全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

2022年度<1次レポート>(100)(英語)

2022年10月02日 13時30分34秒 | ●2022年度<1次レポート>
2022年度<1次レポート>(100)(英語)
(受験科目:実務)

●英語(メルマガ読者、無料動画利用者、無料教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

(1)受験の動機
数年後にUターンを考えております。
故郷の役に立てるような仕事をしたいと思い、受験しました。

受験の感想
今回の試験は、選択肢の部分において過去の傾向と少し違っていたと思います。
過去の試験では、正解の選択肢を1つ選べば良いというものがほとんどだったので、正解の選択肢に早く辿り着ければ、あとの選択肢は読むことなく、次の設問に取りかかることができました。
ところが今回は、正解の選択肢2つの組み合わせを選ぶ、または全ての選択肢を読んでみて、正解の組み合わせが1つのみか2つあるのか選ぶ(問15)となっており、1つの設問に予想以上に時間がかかってしまいました。
20分であの量の長文を読み、正解を選ぶのは、私には難しかったです。

(2)第1次筆記試験
外国語(英語)(免除)
<日本地理>(免除)
<日本歴史>(免除)
<一般常識>(免除)

<通訳案内の実務>(自己採点:47点)
本格的な試験対策は、2ヶ月ほど前から始めました。
過去問の傾向から、研修テキストで試験に出そうな重要な部分を読み、分野ごとにノートにまとめました。自分にとってごちゃごちゃになりそうな分野(宗教と食事制限など)は表にしてまとめました。
家族が分野ごとに1問1答の予想問題を作ってくれたので、それを解きました。間違えた部分はもう一度研修テキストを読み直し、ノートに書き加えました。
ハローの傾向と対策(決定版資料)を読み、漏れがないようにしました。
8月に入ってからは、過去問、市販のテキスト(全国通訳案内士試験 直前対策問題集:語研)の実践問題を、きちんと20分時間を計って解きました。マークシートも横長の楕円のものを準備し、試験本番に近い状態で練習しました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.jitumu.pdf

<観光庁研修テキスト>
http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

(3)ハローのメルマガ、動画、教材、<傾向と対策シリーズ>などで役に立ったこと
ハローのメルマガはいつもチェックしています。試験勉強で、本当にこのやり方で大丈夫なんだろうかと迷った時は、合格体験記や1次・2次レポートを参考にさせていただき、この方法良いなと思ったものはすぐに取り入れるようにしています。資料や教材はプリントアウトして、いつでも手に取れるところに置いておき、疑問に思った時はすぐにチェックするようにしています。

(5)第2次試験に向けての<決意表明>
私は英語を話すのが苦手なので、毎日の音読・シャドーイングを欠かさないようにしたいです。通訳問題が苦手なので、日本語の音声を聞いてメモを取り、英訳する練習を中心に、プレゼンはハローで紹介していただいた「北川式パターン対処法」を利用させていただいて、準備を進めていきたいと思います。

(6)ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
ハローが提供してくださる、2次口述試験の過去問は完璧に再現されており、本当にありがたいです。その上、シチュエーションの回答例や対応法も解説してくださっていて(2021年度版2次セミナー)、2022年度版も心待ちにしております。

●2021年度第2次口述試験問題の再現(詳細)(たたき台)

以上

2022年度<1次レポート>(99)(英語)

2022年10月02日 13時24分21秒 | ●2022年度<1次レポート>
2022年度<1次レポート>(99)(英語)
(受験科目:一般常識、実務)

●英語(プレミアムメルマガ会員、メルマガ読者、無料動画利用者、無料教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機
海外の方々に、日本文化を伝えていきたいと思います。

②第1次筆記試験
外国語(英語) 免除
<日本地理> 免除
<日本歴史> 免除

<一般常識>(自己採点:40点)
令和4年の観光白書を3回、令和3年のを1回読み、法令、政策などをメモをとり、熟読しました。また重要伝統的建造物群保存地区、など過去に出ている
ワードに関しては派生して今年登録された箇所を調べるなどして覚えました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/_VgJAKgi78o

<令和4年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2022.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<通訳案内の実務>(自己採点:34点)
研修テキストを3回読み、過去問を3回解きました。
ケアレスミスをして焦りました。直前にもう一度
じっくり読み返すべきだったと反省しました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/DmvJFrxey9o

