よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

すみません、安静にします。

2010-08-31 21:09:53 | ブログ

すみません、帰って来て、制作する予定でしたが、体中痛いので、休みの間は安静にしていることにします。

それでは、お休みなさい。

コメント

映画は良かったです。

2010-08-31 20:30:05 | ブログ

交通事故にはあってしまいましたが、映画は良かったです。

何にしようか迷いましたが、前に行くと行っていたインセプションを見に行くことにしました。

正直、他人のアイデアを盗むのも立派な泥棒だと思って見ていたのですが、主役のディカプリオさんのコブや渡辺謙さんのサイトーよりも被害者役のキリアン・マーフィーさんが父親の遺言を聞いたシーンが良かったですね。

見ようと思っていて見ていない人がいると行けませんので、詳しくは書けませんが…

後、マリオン・コティヤールさんのモルが魅力的でしたね~。

あ、もちろん、コブとサイトーも良かったですよ。

コメント

全治10日です。交通事故にあいました。

2010-08-31 20:06:42 | ブログ

災難です。

交通事故にあってしまいました

診断結果は様子見で全治10日です。

自転車で青信号の横断歩道を渡っていたら、対向車線にいた右折待ちの車がいきなり発進してきてよったろーは巻き込まれました。

前方不注意ですね。

相手の過失なので、治療費や自転車などの修理費は相手の保険会社が支払ってくれるらしいんですが、よったろーとしては災難です。

おかげで明日の千葉への旅行は中止せざるを得なくなりました。

体中痛くてとても千葉まで行っていられません。

皆さんも十分気をつけて下さいね。例え、注意していても突然、何かに巻き込まれるということもあるのです。

今回、よったろーは身をもって知りました。

文章の入力も少し痛くてペースは落ちますね。

安静にしているしかないですかね~。

コメント

行ってきます。

2010-08-31 10:29:13 | ブログ

新作短編小説、【Gちゃんは心配なんじゃ~】の素材を少し集めました。

それでは、そろそろ時間なので、よったろーは映画を見に行って来ます。

では、また。

コメント

遅ようございます。

2010-08-31 09:15:54 | ブログ

遅ようございます。

昨日の夜、よったろーのお兄さんと長話をしていたらこんな時間になってしまいました。

完全に寝過ごしてしまいましたね~。

いかん、いかん。

たるんでますね~よったろーは…。

朝一映画はもう無理だから、お昼ぐらいに照準を合わせて出て行こうと思います。

何か、すごく暑そうですね~。

では、時間まで、新作の構想でもしています。

それでは、また。

コメント

お休みなさい

2010-08-30 23:07:18 | ブログ

それでは今日はこれでお休みさせていただこうと思います。

明日はのんびり映画でも見ます。

帰って来たらまた少し制作します。

あ、これ、前に書きましたね。

では、お休みなさい。

また、明日。

コメント

外伝二つ書き終えて…

2010-08-30 17:52:59 | ブログ

うーん、やっぱり短い文章で表現するのはちょっと難しいですね~。

もう少し文量がないと上手く表現しづらいですね。

果たして、皆さんに伝わったかどうか…。

まぁ、外伝は本編を始める前の練習と考えていますので、少しずつ上達出来るように頑張りたいと思っています。

それでは、休憩に入らせてもらいます。

では、また。

コメント

今後の予定

2010-08-30 17:48:36 | ブログ

今日のところはすみません、のんびりさせて下さい。

夏休みなので、ちょっとは休まないと行けませんからね~。

明日はちょっと近くの映画館に映画を見に行こうと思っています。

帰って来たら、次の小説の構想でものんびりしようかなと思っています。

休みの日にあわててもしかたないですもんね~。

明後日は千葉まで足を伸ばす予定ですので、すみませんが、ブログはお休みの予定です。

明明後日は午前中は健康診断ですが、午後にはあくでしょうから制作して、連休はお終い。

という予定ですね~。

でも金曜日でたら、また、土日はお休みですよ~。

コメント

外伝二つ終了です。

2010-08-30 17:25:48 | ブログ

ふ~、疲れました~。

二つ合わせて五十回近くの連続更新…。かなりきつかったです。

一回の更新がなかなか進まないので間違えないように集中してたので、大変でしたよ。

ともかく、終わりです。

いや~疲れた~。ほんとに…。

コメント

F・F外伝エカテリーナ編その23

2010-08-30 17:21:43 | ブログ

エカテリーナは不思議な高揚感に包まれていた。
いるではないか面白い男が…。
楽しませてくれそうな男が…。
強い者だけが、妾を満足させる…。
彼女は楽しそうに旅の準備を始める。
終。

