ケパとドルカス

『肝心なことは目では見えない』これは星の王子さまの友達になったきつねの言葉。

自分が一番わからない

2017年03月31日 | 随想
むかし昔、今ではお手軽な写真も、カメラとフィルム、撮った後も現像とか焼き付けという手間がかかっていた時代。その時代、録音の方も今よりもっと手間だった。動画に至ってはもう、別世界であった。(写真は当時の録音機)

そんな昔の話で恐縮だが、確か私の中一時代、初めて録音機なる物が我が家にやって来た時の事である。現代ではiPhoneなどでいとも簡単に録るが、その前のカセット、さらにその前のオープンリール式の時代である。テープをセットする操作は難しく、機械は超どでかい物だった。操作していると時々テープが斜めになったり、引っ張りにぶつ切れたり伸びたり、モーター回転数の変化で再生音がふにゃふにゃになったりと、とにかくいつもハラハラドキドキだった(笑)。
(その難物、当時の磁気テープ)

しかしこの録音機なる物が忘れもしない、私の自己嫌悪というか、コンプレックスの始まりだった。つまりトラウマものである。なぜか? 自分の声を知ったからだった。初めて再生音を聴いた時、「これっ、誰〜?」と感じた。言葉は先ほどの自分の言葉を確かに言ってるのだが、声がいつも聴いている自分の声と全然違う!
はっきりしない発音に、語尾がフニャフニャとする癖。「なにニヤけてしゃべってる声なんだ、イヤーだ」と。断固拒否! これは僕の声ではない!と。

とまぁ・・・しかしこれは、どう否定しようにも、次第に受け入れる事しか無い厳然たる事実だった。最近詳しい友に聞くと、私たちは自分の声を耳で聞いているが、骨伝導でも聞いているらしい。だから自分の声が違って聞こえているらしい。

客観的な声でこれだから、実は自分の人格とか特徴などは結構自分が一番分かってないことがある。むしろ自分以外の人の方が良く分かってることが、なんと多いことだろうか。「自分のこと、人が分かってくれない」のではなく、謙虚に人の忠言に耳を傾けること、それが成長する元だ。

また、ありのままの自分を受け入れる受け皿がないとやはり、人の声も耳に入らないし、受け入れることは困難だ。最悪、自分は価値がないと、自殺にまで思い詰める可能性がある。その点、クリスチャンは神に自分を捧げ、明け渡しているはずなので、きちんとそれができていれば、信仰がさらに深められて行くはずである。十字架のキリストの愛によって、取るに足りない我でも、徹頭徹尾、愛され受け入れられているからだ。ここに真の救いがあり信仰の恵みが現される。
(海老川河畔の桜も、少しずつ咲き始めました)

クリスチャンは自殺しない。確かに肉の心死ぬが、代わりに神の霊に満たされ、天への希望に溢れて生きるからだ。hallelujah❗



ケパ








コメント

さくらさくら

2017年03月30日 | 自然
午前中近くの郵便局へ行きながら、散歩に行こうと二人で出かけた。
すっかり春の陽気で気持ちがよく、広い市場構内を突っ切って行くと、海老川に出る。その海老川ジョギングロード沿いに500本の桜並木、これから桜が咲く。

その枝を見上げるて🌸見つけた見つけた。🌸咲き始めてる。

ケバさんもiPhone で撮影してる。

青い空に濃茶の枝が伸び、そして淡いピンクの蕾がパッと開くと、淡白く薄ピンクの花びらがなんとも言えず美しい。

夕方近く、他の老木の幹にしがみつく様に咲く桜を見つけ、思わずパチリね〜

週の初めの寒さは厳しかった。(北海道から成田経由でロスへ向かったSさん曰く、北海道より寒い成田だわ〜と)
開花には寒さも必要なのだと思いながら、木々にも試練の時があるのですね〜

🌸
色を失った世界に〜
あなた〜は 花を咲かせ
心をう〜るおし〜満た〜す〜
確かな希望と〜よろこ〜びが

あなたの愛が振りそそぐ〜🌸
春色の空のもと〜で
咲き誇る花のように
恵みの雨を受けて 輝くひかりは
花咲く〜 未来を照らし続ける〜
あなたの愛に染まった
つぼみも これから花が咲く
🌸
《風のひびきゴスペル4集 No. 7 花色 》

特にさくらとは歌われてませんけど、春を待ちわびて咲くさくらを思うのです。素晴らしい歌です。
そして私たちを励ましてくれる ですね。

ドルカス



コメント

いかにして私は酒タバコを止められたか?

