CLASSIC ROCK LOVE

70年代、80年代のロックとその周辺の音楽について
気の向くままつぶやきます♪

名ヴォーカリスト、トニー・ミルズ!闘病中だが新作作り上げる!。よし、SHYも聴こう! - TELEPHONE

2019-07-13 15:35:15 | メロディアスハード

SHY - TELEPHONE(1987発表作品)

ちょっと前に、ブラジルの名ヴォーカル、アンドレ・マトスのことをとりあげましたが、

最近、またも辛い情報を入手したので、このバンドを今回取り上げます。

SHY(シャイ)のヴォーカルで有名な、トニー・ミルズが末期がんの中、新作のソロアルバム「BEYOND THE LAW」を発表しました。

何ともすさまじい話です。あのクイーンのフレディ・マーキュリーもエイズと戦いながら、スタジオ・レコーディングをしていたという話がありますが、やはり辛い話です。トニーにとって、これが最後の作品となるという情報もあります。

SHYとはイギリスのメロディアス・ハード・ロックバンドで、1980年代に活躍したバンドです(結果的には21世紀までバンドは存続。リーダーのスティーブ・ハリスというギタリストが脳腫瘍で2011年に死去したためバンド活動は停止。スティーブも早過ぎる他界でした。)。

その時のヴォーカルがトニーなのです。

ちなみに、トニーは1990年にバンドを脱退したあと、1999年に再加入、2006年に再脱退しています。

SHYはハードロック&メタルファンならご存知の方が多いでしょうが、ヒット作がないために、ヒットチャート主義の洋楽ファンは知らないかもしれません。

でも、ポップなサウンドとハイトーン・ヴォーカルは一般の洋楽ファンの耳にも耐えられるだけのものがあると思います。

興味を持った方はSHYを聴いてみてください。

そして、トニー・ミルズというヴォーカリストの生きざまに触れてみていただけたら、幸いです。

動画の「テレフォン」は1987発表の曲ですが、2013年のスティーブ・ハリス追悼コンサート時に撮影されたようです。

 

Shy - Skydiving

これは21世紀になってから発表された曲です。まるでジャーニーみたいです。ジャーニーのファンに聴かせたい。


Tony Mills - Beyond The Law

2019年発表の6枚目のソロ作品からのリーダートラックです。闘病中とは思えない歌唱です。

 

Shy - Telephone

この曲のスタジオ作品もアップします。メンバーが若い!トニーの凄まじいハイトーンが聴きどころ。亡きスティーブ・ハリスのギター・ソロも実にセンスがいい。名ギタリストだったんですね。



コメント

Led Zeppelin 結成の少し前を検証する。ヤードバーズとは?Tinker, Tailor, Soldier, Sailor (Original Stereo)

2019-07-06 17:10:14 | ブリティッシュロック

Tinker, Tailor, Soldier, Sailor (Original Stereo)

レッド・ツェッペリンは偉大なバンドです。

私のブログのタイトルに入っている「クラシック・ロック」という言葉から連想するバンドの中でも、一二を争うほどの人気バンドで、ゼップ大好き!という私よりかなり若い世代の人間が大勢います。

そこでです。ゼップのリーダーであり、企画者的存在であったジミー・ペイジが所属していたヤードバーズをどれだけのゼップファンが知っているんだろう?と考えてしまう時があります。

そして、ゼップのファースト・アルバムを絶賛するファンが、ジミーのその前の作品であるヤードバーズのラスト・アルバム「リトル・ゲームス」を聴いた事があるか?と質問した時に、「もちろん、聴きました。」と答えるだろうか?と気になってしまいます。

おそらく、聴いたことはないでしょうね。まあ、聴かなくてもいいです。音楽的にあまりにも差があるから・・・。

聴いても、つまんないと思います。

この動画の曲を聴いてもらえばわかるんですけど、イントロだけ聴くと後の「The song remain the same」に似ているかな?やっぱりジミー・ペイジだ!と思うけど、ヴォーカルが入った途端、60年代の平凡なビートバンドになってしまうんです。ゼップのような、魔法は一切ありません。あまりにも平凡。

