年6月7日投稿分__ 右下モノクロ写真はドミンゴとステューダー (エルザ役)。 ~~~~~~~~~~~~~ スペイン出身のテノール歌手プラシド・ドミンゴはイタリア・オペラだけでなく、フランス、ドイツものも得意で、歌えないオペラはないかのようです。 英語ものはミュージカルしかありませんが、これにも挑戦してアルバムを作っています。 ヘルデンテノールといわれる、強靭な声を必要とするワーグナー . . . 本文を読む
コメント

五大クラシック音楽レーベルは存続?

2012年10月20日 | 音楽界よもやま話
2006年6月7日投稿分__ 写真左上は「ニーベルングの指輪」初録音を指揮したショルティ、右上はハイティンク、右下はドホナーニ、左下は別名 “録音魔” のカラヤン。 ~~~~~~~~~~~~ 世界にはクラシック音楽の大レーベルが5つあります。 米国の BMG (元 RCA)、ソニー (元 CBS)、英国の EMI、Decca、オランダの Philips、ドイツの DG (Deutsche Gra . . . 本文を読む
コメント

ハイテク半導体は儲かる産業か?

2012年10月18日 | 電子産業は花形?
写真は、「誰のエサだと バ コ ッ!」(カラパイアから)。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~半導体業界に数十年 身を置いて (今は外から) 見続けてきましたが、半導体というものは確かに “ハイテクの塊” ですが、初期投資してから撤退するまでを積算してみると一体儲かる産業なのだろうかと疑問を感じざるを得ません。勿論 撤退するからには、赤字続きだから撤退するケースと、黒字 . . . 本文を読む
コメント

副指揮者って何?

2012年10月17日 | 指揮者あれやこれ
2006年6月6日投稿分__ オーケストラには色々な肩書きの指揮者がいます __ 常任、専任、首席、桂冠、客演そして副指揮者。 “副指揮者” とは? 小澤征爾の本に、彼が NY フィルの副指揮者となった時 (61年 26歳) のことが載っています。 手っ取り早くいうと、練習指揮ほか様々な雑用をこなす係りで、 NY フィルの二人の副指揮者のうちの一人になりました。 レストランのコックのようなもの . . . 本文を読む
コメント

シューベルトの家庭音楽

2012年10月17日 | ドイツ音楽も様々
2006年6月6日投稿分__ 「ピアノ五重奏曲 ます Forellen-Quintett」は楽しい。 シューベルトが書いた当時は、今とは違って 家庭にテレビなどの娯楽が多くありませんでしたから、家族で演奏などをして楽しんでいました。 他人からの依頼で作曲されましたが、ホールで発表するためというよりは、そんな当時の楽しみ方が伝わってくるような曲ですね。 コントラバスが出てくる唯一の室内楽ではないで . . . 本文を読む
コメント

美貌の歌姫が亡くなる

2012年10月17日 | イタオペ小話色々
2006年6月6日投稿分__ 今年3月 米出身のアンナ・モッフォ Anna Moffo が亡くなりました。 彼女の記憶は、その美貌と美声で とりわけイタリアで人気がありました。 ~~~~~~~~~~~~~ 60年代 来日しての記者会見中、記者達を前にコンパクトを取り出し、平然と化粧直しをやって、終わったら「オホホホ」とまた微笑んだとかの記事を昔読んだことがあります。 そんなことをやっても許される . . . 本文を読む
コメント