全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

第2次口述試験<プレゼン問題>(2013年度~2021年度)(330題)

2022年10月28日 00時04分10秒 | ●2022年度第2次口述試験対策
第2次口述試験<プレゼン問題>(2013年度~2021年度)(330題)

2013年度~2021年度に出題されたすべての<プレゼン問題>を年度ごと、時間帯別(早い時間から遅い時間の順番)にまとめました。
<プレゼン問題>330題の全体を俯瞰することにより、出題傾向を把握し、受験準備に備えてください。

●2021年度(36題)
(1)犬山城、中秋の名月、国立競技場
(2)里山、七福神、わらびもち
(3)IR(統合型リゾート)、流鏑馬、南部鉄器
(4)酉の市、かっぱ巻き、五島列島
(5)彼岸、高齢者マーク、道後温泉
(6)五稜郭、森林浴、障壁画
(7)デジタル庁、城下町、七夕飾り
(8)三寒四温、出島、能面
(9)根付、鳥居、渋沢栄一
(10)摂関政治、落語、左団扇
(11)鰯雲、熱中症警戒アラート、三保松原
(12)特大荷物スペースつき座席、文明開化、流しそうめん

●2020年度(36題)
(1)春一番、ワーケーション、奥の細道
(2)大政奉還、免許返納、一汁三菜
(3)手締め、レジ袋有料化、駅伝
(4)サブスクリプション、鎖国、お食い初め
(5)小倉百人一首、梅雨、みんなのトイレ(多目的トイレ)
(6)一期一会、熊野古道、ラーメン
(7)新しい生活様式、高野山、入湯税
(8)熊手、黒部ダム、アマビエ
(9)敷金礼金、リモート飲み会、刺身のつま
(10)日本の感染症対策、飴細工、姫路城
(11)風致地区、神輿、除夜の鐘
(12)講談、マイナンバーカード、ゆず湯

●2019年度(36題)
(1)明治維新、おでん、ゴミの分別
(2)万葉集、まんじゅう、ラッシュアワー
(3)桜島、桃の節句、計画運休
(4)風鈴、消費税増税、道の駅
(5)百舌鳥古市古墳群、鯛焼き、メイドカフェ¥
(6)軽井沢、千羽鶴、テレワーク
(7)竿燈まつり、タピオカドリンク、気象警報
(8)金沢、ご当地(B級)グルメ、里山
(9)隠れキリシタン、卵かけご飯、宅配ボックス
(10)天橋立、味噌田楽、カプセルホテル
(11)阿蘇、お好み焼き、アニメやコミックの聖地巡礼
(12)ビアガーデン、分煙、国定公園

●2018年度(36題)
(1)正倉院、集団登下校、働き方改革
(2)鎌倉、無礼講、スクランブル交差点
(3)根回し、除夜の鐘、太陽光発電
(4)日光東照宮、灯籠流し、割り勘
(5)リボ払い、流鏑馬、猫カフェ
(6)元号、盆踊り、路上喫煙
(7)終活、うち水、食品サンプル
(8)琵琶湖、ししおどし、スタジオジブリ
(9)水引、鳥居、お花見
(10)神対応、三が日、グリーン車
(11)杉玉、賽銭箱、もんじゃ焼き
(12)リニアモーターカー、彼岸、知床

●2017年度(36題)
(1)交番、奥入瀬渓流、インスタ映え
(2)たこ焼き、伏見稲荷、待機児童問題
(3)絵馬、燗酒、シルバーウィーク
(4)前方後円墳、夏祭り、テレビ離れ
(5)宮内庁、満員電車、コミックマーケット
(6)神道、回転寿司、潮干狩り
(7)門松、大相撲、ちらし寿司
(8)厳島神社、割烹着、夏目漱石
(9)千羽鶴、ジンギスカン、民泊
(10)お刺身、お歳暮、一富士二鷹三茄子
(11)風呂敷、七草、ドローン
(12)おせち料理、鯉のぼり、桜前線

●2016年度(36題)
(1)盆栽、御朱印、ラムサ-ル条約
(2)下駄、おばんざい料理、日本の免税制度
(3)ひな祭り、日本の世界遺産、江戸城
(4)茶室の役割、厄年、国立西洋美術館
(5)川柳、日本の城の種類、人力車
(6)合気道、神社、日本の家庭
(7)お盆、江戸時代の身分制度、鏡開き
(8)天皇制度、高野山、日本の国立公園
(9)振袖、和紙、グリーンツーリズム
(10)初詣、七夕、文化の日
(11)納豆、七五三、お伊勢参り
(12)漆器、提灯、駅の自動改札

