よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

お休みなさい。

2018-11-16 06:28:43 | 日記
それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
コメント

この後の予定

2018-11-16 06:28:15 | 日記
この後の予定ですが、バイトなどに行ってきます。

今日のブログの更新は次がラストになります。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後010

2018-11-16 06:27:10 | 日記
続きです。

ロスト・ネット・ワールドに行くまでの過程は来週以降に書くとして今週はこの辺りまでとなりますね。

まだ、ウェントス編の第005-01話の最初の方ですけど、最初の週はこんなものでしょうね。

一応、神上立者のイベントまでが今週という事になります。

今週は以上です。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後009

2018-11-16 06:26:42 | 日記
続きです。

ロスト・ネット・ワールドにはまだ、第二本体クアンスティータ・ルーミス誕生までに時間があったという事。

また、セレークトゥースにばかり気にかけていて、セレークトゥースの双子の姉であり兄でもあったクアースリータがほったらかしになった状態だったので、クアースリータとも仲良くしようという理由で行くことになります。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後008

2018-11-16 06:26:05 | 日記
続きます。

という訳で、セレークトゥース・ワールドから戻ってから次のロスト・ネット・ワールドに冒険するまでにちょこちょこっとしたイベントを挟んでいきました。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後007

2018-11-16 06:25:31 | 日記
続きです。

この事で吟侍がクアンスティータと向き合うという行為が彼の自己満足ではなく、世を救うためだという大義名分が加わったという事になります。

カミーロのイベントと神上立者のイベントはセレークトゥース・ワールドから戻ってきた吟侍がやらなければならない必須イベントでしたね。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後006

2018-11-16 06:24:57 | 日記
続きです。

このイベントで、クアンスティータの教育という問題が現界全体の運命をも握る一大事だという事を表現しています。

簡単に書いてしまえばクアンスティータがグレてしまったら大変な事になるけどあんた大丈夫なの?と言われているという事ですね。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後005

2018-11-16 06:24:19 | 日記
続きです。

ですが、その子であるクアンスティータは神超存をも超えると言うのです。

だけど、それでどうしろという事ではありません。

吟侍は怪物ファーブラ・フィクタの七つの魂の一つの生まれ変わりでもあるので、神上立者や神超存は彼に全てを託したいと告げたのです。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後004

2018-11-16 06:23:48 | 日記
続きです。

神上立者から現時点で、クアンスティータは神超存と互角の力を持っていて、第二本体以降が誕生してしまったら、誰にも止められないという事を聞かされます。

神上立者でさえ、あの怪物ファーブラ・フィクタをも震え上がらせる存在です。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後003

2018-11-16 06:23:11 | 日記
続きです。

現界においてはこの神上立者の上には神超存(しんちょうそん)と呼ばれる存在しかいません。

いいえ、居ないはずでした。

ですが、状況が変わりました。

そうです。

クアンスティータです。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後002

2018-11-16 06:22:42 | 日記
続きです。

さて、前回の最後に神上立者(しんじょうりっしゃ)という高次元の存在に吟侍が呼び出されたと書きましたが、その神上立者とは神や悪魔などの上に位置する存在で善悪、神悪魔を超えた存在になっています。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後001

2018-11-16 06:22:11 | 日記
それでは、【ファーブラ・フィクタのその後】について書きますが前回まではカミーロの帰還というイベントを通して、吟侍が抱えていた問題の一つ、友人の救出という問題を解決させたという事を書きました。

今回はその続きから書いて行きます。

続きます。
コメント

さて……2

2018-11-16 06:21:32 | 日記
さて、今回も【ファーブラ・フィクタのその後】について書こうと思います。

今回も10回更新という事でお願いします。
コメント

ちょこっとストーリー005

2018-11-16 06:20:35 | 日記
続きです。

前時代的かも知れませんが、頭領は男性が継ぐ者とされていて、弟の【四季】が継いだのですが、彼が殺されて才能もあった姉の【三笑】が弟の仇(かたき)を探す事になったというのはどうですかね?

数字も【三笑】の方が少ないし、その方が良いでしょう。

という所で次回に続きます。
コメント

ちょこっとストーリー004

2018-11-16 06:20:05 | 日記
続きです。

となると【常闇 三笑(とこやみ みえみ)】というのが本名になりますね。

まぁ、よくありがちな設定になると、兄妹という設定にして、兄の【四季】が何らかの形で殺されていて、復讐するために兄のふりをして、相手を探しているというのがありますけど、逆にしてみましょうかね?

続きます。
コメント