ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

1981年5月16日付 ビルボード 全米 Top40 Grover Washington Jr / Bill Withers - Just The Two Of Us

2017-05-18 22:48:18 | 1981年ビルボードTop40
1981年5月16日付ビルボード All American Top40、5位からアップしていきなりの1位はKim Carnesの"Bette Davis Eyes"。10位を記録した"More Love"以来のTop10ヒットでもちろん初めてのNo.1です。

これで3週目の2位、Grover Washington jr/Bill Withersの"Just the two of us"。Grover Washington jrはジャズ・フュージョン界を代表するサックス奏者ですが、レギュラーチャートでは初めてのTop40ヒット。ゲストボーカルのBill Withersは1972年に1位を記録した"Lean on Me"、2位を記録した"Use Me"以来のTop5ヒットです。
3位も前週と変わらず、これで4週目の3位、Smokey Robinsonの"Being With You"。Smokey Robinson、1979年に4位を記録した久しぶりの大ヒット曲"Crusin'"以来のTop5ヒットです。
4位も前週と変わらず、これで3週目の4位、Juice Newtonの"Angel Of The Morning"。Juice Newton、デビューはだいぶ前ですが、この曲で初めてのTop40ヒットです。
2週間の1位からダウンして5位、Sheena Eastonの"Morning Train (Nine to Five)"。Sheena Easton、デビュー曲は"Modern Girl"でイギリスでは"Modern Girl"の方が先にヒットして全英No.1を記録していますが、アメリカではこの曲の方が先にヒットしました。

この週2位がGrover Washington jr/Bill Withersの"Just the two of us"。
最高位はこの2位、年間チャートは18位のフュージョン界からの異例の大ヒットとなりました。
Grover Washington jrはジャズ・フュージョン界を代表するサックス奏者。1970年代から活躍し、1980年に発表したこの"Just the two of us"が収録されているアルバム「Winelight」の大ヒットで一躍ジャズ・フュージョン界を代表する世界的なサックス奏者となりました。

"Just the two of us"ですが、邦題が「クリスタルの恋人たち」。この邦題は田中康夫が1980年に発表した小説「なんとなく、クリスタル」から来たものですね。はっきり言ってどうしようもない邦題を付けたものです。
曲は洗練された素晴らしい曲です。ボーカルがビル・ウィザース。フュージョンではありますが、当時はやっていたAORの曲といってよいでしょう。
もちろん、サックスの演奏も最高ですが、ビル・ウィザースのボーカルがこの曲にぴったり、フュージョンなどほとんど聞かなかった私も大好きで今でもよく聞く名曲です。
ビルボードのこの曲の表記を見ると、この週5月16日までArtistが「Grover Washington jr」のみでしたが、翌週の5月23日付のビルボードから「Grover Washington jr/Bill Withers」と表記が変わっています。ビル・ウィザースのボーカルの素晴らしさがヒットの要因だと認められたのでしょうか。


今週 先週 song / artist
1 5 BETTE DAVIS EYES / KIM CARNES
2 2 JUST THE TWO OF US / Grover Washington jr/BILL WITHERS
3 3 BEING WITH YOU / SMOKEY ROBINSON
4 4 ANGEL OF THE MORNING / JUICE NEWTON
5 1 MORNING TRAIN (NINE TO FIVE) / SHEENA EASTON
6 7 TAKE IT ON THE RUN / REO SPEEDWAGON
7 8 LIVING INSIDE MYSELF / GINO VANNELLI
8 9 SUKIYAKI / A TASTE OF HONEY
9 6 KISS ON MY LIST / DARYL HALL & JOHN OATES
10 12 TOO MUCH TIME ON MY HANDS / STYX
11 13 WATCHING THE WHEELS / JOHN LENNON
12 10 I CAN'T STAND IT / ERIC CLAPTON
13 16 SWEETHEART / FRANKE & THE KNOCKOUTS
14 21 STARS ON 45 / STARS ON 45
15 20 A WOMAN NEEDS LOVE / RAY PARKER JR. & RAYDIO
16 19 HOW 'BOUT US / CHAMPAIGN
17 17 AIN'T EVEN DONE WITH THE NIGHT / JOHN COUGAR
18 18 YOU BETTER YOU BET / WHO
19 22 I LOVE YOU / CLIMAX BLUES BAND
20 27 AMERICA / NEIL DIAMOND
21 23 I MISSED AGAIN / PHIL COLLINS
22 24 SAY YOU'LL BE MINE / CHRISTOPHER CROSS
23 25 WHAT ARE WE DOIN' IN LOVE / DOTTIE WEST
24 26 LOVE YOU LIKE I NEVER LOVED BEFORE / JOHN O'BANION
25 31 THIS LITTLE GIRL / GARY "U.S." BONDS
26 30 SINCE I DON'T HAVE YOU / DON MCLEAN
27 28 HOLD ON LOOSELY / 38 SPECIAL
28 29 SOMEBODY'S KNOCKIN' / TERRI GIBBS
29 11 HER TOWN TOO / J.D. SOUTHER & JAMES TAYLOR
30 32 FIND YOUR WAY BACK / JEFFERSON STARSHIP
31 14 RAPTURE / BLONDIE
32 39 AI NO CORRIDA / QUINCY JONES
33 38 JESSIE'S GIRL / RICK SPRINGFIELD
34 36 BLESSED ARE THE BELIEVERS / ANNE MURRAY
35 15 WHILE YOU SEE A CHANCE / STEVE WINWOOD
36 33 DON'T STAND SO CLOSE TO ME / POLICE
37 41 I LOVED 'EM EVERY ONE / T.G. SHEPPARD
38 67 YOU MAKE MY DREAMS / DARYL HALL & JOHN OATES
39 48 WINNING / SANTANA
40 45 THE WAITING / TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

