ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。

全米最新 Billboard Hot100 2016年7月2日付 Carrie Underwood - Church Bells

2016-06-26 16:57:11 | 最新ビルボードHot100
全米最新 Billboard Hot100 2016年7月2日付、5週連続の1位で通算6週目の1位の大ヒット、Drake Featuring WizKid & Kylaの"One Dance"。カナダ出身のラッパー、ドレイク、数多くのヒットを持っていますが以外にも初めてのNo.1ヒットです。

2位は3位からアップ、5週前の初登場1位、1位は1週のみで3位まで下がりましたがまたまた2位まで上がってきました、Justin Timberlakeの"Can't Stop The Feeling!"。Justin Timberlake、4曲目のNo.1ヒット。

3位は2位からダウン、2週間の1位を記録した曲、Desiignerの"Panda"。新人で初めてのヒットで1位獲得です。「パンダ」を連呼しているヒップホップ。
4位は前週と変わらず、The Chainsmokers Featuring Dayaの"Don't Let Me Down"。The Chainsmokers、初めてのTop5ヒットです。
5位も前週と変わらず、Fifth Harmony Featuring Ty Dolla $ignの"Work From Home"。Fifth Harmony、初めてのTop5ヒットです。

この週48位はCarrie Underwoodの"Church Bells"。Hot100には6週目。
キャリー・アンダーウッドですが、2004年のアメリカン・アイドルのシーズン4で優勝した実力派女性ボーカリスト。
元々カントリー歌手としてヒットしていましたが、最近はポップス系の歌のみならず、ロック系の曲でもヒットを出している全米を代表する歌姫です。
この曲もカントリーチャートで今週5位ですが、カントリーというよりもウエストコーストロックです。