<観光庁研修テキスト>
http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

③ハローのメルマガ、動画、教材、<傾向と対策シリーズ>などで役に立ったこと
傾向と対策から試験勉強とはこうするものか、と教えていただきました。
なかなか受験科目が多いと手が回らなくて、せっかくアドバイスいただいたことも消化できないこともありましたが、今回は2科目でしたのでじっくり傾向と対策を読み込み、なんとか対応できました。

④第2次試験に向けての<決意表明>
1次試験に何年もかかってしまったので2次は一回で合格できるようにしたいです。今後ともご教示お願いいたします。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
いつも貴重な情報、資料いただきありがとうございます。

以上

2022年度<1次レポート>(98)(英語)

2022年10月02日 13時16分31秒 | ●2022年度<1次レポート>
2022年度<1次レポート>(98)(英語)
(受験科目:一般常識)

●英語(メルマガ読者、無料動画利用者、無料教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機
10年程前に海外で茶道を紹介する機会をいただきました。その時は満足に説明ができず、悔しい思いをしました。そこで、自分の言葉で外国の方に説明ができるようになりたいと思い受験を決意しました。一度に5教科を受験するのではなく、免除権を地道に取得して昨年は一般常識と実務を受験。今年は一般常識のみの受験となりました。茶歴は29年目、まだまだお稽古が足りませんが、同時進行で進めていきたいです。

②第1次筆記試験
<外国語>(英語)免除(英検1級)
<日本地理>免除(国内旅行業務取扱管理者) 
<日本歴史>免除(歴史能力技能検定2級)
<通訳案内の実務>免除(昨年度合格)

<一般常識>(自己採点:38点)
昨年は観光白書の読み込みが足りなかったせいで、問題文が頭に入っていきませんでした。今年度は令和3年度と4年度の観光白書を、傾向と対策と照らし合わせ、わからない言葉は少しづつ調べながら読み込んでいきました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/_VgJAKgi78o

<令和4年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2022.hakusho.kanzen

<令和4年版「観光白書」(要旨版>)
http://hello.ac/2022.hakusho.youshi

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi

③ハローのメルマガ、動画、教材、<傾向と対策シリーズ>などで役に立ったこと
普段の先生のブログの他に、昨年度の合格体験記を読んでいくと、たくさんの学習のヒントが隠されていることに気がつきました。特に、2021年度の(42)さんの合格体験記は一般常識を学習する上でとても参考になりました。ありがとうございました。

●2021年度の(42)さんの合格体験記

④第2次試験に向けての<決意表明>
結果が出ていませんので何とも言えませんが、、、、。もし1次試験を突破出来たらと仮定して、できる限り時間を確保して取り組みたいです。登る山は高いのですが、それをコツコツと地道にやるべく、まずは先生のブログと、ハッピーガイドナビを読み込んで作戦を立てたいと思います。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
このような無料教材を提供してくださり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。毎年大変な作業だと思いますので、どうかお体ご自愛ください。

以上

2022年度<1次レポート>(97)(英語)

2022年10月02日 12時11分43秒 | ●2022年度<1次レポート>
2022年度<1次レポート>(97)(英語)
(受験科目:英語、地理、一般常識)

●英語(メルマガ読者、無料動画利用者、無料教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機
10年前に通訳案内士の方と会う機会があって、彼女の仕事の様子をみて、ただただかっこいい!と思いました。外国人来客の同時通訳、旅程の把握やバスの中での小話、とても素晴らしかったです。私も将来、彼女のようになりたいです。夫の関西転勤や出産、子育て、仕事復帰をしながら、去年は一次試験で敗退しましたが今年は絶対合格したいと思います。

②第1次筆記試験
<日本歴史> 免除
<通訳案内の実務>免除

外国語(英語)(自己採点:75点)
去年の試験を経て、英語力の底上げを図りました。
ハローの教本A、Bを繰り返し行いました。
1日一回は英文を読む努力をしました。「英語完全対策」も活用。
フラッシュカードを隙間時間で利用。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<無料動画学習コーナー>(教本A、B
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<無料音声学習コーナー>教本A、B
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/6e31df702f013d8b758d47dcb48ec919

