おぢのニセコ山暮らし

山暮らしのあれこれを書き綴ります

夜中に1回トイレに行くと「ひん尿」だ!!

2018年02月11日 | Weblog

午前6時の気温はマイナス3度。

ここんとこずいぶんと暖かくなってきておるようですが、2月もまもなく中旬で、このままポカポカ陽気の春になるわけがない。

ま、一時的なものでしょう。

札幌管区気象台によると、きょうのお天気は雪、時々曇りで、ところにより吹雪くところがあるそうだ。

気温はさほど低くありませんが、きょうも、ちゃんとした真冬の1日になりそうだ。

写真は先日青森県からお取り寄せした純米吟醸初しぼりがウリの日本酒「久〇」

このお酒、去年お花見で弘前を訪れた際に、近くの黒石市の鳴海醸造店で買い求め、すっかり気に入ったお酒なのだ。

ほとんどお酒を呑まないハニーさんも「これはおいしい!」と申したフルーティーなお酒で、チョーお勧めです!!

ところで、

過日放送の「たけしの家庭の医学3時間スペシャル」が録画してあったので、仕事の合間に拝見いたしました。

我が家ではこの手の健康番組は、ほぼ欠かさないことにしておる。

日ごろから「健康のためなら死んでもいい」と公言しておる手前もある。

といっても、悠長に3時間もフツーに見たりはいたしません。

テレビ局にも番組スポンサーにも申し訳ないけど、チャッチャと早送りして見る。

典型的なのは、NHKの「がってん!」ですわ。

話の肝になるところは、ホンのわずかで、長々と引っ張る感が、見ておってなんともしんどい。

ま、番組時間が決まってますから、しょうがないとは思うけど、せっかちなおぢには少々辛い。

ってことで、健康番組はすべて録画してから拝見することになってます。

話は戻って、その「たけしの家庭の医学3時間スペシャル」ではひん尿を取り上げておった。

日中の起きてる時間に8回以上、就寝してから1回でもトイレに行くことを、日本泌尿器科学会ではひん尿というそうだ。

ほとんど毎晩、トイレに起きることなどなく、朝まで爆睡しておったおぢですが、ここんとこは週に1~2度、深夜に1回トイレに行くようになってきた。

どうやらひん尿の本格的なお仲間入りが近いとみられるわけで、ちょいとヤバイ。

番組では、ひん尿の人とそうでない人に、同じ量の水を飲んでもらう。

尿意をもよおしたらボタンを押してもらい、ソッコーMRIで検査した。

そうすると、ひん尿の人は膀胱にたいした尿が溜まっていないことが分かる。

つまりは、おしっこが膀胱に溜まってもいないのに、尿意を催すのがひん尿なのだ。

で、これを解決するのが「三陰交」というツボのマッサージだそうな

なんだか、少々いやらしいウッフンな漢字があるけど、これはくるぶしから指4本程度上にある。

この三陰交を1分押すことを1日3回程度するだけでひん尿が改善するというのです。

なんでかというと、膀胱周りの神経が、くるぶしあたりまで伸びており、これを刺激することで、「膀胱の誤作動」が改善するのだそうな。

番組では、あるひん尿の女性にこの三陰交のマッサージを1週間行ってもらうのです。

それまでは1日23回だかトイレに行っておった女性は、1週間でフツーの人並みの1日7回に改善したというからビックリ仰天ですわ。

とにもかくにも、就寝中に1度以上トイレに行く「ひん尿」の皆さま、三陰交を1日3回マッサージだ

そこんとこヨロピクね!!