ケパとドルカス

『肝心なことは目では見えない』これは星の王子さまの友達になったきつねの言葉。

十二年の歳月

2018年08月18日 | いやし
今日は十二年前に召天した前妻の墓に、献花し賛美、祈るために一日を使った。これを言い出してくれたのがドルカスなのでうれしい。

船橋から神奈川県愛甲郡愛川町の相模メモリアルパークまで、およそ百キロ弱。どんなに頑張っても途中何カ所かの渋滞は避けられず、片道2時間半余りかかる。行く途中で厚木聖会に立ち寄って参加し、その後、学生時代の懐かしい本厚木の街もちょい見た。(今日行ったお墓の中でも、1番かっこ良いと思ったらのが下の写真)

相模メモリアルパークには二年前にも来たが、今回は賛美の機材を持ち込んだり、祈りにも力が入った。前妻との28年の結婚生活を思い出していた。当座はどんなにつらく悲しい思い出でも、後になってみればすべて益に変えられ、感謝することだった。それらがなければ、私は自分への希望を抱き続けたであろうし、従って聖霊のバプテスマは無かった。神は本当に素晴らしい恵みを賜る方である。

今日またここへ来たのは、墓参でも、もちろん報告でもない。確かに遺骨はここにあっても、霊があるわけではない。私たちクリスチャンはお墓を特別視しない。メモリアルの場所なのだ。
だからただ故人を偲んで感謝し、天での再会に希望を熱くして祈るのだ。本当はどこででもそれは同じなのだが。

今日のNHKの「半分青い」で「オージー(大爺
=祖父)の死後は、どこへ行ったの?」と、孫のカンチャンが母のつばめに問いただす場面があった。それに対して、「ママは行ったことがないから」と、はぐらかしに終始していた。一言で言えば「死後の世界はわからないので、保留にしてしまって、今生きていることだけを考えよう」だろうか。
小さな子どもでも、人間の死後の世界の行き先がどこなのか気になるのに、大人の方が「わからない」ので「生きることだけに専念しよう」とは・・・・・・、これが日本の悲しい現実なのだ。
生きていることだけを考え、死が近づくと恐怖におののき、死への恐れから考えずに逃れようとする。そんな縁起の悪いことは言うな、である。多くの人が、前向きに生きると言うことを勘違いさせられている。単にそれは逃げているだけである。必ず来る死への備え、神を信じ天国を目指すと言うことを遮断し、十字架の恵みから離して、少しでも自分と同じゲヘナの火の世界に道連れにしようとするサタンの策略なのだ。

十字架の救いはすべての人に開かれているが、それをただ信じ受け取った者だけがその恵を得る。
コメント

手首の痛みが治った

2017年10月04日 | いやし
月曜日にいつもの仲間たちとテニスをプレーし始めて、すぐに右手首の痛みを感じるようになった。「どうしたのだろう? 特にこれをやって痛めた、ということが思い当たらないのに」。
痛みはプレーを続けるにしたがってどんどんひどくなり、途中何度も中断して帰ろう、と思いながら続けてしまい、最後はラケットを振ることすら痛くて難しくなった。
帰宅しすぐに湿布をしたが、今まで痛めたことのない右手首だけに、実に暗澹たる思いであった。火曜日の朝になっても、痛みは湿布をしたせいか前日よりは少し収まっていたが、場所が場所だけに完治までには相当時間がかかりそうな悪い予感がした。
そして暗い気持ちで沈んでいると、はたと気がついた。「祈ってなかったよ!」そして悔い改めて感謝し心から治るよう求めて祈った。三度目に祈り終わるとあら不思議!「痛くない!」、手を振ってみたり、捻ってみて、やっぱり「痛くない!」ハレルヤ! これは何ということだろう。
神は生きておられる。

信じる人々には次のようなしるしが伴います。(中略)病人に手を置けば病人はいやされます」(マルコ16:17-18)




ケパ



コメント

あなたは誰に必要とされている?