2017年03月29日 | 教会のこと
姪に、群れに必要な信仰書を薦めると、読むつもりだが、基本「活字苦手!」と言ってきた。私は逆に物心ついた時から「活字中毒」で、手元に本がなかったら即、落ち着かなくなるのだが・・・。※かといって本を開かずにいることも多いのだが。

こんな中毒ならともかく、酒やタバコという依存症はかなり深刻である。二十歳の時、バプテスマ(全浸礼)式の直前、牧師から「会衆の前で読み上げるように」と手渡された宣誓書を見てビックリした。不意打ちである。
「私は酒、タバコを今後はいたしません」とあったからだ。二十歳だったが、その両方ともすでにキャリアがあった。よほど式を辞退しようかと思ったが、私の名が入ったプログラムはできているし、おめでとうの花束が目に入る。生来の受け狙いの性分である私は、皆をがっかりさせる勇気がなかった。(以下の写真は外国のものだが、だいたいこのように全身を水に沈めるのが本来のバプテスマ)

問題はその後だった。誓ったことは守らねばならぬ。而してそれは中毒者にとって、大変困難な道であった。正確に言えば、どれだけ困難なことかすら、中毒者である私はわかっていなかった。
テニス部のコンパでは、先輩の杯を「す、すみません」と断って殴られた。タバコは人の吐いた煙すら欲しがって、禁断症状に苦しんだ。

私は十五歳から、神を求めて自分から教会に行っていた。けれども大学の1、2年生の間だけは遠ざかっていた。この神から離れたたった2年間の酒タバコでも、止めるには長い時間と耐える力が要った。結局、酒は挫折したが、タバコ断ちには成功した。それも、本当に止められたと思えるには十年かかっていた。

今でも至る処の喫煙ルームで、煙だらけになっている人たちを見ると、当人には自覚がないだろうけど、まるで鎖に繋がれている奴隷のように見えてしまう。中毒という檻に囚われた、本当に気の毒な人々である。健康を害し、周囲と環境にも不快さと間接的被害をもたらすタバコは、もはや社会が受容できない軽犯罪の類であって、かつてのように本人だけの問題だと済ませられる状況ではない。


問題は酒である。酒は晩酌や職場懇親会などで常に必要であった。これには私自身、とても勝てるとは思ってもいなかった。囚われた人間には、すでにその意欲すら失われているものだ。
結局、聖霊のバプテスマを受けると、気がついたら何カ月も全く酒を飲んでいなかったと言う驚くべき事が起こった。たった一日でも、晩酌が断てなかった私が、である。神の力は、囚われた者を守り、清くし、弱さを打ち砕く強いものだった。

ところで酒に関して、聖書では酒を禁じていない、という説がある。確かにそうだ。しかし乾燥地帯のイスラエルでは、真水は腐りやすい。そこで、ぶどう酒にして水分を保存した。そんな事情がある土地柄とこの日本とでは一緒にならない。この国では、基本的に酒は「酔う」ために飲むのだから。

✝️酒に酔ってはいけません。そこには放蕩があるからです。御霊に満たされなさいエペソ5:18)

ケパ




コメント

感謝して〜〜

2017年03月28日 | 感謝
今日も高円寺の歯科医に行って来た。特に今治療中の歯が有るのではないけど、弱い部分が有るのでいつも注意が必要なので、月一でも良いかもと思いながら行く。

小さな公園で咲いてたタンポポ

やらオキザリス(これ園芸種のはず‥) 黄色が目につくね

歯科医師に診てもらう前に、必ず歯科衛生士による磨き方と、歯ぐきチェックと、お掃除ね。
よほど念入りに手入れしと思っても、プロはよ〜く見つけるね。
今日も、あの部分丁寧にしなかったと、ヒヤヒヤしてたら案の定❣️チェックチェック。これだからね〜いつも通ってないと大変なことになる。

ケパさん曰く。私はね、 横着者だから通い続けてないと、丁寧に磨かないんだよ〜
確かにそうです。予約日近くになるといつもよりさらに念入りになるからね〜

ですから全ての事について
今日も感謝しま〜す



ドルカス




コメント

あなたは誰に必要とされている?

