華氏451度

我々は自らの感性と思想の砦である言葉を権力に奪われ続けている。言葉を奪い返そう!! コメント・TB大歓迎。

来年5月「9条世界会議」開催

2007-09-27 23:50:18 | お知らせ・報告など

 既に御存知の方が多いと思うが、来年5月に日本で「9条世界会議」が開催される。これは「武力によらない平和の実現」という日本国憲法9条の精神を世界に広げ、全世界的な常識にするための運動である。呼びかけ人は、井上ひさし氏・加藤登紀子氏・佐高信・高遠菜穂子氏・森村誠一氏……ら多数(正確な数を数えてないんで、スンマセン)。

 詳しいことは「9条世界会議」のサイトを参照していただくのが一番だが、少しだけ紹介すると――2008年5月4~6日の3日間が予定されており、場所は千葉の「幕張メッセ」。ノーベル平和賞受賞者たちの講演、パネルディスカッションのほか、分科会、展示、反戦・平和をテーマにした映画、演劇、コンサートなどが企画されつつある。ほかにも全国各地で、イベントが計画されているそうだ。

 実行委員会では、世界会議のキャラクター(虹色の9の字を抱えた小さなこども)を描いたグッズ(缶バッチ、ポストカード、Tシャツ)も製作した。第一の目的はこの世界会議の情報を広めるためだが、むろん、売り上げは運営資金になる。

 グッズはまだ大々的には売り出されておらず、サイトにも載っていないが(近日中にネットで公開される予定)、つい先日、実行委員のひとりに会う機会があり、その時に写真を分けて貰ったので一足早く皆さんにお見せしてしまおう。上が缶バッチ、下がポストカードである。護憲関連のイベントなどでは販売されているので、もう知ってるよという人も多いかも……ではあるけれども。

 なかなか協力できない貧乏ヒマ無し人間なので、せめてカンパのつもりで……と思って、少しばかりグッズを購入した。知り合いの若い人たちなどに配って、世界会議の話などもしてみるつもりである。

 世界会議、私も行きまする。大勢の、お互い名も知らぬ同志たちと会うために。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 昔話「御領主選び」 | トップ | ビルマに雨の降るごとく――ム... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
虹色の9条! (嫌われ、あくつ)
2007-09-28 12:50:47
こどもの日をはさんで開催されるのですね。
インターネットの力で世界規模の大会になるといいですね。
素敵な情報を有難うございます。
新目標 (ましま)
2007-09-29 18:05:14
TBありがとうございました。
改憲機運後退で、「反戦老年委員会」を閉幕、今後は日本の外交政策をこの方面に向けさせるため、「反戦塾」で見果てぬ夢を追いたいと思います。

コメントを投稿

お知らせ・報告など」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

ビルマ(ミャンマー)での軍政による民衆弾圧 (緊急行動の要請) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
(人気blogランキング参加中) ビルマで、軍政による民衆への弾圧の懸念があり、僧侶らの抗議デモに警告が出ていると新聞が告げています。kimera25さんが取り上げ、駐日大使館や本国の諸機関、マスメディアへの緊急行動を呼び
またウソをついた外務省 (とむ丸の夢)
「米国の艦船に関してはあまり重要ではないが、英国や パキスタンの艦船にとっては死活的に重要だ」と言って日本が給油を継続する必要性を訴えたシーファー米大使ですが、なぜ老朽艦のパキスタンの軍艦にハイオクが必要なの
「ミャンマー軍事独裁政府」…これって日本の近未来じゃない!? (dr.stoneflyの戯れ言)
ミャンマー軍事独裁政府がデモ行進をする市民、僧侶に軍事力の行使をした。 また、独裁政府は情報統制をも行い情報の遮断をせんとしている。 日本人ジャーナリストの長井健司さんが銃声に倒れ、死んだ。 許せない…… 各国はミャンマー軍事独裁政府を批判する声明をあ...
ODA テンパーセント・マダム (とむ丸の夢)
   英国王室の宝。 王冠と宝珠。 4番目は大英帝国王冠。 最後はインド帝国王冠。  あれも、これも、イギリスが私たちの国から奪っていったもの。 いつか我が家に来たミャンマーからの留
ビルマ(ミャンマー)の情勢を悲しみをもって見ながら、軍隊と独裁政権は民衆を守らずに自己の暴虐を隠そうとするものだとあらためて... (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
(人気blogランキング参加中) 前回のエントリーに続いて、ビルマ(「ミャンマー」は軍事政権による呼び名)での、軍政による民衆への弾圧の件です。 まず、駐日ビルマ(ミャンマー)大使館に電話してファックス番号を尋ね
ホームページ (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ こちらもご覧ください。 また、ホームページまたはブログをお持ちの方は、もしよろしければ、ご自身のHPまたはブログの「リンク」や「お気に入り」などに当ホームページへのリンクを加えてください。宜し...
わが国の無期懲役 (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
わが国のライフ・センテンス 無期懲役刑とは  はじめに、無期懲役刑の性質について説明したい。無期懲役の「無期」とは、「刑の満期が無い」ことを意味しているのであり、「期間を決めていない」などという意味ではない。「期間を決めていない刑」は、不定期刑(2種...
わが国の無期懲役 (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
わが国のライフ・センテンス 無期懲役刑とは  はじめに、無期懲役刑の性質について説明したい。無期懲役の「無期」とは、「刑の満期が無い」ことを意味しているのであり、「期間を決めていない」などという意味ではない。「期間を決めていない刑」は、不定期刑(2種...
映画『六ヶ所村ラプソディー』 (ペガサス・ブログ版)
「六ヶ所村ラプソディー」の上映会に行った。会場は福岡市唐人町の甘棠館(かんとうかん)show劇場というところ。小さなホールで、100ほどの客席はほぼ満員だった。 映画は、六ヶ所村で、そこの再処理施設とかかわりながら生きる人々の生活と思いを淡々と綴る。映画...