2017年03月27日 | いやし
性差があるかも知れないが、人が一番危ない状態とは、「もう自分は誰からも必要とされていない」と感じる時ではないだろうか。別な言葉で言えば、喪失感が人間をスポイルするのではないだろうか。
駅前で路上生活者を見るたびに、私はいつもその人たちへの祈りと、神への感謝を覚える。

この日曜日のためにメッセージを準備していて改めて思い出した。五十歳で家庭が崩壊し、ひとりになった時のこと。涙がこれほど私に多くあるのかと驚いたこと。仕方なく実家に戻って、アルツハイマーの母と数年間暮らしたこと。
食事作りなど、母の世話は大変だったが、それでも母が施設に入って居なくなるまでは、気がつかなかったが、頼られているという生き甲斐があった。
しかし母の居ない、ただだだっ広く暗い家になって、私は本格的におかしくなった。どうおかしくなったかと言うと、仕事から帰るとカラオケで憂さを晴らすようになり、そのうちむなしさから使える財を全部使い切って、不道徳な欲望を全部満たしてしまうことばかりを妄想するようになった。言わば自己破壊願望であった。もう誰からも、必要とされない存在だったし、せめてよこしまな愛欲で気をまぎらわし、最後に一花咲かせて散ろう、そんな感じである。自殺はいつでもできると。

確かに仕事ならば、凡庸な私の代わりはいくらでもいる。しかし家族、親は、代わりがいないではないか。失われたこの先の人生に、もはや良いことがあるとは思えなかった。(ペットは、幾分かは埋め合わせになります・・・病院でのコール。助けてと言わんばかりの、情けない顔だ)

結局私は、寸前の所で神の愛を知って守られたのだが、それはずっとずっと求めて、あきらめてしまっていた「神の直接の語りかけ」体験であった。この霊的な体験は、その瞬間から私の人生を百八十度変えた。懐疑的、否定的人間から、肯定的、積極的な全くの別の人間に変えられた。聖書ではこれを新生(born again )と言う。十字架の神の愛と心からの神への愛、これは血肉の死をもっても引く裂くことのできない永遠の絆である。

神がどんなにか私を愛し、待ち続けていてくださっていたことか、どん底にまで落ちて私は初めてわかった。いや、落ちなければわからなかったのだろうと、今は分かる。神はその時を忍耐強く待っておられた。
〈自分が必要とされる〉それを人間に求めるならばむなしい。生ける唯一のキリストの神に求めるなら、それは真であり永遠であると証言する。


ケパ





コメント

この笑顔に

2016年04月22日 | いやし
名古屋教会メンバーのお二人。

それぞれ闘病中で入院中であり、自宅療養中なのですが、先週だったでしょうか❣️
日曜日礼拝に出席された時の笑顔。
こちらが励まされるような笑顔です。


いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。


聖書の言葉です。
そのようにされてます。すべての事を喜んで感謝して、神様に祈ってるのです。

私はお二人に励まされてます。
だからね、私も祈ります。
夏のキャンプでは、必ず笑顔のお二人と再会します。



ドルカス
コメント

ありのままの自分と心の病

2016年03月25日 | いやし
年齢の話だが、大台をはるかに超えてからというもの、お風呂場の鏡に「あれ、これ、自分じゃない!」と思うケースがある。最近は徐々に増えゆく白髪や顔のシミ以外に、特に体の中央辺りの美しくない曲線を見て思うわけで・・・。
かなり昔、これと似た経験をしたことを思い出す。それは我が家に初めて録音機が入ってきた時のことだった。当時は放送局のような大きなオープンリールテープの機械で、録音できること自体が不思議だった。早速、自分の声を録音して聞いてみた時、「これ、自分の声じゃない」と思ったものだ。いつも一番聞いているはずなのに、ボヤ~っとした、くすぶったような声で、本当にがっかりした。
とまあ、そうは思っても真実は真実、映っており、見えているありのまま、その事実を受け入れるしかない。ところが、見えない自分自身の姿、人格とか人間性とかについては、そう簡単にありのままを受け入れられるものではないようだ。(写真は今日の海老川の菜の花)