2017年03月27日 | いやし
性差があるかも知れないが、人が一番危ない状態とは、「もう自分は誰からも必要とされていない」と感じる時ではないだろうか。別な言葉で言えば、喪失感が人間をスポイルするのではないだろうか。
駅前で路上生活者を見るたびに、私はいつもその人たちへの祈りと、神への感謝を覚える。

この日曜日のためにメッセージを準備していて改めて思い出した。五十歳で家庭が崩壊し、ひとりになった時のこと。涙がこれほど私に多くあるのかと驚いたこと。仕方なく実家に戻って、アルツハイマーの母と数年間暮らしたこと。
食事作りなど、母の世話は大変だったが、それでも母が施設に入って居なくなるまでは、気がつかなかったが、頼られているという生き甲斐があった。
しかし母の居ない、ただだだっ広く暗い家になって、私は本格的におかしくなった。どうおかしくなったかと言うと、仕事から帰るとカラオケで憂さを晴らすようになり、そのうちむなしさから使える財を全部使い切って、不道徳な欲望を全部満たしてしまうことばかりを妄想するようになった。言わば自己破壊願望であった。もう誰からも、必要とされない存在だったし、せめてよこしまな愛欲で気をまぎらわし、最後に一花咲かせて散ろう、そんな感じである。自殺はいつでもできると。

確かに仕事ならば、凡庸な私の代わりはいくらでもいる。しかし家族、親は、代わりがいないではないか。失われたこの先の人生に、もはや良いことがあるとは思えなかった。(ペットは、幾分かは埋め合わせになります・・・病院でのコール。助けてと言わんばかりの、情けない顔だ)

結局私は、寸前の所で神の愛を知って守られたのだが、それはずっとずっと求めて、あきらめてしまっていた「神の直接の語りかけ」体験であった。この霊的な体験は、その瞬間から私の人生を百八十度変えた。懐疑的、否定的人間から、肯定的、積極的な全くの別の人間に変えられた。聖書ではこれを新生(born again )と言う。十字架の神の愛と心からの神への愛、これは血肉の死をもっても引く裂くことのできない永遠の絆である。

神がどんなにか私を愛し、待ち続けていてくださっていたことか、どん底にまで落ちて私は初めてわかった。いや、落ちなければわからなかったのだろうと、今は分かる。神はその時を忍耐強く待っておられた。
〈自分が必要とされる〉それを人間に求めるならばむなしい。生ける唯一のキリストの神に求めるなら、それは真であり永遠であると証言する。


ケパ





コメント

ついにデビュー

2017年03月26日 | PC モノ 便利
「今日からですか?
「そうです
「いやぁ4月からでどうでしょう」
「いや今日からです。あげて下さい」
「あっオンライン出来ません
「そんなはずない保存して在るでしょう」
「‥‥はい。わかりました。録画を喜んでUPします〜〜」

何の会話か?ですかって、これです。
デビューです。⤵️



とうとう‥いや、不信仰でした。
はい。Facebookに「船橋キリスト教会主日礼拝」を今日は録画ですが、UP しました。

今日は最初からミスがあったこと、感謝です。賛美声出ない(いつもじゃないか)感謝します。特別賛美しちゃった。感謝‥‥
このようなつぶやきはいけません。

一歩踏み出せた事を、主に感謝します〜〜
オンラインはもう随分前からUPしていたのですが、さらなる踏み出しです。さらにミスがなくなるように祈りつつ前進のみ。聞き従いです。

ドルカス


コメント

主日礼拝

2017年03月26日 | 教会のこと
礼拝が始まりました。

主の祈り
そして聖餐の恵みです。
みなさまご用意はできてらっしゃいます?