<英語力診断テスト>
http://www.hello.ac/guide/clinic/index.php

「日本的事象英文説明300選」(本+CD)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>(自己採点:73点) 
マラソンセミナーの郷先生の講義を聴きながら、白地図に書き込む作業を何度もしました。新しい情報は、「旅にでたくなる地図」やインターネットで調べて勉強しました。テレビ番組のブラタモリや旅行番組も重要な情報源です。
Flashcardsは、隙間時間に利用。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/KMT-teTzLpQ

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<特訓1800題>を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<一般常識>(自己採点:40点)
去年は、観光白書の読み込みが浅かったと痛感したので、過去2年分を何度も読みました。また、日ごろから新聞、ニュースもみて知識をつけました。 傾向と対策は、とても助かりました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/_VgJAKgi78o

<令和4年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2022.hakusho.kanzen

<令和4年版「観光白書」(要旨版>)
http://hello.ac/2022.hakusho.youshi

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi

④第2次試験に向けての<決意表明>
今年、合格する!目指すあの通訳案内士さんのように、アフターコロナで、活躍できるように今、やれることをします。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
ほぼ毎日のメルマガ、ありがとうございます。おかげで独学が楽しくできています。やる気をださせてくれてありがとうございます。

以上

2022年度<1次レポート>(96)(英語)

2022年10月02日 12時05分06秒 | ●2022年度<1次レポート>
2022年度<1次レポート>(96)(英語)
(受験科目:実務)

●英語(メルマガ読者、無料動画利用者、無料教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機
海外旅行や留学中に、現地の方々にたくさん助けていただいた経験があり、またみなさん自国のことを深く語られる姿に感銘を受け、自分も自国のことを深く理解し、その魅力を海外の方々に伝えたいと思い、昔から憧れていた通訳案内士を目指すことにしました。昨年度は二次試験準備不足で敗退したので、今年こそは・・!

②第1次筆記試験
外国語(英語)※TOEICにて免除
<日本地理>※総合旅行取扱管理者資格にて免除
<日本歴史>※歴史検定にて免除
<一般常識>※昨年度合格にて免除

<通訳案内の実務>(自己採点:47点)
植山先生が公開してくださっている<第1次筆記試験問題>4年分を解き傾向を把握しました。
その後、<通訳案内の実務>の傾向と対策及び<観光庁研修テキスト>を活用し、過去問の正解の解答以外の選択肢の根拠も全てハイライトをし、なぜ不正解なのか全て説明できるようにしました。
1科目で時間もあったので、過去問では焦点が充てられていない項目や、資料編に関しても全て目を通しました。
最終的には<観光庁研修テキスト>を3~5周し、一通り暗記事項はノートにまとめて暗記しました。
この際満点を目指そう、と思ったのですが1問ミスをしてしまいました。
通訳案内の実務に関しては、<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>と<観光庁研修テキスト>のみで十分合格点に届きます!
問題は年々難化していると感じましたが、落ち着いて読み考えれば常識的にこれは違うという選択肢もあるので上記対策をしていれば大丈夫だと感じました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/DmvJFrxey9o

<観光庁研修テキスト>
http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

ガイドマニュアル(富士山・箱根)
http://www.hello.ac/fujihakone.guiding.pdf

ガイドマニュアル(日光日帰り)
http://www.hello.ac/nikko.guiding.pdf

ガイドマニュアル(鎌倉・横浜日帰り)
http://www.hello.ac/kamayoko.guiding.pdf

③ハローのメルマガ、動画、教材、<傾向と対策シリーズ>などで役に立ったこと
メルマガでは毎回やる気をいただいておりましたし、無料の教材とは思えないクオリティーでどのように、何を勉強したらよいかが分かる資料となっており、とても助かりました。

④第2次試験に向けての<決意表明>
昨年度は二次試験にて敗退してしまったので、今年度は「日本的事象英文説明300選」のトピックスに関しては全てプレゼンできるように仕上げていきたいです。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
いつも無料できめ細かな点まで配慮された資料をご展開いただき感謝しております。あとは、これをどこまで使いこなせるか、が自分に課せられた課題だと思いますのでハローの教材を信じて、二次突破いたします。
引き続きよろしくお願いいたします。

以上

2022年度<1次レポート>(95)(英語)

