牛乳トラベラー ~牛乳パックはゴミじゃない!~

日本各地の牛乳瓶・パック等を集めています。ローカル色満載なご当地牛乳も多々あるので、牛乳の面白さが伝われば良いなー…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

箱013 ひまわり南海乳業 (高知県高知市)

2010-08-01 | 牛乳箱(四国・九州)
豪雨に襲われる高知県で、水浸しになりながら発見。
こんな遠くにまで来て、何やってるんだ俺。
ひまわり南海乳業の木箱です。
現在の、ひまわり乳業さんですね!





憂鬱な大雨も一気に吹き飛ぶ、素晴らしいデザインキタコレ。
ゆる~いタッチの男の子と女の子が、牛乳瓶を仲良くストローで飲んでいます。
微笑ましいイラストです!





側面に書かれた「ひまわり南海乳業」は、現在の「ひまわり乳業」。
同社は社名の改称を繰り返していますが、
昭和48年に高知市の「ひまわり乳業」と土佐市の「南海乳業」が合併した際、
この「ひまわり南海乳業」が生まれました。
昭和50年代半ばには再び「ひまわり乳業」へ社名を戻しているので、
この箱は昭和48年~昭和50年代半ばの時期と考えられます。
(今回も、漂流乳業様のサイトを参考にさせていただきました)





牛乳箱を発見した佐川町は、吉本乳業のお膝元。
吉本乳業の木箱だと思って近づいたところ、まさかのコイツ。
方向感覚が無くなって道に迷った、というのは秘密だ。
(佐川駅周辺は線路がぐるっと周っているので、東西南北が狂う)


【関連商品】
056 ひまわり牛乳 200mlパック
055 吉本牛乳 500mlパック(佐川町のメーカー)


メーカー:ひまわり南海乳業株式会社
(現・ひまわり乳業株式会社

所在地:高知県高知市本与力町7
(現在は高知県南国市物部272-1に移転)

撮影場所:高知県高岡郡佐川町
(JR土讃線・佐川駅から徒歩数分。
国道494号線から佐川中学校近くの路地を入ったところ)

撮影時期:2010年7月

箱の時代:昭和48年~昭和50年代
『高知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 168 白バラ牛乳 200mlパ... | トップ | 169 吉本牛乳 200mlパッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

牛乳箱(四国・九州)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事