ではご一緒に

本日のメッセージは、
聖書ガラテヤ 2:20 から、
「キリストとともに十字架につけられました。」ここから〜〜です


ケパ牧師。今日はホワイトボードは使わず、力強く言葉のみで、メッセージを語られました。

ドルカス


コメント

感謝と賛美とリバイバルキャンプ

2017年03月25日 | 派遣
いよいよ来週に、ロサンゼルスへチームがでます。


⤴️に、紹介映像貼りました。画像上をクリックしてご覧ください。

派遣に出る時はいつもケパさんと一緒に参加してますが、特に2013年の参加は行けた事を主に感謝してます。
何故なら、私達に感謝と賛美を教えてくださったマーリンさんが、その年の秋に天に
召されました。
ですから、マーリンさんの最後のメッセージをお聞きできた恵みがありました。

地上ではもう二度とお会いできませんが、
天に私達が行った時必ずお会いできますから、楽しみです。また、今回のキャンプでも、マーリンさんを偲ぶ会が予定されてます。

キャンプの様子は⤵️

のブログからご覧になれます。写真の上クリックしてね。

また、賛美隊はハリウッドの路上で歌いますよ。

写真はサンディエゴの、エシュルンちゃんです。

ドルカス





コメント

間違いを恥じないで

2017年03月24日 | 感謝

昨日、Sさんのblogを見ていてハッ? あらぁ日々のデボーション、これの聖書箇所。
すでに昨日読んだはず。
と、明確に覚えていたのは、水曜礼拝のメッセージが、その章の3節からだったから。


ドキッとして、船橋教会の週報とホームページの聖書箇所を確認して、同じ箇所になっているから間違いはないと、とすると完全に間違ったのか?

もう一つ確認すべき、群れ全体が参考にしている東京アンテオケ教会のデボーションで確認すると、

わぁwww どうしよう。私のミスった事が明確にわかった。

感謝です〜。「牧師どうしましょう。このままでいいですか?」ガックリしながら聞くと、いとも簡単に『訂正して下さい』です‥‥

かっ感謝します。
自分の間違いを認め、恥ずかしさをグッと飲み込み、来週の週報には訂正とお詫びを伝えなければなりませんね。

出来たらそっと直して黙っていようか。と何事もなかったかのようにしておこうと、一瞬にも心にあった。その事を
悔い改めました。

「自分のミスを隠してはいけません。私は全て知っている」
その通りです。主よ、感謝いたします。

皆さま。
日曜日を前に、訂正とお詫びいたします。
今週のデボーション箇所。ヘブル人への手紙1章は、木曜日からとなります。
既にホームページは、訂正いたしましたので、参考にしてください。

ご迷惑おかけしました。

ドルカス



コメント

逆説的「健全なる精神は健全なる身体に宿る」

2017年03月23日 | 健康・スポーツ
ローマの詩人ユベナリスの詩の一節「健全なる精神は健全なる身体に宿る」が、よく知られたことわざとして世界中に知られている。それだけ洋の東西を問わず、的を射ている言葉なのだ。

日曜日の第七礼拝終了後、つまり深夜になりかけのころ、近くの王手スーパーで買ったお弁当をチンして食べた。その後1時間過ぎたあたりから腹部の膨満を感じ「あれぇ」と思いつつ帰宅した。(※下の図絵は本文とは全く関係ありません)

帰宅後数時間すると、腹部の膨満感にはっきりと異常を感じる状態になった。翌朝は完全下痢状態で「くっ、苦しい〜」と、トイレと水分補給の繰り返しがまる一日半続いた。

この間、覚えているのはドルカスが始終祈っていてくれたことだが、私の方は苦しいばかりで、実際、ほとんど祈れなかった。祈ろうとしても、祈りに入れない。これではいけないと祈っても、情けないことに、続かないのだ。

神の恵みとドルカスのとりなしで、42時間後にはほぼ体長を取り戻せたのだが、不思議なことに、その時ドルカスと観たテレビ映画が「42〜世界を変えた男〜」だった。

改めて思うのは「健全なる精神は健全なる身体に宿る」の真理だ。それが信仰の世界にも通じるということだった。クリスチャンは健全なる身体をも神に祈り求めなければならない。そうしないと「祈り」という、もっとも重要な恵みを失ってしまうのだ。



ケパ




コメント