2022年10月02日 11時57分48秒 | ●2022年度<1次レポート>
2022年度<1次レポート>(95)(英語)
(受験科目:地理、歴史、一般常識、実務)

●英語(メルマガ読者、無料動画利用者、無料教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機
今回、初めて受験してみましてまだ正式な試験結果がでていない中、こんな事を申し上げるのは僭越ですが、ある程度の基礎部分を構築した後にハローさんが無償でご提供されている各種の教材(特に過去問、テキスト、傾向と対策、観光白書)をしっかりやりこめば、合格基準点は楽にクリアできるという確信をもちました。

受験の動機ですが、長らく海外で働く機会があり日本との違いを実感し、海外の人に日本の素晴らしさを伝える仕事に魅力を感じ全国通訳案内士試験を受験したいとは思っていました。
ただ、仕事が忙しい事もあり、なかなか準備を始める踏ん切りがなかなかつきませんでした。昨年の9月にToeicを受けたところ、1次免除の点が取れ、通訳案内士の試験時期を調べましたら、8月にすでに終わっているのがわかり、22年の試験を受けることとし、なるべく試験免除の科目を増やすため、11月の歴史能力検定日本史Bを受験することとし、山川の小説日本史Bに一度精読し受けたところ50点も取れず轟沈(60点で合格)した次第です。
最初の目論見は失敗に終ってしまったため22年8月の4科目受験を目指し、年明けから準備に取り掛かりました。最初の時期は、試験に必要な基礎的な知識をざっとつかみの基礎力をつけるために、英語以外の4教科の試験の基礎テキストとして「ユーキャンの全国通訳案内士速習テキスト&予想模試」が内容がコンパクトでわかりやすかった為通読し、ハローさんの<特訓1800題>を50回ほど繰り返し繰り返し時間のある時に問題を解きました。
間違えたところのフォローアップも行い、この<特訓1800題>の問題を解くのが4月以降のルーティーンとなました。8月には科目ごとに80~90点が取れるようになり少し自信が出てきました。

<日本地理>(自己採点:91点)
最初のごろは日本地理をどう勉強すれば良いかわからず、まず過去問を解いて、どんな問題がでるのか、どのくらいの点が取れるのかを確認するところから始めました。
地理では、これも無償でご提供して頂いております都道府県別地図及び項目別地図もプリントアウトさせて使わせて頂きました。この地図帳は本当にありがたかったです。地理は、ハローさんから無償提供して頂いているテキストとユーキャンの参考書をメインに「帝国書院 旅に出たくなる地図」の全国版、関東甲信越版、関西版を使って観光スポット、山、川、町の確認を行いました。特に関西版の京都、奈良、和歌山の世界遺産の関係するところは、今回の問題でも出たところがあり大変役に立ちました。京都、奈良の寺社を所在場所とともに頭に染み込ませるのにはいい教材です。
8月に入ってからは、傾向と対策にまとを絞り、出来るだけ知らないことを無くすと共に 項目別地図帳で山、山脈、川、国立公園の名前と位置を何度も確かめて頭に残すようにしました。
最後に帝国書院の中学校社会科地図が試験で求められるものがコンパクトに網羅されており、良くできていますのでお勧めです。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.geo.pdf

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<特訓1800題>を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2

<日本歴史>(自己採点:86点)
日本史については歴史の流れをつかむために「超速日本史の流れ」「超速日本文化史の流れ」を読み、定番の山川の日本史教科書「詳細日本史B」を通読しました。日本史の場合は本当に覚えなければならないことが多くインプットだけでは覚えたつもりが、すぐに抜けてしまうので、アウトプット用に山川の一問一答を使って記憶の定着に努めました。(アプリを携帯に入れればちょっとした隙間時間にどこでも勉強ができるため便利でした)4月からは、植山先生に「22年度傾向と対策」シリーズをご無償提供して頂きましたので自宅でプリントアウトし、音声データを聞きながら中身の学習を行いました。傾向と対策を読みながら
分からないところや詳しく知りたいところは、この資料の素晴らしい機能であるリンクを使いWikipedhiaを読んだり、山川の教科書をみながら知識の定着につとめました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.his.pdf