聖霊のバプテスマを受けた十数年前から、心を病んだ人たちに接する機会が増えた。それまで私は公立学校の教師として千人ぐらいの子どもを担任し、知的障害、特に発達障害については職務上かなり熱心に取り組んだ。が、心の病についてはついぞ経験したことがなかった。それとも、それまでは子どもたちの中に、その兆候を見る目がなかったのかも知れない。

ところで、心の病というもの、ど素人の私が思うに、患う多くの原因が、先ほど私の話のように、自分像というもの、これが私の見たところ、本人の認識している自分の姿とは相当ズレており、そのための不一致というか、実際の自分とのバランスがとれず、常に不安定で翻弄されているかのように私は見てとれた。
(写真はその横で泳いでいた鴨)

確かにありのままの自分を受け入れらない、したがって全く違う自分を自分だと思うには、いろいろ事情があることだろう。
「・・・こうあらねばならない」という規範にはめ込まれた生い立ちや、「・・・でなければ、自分の存在はない」というような不安など、背景はいろいろだろうと想像する。生真面目な性格とか、期待にこたえなければならないプレッシャーとか、同情すべき点は多い。中には発達障害の二次的障害に起因するかもと見受けられる方もいる。
いずれにしても、苦しむ本人が一番その理由を知らず、ただふりまわされ続けている。それはまことにそばにいても歯がゆい思いがするのであるが、しかしいかんせん、本人が自分の真の姿を見ようとせず、拒否するので、支援は限定的であり、メビウスの輪みたいにいつも同じことの繰り返しに陥る。

聖霊のバプテスマ以前からであるが、霊的にこのような心の病を見、気づくようになって以来、ようやくその原因、真犯人が見え隠れるするようになった。見えることで、やられっ放しだった相手の出方にも対応できるようになった。
その相手とは、あらゆる偽りと騙しに長け、神に反逆し敵対する存在であるサタンと、それに従う数知れぬ悪霊たちのことである。聖霊が(※クリスチャンの)人に住まうことができるように、悪霊もまた人に入り込んで、自分の正体を隠しながら巧みにその人を支配するのである。
クリスチャン以外は、当然ながらこれに対処できない。またクリスチャンはこの悪霊に対し、ただ二つの選択肢だけがある。十字架と聖霊を受け入れているにも関わらず、聖書に明記されている悪魔(サタン)の存在がわからない、かつての私のようなクリスチャンなのか、もしくはサタンに気づき敵対し、神の力によって戦うクリスチャンであるか、だ。(写真は、まだつぼみ状態の海老川の桜)

こういうわけで、クリスチャンは自分のすべての罪を十字架によって神から赦していただけるので、正視できないありのままの自分の姿を「然り、然り、全く弁解の余地はありません。私は一点の良いところはありません。地獄行きが本当に当然です」と罪の底に沈んでいる自分を受け入れることができる。

もちろん罪を認める心からの告白と、その悔い改めによって、一切の罪は赦され、決して思い出されなくなる。救いという。こういうわけで悪霊に対する戦いの勝利=心の病の癒やしという奇跡が起こる。自分自身の受け入れ、和解ができたからだ。神が御子キリストの十字架によって信じる私たちの罪を赦され、このおぞましかった自分の罪こそが、永遠の救いに導いてくれたと、これを喜ぶことができるからだ。なんと罪が私を天国へと連れて行ってくれた鍵になったのだから。いやしの証拠に、私たちの群れには、生涯入院レベルの重度の統合失調症、薬物依存症でも癒やされ、牧師に立っている。担当したドクターから、「私たちの希望だ」とまで言われている。
「ありのままの自分を受け入れる」聖霊の力が注がれる真のキリスト教会にこそ、いやしの希望がある!



ケパ
コメント

いやされた!