●2015年度(78題)
(1)招き猫、小京都、軍師
(2)札幌雪まつり、恵方巻き、日本の数字の数え方
(3)カプセルホテル、一万円札に描かれた人物、ゴールデンルート
(4)火祭り、お受験、仏像の種類と特徴
(5)のれん、家元制度、渋谷スクランブル交差点
(6)銭湯、書院造、出羽三山
(7)日本の湖、聖徳太子、一年を表す漢字
(8)西国三十三箇所、大奥、流行語大賞
(9)日本で人気のスポーツ、鍋料理、ししおどし
(10)合掌造り、金沢の名産品、坂本龍馬
(11)冬至、けん玉、街コン
(12)日本の城の種類とその特徴、鬼、日本のバレンタインデー
(13)お茶漬け、新撰組、日本の野生動物
(14)漆器、風林火山、田んぼアート
(15)お地蔵さん、立山黒部アルペンルート、徳川家康
(16)千円札に描かれた人物、地下足袋、道の駅
(17)忍者、神楽、日本の蒸気機関車
(18)日本のミュージカル、路面電車、卑弥呼
(19)金閣寺の構造、中山道、日本のアイドル
(20)高山祭、殺陣、東海道五十三次
(21)懐石料理、出雲大社、源氏物語
(22)おでん、日本人のくせ、ナマハゲ
(23)精進料理、棚田、打ち水
(24)風鈴、日本のハロウィン、血液型
(25)お彼岸、優先席、デパ地下
(26)横綱、付き出し、おすすめの日本のおみやげ

●2014年度(18題)
(1)初詣、明治維新、日本アルプス
(2)古墳、風鈴、日本の自然災害
(4)厄年、高野山、日本における最大の木造建築
(5)ハッピーマンデー、黒船、北陸新幹線
(6)福袋、東海道五十三次、草津温泉の特徴と行き方

●2013年度(18題)
(1)旅館、浮世絵、東京が日本の他の地域と異なる点
(2)日本の宗教、温泉に入る時に気をつけること、日本の季節ごと見られる草花
(3)居酒屋、日本の伝統芸能、2011年の東日本大震災の最も被害を受けた地域とその現状について
(4)侍、日本で年末年始に行われること、日本でお勧めのスキ―場
(5)富士山、絵馬、19世紀の日本に起こった大きな変化について
(6)新幹線、江戸、東北の魅力的なスポット

                                以上

第2次口述試験対策<2次セミナー>(第2講)(その2)<音声ファイル>公開のご紹介

2022年10月24日 09時37分56秒 | ●2022年度<2次セミナー>
第2次口述試験対策<2次セミナー>(第2講)(その2)<音声ファイル>公開

この度、第2次口述試験対策<2次セミナー>(第2講)の<音声ファイル>をアップロードしましたので、<資料>を印刷の上お聴きください。(もちろん、無料です!)

●第2次口述試験対策<2次セミナー>(第2講)(その2)<音声ファイル>(YouTube版)(約2時間15分の長尺です)
https://youtu.be/mAKjSUQTcuk

●第2次口述試験対策<2次セミナー>(第2講)(その2)<音声ファイル>(mp3版)(約2時間15分の長尺です)
http://www.hello.ac/2022.2ji.2.2.onsei.mp3

・スマホにダウンロードしていただければ、ネット環境になくても、いつでもどこでも聴くことができます。

●第2次口述試験対策<2次セミナー>)(第2講)(その1/その2共通)<資料>(キレイに印刷できます)
http://www.hello.ac/2022.2ji.2.pdf

・内容が良ければ、高評価(いいね!)および登録をお願いします。

●ご自分で印刷できない方は、<ハローカラー印刷サービス>をご利用ください。
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/ebb0fe30d2134dc5ce0c238d02856180

●もし、よろしければ、皆さんのご意見、ご感想、ご希望を是非お聞かせください。→info@hello.ac

以上

第2次口述試験対策<2次セミナー>(第2講)(その1)<音声ファイル>公開のご紹介

2022年10月23日 20時05分53秒 | ●2022年度<2次セミナー>
第2次口述試験対策<2次セミナー>(第2講)(その1)<音声ファイル>公開

この度、第2次口述試験対策<2次セミナー>(第2講)(その1)の<音声ファイル>をアップロードしましたので、<資料>を印刷の上お聴きください。(もちろん、無料です!)

●第2次口述試験対策<2次セミナー>(第2講)<音声ファイル>(YouTube版)(約2時間55分の長尺です)

●第2次口述試験対策<2次セミナー>(第2講)<音声ファイル>(mp3版)(約2時間55分の長尺です)
http://www.hello.ac/2022.2ji.2.onsei.mp3

・スマホにダウンロードしていただければ、ネット環境になくても、いつでもどこでも聴くことができます。

●第2次口述試験対策<2次セミナー>(第2講)(その1/その2共通)<資料>(キレイに印刷できます)
http://www.hello.ac/2022.2ji.2.pdf

・内容が良ければ、高評価(いいね!)および登録をお願いします。

●ご自分で印刷できない方は、<ハローカラー印刷サービス>をご利用ください。
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/ebb0fe30d2134dc5ce0c238d02856180

●もし、よろしければ、皆さんのご意見、ご感想、ご希望を是非お聞かせください。→info@hello.ac

以上

第2次口述試験対策<2次セミナー>(第1講)<音声ファイル>公開のご紹介

2022年10月23日 12時15分56秒 | ●2022年度<2次セミナー>
第2次口述試験対策<2次セミナー>(第1講)<音声ファイル>公開のご紹介

この度、第2次口述試験対策<2次セミナー>(第1講)の<音声ファイル>をアップロードしましたので、<資料>を印刷の上お聴きください。(もちろん、無料です!)