今週 先週 タイトル/アーティスト
1 1 One Dance / Drake Featuring WizKid & Kyla
2 3 Can't Stop The Feeling! / Justin Timberlake
3 2 Panda / Desiigner
4 4 Don't Let Me Down / The Chainsmokers Featuring Daya
5 5 Work From Home / Fifth Harmony Featuring Ty Dolla $ign
6 7 This Is What You Came For / Calvin Harris Featuring Rihanna
7 9 Needed Me / Rihanna
8 13 Cheap Thrills / Sia Featuring Sean Paul
9 8 I Took A Pill In Ibiza / Mike Posner
10 11 Don't Mind / Kent Jones
11 6 7 Years / Lukas Graham
12 10 Just Like Fire / P!nk
13 15 Ride / twenty one pilots
14 27 Close / Nick Jonas Featuring Tove Lo
15 14 Dangerous Woman / Ariana Grande
16 12 Work / Rihanna Featuring Drake
17 17 H.O.L.Y. / Florida Georgia Line
18 31 Me Too / Meghan Trainor
19 19 Love Yourself / Justin Bieber
20 28 Send My Love (To Your New Lover) / Adele
21 21 Stressed Out / twenty one pilots
22 16 Never Forget You / Zara Larsson & MNEK
23 24 Controlla / Drake
24 25 Lost Boy / Ruth B
25 22 Cake By The Ocean / DNCE
26 20 Pillowtalk / Zayn
27 32 Let It Go / James Bay
28 23 My House / Flo Rida
29 33 Too Good / Drake Featuring Rihanna
30 26 Low Life / Future Featuring The Weeknd
31 29 All The Way Up / Fat Joe, Remy Ma & Jay Z Featuring French Montana & Infared
32 30 Me, Myself & I / G-Eazy x Bebe Rexha
33 36 Sorry / Justin Bieber
34 35 Oui / Jeremih
35 37 Cut It / O.T. Genasis Featuring Young Dolph
36 46 Never Be Like You / Flume Featuring Kai
37 43 Huntin', Fishin' & Lovin' Every Day / Luke Bryan
38 41 Sorry / Beyonce
39 48 Unsteady / X Ambassadors
40 18 For Free / DJ Khaled Featuring Drake
41 40 Humble And Kind / Tim McGraw
42 39 2 Phones / Kevin Gates
43 44 Wicked / Future
44 52 Kill Em With Kindness / Selena Gomez
45 42 Pop Style / Drake Featuring The Throne
46 38 Exchange / Bryson Tiller
47 45 T-Shirt / Thomas Rhett
48 58 Church Bells / Carrie Underwood
49 53 Really Really / Kevin Gates
50 47 Into You / Ariana Grande
51 55 Uber Everywhere / MadeinTYO
52 51 Wild Things / Alessia Cara
53 60 Lights Come On / Jason Aldean
54 50 No / Meghan Trainor
55 61 I Hate U I Love U / gnash Featuring Olivia O'Brien
56 63 Wake Up / Fetty Wap
57 62 Wasted Time / Keith Urban
58 57 Somewhere On A Beach / Dierks Bentley
59 67 Head Over Boots / Jon Pardi
60 59 From The Ground Up / Dan + Shay
61 68 Record Year / Eric Church
62 54 Came Here To Forget / Blake Shelton
63 34 Treat You Better / Shawn Mendes
64 74 Wherever I Go / OneRepublic
65 65 Body / Dreezy Featuring Jeremih
66 66 The Sound Of Silence / Disturbed
67 79 Gold / Kiiara
68 71 You Don't Own Me / Grace Featuring G-Eazy
69 69 Hype / Drake
70 - Try Everything / Shakira
71 - Champions / Kanye West, Gucci Mane, Big Sean, 2 Chainz, Travi$ Scott, Yo Gotti, Quavo, Desiigner
72 81 Peter Pan / Kelsea Ballerini
73 72 Childs Play / Drake
74 83 American Country Love Song / Jake Owen
75 82 Make You Miss Me / Sam Hunt
76 - THat Part / ScHoolboy Q Featuring Kanye West
77 64 Messin' Around / Pitbull Featuring Enrique Iglesias
78 - Light It Up / Major Lazer Featuring Nyla & Fuse ODG
79 73 Still Here / Drake
80 80 Noise / Kenny Chesney
81 78 Think Of You / Chris Young Duet With Cassadee Pope
82 77 Grammys / Drake Featuring Future
83 86 Sit Still, Look Pretty / Daya
84 93 Fix / Chris Lane
85 89 Hasta El Amanecer / Nicky Jam
86 - We Don't Talk Anymore / Charlie Puth Featuring Selena Gomez
87 - Broccoli / D.R.A.M. Featuring Lil Yachty
88 - Hymn For The Weekend / Coldplay
89 96 Kiss It Better / Rihanna
90 - Sweatshirt / Jacob Sartorius
91 99 No Problem / Chance The Rapper Featuring Lil Wayne & 2 Chainz
92 - Money Longer / Lil Uzi Vert
93 85 With You / Drake Featuring PARTYNEXTDOOR
94 - My PYT / Wale
95 90 Ophelia / The Lumineers
96 84 Might Not / Belly Featuring The Weeknd
97 97 Father Stretch My Hands Pt. 1 / Kanye West
98 - Toothbrush / DNCE
99 - Different For Girls / Dierks Bentley Featuring Elle King
100 92 Faded / Alan Walker
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1980年6月25日付 ビルボード 全米 Top40 アンブロージア Ambrosia - Biggest Part of Me

2016-06-22 21:31:57 | 1980年ビルボードTop40チャート
1980年6月25日付ビルボード All American Top40、4週目の1位の大ヒットとなりました、Lipps,Inc.の"Funkytown"。Lipps,Inc.ですが、アメリカミネソタ州ミネアポリスで結成されたディスコソングユニットで、もちろん初めてのヒット曲で1位を記録しました。

2位は前週と変わらず、2位は3週目、Paul McCartney & Wingsの"Coming Up"、表記はWingsではありましたが1978年に5位まで上がった"Goodnight Tonight"以来のTop5ヒットです。
3位も前週と変わらず、こちらも3位が3週目、Ambrosiaの"Biggest Part of Me"。Ambrosia、1978年に3位を記録した"How Much I Feel"以来のTop5ヒットとなりました。
4位も前週と変わらず、Bette Midlerの"The Rose"、ベット・ミドラー自身が主演し、ロック歌手ジャニス・ジョプリンがモデルとなった映画「The Rose」主題歌。ベット・ミドラー、ヒット曲はたくさん持っていますがこの曲で初めてのTop5ヒットです。
5位も前週と変わらず、Bob Seger & the Silver Bullet Bandの"Against The Wind"。Bob Segerですが、1978年に4位を記録した"Still The Same"以来のTop5ヒットです。