James Taylor and J.D. Souther - Her Town Too(1981年の洋楽 Part11)

2017-05-15 22:43:36 | '81年洋楽
1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart11はJames Taylor and J.D. Southerの"Her Town Too"。邦題は「憶い出の町」。
最高位は5月2日と9日の11位。最高位は11位ですが、すぐに下がってしまい年間チャートは圏外でした。

この曲はJames Taylorのアルバム「Dad Loves His Works」に収録されていた曲で、James TaylorとJ.D. Southerの共作になります。
プロデューサーはもちろんピーター・アッシャー、歌手としてピーター&ゴードンとしても有名ですが、James Taylor、リンダ・ロンシュタッドなどウエストコースト歌手を中心とした名プロデューサーとしてもっと有名ですね。

James TaylorとJ.D. Souther、二人はもちろん声質は違いますが、穏やかで優しい声をしていて、この曲、優しい歌の中に切なさが感じれられる名曲です。
James Taylorはこの曲のヒットの翌年に奥様のカーリー・サイモンと別れていますが、切なく感じるのはそのせいでしょうか。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1981年5月9日付 ビルボード 全米 Top40 シーナ・イーストン Sheena Easton - Morning Train

2017-05-11 21:48:37 | 1981年ビルボードTop40
1981年5月9日付ビルボード All American Top40、2週目の1位が、Sheena Eastonの"Morning Train (Nine to Five)"。Sheena Easton、デビュー曲は"Modern Girl"でイギリスでは"Modern Girl"の方が先にヒットして全英No.1を記録していますが、アメリカではこの曲の方が先にヒットしました。

この週は1位から4位まで前週と変わりませんでした。
2週目の2位はGrover Washington jr/Bill Withersの"Just the two of us"。Grover Washington jrはジャズ・フュージョン界を代表するサックス奏者ですが、レギュラーチャートでは初めてのTop40ヒット。ゲストボーカルのBill Withersは1972年に1位を記録した"Lean on Me"、2位を記録した"Use Me"以来のTop5ヒットです。
3週目の3位はSmokey Robinsonの"Being With You"。Smokey Robinson、1979年に4位を記録した久しぶりの大ヒット曲"Crusin'"以来のTop5ヒットです。
2週目の4位はJuice Newtonの"Angel Of The Morning"。Juice Newton、デビューはだいぶ前ですが、この曲で初めてのTop40ヒットです。
7位からアップして5位はKim Carnesの"Bette Davis Eyes"。10位を記録した"More Love"以来のTop10ヒットで初めてのTop5です。

この週2週目の1位が、Sheena Eastonの"Morning Train (Nine to Five)"。
年間チャートは12位。
Sheena Easton、スコットランドに生まれてデビュー曲は"Modern Girl"、イギリスでは"Modern Girl"の方が先にヒットして全英No.1を記録していますが、アメリカではこの曲が初めてのヒットで大ヒットを記録しました。

この曲は、まずは「9 to 5」という曲名でイギリスでヒットしますが、当時、ちょうどドリー・パートンが同タイトルの映画主題歌「9時から5時まで(9 to 5)」を発売していたため、彼女の曲のタイトルが、「Modern Girl (9 to 5)」と改められたのでした。