●第2次口述試験対策<2次セミナー>(第1講)<音声ファイル>(YouTube版)(約3時間3分の長尺です)
https://youtu.be/lL9cmxsidDE

●第2次口述試験対策<2次セミナー>(第1講)<音声ファイル>(mp3版)(約3時間3分の長尺です)
http://www.hello.ac/2022.2ji.1.onsei.mp3

・スマホにダウンロードしていただければ、ネット環境になくても、いつでもどこでも聴くことができます。

●第2次口述試験対策<2次セミナー>(第1講)<資料>(キレイに印刷できます)
http://www.hello.ac/2022.2ji.1.pdf

・内容が良ければ、高評価(いいね!)および登録をお願いします。

●ご自分で印刷できない方は、<ハローカラー印刷サービス>をご利用ください。
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/ebb0fe30d2134dc5ce0c238d02856180

●もし、よろしければ、皆さんのご意見、ご感想、ご希望を是非お聞かせください。→info@hello.ac

以上

「通訳ガイドと行く 日本世界遺産と歴史の旅」プレゼントのお知らせ

2022年10月21日 14時41分08秒 | ●プレゼント
「通訳ガイドと行く 日本世界遺産と歴史の旅」プレゼントのお知らせ

ハロー通訳アカデミーのメルマガの読者で、2016年度にスペイン語、2017年度に英語、2021年度にドイツ語の全国通訳案内士試験にそれぞれ合格(三冠王)し、下記の著作でも有名な武村陽子さんが、この度、「通訳ガイドと行く 日本世界遺産と歴史の旅」(アメージング出版)を出版されました。

武村さんのご好意により、3名の方に本書をプレゼントしてくださるとのことですので、ご希望の方は、下記によりご応募ください。(申込み期限:2022年10月23日(日曜日)20:00)
応募者多数の場合は、抽選で3名の方にプレゼントさせていただきますので予めご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「通訳ガイドと行く 日本世界遺産と歴史の旅」はじめに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆様、この度は「通訳ガイドと行く 日本世界遺産と歴史の旅」を手に取っていただきありがとうございます。
これから本書で、外国人を案内するつもりになって2週間ほどの日本国内の旅に出かけましょう。
コースはいわゆる「ゴールデンルート」と呼ばれている、初めて日本を訪れる外国人に人気のルートです。
関西空港でお客様をお出迎えして、まずは大阪城をはじめとする大阪見物、それから奈良へと行き、京都には長めに滞在します。姫路城や広島の原爆ドーム、宮島の厳島神社も訪れます。
その後、京都からサンダーバードに乗って金沢まで行き、金沢、白川郷、高山などを訪れます。
それから名古屋から、今度は新幹線で小田原まで行き、箱根観光の後、最後に東京へ行きます。東京からは日帰りで日光にも行きます。東京ではフリータイムの日もあるので、鎌倉に行ってみるのもいいでしょう。最後に羽田空港から出国します。

本書は、通訳ガイドとしての経験をもとにしたエッセー形式の案内ですので、観光だけでなくホテルやレストランに到着時の案内や、温泉の話、パスや列車での移動の時の話なども載せています。また、観光の聞に、関連する歴史の話も差し込みました。
日本人であれば、「平安時代」「江戸時代」と言われれば、いつ頃のことかはわかりますが、外国人にはあまりなじみがないので、〇〇世紀、または西暦の年号を基本的に使って、できるだけ外国語にも訳しやすいように書きました。

タイトルにもなっている日本の世界遺産ですが、日本には20件の文化遺産と5件の自然遺産があり、本書では10の文化遺産を紹介しています。

本書は主に、これから通訳案内士の資格を取る方、通訳案内士の資格はあるがこれからデビューする方、またはデビューしたばかりの方、外国人を案内してみたい人と、ただ単に旅行を楽しみたい人に書かれています。

まずは一度、このツアlに参加してみてください。外国人になったつもりで、客観的に「日本見物」をしてみるのもいいと思います。そして必要なところをピックアップしたり、ご自身で調べたところを足して外国語に訳してみても良いでしょう。

そして、本書をお読みになった後は、ぜひその地を訪れて旅行を楽しんでください。
本書が皆様の案内やご旅行に少しでもお役に立てるのなら、著者としてこの上ない喜びです。
2022年4月

本書で紹介する日本の世界遺産(は今回訪問、は紹介のみ)
百舌鳥・古市古墳群(2019年) 
法隆寺地域の仏教建造物(1993年)
古都奈良の文化財(1998年)交古都京都の文化財(1994年)
姫路城(1993年)女原爆ド!ム(1996午)
厳島神社(1996年)女白川郷・五箇山の合掌造り集落(1995年)(訪問は白川郷のみ)
富士山ー信仰の対象と芸術の源泉(2013年)交日光の社寺(1999年)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
武村陽子さん著作集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・通訳ガイドと行く 日本世界遺産と歴史の旅(アメージング出版)
・プロの添乗員と行くスペイン世界遺産と歴史の旅
・プロの添乗員と行く 中欧世界遺産と歴史の旅
・プロの添乗員と行く イタリア世界遺産と歴史の旅
・プロの添乗員と行く クロアチア・スロベニア世界遺産と歴史の旅
・プロの添乗員と行く フランス世界遺産と歴史の旅
・プロの添乗員と行く スペイン世界遺産と歴史の旅 改訂版
・プロの添乗員と行く スペイン世界遺産と歴史の旅 増補改訂版
・歴史を旅するイタリアの世界遺産
・ドイツ世界遺産と歴史の旅 プロの添乗員と行く
・イタリア世界遺産と歴史の旅―プロの添乗員と行く
・プロの添乗員が案内する フリータイムのヨーロッパ
・プロの添乗員と行く ドイツ 世界遺産と歴史の旅 改訂版
・プロの添乗員と行くオランダ ベルギー ルクセンブルク世界遺産と歴史の旅

