ケパとドルカス

『肝心なことは目では見えない』これは星の王子さまの友達になったきつねの言葉。

ザクロ

2018年09月04日 | 自然
台風接近の影響を感じながら、月一度の歯科医へ行った。
メトロで移動中に、だいぶ雨が降ったようで、大きな水たまりがあちこちに。

風が出て来たから今日は早めに戻ろう〜と、済んでから
急ぎ足の帰り道だけれど、やっぱり眼は植物を見つけてるね

今日は小さなザクロを見つけた。
子供の頃ザクロの花はとても不思議に思ったね〜

花なのにどうして硬そうなのか。
あれが実になるとは、想像出来なかったなぁ、我が家になかったから〜

ググったら、小さめなそれは(ヒメザクロ)


ちょっと心が揺れた。
これだったら我が家のベランダガーデンの鉢の一つに、加えられるかしら〜 祈ろうかな


先月田舎で姉と朝祈った時。姉が知らぬ間に撮ったと。ん?
気がつかなかった私は、おいねりしてたのか

PS‥
後日姉からLINEで、おいねりではなくお祈りしてたわよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)
ホッとしたりして、感謝した。



ドルカス




コメント

手助けか?

2018年08月17日 | 自然
昼過ぎ、マンションの通路にはセミがバタバタもせず、力無くしていた。
つい手を出して指につかまらせ、階段下の樹木の枝にとまらせた。

このセミは、いつまでここにいるのだろうかと、ふっと思ってしまう。
でも、通路で息絶えるのはもっと辛かろうなぁ。私は少しセミの為になったのだろうか。と思った。


ドルカス



コメント

ツマグロヒョウモン

2018年08月02日 | 自然
昨日書く予定でしたが、つい💤に負け今てす。

先週白馬の帰り寄居パーキングに寄った時のこと。
パーキングの、星の王子様ガーデンを奥の方までブラブラと散策中、この珍しい蝶を見つけた。とくに私は蝶々に興味あるのではないけど、これって珍しい〜