コメント

F・F外伝エカテリーナ編その22

2010-08-30 17:19:35 | ブログ

「噂の救世主とやらか…。ここに来るのか?」
わくわくするエカテリーナ。逆にアナスタシアは嫌な顔をする。
「もしも、こうなったらってシミュレーションしてみるわよ…」
もしも、吟侍が七番の化獣を心臓に宿さず、ただの人間だったら…。
もしも、攻撃が全く効かない相手との相手だったら…というものだった。
吟侍には全く勝ち目がない…そう思っていたら、吟侍は他の場所から武器を持って来て相手を倒してしまった。
「なんじゃ、これは?反則じゃ。よそから武器を持ってくるなど…もう一度じゃ!」
エカテリーナが言うと、今度は外部から全く遮断された世界でのシミュレーションで同じように戦わせてみた。
すると、今度も相手の力をうまく利用して自滅に追い込んだ。
攻撃しようとしていた右腕を蹴り上げて相手自身の顔面にぶち当てたのだ。
「………………」
「どうかしら?これが、吟侍という男よ。七番の化獣という強大な力を持っているけど、それが無くてもこれだけやれる」
「…面白い。おうてみたいわ!吟侍か、よし覚えたぞ。泥太郎支度せい!」
「らじゃー」

コメント

F・F外伝エカテリーナその21

2010-08-30 17:17:31 | ブログ

「そう、それは良い経験をしたわね」
鏡の中のフリーアローラが言った。
今回、彼女の勢力、名無しはまるで役に立たなかった。ただ、ティアグラの世界の住人と訳のわからない闖入者に振り回されただけだった。
城へと戻り、親友であり、ウェントスの支配者アナスタシアと三人でお茶を飲むエカテリーナ。仲の良い茶飲み友達だ。泥太郎も近くで泥遊びをしている。
Fsep21

今回の事で、自分はまだ、最強ではないと知ったエカテリーナ。
上には上がいる…。それが理解出来た。
「妾は刺激が欲しいのじゃ。アローラ、占ってはくれぬか?」
「良いわよ。楽しませてくれる存在がいるかどうか占って見るわ」
「えー、いいわよー私は刺激なんていらないわ。平和が一番」
「妾はいやじゃ。退屈じゃ」
わいわいやりながら、フリーアローラの鏡占いを始めた。
鏡に一人の少年が映る。
名前は芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)。このウェントスにやってくる冒険者だった。
七番の化獣ルフォスを心臓に宿す男。

コメント

F・F外伝エカテリーナ編その20

2010-08-30 17:14:37 | ブログ

土塊はティアグラの世界を無理矢理こじ開けて出口を作って見せた。
これは、これで便利かもしれんな…
エカテリーナは思った。
いざ、出口をと思った時、背後にクリスティナが立っていた。
「…貴様か…妾はもう、用は無い。どこへなりとも消え失せるがよいわ」
エカテリーナが吐き捨てると
「いえっさー!どこが良いですか?」
土塊君がまた口を挟む。
せっかく、かっこよく決めているのにすべて台無しだった。
「どこでもよいわ。イグニス辺りにでも捨ててこい」
「らじゃー」
そういうと土塊君はエカテリーナを外へ出した後、狭間への扉をイグニスへと持って行った。
ウェントスを後にする土塊君を見て一言。
「…泥太郎にするか」
名前をつけた。
土塊君改め泥太郎を自身の所有物と決めたエカテリーナだった。

コメント

F・F外伝エカテリーナ編その19

2010-08-30 17:12:30 | ブログ

悪夢じゃ…
エカテリーナはそう思った。自分を苦しめたイフェメラは冗談のような攻撃で撃退されてしまった。
「帰ろう…」
「いえっさー」
ぼそっとつぶやく彼女に土塊に戻ったはずの土塊から返事が帰ってくる。
「もう、よいわー!」
思わず叫んでしまった。コントに参加する気はない。
「う、うぇ…」
突然ぐずりだす土塊。
「わ、わかった。わかったから泣くな…」
やっかいなものを押しつけられた…扱いに困る…そう思った。

コメント

F・F外伝エカテリーナ編その18

2010-08-30 17:10:08 | ブログ

りーたがいなくなってしばらくするとイフェメラが再び攻撃を仕掛けてきた。
エカテリーナはとっさにさっきもらった泥団子を投げてイフェメラの目をそらそうと考えた。
だが、彼女の思惑は大きく外れた。
目隠しくらいに考えて投げた泥団子が、イフェメラを撃退してしまったからだ。
泥団子がいわゆるぴこぴこハンマーにかわり、ピコッピコッっと気の抜ける音を立ててイフェメラをたたく。
バナナの皮になってイフェメラを転ばす。
たらいになって頭に落ちる。
牛乳のように白い液体になって、鼻から噴き出す。
まるでコントを見ているような光景だったが、イフェメラはダメージを負っていき、ついに倒れてしまった。
本当になんとかしてしまった…
元の土塊に戻る泥団子。

コメント