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「通訳ガイドと行く 日本世界遺産と歴史の旅」
プレゼント応募要領

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「通訳ガイドと行く 日本世界遺産と歴史の旅」のプレゼントご希望の方は、下記をコピペの上、メールにてご応募ください。
4名以上のご応募があった場合は、抽選で3名の方にプレゼントさせていただきますので、予めご了承ください。

●件名:「通訳ガイドと行く 日本世界遺産と歴史の旅」希望
●宛先:info@hello.ac
●申込み期限:2022年10月23日(日曜日)20:00

       記

●氏名:
●住所:
●電話番号:
●資格の有無:(   )年度全国通訳案内士試験合格(   語)
●受験予定:(   )年度全国通訳案内士試験受験予定(   語)
●職業(任意):
●応募の理由:
●ハロー通訳アカデミーに対するご意見、ご感想、ご希望



以上

プレゼンテーションが怖くなくなる縦横無尽の「北川式パターン対処法」

2022年10月20日 22時23分54秒 | ●2022年度第2次口述試験対策
プレゼンテーションが怖くなくなる縦横無尽の「北川式パターン対処法」

「北川式パターン対処法」は、下記の資料を印刷して動画をご覧ください。

●2016年度<第2次口述試験対策特別セミナー>(2)(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=5eXka3HOPlI

→時間は、41:20からご覧ください。

●2016年度<第2次口述試験対策特別セミナー>(2)の資料
http://hello.ac/2016.11.20.pdf

以上



2022年度<2次セミナー>(第2講)(決定版)公開!

2022年10月20日 03時38分59秒 | ●2022年度<2次セミナー>
2022年度<2次セミナー>(第2講)(決定版)公開!

●2022年度<2次セミナー>(第2講)(決定版)
(キレイに印刷できます!)
http://www.hello.ac/2022.2ji.2.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<2次セミナー>(第2講)の内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】 2021年度第2次口述試験問題の解説
【2】 2020年度第2次口述試験問題の解説
【3】 2019年度第2次口述試験問題の解説

<音声ファイル>(Youtube)は、追って公開する予定です。

●2022年度<2次セミナー>(第1講)(決定版)についてのご感想をお聞かせいただけると嬉しいです!→info@hello.ac

以上

2021年度第2次口述試験に「英語で紹介する日本事典」から出題された<プレゼン問題><外国語訳問題>14題

2022年10月17日 00時33分00秒 | ●第2次口述試験の出典(種本)のご紹介
全国通訳案内士試験 第2次口述試験対策
2021年度第2次口述試験に「英語で紹介する日本事典」(ナツメ社)から出題された<プレゼン問題><外国語訳問題>14題

<プレゼン問題><外国語訳問題>14題(キレイに印刷できます)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 (1)中秋の名月【10:00~11:00】(その1)<プレゼン>(日本事典 P.144)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
旧暦の8月15日、現在の暦で9月中旬~下旬の満月の夜を「十五夜」、その日に出る月を「中秋の名月」といいます。お月見は、ケイトウの花や月餅を供えて中秋の月を観賞する中国の唐代からの慣習にならい、日本独自の様式を整えた行事です。里芋などの畑の収穫を祝う祭りだともいわれ、「芋名月」ともいわれます。月の見える縁側にスキを飾り、里芋、月見団子、酒、柿、栗、枝豆などを供え、月を眺めて秋の実りに感謝します。
 
The night of the full moon is called jugoya - August 15th on the old calendar or mid-September in today's calendar - and the moon that rises that day is called chushu no meigetsu (the harvest moon). Otsukimi is an event which has added various unique Japanese styles to a custom that began during the Tang Dynasty in China where they made an offering of a cockscomb flower and Chinese moon cakes (geppei) as they admired the harvest moon. It is also said to be a festival to celebrate the harvest of the field, such as taro roots, and thus is also called imomeigetsu (potato harvest moon). People give thanks for the autumn harvest as they admire the moon, and decorate the porch - in a place where the moon can be seen - with Japanese pampas grass. Then they make offerings of taro, tsukimi dango (moon viewing dumplings),sake, persimmons, chestnuts, or edamame (green soybeans) so that they can show gratitude to autumn harvests.
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 (2)居酒屋【10:00~11:00】(その1)<外国語訳問題>(日本事典 P.93)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 (出題実績:2013年度【13:00~14:00】<プレゼン>)

かつては、入り口にある赤い提灯から「赤提灯」などと呼ばれました。日本酒やビール、焼酎、焼き鳥などの大衆的なつまみがメニューです。江戸時代に、酒の量り売りをしていた店がその場で酒を飲ませたのが始まりといわれます。チェーン展開が増えた今は職場の歓送迎会や学生コンパなどに利用されています。

