牛込生活

荒木町・神楽坂の旨いもの食べ歩き。日々雑感。散財の記録と反省。というより、鈴木康太郎の備忘録代わりです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神戸らーめん 第一旭 (八丁堀)

2005年11月17日 | 食べ歩き (その他)
八丁堀でのアポが終わったのが22時。
お昼を食べる時間がなかったため、打合せの最中はお腹がすいていたのですが、終わる頃には不思議と空腹もおさまっていました。

それでも、茅場町までの道すがら、新大橋通り沿いにラーメン屋を見つけると自然と足がその方向に。看板には、「神戸ラーメン 第一旭」とありました。
わが家の近くには、「第二旭」というラーメン屋があり、そこの店主はこの神戸 第一旭の源流となる京都の店で修行していたとのことです。
これがうわさの第一旭か、と興味をそそられ、気付くと券売機の前に並んでいました。Webページによると、この神戸らーめん 第一旭は、京都の第一旭の暖簾分けフランチャイズ店のようです。


メニューを見ると、Aラーメン、Bラーメン、Cラーメンとあり、基本のラーメンをベースに、それぞれチャーシュー無し、チャーシュー麺、大盛1.5倍のことだそうです。第二旭のメニュー構成も、肉なしラーメン、上ラーメンとなっているので、これに倣っているのでしょう。どれにしようかと悩んだところ、そのかたわらに「トマトらーめん」なるメニューを見つけたので、トマト好きとしては迷わず注文。

出てきたラーメンは、スープからトマト色。ベースとなる豚骨醤油にホールトマトと豚肉を炒めたものがブレンドされており、ほうれん草がトッピングされています。麺は九州ラーメンのような細めのストレートでした。
豚骨醤油にトマト?と言葉で表現すれば奇をてらったようにも思えますが、意外にも相性がよく、程よい酸味と唐辛子のピリッとした刺激が食欲をそそります。付け合せのレモンを絞ると、よりさっぱりした味が楽しめました。

食卓には大きめに切ったたくあんを自由に取れるようになっており、少し甘に漬け込んだたくあんを箸休めに一気に平らげました。

トマト好きな方にはオススメのラーメンです。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 嗟哉/ANAYA (初台) | トップ | チーズリナー (ベターホーム) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (売るとラスタ)
2005-11-17 17:32:07
うわ~い!

第一旭だ!



ワタクシ、中一から第二旭に通いつつも

本家の存在は気になってました。



中学卒業の時は総勢20人位に

『何杯でも食ってけ!オレからの卒業祝いだ!』

と死ぬほど食わせてくれたオヤジに感謝してます。

この『おごり』を何年も続けてるんです。

リスペクト!

コメントを投稿

食べ歩き (その他)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事