2016年02月28日 | いやし
主日のメッセージは、靱帯損傷の証しをして、この事にある神の御心、それは体が不自由になる弱さを知り、それでも神を信頼しいっさいを委ね、感謝することだ、と語った。言わば感謝の実践を神が与えてくださり、私は感謝の喜びが湧いてきて・・・語っていたら、不思議、私に何かスイッチが入った。

そう言えばメッセージに立ってから、ずっと立っている。用意されている椅子にも座らず、立てかけてある松葉杖にも触れておらず、ズッとずっと。「あれえ、それなのに今まだ、痛くもないぞ」と気づくと、すぐ「皆さん、こうして神の御心を受け取ったので、(完全にではないにしても)私は癒されています」と宣言した。「オイオイ、そんなことを言って、もしまた痛みで座り込んだりしたら、どうすんだ?」の声も聞かないではなかったが、とにかくそれには耳を貸さずに、言ったのだ。

礼拝後にもう一度、損傷の箇所をチェックしてみた。例の斜めに関節を回してみても、本当に痛くない。歩いてみると、足が軽く、一歩歩くたびにあった痛みが、ほとんど感じられなかった。「素晴らしいです、神様!」全くとはいかないまでも、メッセージする前と、その後それで痛んで座るどころか、逆にほとんど普通に軽やかに歩いている自分が居た。これには当人がホント驚いた。

半日経って、今、最終確認をした。もう松葉杖は返し、用心した事に越したことはないが、確かに普通に、痛くもなく歩けている。これは何なんだろうか? 「私は癒されています」は口先のまやかしでなく、真実だった。

神は生きておられるのです。ハレルヤ❗️ ケパ



コメント

主よ、癒してください

2015年10月15日 | いやし
私は今でも、都会の人混みの中で特に痩せた女性を見つけてしまうと、一瞬のうちに過去の記憶を呼び戻してしまい、少しの時間身動きがでくなくなってしまう。その話は今から20年前後、前にさかのぼる。

散々回り道をして、病気であることがわかり、ようやく専門の精神科の病院にたどり着いて、その医師に治療方針を聞くと・・・
「あなたの奥さんのような、四十過ぎて、しかも源であり治療の柱とも言える母親を失って発症した拒食症のケースは、これまで治った例がありません。すべていろんな形で亡くなられています。覚悟しておいてください」と医師から宣告されたのだ。そして数年するとそれは、決して言い過ぎではない現実に、私は地の底をのたうち回っていた。それで最後の希望を信仰に立ち返って神の癒しに求めると、友であり、ともに教会を長年支えてきたつもりの牧師から次のように言われた。

「あなたの信仰は危険です。旧約の時代はともかく、完成された聖書がある今は、特に聖霊の著しい働きを必要としません。聖霊、聖霊と言うカリスマの人たちによって、キリスト教会は多くの混乱に陥れられたのです。あなたは夢を見、その夢や幻がいきなり現実になるとでも思うのですか?そうではない。神はいつも人を介し、人を通してご自分の計画を実現されるのです。(※つまり神は個人に直接語られることはない、癒やしに応えられることもない)祈ったりするのではなく、すぐに病院に入れなさい。

祈りすら拒否された私は、信仰にではないものの、これほど教会というものに深く絶望したことはなかった。バプテスマを受け、三十年近くになる私の教会生活は、一体何だったのだろうか?聖書にはキリストと弟子たちによって、信じる者にあれほど多くの癒しと奇跡がもたらされたというのに、そしてそれはどこにもこの時限り、もう終わったとは書いて無い。むしろ信じる者には、その印として現れるとすら書いてある(マル16:17)というのに。全能の神に癒やし、病からの救いを求めなくて、それでもクリスチャンなのだろうか?