In the past, Izakaya used to be called akachochin(a red lantern) as there was a red lantern hung at the entrance of every izakaya. The menu items at izakaya include Nihonshu (Japanese alcoholic beverages), beer, shochu, and popular sakana (food as anaccompaniment to alcohol), such as yakltori (grilled skewers of chicken and chicken parts). It is said that the origin of izakaya can be traced back to the Edo Period (1603~1867) when the liquor shop selling sake by measure let the customers drink sake on the spot. There are many izakaya chains nationwide, and izakaya are extensively used for such occasions as company welcome or farewell parties and student get-togethers.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)七福神【10:00~11:00】(その2)<プレゼン>(日本事典 P.201)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
恵比寿(えびす)、大黒天(だいこくてん)、弁財天(べんざいてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、布袋(ほてい)、福禄寿(ふくろくじゅ)、寿老人(じゅろうにん)を七福神といいます。ヒンドユー教、仏教、道教、神道、土着信仰が融合して作られた神仏習合の神々で、福をもたらすとされます。たとえば、恵比須は漁業と商売繁盛の神、大黒天は豊穣を担う神、弁財天は学問・芸能・美をつかさどる女神、毘沙門天は勝負事の神、などのいわれがあります。日本には全国に七福神をまつる寺社があり、現代でも新年に7体の神様を順繰りにお参りする七福神詣の習わしが盛んです。

Ebisu, the god of fishe1y and merchants, Daikokuten, the god of wealth, commerce and trade, Benzaiten, the goddess of knowledge,art and beauty, Bishamonten, the god of warriors, Hotei, the god of abundance and good health, Fukurokuju, the god of happiness, wealth and longevity, Jurojin, the god of wisdom, are all together called the shichifukujin, the “seven deities of good fortune." As elements of Hinduism, Buddhism, Shinto, and native beliefs merged to create a syncretistic fusion of religion in Japan, they are the gods believed to bring good fortune. For example, Ebisu is the god of fishery and merchants, Daikokuten is the god of wealth, Benzaiten is the goddess of knowledge, art and beauty, and Bishamonten is the god of competition.
In Japan there are temples and shrines that enshrine the shichifukujin nationwide, and the custom of shichifukujin-mode, where people pay a visit to the seven gods one after the other around the time of the New Year, is popular to this day.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4)流鏑馬【11:00~12:00】(その1)<プレゼン>(日本事典 P.239)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(出題実績:2018年度【13:00~14:00】<プレゼン>)

流鏑馬は、射手(いて)が疾走する馬の上から連続で3つの的を目掛けて弓矢を引き放つ勇ましい行事です。馬を走らせる区間を馬場(うまば)といい、約220mが正式とされます。的は50~60cmほどの四角い板で、馬の進行方向の左側に一定間隔を置いて3つの的が立てられています。流鏑馬は平安時代に始まり、鎌倉時代から兵士の軍事訓練として盛んに行われるようになりました。現代では、流鏑馬は全国の神社などの神事として催されます。

Yabusame is a courageous event where an archer on horseback aims at three targets lined in a row by shooting the bow and arrow from a horse running at full speed. The section within which the horse runs is called umaba(riding ground), and 220 m is said to be the proper length. The target is a square board of about 50 - 60 cm and three of these targets are placed at fixed intervals on the left hand side of the horse's direction of movement. Yabusame began in the Heian Period (794 - 1185), and it became popular as soldier's military drills during the Kamakura Period (1185 - 1333). Today, yabusame takes place at Shinto shrines nationwide as a Shinto ritual.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(5)温泉【11:00~12:00】(その1)<外国語訳問題>(日本事典 P.36)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(出題実績:2013年度【15:30~16:30】<通訳問題>)
(出題実績:2018年度【15:30~16:30】<外国語訳問題>)

日本には温泉施設が多くあり、温泉旅行は日本人に人気の高いレジャーとなっています。温泉にはイオンやミネラルなどが含まれています。それらは、 けがや病気にきくといわれています。温泉による治療法は「湯治(とうじ)」と呼ばれ、古くから行われてきました。現在では東京都心に温泉施設が増え、テーマパークとして人気を集めています。

There are a lot of hot spring facilities in Japan and hot spring tours are very popular leisure activities. Hot springs contain ions and minerals and these are believed to act on injuries or diseases. Spa therapy has been practiced since the ancient times, which is called toji. Nowadays, there are an increasing number of hot springs facilities even in the middle of the Tokyo Metropolitan district, which have gained popularity as theme parks.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(6)酉の市【11:00~12:00】(その2)<プレゼン>(日本事典 P.146)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
酉の市は、毎年11月の酉の日に各地の鷲(おおとり)(大鳥)神社で催される開運と商売繁盛の祭礼です。古くは「とりのまち」と呼ばれて農耕道具の市でしたが、関東では商人の祭りとなりました。浅草の鷲神社などでは福を掻き集める大熊手、おかめの面、入り船などの縁起物が売られ、たくさんの参詣人が訪れます。

Tori no ichi is a festival held on the Tori no Hi every November at shrines of otori (big bird) across Japan, wishing for good luck and a prosperous business. In the old days it was called “tori no machi,”which was a market for farming tools, but in the Kanto region (the areas around Tokyo) it became a festival for merchants. Many worshippers will visit places like Otori Shrine at Asakusau where various good luck charms such as okumade, a huge rake that is said to gather lots of' good fortune, an okame (a mask of a homely woman), and irifune (an incoming ship).

