よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

お休みなさい。

2017-12-15 13:36:39 | 日記
それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
コメント

土曜日010

2017-12-15 13:36:08 | 日記
続きです。

王杯大会編は途中で終わりますけど、まだ、シークレット・ステージも一つ残っていますから、今年中に説明仕切れるかどうかちょっと解りませんね。

ちょっと、今日はいつもより、短めにさせていただきましたが、以上となります。
コメント

土曜日009

2017-12-15 13:35:40 | 日記
続きです。

とどめはフェンディナ戦では説明だけしかしてなかった来刀刃(らいとうじん)という刀身の無い刀を使って勝利するという感じですね。

今までのパターンで考えると二戦言えれば良い方なので、明日はこれくらいですかね?

一応、次の第三戦テスタ・ファッチャVSフェアトラークの読み返しまでは見てから説明しようとは思っていますけどね。

続きます。
コメント

土曜日008

2017-12-15 13:35:13 | 日記
続きです。

次は第二戦、陸 海空(りく かいくう)対ツェーゾですね。

海空は封印術以外の特技、【存在履歴(そんざいりれき)の検索】という力を使います。

海空は戦っている相手が今まで戦ってきた相手を感じ取ることが出来ます。

それにより出す能力が全てはじかれます。

続きます。
コメント

土曜日007

2017-12-15 13:34:42 | 日記
続きです。

という所で時間切れですね。

明日はこのエカテリーナとカルン・ナーブの惑星のキャッチボールを初めとした力業の応酬とエカテリーナが勝利するのに使った一回こっきりの力【渾身超撃(こんしんちょうげき)】などについて説明する事になりますね。

惑星がブラックホール化するなどの説明をすると思います。

続きます。
コメント

土曜日006

2017-12-15 13:34:14 | 日記
続きです。

という様な説明をしていたんですが、最近、この説明が長いので省略させていただこうと思っています。

後は、時間が無くなったので、次の本戦第1戦はエカテリーナ対カルン・ナーブ戦で、前に話した惑星のキャッチボールをやった試合ですと言いました。

続きます。
コメント

土曜日005

2017-12-15 13:33:36 | 日記
続きです。

こうして、控え室を舞台に吟侍にとっては居心地の悪い空間になりますが、女性キャラが集まって来ることになります。

吟侍は陸 海空(りく かいくう)の様な男性キャラとつるみたいのですが、近寄ってくるのは女性キャラばかりという展開になりますね。

続きます。
コメント

土曜日004

2017-12-15 13:32:56 | 日記
続きです。

そんな感じで吟侍を巡ってソナタとフェンディナがまず集まりますが、それ以外に、控え室には那遠(なえ)とレスティーが来ていました。

2人は吟侍がアナスタシア城に向かう際、助けていました。

当時は2人はゴリラと馬のかぶり物をしていましたが、恩返しがしたいとやって来ていたのです。

続きます。
コメント

土曜日003

2017-12-15 13:32:27 | 日記
続きです。

そこで、考えたのが吟侍という超優良物件に対して女性キャラがアプローチするけど、吟侍はソナタを通じてカノンが居る手前、浮気は出来ません。

吟侍としては拒絶するより他にありませんが、恋愛下手な吟侍は上手く断れません。

そこで、言い寄る女性キャラ、逃げる吟侍の図式ができあがります。

続きます。
コメント

土曜日002

2017-12-15 13:31:59 | 日記
続きです。

ソナタにあんた呼ばわりされたのはフェンディナでした。

フェンディナは【わ、私は吟侍さんに相談を】と言いますが、吟侍目当てなのは明かです。

ここからラブコメ的展開になるのですが、吟侍の恋人カノンはこの場には居ません。

続きます。
コメント

土曜日001

2017-12-15 13:31:28 | 日記
それでは、今日は言った話を書きます。

王杯大会エカテリーナ枠の本戦出場16名が決まった所で吟侍は控え室に居ました。

そこに、予備戦の五回戦で戦ったソナタが来ています。

ソナタは【で、なんであんたがいるわけ?】と聞きます。

続きます。
コメント

さて……2

2017-12-15 13:30:44 | 日記
さて、それでは、いつもの人に今日言った事と明日言う事を書きます。
コメント

ちょこっとストーリー005

2017-12-15 13:30:02 | 日記
続きです。

1名あたりの質はセント・アンバーの方が上ですが、イビル・アンバーは量があります。

質が上か量が上かという問題になりますかね?

という所で5回目になりましたので、次回に続きます。
コメント

ちょこっとストーリー004

2017-12-15 13:29:32 | 日記
続きです。

通常編の場合は、イビル・アンバーの勢力とセント・アンバーの勢力のつぶし合いという事になりますね。

続きます。
コメント

ちょこっとストーリー003

2017-12-15 13:29:08 | 日記
続きです。

では、次に、通常編と破綻編のたどる未来の違いについて考えて行こうと思います。

これはパラレルワールドの様な関係となりますね。

続きます。
コメント