今週 先週 song / artist
1 1 MORNING TRAIN (NINE TO FIVE) / SHEENA EASTON
2 2 JUST THE TWO OF US / Grover Washington jr/BILL WITHERS
3 3 BEING WITH YOU / SMOKEY ROBINSON
4 4 ANGEL OF THE MORNING / JUICE NEWTON
5 7 BETTE DAVIS EYES / KIM CARNES
6 5 KISS ON MY LIST / DARYL HALL & JOHN OATES
7 12 TAKE IT ON THE RUN / REO SPEEDWAGON
8 9 LIVING INSIDE MYSELF / GINO VANNELLI
9 18 SUKIYAKI / A TASTE OF HONEY
10 10 I CAN'T STAND IT / ERIC CLAPTON
11 11 HER TOWN TOO / J.D. SOUTHER & JAMES TAYLOR
12 15 TOO MUCH TIME ON MY HANDS / STYX
13 17 WATCHING THE WHEELS / JOHN LENNON
14 6 RAPTURE / BLONDIE
15 8 WHILE YOU SEE A CHANCE / STEVE WINWOOD
16 20 SWEETHEART / FRANKE & THE KNOCKOUTS
17 19 AIN'T EVEN DONE WITH THE NIGHT / JOHN COUGAR
18 21 YOU BETTER YOU BET / WHO
19 23 HOW 'BOUT US / CHAMPAIGN
20 25 A WOMAN NEEDS LOVE / RAY PARKER JR. & RAYDIO
21 32 STARS ON 45 / STARS ON 45
22 24 I LOVE YOU / CLIMAX BLUES BAND
23 27 I MISSED AGAIN / PHIL COLLINS
24 31 SAY YOU'LL BE MINE / CHRISTOPHER CROSS
25 29 WHAT ARE WE DOIN' IN LOVE / DOTTIE WEST
26 28 LOVE YOU LIKE I NEVER LOVED BEFORE / JOHN O'BANION
27 39 AMERICA / NEIL DIAMOND
28 30 HOLD ON LOOSELY / 38 SPECIAL
29 13 SOMEBODY'S KNOCKIN' / TERRI GIBBS
30 35 SINCE I DON'T HAVE YOU / DON MCLEAN
31 40 THIS LITTLE GIRL / GARY "U.S." BONDS
32 36 FIND YOUR WAY BACK / JEFFERSON STARSHIP
33 14 DON'T STAND SO CLOSE TO ME / POLICE
34 16 WOMAN / JOHN LENNON
35 26 KEEP ON LOVING YOU / REO SPEEDWAGON
36 38 BLESSED ARE THE BELIEVERS / ANNE MURRAY
37 37 WASN'T THAT A PARTY / THE ROVERS
38 42 JESSIE'S GIRL / RICK SPRINGFIELD
39 48 AI NO CORRIDA / QUINCY JONES
40 22 TIME OUT OF MIND / STEELY DAN
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スティーヴ・ウィンウッド Steve Winwood-While You See A Chancce(1981年の洋楽 Part10)

2017-05-08 21:46:45 | '81年洋楽
1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart10はSteve Winwoodの"While You See A Chancce"。
最高位は4月18日と25日の7位。年間チャートは68位。

スティーヴ・ウィンウッドですが、1960年代からブリティッシュロックシーンで活躍し、この1981年の時点でもすでにロック界の伝説的なミュージシャンでした。
60年代後半、デイヴ・メイソンやジム・キャパルディなどとともに結成したブリティッシュロックバンド「トラフィック」の中心メンバーであり、そのトラフィックの活動停止中にエリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカー、リック・グレッチとともに結成したのが伝説のスーパーグループ「ブラインド・フェイス」です。
ブラインド・フェイスはアルバム「スーパー・ジャイアンツ(Blind Faith)」の1枚しか出しませんでしたが、全米1位を記録した伝説的アルバムでした。

そのスティーヴ・ウィンウッドのソロシングルが突然ヒットチャートを上がってきたのには驚きました。
"While You See A Chancce"、もちろん60年代の時に比べポップになってはいますが、Steve Winwoodの特徴のある穏やかな声にシンセサイザーの音色が心地よくぴったりの曲です。



ブラインド・フェイスによるアルバム「スーパー・ジャイアンツ(Blind Faith)」収録のSteve Winwood作の曲"Can't Find My Way Home"。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

1981年5月2日付 ビルボード 全米 Top40 テリー・ギブス Terri Gibbs - Somebody's Knockin'

2017-05-04 18:42:06 | 1981年ビルボードTop40
1981年5月2日付ビルボード All American Top40、2位から上がって初の1位が、Sheena Eastonの"Morning Train (Nine to Five)"。Sheena Easton、デビュー曲は"Modern Girl"でイギリスでは"Modern Girl"の方が先にヒットして全英No.1を記録していますが、アメリカではこの曲の方が先にヒットしました。