<特訓1800題>を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2

<一般常識>(自己採点:38点)
過去問を5年分こなし、傾向と対策と観光白書をメモをとりながら覚え込むようににしました。ただ、日本史と地理の準備に時間がかかり、もう少し時間が欲しかったと言うのが試験前の気持ちでした。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.gen.pdf

<令和4年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2022.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<通訳案内の実務>(自己採点:34点)
まずは、過去問を解き、ユーキャンの参考書とハローさんのテキストを2回程読みましたが、もう少し準備の時間が欲しかったです。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.jitumu.pdf

<観光庁研修テキスト>
http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

③ハローのメルマガ、動画、教材、<傾向と対策シリーズ>などで役に立ったこと
メルマガで植山先生が試験日まで色々と貴重な言葉をお送りいただきましたが、一番印象的だったのは、テストが始まる1分、1秒前まで傾向と対策を使い倒すようにというお言葉は金言でした。

④第2次試験に向けての<決意表明>
「日本的事象英文説明300選」をすぐに買わせていただきました。これをやりこんで12月を迎えたいとおもいます。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
植山先生のご厚意には本当に感謝あるのみです。
こんなに貴重なノウハウを無償でご提供していただき誠にありがとうございました。

以上

2022年度<1次レポート>(94)(英語)

2022年10月02日 11時48分03秒 | ●2022年度<1次レポート>
2022年度<1次レポート>(94)(英語)
(受験科目:英語、歴史、一般常識、実務)

●英語(メルマガ読者、無料動画利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機
以前数年間ボランティアガイドを経験し、とても楽しくやりがいを感じました。その際この資格を知って、できるものならば全国通訳案内士資格を取得し、プロのガイドにチャレンジしてみたいと思いました。

②第1次筆記試験

<日本地理> 昨年合格で免除

外国語(英語)(自己採点:86点)
英語の勉強は時間がかかると思い、日本史同様早期から取り組み、一番時間をかけました。過去問を6年間分じっくり取り組み、市販の英語1次試験用問題集(通訳案内誌士試験 英語一次 直前対策、 語研)も学習しました。
問題をたくさん解き、復習をしっかりして、リーディングのスピード、読解力をあげること、ボキャブラリーを増やすことに努めました。同様の目的で、時折インターネットから拾った日本文化に関するアーティクルも読みました。
 受験の感想は、昨年より易しくなったと感じました。コロナ禍での現状とわびさびがリーデイングのトピックとして出題され、知っている内容で読みやすい内容でした。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>(自己採点:87点)
英語同様、早い時期から一番時間をかけて勉強しました。時代ごとにこまぎれにマラソンセミナーを視聴し、市販の大学受験用テキスト”金谷の日本史[なぜ]と[流れ]がわかる本”で流れのみをざっともう一度復習。その後ノートにマラソンセミナー内容のポイントをまとめ、時代ごとの問題を解いてポイントを覚えているか確認をしました。
私の場合は見る、聞く、読む、書く、問題を解くというプロセスを繰り返すことで、知識がしっかり定着したように感じています。
受験の感想ですが、昨年の問題よりは少し難易度があがったように感じました。選択しの中に知らない言葉が混じっているなど、難しい問題も含まれていましたが、学んだ知識を使って、消去法で解ける問題もいくつかありました。今年の試験に関しては、マラソンセミナーをしっかり勉強していれば問題なく合格するレベルだと思いました。努力の甲斐あって合格点に達しほっとしています。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<一般常識>(自己採点:48点)
昨年、この科目1問が合格点に届かず、二次に進めず、もともと苦手意識のある科目でしたので、反省をして学習方法を考えました。
まず、昨年は時事問題もとれませんでしたので、今年度は早い時期から新聞の一面、TVでニュースを受験意識をもってみて、わからない内容や言葉はインターネットで調べるようにしました。限られた準備時間の中で、日本史と英語を優先しましたので、一般常識の試験に特化した学習は直前に行いました。まず、先生の”傾向と対策”の講義を資料を見ながら拝聴し出題傾向とポイントをつかみ、出題確率の高い項目(巻頭にまとめてあるもの)について覚えました。次に令和4年版の観光白書の”完全版”をアンダーラインを引きながら1回熟読し、理解につとめました。ポイントをすべてまとめる時間がないので、重要と思われる語句(例えばAT、CIQ、DXなど)をノートにまとめながら読みました。
最後に傾向と対策の資料にふたたびざっと目をとおし、先生が特にヤマといわれれば世界遺産とメールに解答しておっしゃっていたので、近年登録された世界遺産の内容を傾向と対策の資料を使って学習しました。学んだことから出題されてうれしかったです。
受験しての感想は、苦手科目で高得点がとれてびっくりしました。
努力は身を結ぶのだなと思いました。短期間の準備で合格点に達したのはひとえに先生のご指導と資料のおかげです。ありがとうございます。観光白書の完全版からは今年もたくさん出題されて、読み込むことがとても重要だと思いました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/_VgJAKgi78o

