華氏451度

我々は自らの感性と思想の砦である言葉を権力に奪われ続けている。言葉を奪い返そう!! コメント・TB大歓迎。

ご一緒に「いくじなし宣言」しませんか

2006-09-19 23:33:14 | 雑感(貧しけれども思索の道程)

〈マッチズモを嫌悪する〉

 私はマッチズモが嫌い――というか感覚的に受け入れられない人間である。私が石原都知事と自分を「永遠の平行線」だと思う理由は幾つもあるが、そのひとつとして彼がマッチズモ剥き出しの人間だという点が挙げられる。

 私は正真正銘の腰抜け、いくじなしだ。かなり前に、恥も外聞もなく「いくじなし」という記事まで書き、その中で次のような呟きをした。(読むのが面倒な方は、次の小見出しまで飛ばしてください)

【私はいくじなしだから、勇ましい言葉が恐ろしい。私はいくじなしだから、できれば面倒なことになど関わらず、ひっそりと息づきながら街の裏通りで生きていたい。食べていけるだけの稼ぎをして、本を読みながらぼんやりとつまらない空想の中に漂っていたいのだ。それなのに共謀罪反対だの、憲法改定反対だのと怖ず怖ずとではあれ声を出したりするのは、これまた私がいくじなしだからだろう。 いくじなしにとっては、「不寛容な社会」は何より怖い。精神総動員がかかったら(むろん既にかかり始めているのだが、それが法制度に支えられてさらに露骨になったら)「イチ、抜~けた」と言ってすたこら逃げ出したくなるに違いない。でも本当に逃げられるのだろうか。とっつかまって、連行されるのがオチではないだろうか。机叩かれながら怒鳴られ、死ぬほど殴られたりしたら、いくじなしの私は「すみません、すみません」とヘイコラ頭を下げてしまうだろう。それどころか、とことん卑劣な人間に堕ちて、友人も親も売ってしまうに違いない。前にも言ったような気がするが、私は脅し上げられれば白目を剥いて小便を漏らし、意気地なく踏み絵を踏んでしまう人間なのである。自分でもなさけないけれども、客観的に見てそうとしか思えない。だから……そんな社会になる前に必死で食い止めなければ、ご先祖様に申し訳ない……じゃなかった、自分に唾吐きかけたくなるだろう。藤原定家は「紅旗征戎わがことにあらず」とのたもうたが、いくじなしの私はこんなカッコイイことはとても言えないのだ……。】

〈森毅のいくじなし宣言〉

 こんな開き直りめいたことを言う私はやっぱりダメな奴なのかも知れないな、と内心忸怩たる思いもあったのだが、ふとしたことで数学者・森毅氏の『いくじなし宣言』という一文を読んで膝を打った。彼も自分をいくじなしだと堂々と言っている。マッチョなヒロイズムは大嫌いだとも。頭のレベルは天と地ほど違っても、感覚が共通することは大いにあるのだ。(初出は青土社『現代思想』第32巻第3号だが、既に彼の短い文を集めた著書におさめられているかも知れない。その辺はまだ確かめていない)

 全文紹介すると膨大になるので、ポイントになる部分をいくつか紹介しておく。

【そうなったら(注・人が人を殺すことのできる世界になったら)たぶん、ぼくは殺される側にまわるだろう。なにしろ、生まれてからただの一度も、喧嘩というものに勝ったことがないのだからなあ。負けると決まっていることをやるのは、自殺のようなもので、ぼくはそれほど自虐的でない。】

【靖国問題のややこしさは、殺された人の魂が美化されていることにあろう。そのうえに、東条さんが昭和さんの身代わりで死刑になったようなイメージまであったりしては、ややこしすぎる。隆盛さんを祀らなくてよかった。】

【いくじなしは女の子にもてない、というアメリカ文化の伝統があるが、女はみんなヒーローに憧れるなんて、一種の女性差別。それに、いくじなしが多いほうが、平和でいいじゃありませんか。死はすべて犬死にと思って、いくじなしのままで死にましょう。今でも「身命を賭して」なんて言いたがる人もいるが、それはチャンバラ映画とヤクザ映画だけにしてほしい。】

【ぼくはいくじなしと、ここに宣言する。サムライなどにはなりたくない。ヒーローや、プライドとは無縁。そして、一人のいくじなしとして、戦争や死刑はないほうがよいと思います。少なくともそこに、国家や宗教を持ち出さないでください。】