2位は4位からアップ、Grover Washington jr/Bill Withersの"Just the two of us"。Grover Washington jrはジャズ・フュージョン界を代表するサックス奏者ですが、レギュラーチャートでは初めてのTop40ヒット。ゲストボーカルのBill Withersは1972年に1位を記録した"Lean on Me"、2位を記録した"Use Me"以来のTop5ヒットです。
3位は前週と変わらず、Smokey Robinsonの"Being With You"。Smokey Robinson、1979年に4位を記録した久しぶりの大ヒット曲"Crusin'"以来のTop5ヒットです。
4位は5位からアップ、Juice Newtonの"Angel Of The Morning"。Juice Newton、デビューはだいぶ前ですが、この曲で初めてのTop40ヒットです。
5位は1位からダウン、3週間の1位の大ヒット、Hall & Oatesの"Kiss on My List"。Hall & Oates、1977年の大ヒット"Rich Girl"以来2曲目のNo.1です。

この週13位がTerri Gibbsの"Somebody's Knockin'"。最高位は4月25日と5月2日の13位。年間チャートは51位。地味な曲ですが大ヒットしました。
テリー・ギブスですが、この曲がデビュー曲、ジョージア州出身の盲目のカントリーシンガーソングライターです。
全米Top40ヒットはこの曲のみ、Hot100にはもう1曲"Rich Man"という曲が最高位89位と下位ではありましたがエントリーしていました。

そもそも日本では全く知られていないアーチストですし、この曲もほとんど知られていないでしょうけれども、さらっとした軽い曲、ちょっと鼻にかかったようなボーカル、当時結構この曲好きだったのです。


今週 先週 song / artist
1 2 MORNING TRAIN (NINE TO FIVE) / SHEENA EASTON
2 4 JUST THE TWO OF US / Grover Washington jr/BILL WITHERS
3 3 BEING WITH YOU / SMOKEY ROBINSON
4 5 ANGEL OF THE MORNING / JUICE NEWTON
5 1 KISS ON MY LIST / DARYL HALL & JOHN OATES
6 6 RAPTURE / BLONDIE
7 18 BETTE DAVIS EYES / KIM CARNES
8 7 WHILE YOU SEE A CHANCE / STEVE WINWOOD
9 16 LIVING INSIDE MYSELF / GINO VANNELLI
10 11 I CAN'T STAND IT / ERIC CLAPTON
11 12 HER TOWN TOO / J.D. SOUTHER & JAMES TAYLOR
12 17 TAKE IT ON THE RUN / REO SPEEDWAGON
13 13 SOMEBODY'S KNOCKIN' / TERRI GIBBS
14 10 DON'T STAND SO CLOSE TO ME / POLICE
15 19 TOO MUCH TIME ON MY HANDS / STYX
16 8 WOMAN / JOHN LENNON
17 25 WATCHING THE WHEELS / JOHN LENNON
18 30 SUKIYAKI / A TASTE OF HONEY
19 20 AIN'T EVEN DONE WITH THE NIGHT / JOHN COUGAR
20 23 SWEETHEART / FRANKE & THE KNOCKOUTS
21 24 YOU BETTER YOU BET / WHO
22 22 TIME OUT OF MIND / STEELY DAN
23 26 HOW 'BOUT US / CHAMPAIGN
24 27 I LOVE YOU / CLIMAX BLUES BAND
25 38 A WOMAN NEEDS LOVE / RAY PARKER JR. & RAYDIO
26 14 KEEP ON LOVING YOU / REO SPEEDWAGON
27 29 I MISSED AGAIN / PHIL COLLINS
28 32 LOVE YOU LIKE I NEVER LOVED BEFORE / JOHN O'BANION
29 36 WHAT ARE WE DOIN' IN LOVE / DOTTIE WEST
30 33 HOLD ON LOOSELY / 38 SPECIAL
31 40 SAY YOU'LL BE MINE / CHRISTOPHER CROSS
32 48 STARS ON 45 / STARS ON 45
33 9 THE BEST OF TIMES / STYX
34 15 CRYING / DON MCLEAN
35 49 SINCE I DON'T HAVE YOU / DON MCLEAN
36 42 FIND YOUR WAY BACK / JEFFERSON STARSHIP
37 39 WASN'T THAT A PARTY / THE ROVERS
38 44 BLESSED ARE THE BELIEVERS / ANNE MURRAY
39 76 AMERICA / NEIL DIAMOND
40 67 THIS LITTLE GIRL / GARY "U.S." BONDS
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加