線翔庵日記



おまつり、民謡、三絃、名水、温泉、酒、そして音楽のこと…日々感じたことを綴ります。

ネマガリダケの味噌汁

2020年06月21日 18時08分56秒 | 食べ物

ネマガリダケはここのところ脚光をあびている。上田あたりのスーパーでも手に入るようになってきた。早速買ってきた。

そして定番のサバ缶で味噌汁を作る。

これは北信地方や新潟あたりで食べられていたみたい。

かつて、上越の居酒屋で、ネマガリダケをそのまま焼いてからむいて、マヨネーズをつけて食べたことがある。何とも初夏の味といったところだ。

 

 

コメント

いよいよ夏か…

2020年06月20日 18時00分35秒 | 日々雑感

今年も暑くなってきた。朝起きて窓を開けると、夏の匂いのする空気が入ってくる。

今日は窓辺にすだれをかけてみた。

涼やかな演出をすることで、少しでも涼やかに過ごせるようにしたいものだ。

 

明日は夏至だ。

 

コメント

福井県坂井市三國湊町界隈

2020年06月14日 19時02分14秒 | 家並み

福井県坂井市三國を訪ねたのは去年の夏。民謡《三国節》の里を訪ねたかったからだ。

九頭竜川河口に位置する坂井市三国町の中心地、三國湊町は歴史がある町で、足羽川水運による物流の拠点でもあったという。

特に、北前船が出入りしたといい、物流の一大集積地として賑わい、船を所有する廻船問屋、商店等が軒を並べ、町は大きく発展した。

格子戸が連なる町家、豪商の面影が残る歴史的建造物など、情緒ある町並みが残されている。

当地の古社、三國神社も歴史のある神社。

勇壮な三国祭など見に来てみたい。

 

コメント

富山県滑川市瀬羽町あたり

2020年06月10日 18時12分23秒 | 家並み

富山県滑川市は海辺の町。ホタルイカ漁でも知られている。自分としては民謡《新川古代神》の町だ!というイメージ。3月に富山をふらついたとき、ふっと滑川市の北陸街道沿いを通りかかったところ、ノスタルジックな通りにさしかかった。

 宿場町として賑わったという瀬羽(せわ)町だ。

旧酒蔵の建物らしきところも通りかかった。

ここは国登録有形文化財でもある旧土肥家住宅。現在では、地域文化の研究、町並み保存活動の拠点となっているという。古き町屋の雰囲気がいい。

 

この日は、さっと通り過ぎただけだったが、あらためてじっくりと歩いてみたい場所だ。

 

コメント

郡上おどり・白鳥おどり中止

2020年05月28日 19時15分26秒 | おまつり

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各地のお祭り、イベント、そして伝統的な祭礼が中止となっている。毎年、楽しみに出かけていた岐阜の郡上おどり、そして白鳥おどりが中止となった。

郡上おどりは水の町、郡上八幡で踊られる。町の雰囲気もいいね。

去年は《げんげんばらばら》で踊り免許状をいただいたっけな。

 

白鳥おどりも楽しいおどりだ。

しっとりとした白鳥の町は田舎のふるさとへ帰って来た雰囲気。大好きな町の1つ。

 

残念だがコロナ禍のなか、自粛させられるのはまあやむを得ないか。地元の皆さんはもっと苦悩し、苦渋の決断であったことと想像される。

 

音楽、芸能が不要不急か!?ということも考えるが、命は守らねばならないか。

 

 

コメント