雄と雌が蜜を求めて群がっていた。この花の名前思い出せない〜〜と、花に興味があったの。ハーブかなと📸iPhoneでパチリ動画でも撮影した。

Instagramに、動画をあげたけれど、蝶の種類、花の名前知りたいな〜

気になって、神さま〜どうしたら知る方法あるのかしらん。助け手を与えて下さい。とちょっと思いのうちに祈ってた。

っと、今週初め、Facebookお友がこれ👇UPしてあり、

わかるよ。花はフジバカマ、これに群がるのは、アサギリマダラ(タテハチョウ科)と思い、さらに兄に聞いて合点した。

ついでにグーグルでフジバカマを検索して見たら、見つけてのです。
寄居で見たこの蝶々、これだ、

と、早速こちらも兄に確認。
「ツマグロヒョウモン」(タテハチョウ科)
ついワクワクしてきて、書きました。

天地において全ての創造主は、本当に細やか。と思うのです。蝶一匹にもこのような模様を描いて、個体差つけて下さった。そう思うのです。ハレルヤ

ついでにですが、
上田市隣村の青木村には
昆虫資料館

ここでは、蝶を始め各種昆虫の資料を見たり体験したり出来るので、🦋🐜🐞好きには、逃せない場所かも。
数回兄が連れて行ってくれました。

ドルカス






コメント

夕焼け

2018年07月21日 | 自然
今日の午後7時の西の空は、夕焼けで美しかった。


南の空を見たらややピンクの空。

そう言えば、しばらく前ピンクに染まった夕焼け空あったね。

猛暑の連日夜には熱帯夜。いつになったら涼しくなるのかしら。

来週は、主の十字架の全国教会から600名を超えるメンバーが集まるキャンプで、信州は白馬に行きます。楽しみです。
さわやかな風を期待してる。

明日は主日礼拝。第一音楽室ですから、声高らかに賛美し、礼拝します。

ドルカス





コメント

ミルトスの花

2018年07月09日 | 自然
土曜日のblogの

ミルトスの花を、もう少し書き加えました。も一度7日の下の方読んでね〜


ドルカス





コメント

遊歩道散策

2018年06月26日 | 自然
午後、ケパさんの誘いに軽く乗って外出。行き先は私の希望で谷津干潟公園に。


梅雨の間の今日は気温が上昇してたけれど、もう午後3時近くは風が心地よい。

ん?たくさん落ちてる。これ最近Yさんの投稿で見たヤマモモみたいな実だね

チョットあの隅まで歩こうか、なんて歩き出した遊歩道だったけど

満潮時近い干潟の水鳥見ながら、歩いたね〜
対岸まで歩くと、こちらは住宅街。散歩したり走ったり🚶‍♂️🏃‍♂️すれちがう人が増えて来た。

ふっと目線を下げたら、木の根元にキノコ見つけた。どう見ても毒キノコだね。

中旬に、姉と来たバラ園の近くを通り過ぎて、見渡すと華やかさはアジサイが出番で、彩りを誇るかの様に‥‥


緑が色濃くて、気持ちいいね。

周囲3500m の遊歩道を散策して、そろそろ自然センターに到着するね。

今日はベンチに座る事もなくだったので、2人で賛美し祈る事は出来なかったけど、それぞれ主に感謝しては歩き、干潟を覗き込み水鳥を見入ってはこの自然をほめ讃えた。一周40~50分程の散策は、良い時が過ごせた。


ドルカス






コメント

聖会の翌日

2018年06月16日 | 自然
昨夜の聖会には、いつもの様に横浜の姉夫婦が参加してくれて

また、久しぶりにPeacefulのメンバーが、仕事の帰りに来てくださった。それもご主人と8時半には帰宅する約束があるので短時間の参加して下さり、嬉しかった。

姉夫婦は我が家に宿泊。なんと4人で祈る課題もあり、なんて恵みな夜でしょう。
さらに、翌日は朝の雨も上がり、ちょっと自然を散策もね

先月訪れた谷津バラ園に、2番手のバラを楽しみました。

この習志野市も、前期高齢者以上は、半額チケットの特典ありなのです。

薔薇園、花いろが乏しくなった今も、みどりの中に咲く彩り美しくです。

帰り際に声をかけられました。「秋のバラ園も是非のご入場をお待ちしてます」
秋のバラは、落ち着いた色合いなのよね〜

曇り空のいっときの散策も、姉と共に楽しく歩きました。

ドルカス





コメント

そしてゆるりと!

2018年06月08日 | 自然
ランチの後、ケパさんがいいとこ連れて行くよ。が🅿️に入れなく(広い公園なのに駐車台数少)て諦めて帰ろうか〜と、通った道沿いにこんな素敵なとこあるの。郊外だけど船橋市内だよ〜

後で調べたら名前がない。単に緑地だって
ケパさん何度言ったことか、「変わった公園だよね。木しかないじゃないか。それもどんぐり林だ」 そうなのよね。
まっすぐ空に延びた木々がね、

こんななのよ。

4面全て道路なのだけど、小鳥のさえずりがね。とてもいい感じ。

お腹も身体も満喫しぃです。

さらに今日の記念って、
2ndストーリー(Reuse Shop)で

これ一目見て気に入って手にしてたら、見られてた。
NARUMIのマグカップ ¥900
でして、心も嬉しさで満ちあふれでした。

超贅沢ではかもしれないけど、私には12分な贅沢な1日でした。

天のお父さま。ありがとうございます。
さらに新しい年を歩ませて下さい。おっしゃる通り歩みます。

ドルカス




コメント

山羊と馬に乗る

2018年06月06日 | 自然
私は田舎の街外れで育った。商店街や造り酒屋がずらっと対岸に並んでいたが、川のこちら側は家が連なっていても、そのすぐ後ろは田畑である。(飼っていた山羊はこんな感じだった)

だから鶏や山羊などを飼っている田舎暮らしと、隣家の天ぷら屋さんでいつもごちそうになり、二軒ずつある映画館やお風呂屋さんを、毎日はしごして歩いていた。
買い物が思いのほか大変だった。肉屋さん、八百屋さん、乾物屋さんとまだスーパーがない頃だったので、買い物は商店街の端から端まで重いかごを持っては歩き回って、何とか買いそろえていた。