70e4ed105
<令和4年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2022.hakusho.kanzen

<通訳案内の実務>(自己採点:38点)
こちらも試験直前の学習でした。頼りはいつもハローの傾向と対策です。傾向と対策の講義を資料を見ながら拝聴し、出題傾向とポイントをつかみました。FIT, SITなど専門用語は資料からノートに転記し、何度も復習。語句を見ただけで何を意味しているのかわかるようになるまで復習しました。
その後は、観光庁の研修テキストを通読。1回のみですが、アンダーラインを引きながら熟読。理解につとめました。
受験の感想ですが、合格点に達してほっとしています。
短期間の準備で合格点に達したのは、植山先生のおかげです。心より感謝申し上げます。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/DmvJFrxey9o

<観光庁研修テキスト>
http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

③ハローのメルマガ、動画、教材、<傾向と対策シリーズ>などで役に立ったこと
・マラソンセミナー(日本史)ー永岡先生の講座、受験のたびにお世話になっております。
内容がとてもわかりやすく、講義がおもしろいです。講義にひきこまれ、流れがすっと頭に入ります。
私は本を読んで膨大な量の歴史の丸暗記はなかなかできません。
この動画あってこそ。。。の歴史合格でした。

・一般常識と実務の傾向と対策の講義と資料ー合格のための最短の道しるべだと思います。傾向と対策の講義と資料のおかげで受験準備の時間を大幅に削減することができて、かつ重要ポイントをしることができました。
感謝、感謝!です。

・毎日送られてくる植山先生からのメールー長いご指導の経験からくるてきせつなアドバイス、有益な情報。独学で受験する身にとってどんなにありがたいかわかりません。
心構え、励ましの言葉も本当にありがたかった。
くじけそうなとき、心が折れそうなとき、勇気とやる気をいただきました。
本当にありがとうざいました。

④第2次試験に向けての<決意表明>
採点間違えがなければ、今回初めて2次試験に進むことができそうです。
1回目合格を目指して、自分を信じてがんばります!

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
無料のありえへんサービス。本当にありがとうございます。
植山先生の情熱に勇気をいただき、行われていることの素晴らしさに、尊敬と感謝の念をきんじえません。

以上

2022年度<1次レポート>(93)(タイ語)

2022年10月02日 11時40分30秒 | ●2022年度<1次レポート>
2022年度<1次レポート>(93)タイ語)
(受験科目:タイ語、一般常識、実務)

●タイ語(プレミアムメルマガ会員、メルマガ読者、無料動画利用者、無料教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機
通訳、翻訳の仕事をしていて、仕事の幅を広げるために受験しました。通訳案内士という資格は同じ職場で知り合った方に教えてもらって興味を持ちました。そして同時にハロー通訳アカデミーのことも教えてもらいました。ハロー通訳アカデミーのメルマガで免除制度を利用したほうがよいと勧められておられました。昨年、免除狙いで歴史能力検定2級日本史と国内旅行業務取扱主任者を受けたところ無事合格し、日本歴史と日本地理免除で今年初めての受験に臨みました。

②第1次筆記試験
外国語(タイ語)(自己採点:未実施)
対策はハロー通訳アカデミーで手に入る限りの過去問に目を通したのと、「日本的事象英文説明300選」を5分の1程度ですが自力でタイ語に訳しました。マイナー言語のため受験情報が少ない中で過去問がたくさん手に入り大変助かりました。過去問を読み込み、出てきた単語を覚えました。受験の感想は語学力だけでなくそもそも地理、歴史、一般常識がわからないと答えようがない問題があり、幅広い知識が必要であると思います。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