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(7)彼岸【13:00~14:00】(その1)<プレゼン>(日本事典 P.130)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(出題実績:2015年度【16:30~17:30】<プレゼン>)
(出題実績:2018年度【16:30~17:30】<プレゼン>)


彼岸は死者のいる「あの世」のことで、仏教の理想郷である浄土をも指します。春と秋の彼岸には仏壇に彼岸団子やぽたもち(おはぎ)を供え、家族で墓参りに出かけます。お彼岸の期間は春分の日、秋分の日それぞれを中心とした7日間の年2回あり、春彼岸、秋彼岸と呼びます。

Higαn refers to the “other world" where the deceased belong, and it also points to jodo (pure land), the Utopia of Buddhism. During the higan of spring and autumn, people make an offering of higan dango (skewered dumplings) and botamochi (ohagi), or rice cakes covered with bean jam, to the Buddhist altar. Families also pay visits to graves. The period of higan stretches across seven days with each of the Vernal Equinox Day and Autumnal Equinox Day in the middle. Occurring twice a year, they are called haru-higan (Vernal Equinox) and aki-higan (Autumnal Equinox).

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(8)祇園祭【13:00~14:00】(その2)<外国語訳問題>(日本事典 P.242)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(出題実績:2013年度【14:00~15:00】<通訳問題>)

一般に祇園祭といえば、毎年京都で7月に催される八坂神社の祭りを指ましす。祇園祭は平安時代に疫病が流行した際、怨霊(おんりょう)を鎮めるために行った御霊会(ごりょうえ)という儀式が元とされます。祇菌祭最大の見所は豪華絢爛な山鉾(やまぼこ)です。山鉾は山車(だし)の一種で、台座に神殿を載せて入が引きます。祇園祭は夏祭りの起源ともいわれ、全国の祭りの形式に影響を及ぼしました。

In general, Gion Matsuri refers to the festival at Yasaka Shrine held every July in Kyoto. It is said that Gion Matsuri originates from a ceremony called goryoe held to calm a vengeful ghost when an epidemic prevailed in the Heian Period (794~1185). The biggest highlight of the Gion Matsuri is the absolutely gorgeous yamaboko. Yamaboko is a type of float with a shrine placed on the pedestal, which is pulled by people. Gion Matsuri is also said to be the origin of summer festivals, and it influenced the form of festivals all over Japan.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(9)七夕飾り【14:00~15:00】(その1)<プレゼン>(日本事典 P.139)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(出題実績:2013年度【15:30~16:30】<プレゼン>)

7月7日に行われる星祭を七夕といいます。天帝に恋仲を引き裂かれた天の川の東側のベガ(織女星)と西側のアルタイル(牽牛星)が、年に一度だけ出会えるというロマンティックな中国の伝説が起源になっています。日本では初め朝廷の貴族だけの祭りでしたが、江戸時代から庶民にも定着していきました。6日の夜に色とりどりの短冊に願い事を書き、笹に結び付けると願いがかなうとされています。

The Star Festival of July 7th is called tanabata. It originates from a romantic Chinese legend where two lovers - Vega in the East of the Milky Way (shokujo-sei, Alpha Lyrae) and Atair in the West (kengyu-sei, Alpha Aquilae), who are torn apart by the gods, can reunite once a year. In Japan it was a festival only for the aristocrats of the Imperial Court but took root among common people during the Edo Period (1603~1867). It is said that one's wish will come true by writing it on an oblong strip of paper (which comes in many colors) and tying it to bamboo grass on the night of July 6th.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(10)三寒四温【14:00~15:00】(その2)<プレゼン>(日本事典 P.43)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三寒四温とは、冬の終わりから春にかけての温度変化についての言葉です。3日寒い日が続けば4日は暖かい日が続くという意味です。この繰り返しで徐々に春になっていきます。気象学的にいえば、春が近づくとシベリア付近で発達した寒気団の勢いが弱くなるため、寒援を断続的に繰り返し、次第に移動性の高気圧に取って代わられ春になることです。

Sankan-shion is the term that describes changing temperature from the end of winter to the beginning of spring. It means that three cold days lead to four warmer days, and the repetition of the cycle gradually brings spring. Meteorologically speaking, the cold-air system from Siberia weakens as spring approaches, and, as a result, the cycle of cold days and warm days is repeated intermittently. Then, migratory anticyclones gradually become dominant, bringing the season of spring.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(11)鳥居【15:45~16:45】(その1)<プレゼン>(日本事典 P.191)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(出題実績:2016年度【11:00~12:00】<通訳問題>)
(出題実績:2018年度【15:30~16:30】<プレゼン>)


鳥居は神社の参道または境内の入り口に立ち、神域と裕界の境界を表しています。鳥居の起源にはさまざまな説があり、古代の神話を記した「古事記」では「鳥が止まった木」 を鳥居の起源としていますし、「トラナ」と呼ばれるインド仏教やヒンドゥー教の寺院の門が日本に伝来して鳥居となった説、また「通り入る」の言葉が縮まり「とりい」と呼ぶようになった説もあります。

Torii stands at the entrance path to a Shinto shrine or at the entrance of the shrine grounds. It represents the borderline between the holy grounds and the secular world. There are various theories about the origin of the torii; according to the Kojiki, a book of ancient mythologies, the origin of the torii comes from “the tree upon which a bird rested,” while another theory claims that the gate of the temples of Indian Buddhism and Hindu temples called torana was introduced to Japan and became torii. Yet another theory suggests that the word for passing through, tori-iru, became shortened to torii.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(12)年越しそば【15:45~16:45】(その1)<外国語訳問題>(日本事典 P.148)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(出題実績:2016年度【10:00~11:00】<通訳問題>)