この週3週目の3位はAmbrosiaの"Biggest Part of Me"。最高位はこの3位、年間チャートは27位、1978年に同じく3位まで上がった"How Much I Feel"以来、2曲目の大ヒットです。
Ambrosiaですが、1970年代前半にロサンゼルスで結成されたアメリカでは珍しいプログレロックグループ。
アラン・パーソンズのプロデュースでプログレのアルバムを発表、The Alan Parsons Ambrosiaと表明していたこともありました。
その後、AORのバラードが曲の中心となり、"How Much I Feel"の大ヒットに結び付きました。
そしてこの曲"Biggest Part of Me"ですが、コーラスが美しく、"How Much I Feel"よりもさらに洗練された名曲です。


今週 先週 song / artist
1 1 FUNKYTOWN / LIPPS, INC.
2 2 COMING UP / PAUL MCCARTNEY & WINGS
3 3 BIGGEST PART OF ME / AMBROSIA
4 4 THE ROSE / BETTE MIDLER
5 5 AGAINST THE WIND / BOB SEGER
6 7 IT'S STILL ROCK AND ROLL TO ME / BILLY JOEL
7 8 LITTLE JEANNIE / ELTON JOHN
8 10 STEAL AWAY / ROBBIE DUPREE
9 9 CARS / GARY NUMAN
10 11 SHE'S OUT OF MY LIFE / MICHAEL JACKSON
11 13 CUPID / SPINNERS
12 6 CALL ME / BLONDIE
13 14 LET'S GET SERIOUS / JERMAINE JACKSON
14 12 DON'T FALL IN LOVE WITH A DREAMER / KENNY ROGERS w/KIM CARNES
15 18 LET ME LOVE YOU TONIGHT / PURE PRAIRIE LEAGUE
16 22 SHINING STAR / MANHATTANS
17 16 BRASS IN POCKET / PRETENDERS
18 17 STOMP! / BROTHERS JOHNSON
19 15 HURTS SO BAD / LINDA RONSTADT
20 26 TIRED OF TOEIN' THE LINE / ROCKY BURNETTE
21 23 SHOULD'VE NEVER LET YOU GO / NEIL SEDAKA & DARA SEDAKA
22 29 ONE FINE DAY / CAROLE KING
23 19 SEXY EYES / DR. HOOK
24 36 MAGIC / OLIVIA NEWTON-JOHN
25 21 WONDERING WHERE THE LIONS ARE / BRUCE COCKBURN
26 20 LOST IN LOVE / AIR SUPPLY
27 27 WE LIVE FOR LOVE / PAT BENATAR
28 40 I'M ALIVE / ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA
29 37 MORE LOVE / KIM CARNES
30 30 TWILIGHT ZONE/TWILIGHT TONE / MANHATTAN TRANSFER
31 34 TWO PLACES AT THE SAME TIME / RAY PARKER JR. & RAYDIO
32 32 NEW YORK, NEW YORK / FRANK SINATRA
33 35 ANSWERING MACHINE / RUPERT HOLMES
34 38 ALL NIGHT LONG / JOE WALSH
35 47 GIMME SOME LOVIN' / BLUES BROTHERS
36 24 RIDE LIKE THE WIND / CHRISTOPHER CROSS
37 31 WE WERE MEANT TO BE LOVERS / PHOTOGLO
38 41 ANGEL SAY NO / TOMMY TUTONE
39 49 MISUNDERSTANDING / GENESIS
40 44 ATOMIC / BLONDIE
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

全米最新 Billboard Hot100 2016年6月25日付 Nick Jonas Featuring Tove Lo - Close

2016-06-19 17:52:09 | 最新ビルボードHot100
全米最新 Billboard Hot100 2016年6月25日付、4週連続の1位で通算5週目の1位はDrake Featuring WizKid & Kylaの"One Dance"。カナダ出身のラッパー、ドレイク、数多くのヒットを持っていますが以外にも初めてのNo.1ヒットです。