そんな、田舎暮らしを今私は、時々懐かしく思い出す。特に強烈に思い出すのは動物の背中である。犬の背中に乗ると、犬はすぐつぶれた。それではと、飼っている我が家の山羊の背中に乗ると、山羊はつぶれないが、乗った方の股間が「超痛い❗」のだった。

私のような馬鹿な真似をした方は少ないと思うので、少し説明すると、山羊の背中には背骨が浮き上がって立っており、そこにお尻をそのまま置くと、「ぎゃあー」なのである。それでは、と横座りしてもやっぱり痛い❗のだった。鞍でも付けない限り無理である。

イエス様が最後にエルサレムに入場された時、子ロバに乗って入場されたのだが、ロバは山羊ほど背骨はないものの、ロバの背中に少しぐらい敷物を置いても、前向きにまたがっては乗るのは楽ではないと思う。それで街の門の少し前ぐらいから横座りで乗って、門をくぐられたに違いない。そんなにはロバに乗られなかったと想像する。

では馬はどうだろう。馬は背骨が出ていない。脚力もすごい。つまり乗用に向いている。神様が初めから人の移動用に創造されていることが分かる。(ここでの体験である)

私は一度だけ乗馬体験がある。その時、娘には子馬、私には大人の馬をあてがわれた。娘の子馬にはちゃんと厩務員が付くのだが、私には付かない。それだけでかなり不安だったのだが、まぁ大人の馬だから聞き分けは良いのだろうと、乗った所まではよかった。場内を一周しかけた時、たまたま柵に近づいていた犬が馬に向かって鋭く吠えた。その瞬間、私の乗った馬はいなないて、暴走をはじめたのだ。
「ヒョオエエー!」危険!馬は背が高く、振り落とされたら、と命の危険を感じた。顔面蒼白で必死にしがみついた私に、厩務員があわてて駆け寄って何とか止めてくれた。こんな、恐い思いははじめてで、私は「二度と馬には乗らない」と思った。
今となってはかなり笑い話だが、本当にあれほど怖かったことはない。それにしてもあれは、犬の飼い主が悪かったのか(駐車場には、犬を車から出さないように、の掲示があった)、乗馬体験センターの落ち度だったのか、誰からも謝られていないので、未だに納得の行かない話だ。

たとえ実害が出ていなかったとしても、恐怖を瞬時にでも与えたのであれば、ちゃんと説明し謝ることでかなり癒やされたのに、と残念に思う。
数年前、イスタンブールの空港(アタチュルク空港)でクーデター騒ぎに巻き込まれた。窓の直下で戦車が動き回り、民衆が立ち上がるような一晩中恐怖の中に放り込まれたが、その後、最後まで当局者が説明しに来たり、お詫びを言うということはなかった。それで、その後は私たちの群れでは、その空港を二度と使っていない。

危機や極限状態であればあるほど、自分を守ってしまい、被害者の側に置いてしまうものだが、それで失うものもかなり大きいものがある。



ケパ





コメント

恵みの枇杷

2018年06月05日 | 自然
今日は高円寺のいつもの歯科医の診察予約日で、ケパさんと出かけた。
最近は月1回なので、風景が自然が夏らしくなってこの界隈も新鮮。

行く時には何気なく通り過ぎていた。

帰りに気がついた。
びわの木にたくさんの小さめな実が、思わず手を出して触れてみたら、すかさず拾って持ち帰って、


さっき、食べたら
なんて美味しい〜
小さくてもまちがいなく、びわ〜

さらに住宅地を歩いてると、角の家に見つけた。👇

どんなブドウになるのだろう。

み言葉に
一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかしもし死ねば。豊かに実を結びます。とあるのです。ヨハネ12:24

聖書では、このたとえから信仰を語りますが、たしかに実は必ず熟して地に落ちて、でもそれは終わりではなく始まり。やがてタネは芽を出し伸びて、花を咲かせ実をつける。

今日私は、落ちた実を受け取って嬉しかった。
(この時期になると、びわびわびわ
と、食べたがる心を制しているのですが)この突然の一つのびわの恵みに
とても感謝してるの。
さすが、あのブドウは落ちてこないと思いますが(๑˃̵ᴗ˂̵)

昨夜blog途中で、眠りに落ちてしまったようです。書き足しました〜〜


ドルカス




コメント