〈今こそ、いくじなし宣言を〉

 いくじなしが多いほうが平和でいいとか、サムライなどになりたくないとか。さすが巧いことを言うなあ。そう……「人を殺すなんてヤだ。怖い」「勇ましいことなんか言いたくない」「強くなんかならなくていい」「ヒロイズムなんぞとは無縁で暮らしたい」等々、いくじなしの生き方を肯定することで、人間は初めてオカミの管理・統制から自由になれるのかも知れない。皆さん、ご一緒に「いくじなし宣言」をしませんか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (31)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痩せた豚から都知事殿へ――U... | トップ | 「愛国心」はなぜ危険か »
最近の画像もっと見る

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
加川良 「教訓Ⅰ」 (イヴロ~ニュ)
2006-09-20 04:11:22
歳がバレますが、このテの話題で即座に頭に浮ぶのが加川良の「教訓Ⅰ」という70年代のフォークソングで、これに尽きてしまいます。歌詞は次のurlのページの下のほうにあります。

<http://west-village.main.jp/2006music/2-ka/mkyoukun1.html>
あれ? (イヴロ~ニュ)
2006-09-20 04:15:49
URLが入りませんでしたね。今度はどうでしょう。
たびたび、すみません (イヴロ~ニュ)
2006-09-20 04:19:48
上のコメントの名前に入ったURLのサイトは別にわたしのものではありません。
勇ましい人は常に前線には立たない (眠り猫)
2006-09-20 05:25:57
 おはようございます。

 笑顔の連鎖を広めましょう。

 さて、勇ましいことを言うのは、常に後方にいる人です。自分では最前線に行かない人。

 他人を煽ったり、強制的に何かに従事させている人。北朝鮮の将軍様なんか、典型的な例。

 しかも、日本では、不思議なことに、散々国民をだまして、戦争に突入した挙句、一敗地にまみれて、330万人もの国民の死者を出す原因を作った人を神としちゃう変な国。ドイツでのナチス追究とは正反対。

 後方で進軍ラッパを吹いている人間をかっこいいと思う人間が最近増えているような。自分は、その通りにすれば最前線で血泥にまみれることになるはずの若者が。

 日本って、変じゃないですかねぇ。
頑張らない (喜八)
2006-09-20 14:36:31
華氏さん、こんにちは~。



> ご一緒に「いくじなし宣言」しませんか



4年半ほど前から「頑張らない宣言」をしています。



「頑張らないトレーニング」

http://kihachin.net/qol/qolindex.html



筋トレの世界で「頑張らない」のはかなりの少数派になるかもしれません。

結構、まわりの顰蹙を買っているかも・・・。



Unknown (田中和彦)
2006-09-20 14:57:10
下世話な話ですが、「ちんちんが勃たなくなると、男は勇しいことを言い始める」という鉄則がありますね。・・・あれ僕の周りだけ?



いや、本当に子供の頃

近所の肉体労働系の気のいいおっちゃん達からよく聞いたのですが。
Unknown (久々)
2006-09-21 23:22:49
いくじがないから、強くなろうって俺は思うけどなぁ。

プライドなどを一切合切捨てた人間なんて、(言葉が悪いけど)動物園の獣と同じ。

平和な世界で生き、子孫を作り、飢えることも無く、病気になっても看病され、死ぬ。



私はそういうのは嫌ですかね。
久々くん (大笑い)
2006-09-22 09:06:09
>いくじがないから、強くなろうって俺は思うけどなぁ。



だったら自分のブログで堂々と意見を述べたらー?



>プライドなどを一切合切捨てた人間なんて、(言葉が悪いけど)動物園の獣と同じ。



メアドもURIも入れないで批判的コメントを延々と書き連ねる行為こそプライドに欠けると思うが?
Unknown (ゆう)
2006-09-26 01:54:00
管理人さんの言葉を見て、ほんとに感動してしまいました。

まだ14歳の者なのですが、ほんとに見習いたいと思います。
はじめまして(でしたっけ) (非国民)
2006-09-28 02:17:22
私も紛う事なき「いくじなし」です。是非御一緒しましょう。