2位は前週と変わらず、2週間の1位を記録した曲、Desiignerの"Panda"。新人で初めてのヒットで1位獲得です。「パンダ」を連呼しているヒップホップ。
3位も前週と変わらず、4週前の初登場1位、1位は1週のみで3位まで下がりましたがこの週で4週目の3位です、Justin Timberlakeの"Can't Stop The Feeling!"。Justin Timberlake、4曲目のNo.1ヒット。
4位は5位からアップ、The Chainsmokers Featuring Dayaの"Don't Let Me Down"。The Chainsmokers、初めてのTop5ヒットです。
5位は4位からダウン、Fifth Harmony Featuring Ty Dolla $ignの"Work From Home"。Fifth Harmony、初めてのTop5ヒットです。

この週27位はNick Jonas Featuring Tove Loの"Close"。最高位は15位でHot100には11週目のエントリーです。
Nick Jonasですが、アメリカテキサス出身のポップス歌手、元々はブロードウエイで活躍するミュージカル歌手で、兄弟で4人組ポップ・グループのジョナス・ブラザーズで活躍した後ソロでヒットしました。昨年"Jealous"が7位を記録するヒットとなっています。
一方、Tove Loはスウェーデン出身のシンガーソングライター、"Habits (Stay High)"nが3位となる大ヒットを持っています。


今週 先週 タイトル/アーティスト
1 1 One Dance / Drake Featuring WizKid & Kyla
2 2 Panda / Desiigner
3 3 Can't Stop The Feeling! / Justin Timberlake
4 5 Don't Let Me Down / The Chainsmokers Featuring Daya
5 4 Work From Home / Fifth Harmony Featuring Ty Dolla $ign
6 6 7 Years / Lukas Graham
7 9 This Is What You Came For / Calvin Harris Featuring Rihanna
8 7 I Took A Pill In Ibiza / Mike Posner
9 8 Needed Me / Rihanna
10 10 Just Like Fire / P!nk
11 13 Don't Mind / Kent Jones
12 12 Work / Rihanna Featuring Drake
13 19 Cheap Thrills / Sia Featuring Sean Paul
14 11 Dangerous Woman / Ariana Grande
15 22 Ride / twenty one pilots
16 14 Never Forget You / Zara Larsson & MNEK
17 21 H.O.L.Y. / Florida Georgia Line
18 - For Free / DJ Khaled Featuring Drake
19 16 Love Yourself / Justin Bieber
20 15 Pillowtalk / Zayn
21 18 Stressed Out / twenty one pilots
22 17 Cake By The Ocean / DNCE
23 20 My House / Flo Rida
24 25 Controlla / Drake
25 28 Lost Boy / Ruth B
26 23 Low Life / Future Featuring The Weeknd
27 26 Close / Nick Jonas Featuring Tove Lo
28 32 Send My Love (To Your New Lover) / Adele
29 27 All The Way Up / Fat Joe, Remy Ma & Jay Z Featuring French Montana & Infared
30 24 Me, Myself & I / G-Eazy x Bebe Rexha
31 37 Me Too / Meghan Trainor
32 29 Let It Go / James Bay
33 30 Too Good / Drake Featuring Rihanna
34 - Treat You Better / Shawn Mendes
35 33 Oui / Jeremih
36 31 Sorry / Justin Bieber
37 36 Cut It / O.T. Genasis Featuring Young Dolph
38 39 Exchange / Bryson Tiller
39 34 2 Phones / Kevin Gates
40 45 Humble And Kind / Tim McGraw
41 40 Sorry / Beyonce
42 35 Pop Style / Drake Featuring The Throne
43 49 Huntin', Fishin' & Lovin' Every Day / Luke Bryan
44 51 Wicked / Future
45 41 T-Shirt / Thomas Rhett
46 46 Never Be Like You / Flume Featuring Kai
47 48 Into You / Ariana Grande
48 70 Unsteady / X Ambassadors
49 44 Middle / DJ Snake Featuring Bipolar Sunshine
50 43 No / Meghan Trainor
51 50 Wild Things / Alessia Cara
52 74 Kill Em With Kindness / Selena Gomez
53 52 Really Really / Kevin Gates
54 42 Came Here To Forget / Blake Shelton
55 56 Uber Everywhere / MadeinTYO
56 57 My Church / Maren Morris
57 38 Somewhere On A Beach / Dierks Bentley
58 63 Church Bells / Carrie Underwood
59 86 From The Ground Up / Dan + Shay
60 64 Lights Come On / Jason Aldean
61 59 I Hate U I Love U / gnash Featuring Olivia O'Brien
62 65 Wasted Time / Keith Urban
63 58 Wake Up / Fetty Wap
64 69 Messin' Around / Pitbull Featuring Enrique Iglesias
65 62 Body / Dreezy Featuring Jeremih
66 53 The Sound Of Silence / Disturbed
67 68 Head Over Boots / Jon Pardi
68 66 Record Year / Eric Church
69 54 Hype / Drake
70 55 Snapback / Old Dominion
71 71 You Don't Own Me / Grace Featuring G-Eazy
72 60 Childs Play / Drake
73 61 Still Here / Drake
74 78 Wherever I Go / OneRepublic
75 - Nothing Is Promised / Mike WiLL Made-It x Rihanna
76 73 Light It Up / Major Lazer Featuring Nyla & Fuse ODG
77 67 Grammys / Drake Featuring Future
78 75 Think Of You / Chris Young Duet With Cassadee Pope
79 83 Gold / Kiiara
80 79 Noise / Kenny Chesney
81 92 Peter Pan / Kelsea Ballerini
82 93 Make You Miss Me / Sam Hunt
83 89 American Country Love Song / Jake Owen
84 76 Might Not / Belly Featuring The Weeknd
85 77 With You / Drake Featuring PARTYNEXTDOOR
86 100 Sit Still, Look Pretty / Daya
87 72 Mind Reader / Dustin Lynch
88 82 Formation / Beyonce
89 95 Hasta El Amanecer / Nicky Jam
90 96 Ophelia / The Lumineers
91 80 Feel No Ways / Drake
92 88 Faded / Alan Walker
93 99 Fix / Chris Lane
94 81 Law / Yo Gotti Featuring E-40
95 91 Piece By Piece / Kelly Clarkson
96 94 Kiss It Better / Rihanna
97 - Father Stretch My Hands Pt. 1 / Kanye West
98 85 Moolah / Young Greatness
99 97 No Problem / Chance The Rapper Featuring Lil Wayne & 2 Chainz
100 90 Youth / Troye Sivan
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1980年6月14日付 ビルボード 全米 Top40 Don't Fall In Love With A Dreamer - Kenny Rogers & Kim Carnes