「日本的事象英文説明300選」(本+CD)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

<日本地理>免除
免除ではあるものの外国語試験のため最新情報が必要かと思い、傾向と対策を軽く一読しました。

(下記を利用しました)
<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.geo.pdf

<日本歴史>免除
免除ではあるものの傾向と対策を軽く一読しました。
(下記を利用しました)
<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.his.pdf

<一般常識>(自己採点:43点)
過去問4年分、 傾向と対策、 令和4年版「観光白書」を利用しました。 それと朝日キーワード2023を読んで最新時事のチェックをしました。 今回の試験の役に立ったかはわかりませんが、ハロー通訳アカデミーで教えてもらったブラタモリは見るようにしました。
感想ですが、傾向と対策と観光白書をしっかり読み込めば十分合格は可能であると感じました。20分は思ったより短く感じてあせってしまい、知っていたのにきちんと問題を読まずに間違えて解答してしまったのが2問ありケアレスミスをしてしまいました。例年よりは問題が簡単なのかなと感じました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/_VgJAKgi78o

<令和4年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2022.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<通訳案内の実務>(自己採点:36点)
過去問4年分を解き、 傾向と対策と観光庁研修テキストの読み込みをしました。
一般常識と同様に20分は思ったより短く感じてあせってしまい、マークミスをしてしまいあせって書き直す羽目になってしまいました。過去問を解いたらいい点数で油断していたのかもしれません。今までで今年が一番難しかったのではないかと思います。合格ライン内ではあるものの観光庁研修テキスト以外に通訳案内士法、旅行業法の条文をもっと読み込んでおくべきだったと思います。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/DmvJFrxey9o

<観光庁研修テキスト>
http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

③ハローのメルマガ、動画、教材、<傾向と対策シリーズ>などで役に立ったこと
傾向と対策シリーズは内容が素晴らしく試験のポイントが分かり、特に過去問分析は大変役立ちました。試験日が近づいてきて不安な毎日でしたが、植山先生のメルマガで励まされモチベーションがあがりました。先輩方の合格体験記も充実しており大変役立っております。

④第2次試験に向けての<決意表明>
外国語の答え合わせがまだできておりませんが、先生の教材、資料のおかげで他の科目は合格基準点を超えているし合格可能性は高いです。引き続きハローの教材を利用して第2次試験の勉強を頑張りたいと思います。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
いつも素晴らしい教材を提供いただきありがとうございます。ハローの教材、メルマガなしには安心して受験できませんでした。今後ともよろしくお願いいたします。

以上

2022年度<1次レポート>(92)(中国語)

2022年10月02日 11時34分29秒 | ●2022年度<1次レポート>
2022年度<1次レポート>(92)中国語)
(受験科目:地理、歴史、一般常識)

●中国語(メルマガ読者、無料動画利用者、無料教材利用者、<傾向と対策シ
リーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機
中華圏駐在15年を通じてお世話になった多くの中国の方々へ、日本の素晴らしさを自分の言葉で伝えたいと思ったから。

②第1次筆記試験
外国語(中国語)免除(HSK)
<通訳案内の実務> 免除(前年合格)

<日本地理>(自己採点:75点)
観光地の場所を地図で確認し、正確な知識を覚えること、そして、徹底的に過去問を行うことにより傾向をつかみ、確実に点数を取ることに努めました。<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>を最後まで繰り返し読み込んだことがよかったかと思っています。 また過去問題4年分を5回取り組みました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本地理>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.geo.pdf

<日本地理>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/KMT-teTzLpQ

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<日本歴史>(自己採点:75点)
過去問題を勉強する中で、出題の傾向をつかんで、それに沿って知識を深めていきました。具体的に言うと、「観光ガイド」用の日本史を意識した勉強です。
植山先生の力作「傾向と対策<決定版資料>」は繰り返し読み返し、4回にわたる音声講座(Youtube)は3度聞きました。また過去問題4年分を5回取り組みました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<日本歴史>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.his.pdf