今では私はあの時、友だった牧師が危険視したカリスマ派の牧師である。そして明確に彼が危険視した理由とその根本的な誤り=聖霊なる神を信じていない、を理解している。三位一体の神を信じると言いながら、実は聖霊なる神を個人的に知ることも、体験することもできていない人々に聞くとは、私自身も何と愚かだったのだろうかと今では思う。
癒しは聖霊なる神の働きであり、聖書が語っている「信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば病人はいやされます。(マルコ16:17-18)」は今でも真実である。要は信じる者には癒しが現れ、信じない者には現れないのだ。病の人よ、特に医学から見放された人々よ、来たれカリスマ派の教会に。神には不可能はない、ただ信仰があれば。 ケパ




コメント

愛することを問う

2015年07月13日 | いやし
私はこの歳になって思うことがある。それは自分を愛せない人についてである。自分すら愛せない人に、まして他人を愛せるはずがない。だから結婚しても、愛し合い、与え合うのではないから、ただ愛を奪うのであるから、期待はずれの冷めた結婚になる。そのくせ、原因は全部相手のせいにするので、気づくこと、直ることがない。

自分を愛せない人はまた、心の病気になりやすい。私の理解では、最低の自分を自分の真の姿として受け入れることが「在りのままの自分を愛する」ことだと思うのだが、多くの人は、それでは卑屈過ぎると思うようである。
そうではない。受け入れられる自分と受け入れられない自分があっては、それ自体、心のバランスを取りようがないではないか。プライドは自分を愛せなくさせている元凶である。

残酷であまりにも惨めな十字架に架かってまで愛してくださったキリストの愛に、私たちははじめて最低の自分を受け入れることができる。おそらく、キリストの愛なしには、私も最低の自分を受け入れ、愛せなかったと思う。

ところでなぜ愛せないか?その原因の一つに親にも責任がある。我が子の良い所をほめ、「あなたはできる、あなたは良い所がある子」などと我が子の優秀さ、良い所を喜んでいはしなかったか?だから子は親に愛されようと、必死になって頑張ってしまう。「あなたが、ただそこに居てくれることが、一番の喜び」と存在としての愛を、ちゃんと伝えていたのだろうか? それがなければ、子は頑張ること、取り柄があることでしか、自分の存在意義を見出せないだろうし、それが無い自分は愛せないのだ。

深い所で親にも、子が自分自身を愛せなくさせている責任がある。 乱暴な言い方だが、親も生きている間に、子に伝えなければならないことがある。 ケパ
コメント

パソコンの学びも

2015年01月13日 | いやし
連休中で、連絡とれず来たのですが、今朝連絡すると(^O^)/オッケーでした。午後からパソコンの学び。ホームページ更新です。


久しぶりに寄った教室。あら❗️
可愛い子がいるじゃない。インコのピーちゃんです。
とても人に慣れていて、私たちの肩にも腕にも足にも、どこへも来てくれます。只今私の方で一休み。



時々お喋りもしてくれます。女の子であまりお喋りしないようですが、
唯一覚えた言葉〈ピーちゃん〉ですって
今も時々耳元で、囁きます。「ピーちゃん、ピーちゃん」
完全に癒し系ですね~。


しかし「私ピーちゃんっ」ておぼえてね。と、特訓してるわたしですが、難しそう…
コメント

茶房・金木犀(きんもくせい)でみた夢

2014年10月20日 | いやし

 姉の夢は、茶房(喫茶店)を開くことだった。それもただの茶房ではなく、庭園を望んだ徹底的にクラシックな店である。Mokusei5Mokusei3Mokusei2

 

 写真はその夢を実現させたもので、金木犀・銀木犀という。金木犀は茶房の方で、銀木犀はその夫の工房(自然素材で参加者はおもちゃを作る)のことである。

 

 建物は根の谷川という、すべて泉から流れ実に清らかな流れの川の傍にあって、まるで絵のような光景である。また2階は、Mokusei1 アーティストのためのギャラリーになっている。

Mokusei6

 しかし、の茶房で私はお昼をご馳走になりながら、自分の語られたビジョンは日本のリバイバルという、壮大な夢であることに、心を熱くされていた。

 互いに夢がある。姉はこの世で実現させたが、私の夢はこの世のものではない。  ケパ

コメント