このアルバムにはゼップになってからも演奏するシタール風の名曲「ホワイト・サマー」がはいっているため、そこはファンとしては押さえておきたいところでしょうけど、やっぱり、ほとんどの曲が70年代初期風の言い方をすれば、「ニューロックではない。」ということになります。(あ、若い人のために説明すると70年代初めのころは、突然出てきたハードロックやプログレッシブ・ロックのような革新的なロックを「ニューロック」と呼び、60年代のシングルで勝負するようなヒットチャート向けのロックと区別してたんですね。)

このアルバムを作っていたときに、ジミー・ペイジの頭の中にはゼップの構想があったと思います。メンバーの演奏力量、特に、ヴォーカルのキース・レルフの素人っぽい歌ではもう満足できないという葛藤があったと思います。

で、何を言いたいかというと、この作品を冷静に分析すると、60年代後半、具体的には67年ごろに、ミュージシャンの能力・技術が飛躍的に向上しはじめたってことなんです。

同じミュージシャンでも歌唱力、個性、演奏力が段違い桁違いに違う人が現れたのがこの時期だったんですね。

ヤードバーズのジミー以外のメンバーは新時代のミュージシャンの力量とは実力がかけ離れてたんです。もちろん、プロだし、イギリスのロック界をけん引してきたバンドでしたけど、新時代のバンドのメンバーにはなれなかった。それがわかってしまいます。哀しいかな、その現実を知ることができるのがこの「リトル・ゲームス」というアルバムなんです。

ロックの歴史の転換期を知るという意味で、「リトル・ゲームス」を聴く意味はあります。

 

 

コメント (4)

ロック史上最高のギターバトル!Lynyrd Skynyrd - Free Bird (Live 2003) Full version - best audio

2019-06-29 16:37:53 | サザン・ロック

Lynyrd Skynyrd - Free Bird (Live 2003) Full version - best audio

高校時代の友人からリクエストがあったので、この曲を選びました。

リクエストありがとうございます。この場を借りてお礼を申し上げます。

このブログでは、2017年7月8日にこの曲(1976年8月21日のライブ)を取り上げているので、2年ぶりの登場です。

また、この曲「フリー・バード」に影響を受けた曲を何曲か過去に取り上げているので、興味ある人は「サザン・ロック」のカテゴリーで探してみてください。面白いかも。

さて、この曲の説明に入る前に、このバンドの立ち位置を明らかにしておきたいと思います。

このバンドはサザン・ロックを語る時に必ず挙げないといけない2つのバンドの一つです。

もう一つは言わずと知れたオールマン・ブラザーズ・バンドです。

どちらが人気あるかと言うと、難しいのですが、どちらかと言うと、オールマンが通好みのバンドであるのに対し、レーナードの方はポップス・ファンに親しまれるバンドだったかなという気がします。オールマンにもポップな曲はありますが、レーナードの方が、聴きやすい感じがするんですよね。また、レーナードは、ハードロックファンに非常に人気があります。というかハードロックバンドにかなり影響を与えています。特に、この「フリーバード」の曲後半のギターソロはハードロック・ファンが涙を流して喜ぶドラマティックでスリリングな激しいソロなのです。ロック史上、最高のギターソロと言っても過言ではないと思います。

レーナードはイギリスとかヨーロッパでも人気があります。オールマンより人気の裾野が広いバンドなのではないでしょうか?

さて、「フリー・バード」についてですが、ファースト・アルバムに収められており、彼らのライブでも最後の方で演奏される彼らの代表曲です。若くして死亡した故デュアン・オールマンに捧げられた曲として有名です。ゆったりとしたバラードから、後半の3人のギタリストによる激しいソロバトルはまさに聴きもの。同時期のサザン・ロック・バンドや後輩のサザン・ロック・バンドに大きな影響を与えていて、曲の構成をけっこう真似されています。