2016-06-18 08:59:44 | 1980年ビルボードTop40チャート
1980年6月14日付ビルボード All American Top40、3週目の1位はLipps,Inc.の"Funkytown"。Lipps,Inc.ですが、アメリカミネソタ州ミネアポリスで結成されたディスコソングユニットで、もちろん初めてのヒット曲で1位を記録しました。

2位は前週と変わらず、Paul McCartney & Wingsの"Coming Up"、表記はWingsではありましたが1978年に5位まで上がった"Goodnight Tonight"以来のTop5ヒットです。
3位も前週と変わらず、Ambrosiaの"Biggest Part of Me"。Ambrosia、1978年に3位を記録した"How Much I Feel"以来のTop5ヒットとなりました。
4位は6位からアップ、Bette Midlerの"The Rose"、ベット・ミドラー自身が主演し、ロック歌手ジャニス・ジョプリンがモデルとなった映画「The Rose」主題歌。ベット・ミドラー、ヒット曲はたくさん持っていますがこの曲で初めてのTop5ヒットです。
5位は7位からアップ、Bob Seger & the Silver Bullet Bandの"Against The Wind"。Bob Segerですが、1978年に4位を記録した"Still The Same"以来のTop5ヒットです。

この週12位はKenny Rogers with Kim Carnesの"Don't Fall In Love With A Dreamer"、邦題は「荒野に消えた愛」。
最高位は5月24日から3週連続続けた4位、年間チャートは33位のヒットとなりました。
バラードの大ヒットを60年代後半から数多く持っているケニー・ロジャースとキム・カーンズのデュエット曲、キム・カーンズとしてはジーン・コットンとのデュエットで名バラード曲「You're a Part of Me」に続く2曲目のTop40ヒットです。キム・カーンズですが、ご存知の通り翌年の1981年に「ベティ・デイビスの瞳」が歴史に残る大ヒットを記録します。
ケニー・ロジャースはカントリー歌手として「The Gambler」など良い曲をたくさん持っているのですが、1970年代後半からはあまりにもバラードに傾斜し、カントリー歌手というよりもポップスバラード歌手となってしまいましたが、この曲「荒野に消えた愛」はカントリー色が強く、キム・カーンズのハスキーボイスが良い雰囲気を出しています。
日本語訳、情報はめったさんがブログに詳しく紹介されています。ぜひこちらもご覧ください。