私はいくじなしだから、戦いが怖い。平和のための戦いもイヤだ。だから出来ればこっそりと非国民をやっていたい。。。



ちなみに森毅は我が非国民道の師匠です。中学生の頃に夢中になって彼の本を読んだものでした。四半世紀も前のことですが。

コメントを投稿

雑感(貧しけれども思索の道程)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

それなら、あたしは非国民で結構です。 (徒然気儘な綴方帳)
前にも同じようなことを書いたような気がしなくもないのだが、皇室に慶事があったことや、自民党総裁選挙の動向などと絡めると、もう一度言っておくべきことであるように思ったので、あえてこのエントリーを記しておくことにする。 国のありようにNOを言わない、Y ...
今日、事実上の安倍政権発足 (平和のために小さな声を集めよう)
今日、自民党の総裁選挙が行われ、事実上安倍政権が発足します。国会の手続きは29日ごろになるようですが。 &nbsp; 個々まで、後半ではやや過激な発言はトーンダウンしたものの、「美しい国」という、漠然としてつかみどころの無い政権構想を掲げ、教育基 ...
安倍総裁誕生前夜に・・・暗闇の危機感の中で、一筋の希望の光も?! (日本がアブナイ!)
次回から、元気に頑張るので、今回だけはちょっとグダグダしていいですか? <けど、最後には一筋の希望の光も見い出した話も・・・>  マジメな話、私はこの何日か超ブル~になっている。  何故って、あの安倍氏が日本の首相になる日が近づいているから ...
植草事件はどうも怪しい (とりあえず)
 とにかく情報がないので分かりにくいところだが、前の事件もエスカレーターで手鏡を使って女子高生のスカートの中をのぞいたというのだが、現場の防犯カメラの録画テープがないなど、テロ対策だのなんだのと絶叫する昨今およそ考えられない状況であり、冤罪とし ...
頼りになるのは、政府より教会? (とむ丸の夢)
 青空をバックに、マイクを前にした男が目隠しをされている……なにか気になる表紙
河野太郎議員の「ふざけるんじゃねえ」 (喜八ログ)
衆議院議員河野太郎氏が自らのブログ「 河野 太郎" href="http://www.taro.org/blog/" target="_blank">ごまめの歯ぎしり」で、竹中平蔵大臣の参議院議員辞職を全面批判しています。当該記事「ふざけるんじゃねえ」を全文引用させていただくこととしまし ...
がんばれ日本共産党 (薫のハムニダ日記)
先日、目にして気になっていた記事なのですが、他にいろいろとネタが飛び込んでくるわ、本業が忙しくなるわで後回しになっておりました。 え~っと、日本共産党の志位委員長が今月7日から10日にソウルで開かれたアジア政党国際会議に出席するため、共産党党首と ...
薫ちゃんと愉快な仲間たち (BLOG BLUES)
感じないだろうか。ブログに依る僕らの反新自由主義運動が、 新たな戦いのステージに突入したことを。マスゴミへの影響力をほぼ浸透させた 新自由主義勢力が、その矛先をいよいよ、僕らに向け始めたことを。 「カナダde日本語」が提唱した「安倍ND」並びに、 ...
「長崎物語」ならぬ,「白々しい安倍ショー」 (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 上の写真は偶然,今日病院のバス停の植え込みに咲いていたヒガンバナです。  戦前,渡辺はま子がこんな歌(梅木三郎作詞・佐々木俊一作曲)を唄っていた。 赤い花なら 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 阿蘭陀(オランダ)屋敷に 雨が降る 濡れて泣いてる ジャガタラ ...
ルビコンを渡る (晴耕雨読)
 ルパートは「ルビコンを渡る」(Crossing the Rubicon)という驚くべき本の著者でありますが、その中で彼は、世界は実際にはどのような方向に動いているのかという、誰しもが無関心ではいられないような主題を探求した「FTW」誌における7年間のことを描いて ...
[雑記] 意気地無しって素晴らしいですか? (ほしみんの日記)
[華氏451度:ご一緒に「いくじなし宣言」しませんか] まず、書いておきます。上の記事には「意気地無しな俺たちでも生きていける世の中がいい」という主張が含まれていると思います。その部分には、うなずきます。がりがりに力を誇示しなければ生きられない世 ...
「市民運動としての闘い」…それぞれの立ち位置と力量で (dr.stoneflyの戯れ言)
 ここのとこ、ワタシは記事やコメントで「連帯」「共闘」「闘う」などと連呼している。実はこのブログを訪れてくれる読者にも「?」な言葉だろうと想像し、自己嫌悪に陥っている。旧知の平良夏芽の逮捕などあったから、ワタシ自身の過去を忘れ「不当逮捕から分断 ...
Effexor xr side effects buy effexor effexor xl. (Canada online pharmacy buy effexor xr online.)
Buy effexor. Buy effexor xr mg.