今回アップした動画は2003年の再結成時のものですが、冒頭の部分で、飛行機事故で死亡したキャシー・ゲインズ、スティーブ・ゲインズ、ロニー・ヴァン・ザント、若くして死亡したアレン・コリンズ、レオン・ウイルクソンの絵が出てきて、ジーンと来てしまいます。また動画の中で、フラッシュ・バック的に全盛期のビデオが挟まれたりして、やはり懐かしさでいっぱいになります。なかなかの演出です。

ライブに出演しているメンバーで、オリジナル・メンバーはゲイリー・ロッシントンのみ。イントロのスライド・ギターは昔からゲイリーの担当でした。私は、初来日の時に中野サンプラザホールで、彼が火のついたタバコを指で挟みながらこの曲のイントロを弾いていたのをはっきりと覚えています。

彼が生きていて、今だにこの曲のイントロを弾いているからこそ、この再結成レーナード・スキナー度の価値が重くなります。

ゲイリー、よくぞ頑張って生きてくれた!と言いたくなります。

歌を歌うのはロニーの弟のジョニー・ヴァン・ザント。声が似てます。

3人のギタリストの内の一人、リッキー・メドロックはデビュー前のレーナードでドラマーだったそうです。デビュー前に脱退し、ブラック・フットというハードロック系のサザンロックバンドをけん引していたことはサザン・ロック・ファンの間では有名です。

そして、キーボードはこの曲のイントロを考えたというビリー・パウエル。彼は結成時はローディだったという逸話があります。この曲での貢献により正式メンバーになったそうです。彼も、2009年には天に召されてしまいました。

レーナード・スキナードは解散は発表してませんが、2018年最後のツアーを実施しています。

さあ、歴史的名曲をじっくり楽しみましょう。

 

コメント (4)

追悼 ブラジルの至宝、アンドレ・マトスよ永遠に!Angra - Carry On - HD - LIVE

2019-06-22 16:04:48 | metal

 

Angra - Carry On - HD - LIVE

 

私のブログを読む人はクラシック・ロック・ファンが多いので、アンドレ・マトスを知らない人が多数派かもしれない。

一応説明すると、ヘヴィ・メタル・ロックのジャンルの人で、ハイトーン・ヴォーカリストで、ブラジル人です。

ヘヴィ・メタルと言っても、いろいろあるのだが、メロディック・スピード・ヘヴィ・メタル(略称:メロスピ)という分野のヴォーカリストだった。

ハードに演奏しつつも、あくまでメロディを聞かせるヴォーカルなのだ。

メロディがない、咆哮みたいなメタルが一般音楽ファンから嫌われてたりするが、この分野はディープ・パープルとか聴いてたクラシック・ロック・ファンなら聴くことができるかもしれない。わかりやすく言えば、X JAPANがそのジャンルである。つまり、ブラジルのTOSHIといったところか。

話は戻る。アンドレは6月8日、何と47才と言う若さで亡くなった。6日前まではステージに出ていたそうである。心臓発作らしいが、詳しい事情はわからない。

最近のベテラン・ミュージシャンの死とは違って、やるせない悲しみに覆われる。

ブラジルから世界的なミュージシャンとして名を挙げたのに。

いつも言っていることであるが、死んでも、音楽は残る。あなたの声を聴き続けたい。

合掌。

コメント (4)

追悼。ポール・レイモンド。MSG/Looking for Love (2009 Remaster)

2019-06-16 17:12:34 | HARD ROCK

Looking for Love (2009 Remaster)

UFO、マイケル・シェンカー・グループでの活躍が有名だった、ギタリスト兼キーボディスト、ポール・レイモンドが2019年4月14日に73才で死去した。最後はUFOでの活動だった。

ブリティッシュ・ハード・ロック・シーンにおける名バイプレイヤーで、セカンド・ギタリストやキーボード・プレイヤーとして、数々の名曲において多大な貢献をしてきたミュージシャンだ。

古くは、イギリス三大ブルースバンドのチッキン・シャックやサヴァイ・ブラウンにも加入していたようだ。

日本人にとっては、やはり、UFOにおけるマイケル・シェンカーの相棒としての存在が印象深い。

マイケルが縦横無尽にギターを弾きまくれるのはこの人の存在があってこそだったかもしれない。

合掌。

コメント (4)