今週 先週 song / artist
1 1 FUNKYTOWN / LIPPS, INC.
2 2 COMING UP / PAUL MCCARTNEY & WINGS
3 3 BIGGEST PART OF ME / AMBROSIA
4 6 THE ROSE / BETTE MIDLER
5 7 AGAINST THE WIND / BOB SEGER
6 5 CALL ME / BLONDIE
7 11 IT'S STILL ROCK AND ROLL TO ME / BILLY JOEL
8 10 LITTLE JEANNIE / ELTON JOHN
9 9 CARS / GARY NUMAN
10 13 STEAL AWAY / ROBBIE DUPREE
11 12 SHE'S OUT OF MY LIFE / MICHAEL JACKSON
12 4 DON'T FALL IN LOVE WITH A DREAMER / KENNY ROGERS w/KIM CARNES
13 15 CUPID / SPINNERS
14 18 LET'S GET SERIOUS / JERMAINE JACKSON
15 8 HURTS SO BAD / LINDA RONSTADT
16 14 BRASS IN POCKET / PRETENDERS
17 17 STOMP! / BROTHERS JOHNSON
18 20 LET ME LOVE YOU TONIGHT / PURE PRAIRIE LEAGUE
19 16 SEXY EYES / DR. HOOK
20 19 LOST IN LOVE / AIR SUPPLY
21 21 WONDERING WHERE THE LIONS ARE / BRUCE COCKBURN
22 27 SHINING STAR / MANHATTANS
23 25 SHOULD'VE NEVER LET YOU GO / NEIL SEDAKA & DARA SEDAKA
24 23 RIDE LIKE THE WIND / CHRISTOPHER CROSS
25 22 BREAKDOWN DEAD AHEAD / BOZ SCAGGS
26 34 TIRED OF TOEIN' THE LINE / ROCKY BURNETTE
27 30 WE LIVE FOR LOVE / PAT BENATAR
28 28 LADY / WHISPERS
29 45 ONE FINE DAY / CAROLE KING
30 33 TWILIGHT ZONE/TWILIGHT TONE / MANHATTAN TRANSFER
31 32 WE WERE MEANT TO BE LOVERS / PHOTOGLO
32 35 NEW YORK, NEW YORK / FRANK SINATRA
33 29 ANOTHER BRICK IN THE WALL / PINK FLOYD
34 37 TWO PLACES AT THE SAME TIME / RAY PARKER JR. & RAYDIO
35 41 ANSWERING MACHINE / RUPERT HOLMES
36 50 MAGIC / OLIVIA NEWTON-JOHN
37 65 MORE LOVE / KIM CARNES
38 42 ALL NIGHT LONG / JOE WALSH
39 39 NEW ROMANCE / SPIDER
40 49 I'M ALIVE / ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

J・ガイルズ・バンド J. Geils Band - Love Stinks(ビルボード1980年の洋楽 Part10)

2016-06-12 22:07:51 | '80年洋楽
1980年の洋楽を紹介するシリーズの第10弾はJ. Geils Bandの"Love Stinks"。
最高位は5月31日と6月7日の38位。

J. Geils Band、J. Geils率いる1970年代初めにデビューしたアメリカンブルースロックバンド。
この"Love Stinks"は、アルバム「ラヴ・スティンクス - Love Stinks」から"Comeback"に続くシングルカットです。

J. Geils Bandですが、1974年に12位を記録した大ヒット"Must of Got Lost"がありましたがその後5年ほどヒットには恵まれませんでした。
ピーター・ウルフの特徴あるボーカルにJ. Geilsのギターがすごくカッコいいのですが、泥臭さいロックが多く、メジャーヒットにはなかなか結び付きませんでしたが、70年代後半になってから徐々に洗練されたロックになり、"One Last Kiss""Comeback"そしてこの曲"Love Stinks"のスマッシュヒットが出てきます。
私としてはこの頃のJ. Geils Bandはいい雰囲気でカッコよく、一番好きな時代です。
その後、1981年の歴史に残る大ヒット"Centerfold"が登場、一躍大人気バンドとなります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加