大晦日はその年の最後の日、12月31日です。大晦日の夜には家族そろって年越し蕎麦を食べる風習があります。江戸時代の金細工師(きんざいくし)が仕事納めに蕎麦団子で床を掃除して金くずを拾い集めたことから金運を招く、また蕎麦のように寿命が長く延びると考えられたため、年越し蕎麦を食べることが定着しました。深夜12時近くになると108の煩悩を一つひとつ浄化する除夜の鐘が鳴り響きますが、蕎麦は鐘がつき終わるまでに食べ終えねばなりません。

Omisokα is the last day of the Year, December 31st, there is a custom to eat toshikoshi soba (New Year's buckwheat noodles) with the family on New Year's Eve. This custom took root in Japan with the belief that it will bring good luck with money, since a goldsmith in the Edo Period (1603~1867) collected gold dust as he was cleaning the floor with soba dumplings at the end of the year, as well as because of the belief that one's life will be prolonged like the long, thin soba noodles. As midnight approaches,the joya bells (bells ringing out the old year) will be heard 108 times to purify each bonno (worldly passion), and the soba must be finished before the last bell is struck.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(13)落語【15:45~16:45】(その2)<プレゼン>(日本事典 P.219)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
落語は江戸の町人文化から生まれた話芸で、江戸落語と上方落語があります。滑稽話、人情話、怪談など語られる世界はさまざまです。
話の最後に、なるほどと思わせる「落ち」がつくのが特徴です。落語の芸人を正式には噺家(はなしか)といい、寄席と呼ばれる演芸場で着物姿で高座姿に座り、扇子と手ぬぐいを小道具にいろいろなものに見立て、何役をも演じ分けつつ、語りと間と所作で開き手を笑いに引き込みます。

Rakugo is an art of narrative that was born from the culture of the Edo Period (1603~1867) townspeople and there are two types, Edo-rakugo and Kamigata-rakugo. There are many worlds that are talked about, such as kokkei-banashi (comical stories), ninjo-banashi(stories about worm human relationships) and kaidan (ghost stories).
It is characteristic of rakugo to have an ochi, a punch line, at the end of a story to make people think “I see!” The artist of rakugo is formally called hanashika, and they draw listeners into laugher through storytelling, pausing, pantomime by using various tools such as sensu (folding fan) and tenugui (handkerchief), playing many different roles as they sit on stage wearing kimono in a performance theater called yose.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(14)流しそうめん【16:45~17:45】(その2)<プレゼン>(日本事典 P.68)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小麦粉を原料にした極細のめんです。主に乾めんとして流通していて、ゆでた後に冷水にさらして水を切り、だしの利いたつゆにつけて食べるのが一般的です。つるっとしていてのど越しがよいため、食欲がない夏場に好まれます。長い竹を2つに割ったものに水と一緒にそうめんを流しながら食べる方法を「流しそうめん」といい、夏の風物詩です。

 Somen are very thin noodles made of wheat flour. Somen is usually sold in stores as dried noodles. The usual method of cooking and eating Somen is to boil them in hot water, wash and soak in cold water, drain off the water, and then dipping them in a well-seasoned sauce. People like to eat somen especially during the summertime when they lose their appetite due to summer fatigue as it is slippery and goes down smoothly and easily. There is another method of eating somen, called nagashi-somen (flowing somen), which is one of the summer traditions. Here, somen is put in water flowing along a long gutter, which is made by splitting bamboo in half, and you catch and eat the noodles.

以上



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2次口述試験の有名な4冊の出典(種本)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近年の第2次口述試験の問題(外国語訳、プレゼン)には、主に有力な3冊の出典(種本)があり、それらの本から繰り返し出題されているという事実があります。受験者としては、事前に有力な出典(種本)を勉強しておくことは、受験対策上、極めて有利なことです。

【1】「英語で紹介する日本事典」(ナツメ社)の出典ページと目次
http://www.hello.ac/nihonjiten.pdf

・2021年度は、上記です。
・2016年度【11:00~12:00】(通訳問題)鳥居(歴史・伝統文化)(P.191)
・2018年度【13:00~14:00】(外国語訳)ラーメン(食事・料理)(P.69)
・2019年度
【13:00~14:00】(外国語訳)桜前線(自然・地理)(P.44)、
【14:00~15:00】(外国語訳)寿司(B)(食事・料理)(P.62)
【14:00~15:00】(外国語訳)おせち料理(年中行事・社会生活)(P.124)
【15:30~16:30】(外国語訳)花火(年中行事・社会生活)(P.143)

・現在、絶版にて入手できません。(残念!)

【2】「英語で説明する日本の文化」(語研)の出典ページと目次
http://www.hello.ac/nihonnobunka.pdf

・2018年度【15:30~16:30】外国語訳(温泉)(P.238)
・2018年度【10:00~11:00】外国語訳(相撲)(P.75)
・amazon で購入可能です。

【3】「観光名所100選」(語研)の出典ページと目次
http://www.hello.ac/meisho.100sen.pdf

・2018年度【10:00~11:00】外国語訳(金閣寺)(P.7)
・2018年度【16:30~17:30】外国語訳(浅草)(P.6)
・amazon で購入可能です。

【4】「日本的事象英文説明300選」
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/22745077fd15ce67b29ed036cd427567

●第2次口述試験の有名な3冊の出典(種本)は、下記をご覧ください。
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/d40559fb8ff39d2646f5164573e02329

