=118 ~木の因数分解~(家具工房つなぎブログ)

南房総でサクラの家具を作っています。ショールーム&カフェに遊びにおいでください。

南房総市の移住検討ツアー

2018年10月13日 | 【日記】いろいろ
本日は南房総市の移住等検討ツアーのプログラムとしてツアーの皆様にご訪問頂きました。ちょっと天気が残念でしたね( ;∀;)
短いお時間で小生がどこまで南房総の魅力をお伝えできたかわかりませんが・・・・
写真を撮り忘れというか話していたので、お見送りで一枚だけ。
コメント

リゾットに挑戦

2018年09月26日 | 【日記】いろいろ


さっそくリゾットに挑戦してみました(#^.^#)

緑がないので写りはいまいちですが味は美味しいです。
初リゾットは大成功。

蓋があいてるので失敗が少なく、
オイルの量やスープの濃さを調節できるのがいいですね!
でもあまりにあっさりさせて、出汁を魚介にしたりすると日本のおじやと変わらなくなるかも・・・
あとは意外とチーズが高くつくかもしれません。
ということで、リゾットをマイレシピに加えさせて頂きました ^^) _

コメント

久しぶりの海外

2018年09月22日 | 【日記】いろいろ
久しぶりに海外に行ってきました。企業以来初!
(いわゆるハネムーンってやつです ^^) )

パスポートはICチップになってるし、フライトチェックインはパスポートかざせばOKで「窓側希望」とか言う余地ないし、帰国の入国審査では「スタンプ必要なら押しますよ」みたいなちょっと拍子抜け。
有名観光地の入場チケットもすべて事前にオンライン購入できて時間指定まで。スマホのおかげで街中での情報収集も楽で、昔の海外旅行のように事前準備に気合入れて、いったん出国してしまえばあとは成り行き任せ的な楽しみがちょっとなくなったような・・・でもスマホのおかげで旅中知り合った外国人旅行客にその場で写真を送ってあげたりできて、たしかに便利な面もある。

昔から「どこの国に行った」というよりは「どの街に行った」という旅行をしてきたつもりなので、今回もバルセロナとドブロブニクに3日間ずつの滞在予定を組んだ自由旅行。

ガウディの建築物はいちいち曲線で作らされる職人としては大変だなーとか、アドリア海はやっぱり綺麗だったというのが大きな印象です。

あともうひとつの目的が「本場のパエリアを食べること」。滞在中計4食しか食べられませんでしたが、結論的にはオリーブオイルたっぷりで重い感じが第一印象。ドブロブニクで数食食べた「リゾット」のほうが日本人には合うかなというのが感想ですね。ということで、今後はお米料理のレパートリーとしてリゾットにも挑戦するかもしれません(*^-^*)
でもスペインバルの活気は楽しくて、仮にも南欧風リゾートを目指していたことがある?館山にも、そんな楽しいバルができたらなーと思います。バルセロナネタお持ちの方語りましょう。
gracias!











コメント

虎刈り

2018年09月10日 | 【日記】いろいろ
工房前の田んぼ。これぞ「虎刈り」!
コメント

夏もお米

2018年09月07日 | 【日記】いろいろ
夏も
しっかり
お米を食べました。









コメント

45の夜会

2018年09月04日 | 【日記】いろいろ


「少しだけ自由になれた気がした45の夜会」

と元テレビ局の脱サラアイデアマンが銘打ち、大学時代のバイク乗りメンバーが館山に。






現在は企画屋、サラリーマン、職人とそれぞれ境遇は違うが、45歳の知恵を出してこれからのことを話しました。

昼はバイク乗りらしく「〇〇最南端」を目指し灯台に行ったり、ディープな洞窟風呂に行ったり、なにか怪しいものを頭につけて遊んでいるのは新しい野外ゲームのプロトタイプ。来年には全国で流行っているかも?!
コメント

私事ですが

2018年08月31日 | 【日記】いろいろ
私事ですみませんが本年入籍いたしました。
とっても暑かったのですが(;'∀')、今月ようやく記念写真を撮ることができました。
(写真をお願いしたのはお客様のPhoto感写さん)

公私とも今後もよろしくお願い申し上げます。
コメント

尻尾だけ

2018年08月27日 | 【日記】いろいろ


この格好で尻尾だけ振られても嬉しくない。
コメント (2)

晩酌は砂浜で

2018年08月22日 | 【日記】いろいろ
どうせ晩酌するなら歩いて海へ。

海水浴シーズンが過ぎた夜の海は静で、三日月がしっとり。(うまく撮れませんでした)
プレモルで乾杯🍻
コメント

日雇いの醍醐味

2018年08月03日 | 【日記】いろいろ
日雇いの醍醐味!

先日創業前にお世話になった会社でお手伝いしてきました。人手探しに困っていたアルバイトは、ずばり交通量調査!
アスファルトの炎天下12時間、ご想像にお任せします(';')

しかしその一日の労働が終わり、日当の入った封筒を頂くときの喜びはなかなか味わえない貴重な体験です?
「汗水流した対価を目に見える現金で頂き、それを握りしめ一杯に出かける」
その日暮らしと言うと聞こえはあまりよくありませんが、動物本来の生活のような気がする。
そんな感覚を呼び起こしてくれる日雇いバイトもたまにはいいもんです(*^-^*)




コメント