Youtube動画、特に「丸竹夷 / YouTube高校」は有益でした。

<一般常識>(自己採点:40点)
昨年は観光白書の読み込みが足らなかったのが主な敗因と認識しました。その反省から今年は観光白書完全版を何度も繰り返し読み込みました。気になった事柄を1歩踏み込んで検索することを心がけることによりキーワードを捉えることができるようになり、次第に定着しました。
7月に入ってからは<一般常識の傾向と対策>を何度も読み返し、過去問題4年分を5回取り組みました。取りこぼした所もあるかとおもいますが、今年は時間的に余裕をもって解答が出来たようです。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/_VgJAKgi78o

<令和4年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2022.hakusho.kanzen


③ハローのメルマガ、動画、教材、<傾向と対策シリーズ>などで役に立ったこと
観光スポット(温泉や城、世界遺産等)の位置を確実に覚えるために都道府県別地図帳への書き込みをしました。それを何度も繰り返し見ることで知識が定着するようになりました。

④第2次試験に向けての<決意表明>
多くの人のアドバイスを取り入れ、音読を毎日行います。また対面での練習量を増やし、確実に合格をつかみ取ります。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
いつもありがとうございます。徐々に充実はしてきていますが、中国語用の2次試験対策を更に充実させて下さい。よろしくお願いします。

以上

2022年度<1次レポート>(91)(英語)

2022年10月02日 11時27分05秒 | ●2022年度<1次レポート>
2022年度<1次レポート>(91)(英語)
(受験科目:一般常識、実務)

●英語(メルマガ読者、無料動画利用者、無料教材利用者、<傾向と対策シリーズ>の資料と音声ファイル利用者)

①受験の動機
数年前にこの資格を知り、語学の唯一の国家資格であることに魅力を感じました。学生時代から語学の勉強が好きだったのと日本についてよく知る良い機会だと思い、受験しました。

②第1次筆記試験
外国語(英語)(免除)
<日本地理>(免除)
<日本歴史>(免除)

<一般常識>(自己採点:46点)
マラソンセミナーを2周し、基礎知識を身に付けました。 <特訓1800題>やFlashcards Deluxeは時点更新しつつ通勤時間や隙間時間に利用しました。直前期には傾向と対策を繰り返し確認しました。観光白書は通読した際に重要だと思った箇所にラインマーカーを引き、直前期にその箇所を中心に見直しました。
試験では2019年の統計を聞かれ驚きました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<一般常識>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.gen.pdf

<一般常識>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/_VgJAKgi78o

<マラソンセミナー>(一般常識)(12講義24時間)
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

<特訓1800題>を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2

<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105

<令和4年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2022.hakusho.kanzen

<令和4年版「観光白書」(要旨版>)
http://hello.ac/2022.hakusho.youshi

<令和3年版「観光白書」(完全版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.kanzen

<令和3年版「観光白書」(要旨版)>
http://hello.ac/2021.hakusho.youshi

<通訳案内の実務>(自己採点:47点)
研修テキストを2~3回読みました。途中から植山先生が今年の受験生用に加工してくださった研修テキストを利用し、直前期は過去問で出た箇所を中心に見直しました。
試験は文章量が多かったですが、一問に時間を掛けすぎないように意識しました。

(下記を利用しました)
<第1次筆記試験問題>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe

<通訳案内の実務>の傾向と対策<決定版資料>
http://www.hello.ac/2022.jitumu.pdf

<通訳案内の実務>の傾向と対策<音声ファイル>
https://youtu.be/DmvJFrxey9o

<観光庁研修テキスト>
http://hello.ac/kankouchou.kenshuu.siryou.comment.pdf

ガイドマニュアル(富士山・箱根)
http://www.hello.ac/fujihakone.guiding.pdf

ガイドマニュアル(日光日帰り)
http://www.hello.ac/nikko.guiding.pdf

ガイドマニュアル(鎌倉・横浜日帰り)
http://www.hello.ac/kamayoko.guiding.pdf

③ハローのメルマガ、動画、教材、<傾向と対策シリーズ>などで役に立ったこと
メルマガは勉強のペースメーカーとなっています。直前期も激励のメッセージを送ってくださりありがとうございました。過去問を徹底的に分析された<傾向と対策シリーズ>は大変役に立ちました。

④第2次試験に向けての<決意表明>
試験まであまり時間はありませんが、悔いのないように頑張ります。引き続きご指導よろしくお願いいたします。

⑤ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
無料で様々な資料を公開していただきありがとうございます。合格して植山先生に恩返しできるように頑張ります。

以上