以上

英語講師募集のお知らせ

2022年10月11日 11時12分46秒 | ●人事募集
英語講師募集のお知らせ

これまでに、メルマガ、本ブログを通じて、ユニタス外語学院では数十名の方が英語講師としてご活躍中です。
下記のご案内をご覧になり、ご興味のある方は、直接ご応募ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いつも植山先生のメルマガ・ブログにて講師募集のお知らせをさせて頂いておりますユニタス外語学院帝京校の甲斐と申します。
私たちは帝京大学グループの語学学校として帝京大学八王子キャンパス内に事務所を構え、アドミニストレーションスタッフ約10名・英検1級レベルの日本人講師約60名・英語ネイティブスタッフ約20名のほか、フランス語・ロシア語・スペイン語ネイティブチューターを含む約90名が一緒に働いています。
大学本科の授業への講師派遣・キャリアサポートとしての課外講座・帝京大学の国際化の象徴としての語学学習施設Teikyo Language Commons(Telaco)の運営のほか、中高・幼稚園等への講師派遣、教育委員会の各種プログラムの実施等、語学教育に関する多様な業務を行っています。
教授力が高く、語学教育に熱意があり、誠実で学生思いの大学授業を担当する先生を求めております。ご興味を頂けましたら、ぜひ下記内容をご覧ください。

ユニタス外語学院
甲斐 美千代

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2023年度の講師追加募集の内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~こんな方を募集します~
英語を教えることが好きで、仕事への熱意と学生への愛情と、社会人としての礼節をお持ちの方。すでに各種大学・専門学校・中高にて非常勤等で教えておられる先生で授業数を増やしたい方、塾や語学学校で経験を積み次のステップとして大学で教えたい方、以前に英語教授のお仕事をされていて子育て等のブランクから復帰したい方など、週1日2コマから週5日勤務まで、様々な時間数・曜日数の勤務が可能です。
●今回の募集数は、約30~50コマ分です。

━━━━━━━━━
<募集概要>
━━━━━━━━━
①英語講師
・大学本科(1授業90分):春期・秋期各15回(一部オンライン授業含む)、試験問題作成、採点、成績評価を担当
 ※2023年度授業開始 4月5日ごろの予定(学事日程未確定のため)

●雇用形態:ユニタス外語学院 非常勤講師
(1年の有期契約・更新の可能性あり・期間の上限縛りなし)

●勤務地
(A)帝京大学八王子キャンパス
交通:京王線各線 聖蹟桜ヶ丘駅・高幡不動駅・多摩センター駅から大学構内行き直行バス約15分、多摩モノレール線 大塚帝京大学駅から徒歩約14分
(B)帝京平成大学池袋キャンパス
交通:各線 池袋駅より徒歩約10分

(C)帝京平成大学中野キャンパス
交通:各線中野駅より徒歩約8分

※採用初年度の勤務地は(A)のみとなります。

●授業時間
帝京大学八王子キャンパス
1限  9:00-10:30  
2限 10:45-12:15  
3限 13:00-14:30
4限 14:45-16:15  
5限 16:30-18:00

帝京平成大学
1限  9:00-10:30  
2限 10:40-12:10   
3限 13:00-14:30
4限 14:40-16:10   
5限 16:20-17:50
6限 18:00-19:30

●雇用条件
・有期契約 初年度契約期間2023年4月1日~2024年3月31日
・更新の可能性:有 (定年65歳)70歳まで継続採用の可能性あり。
・時給3400円(教授時間のみ/90分1授業あたり5100円)
・交通費:1出講日あたり1500円を上限とした実費(合理的通勤経路の最安ルート・IC料

金の支給)
・期末試験作成4800円(1種類あたり)
・試験採点3000円(1クラスあたり)
・成績評価3000円(1クラスあたり)は別途お支払い

●応募条件
下記の3つの条件をすべて満たす方
・大卒以上
・学校での英語指導経験2年以上またはこれに相当する教授経験
・通訳案内士 /英検一級 / TOEIC900点/TOEFL PBT600・CBT250・iBT100以上のうちいずれかを有すること(該当しない場合もご相談ください)

●応募方法
・履歴書(写真添付)および職務経歴書を下記アドレスにE-mailでお送りください。
・履歴書にはE-mailアドレスおよび日中ご連絡の取れる携帯電話番号をご記載ください。
・書類選考合格者のみ履歴書到着後3営業日以内にメールにてご連絡します。
(年末年始を挟む場合は、ご応募へのご連絡はすべて1月5日以降となります)

●応募締切:Ⅰ期 2022年11月30日(水)

●応募先:
・E-mailアドレス unitas@main.teikyo-u.ac.jp
・ご応募及びお問い合わせの際は、件名に必ず『英語講師募集の件』とご記載ください。

●面接審査
・質問票の記入・英語での自己紹介と簡単な会話力確認の質疑応答
・20分の文法模擬授業による教授スキルの確認 ・日本語面接 (所要時間合計約1時間)

●面接場所
・帝京大学八王子キャンパス内 9号館3階 ユニタス外語学院事務所
・TEL:042-678-3691 FAX:042-678-3692

●採用責任者:甲斐 美千代

●お問合せ
本求人につきましてご質問等ございましたら、上記電話番号にお電話をいただくか、E-mailでお問い合わせください。
ご応募お待ちしております。

以上