華氏451度

我々は自らの感性と思想の砦である言葉を権力に奪われ続けている。言葉を奪い返そう!! コメント・TB大歓迎。

ひとは自分の経験を通してものを見る

2007-10-28 23:04:55 | 本の話/言葉の問題

 

 4日ばかり目玉が溶けるほど寝て暮らした……。「一杯のお茶と引き替えに世界が滅びてもかまわない(と思った)」という、ロシア作家の有名な一文をふと思い出す。まぁ、とてもじゃないがそんなカッコイイことは言えないのだけれども、ちょっぴり「目覚まし時計無視の熟睡と引き替えに……」という気分でありました。

◇◇◇◇◇

  先日、題名だけ紹介した家永三郎著『歴史家のみた日本文化』(発行・雄山閣)について、読みながら思ったことなどをメモ風に少しだけ書き留めておこう。【 】でくくった斜体の文章は、著書の引用である。

◇◇◇◇◇

 まずは内容の一部の紹介から――

「天皇制批判の伝統」という章の中に、こんな言葉があった。

ひとは常に自分の経験という色眼鏡を通して歴史を回顧するものである

いわゆる「国体観念」をこどものときからくり返し学校で吹きこまれてきた私たち戦前世代の人間は、天皇制を否定するものはごく少数の共産主義者だけであって、これに正面から批判的否定的な考え方が、共産主義出現の以前から日本の思想界の一隅に脈々としてつづいていたというようなことは想像もできなかった】という文の後に続く言葉である。(ちなみに著者は1913年生まれ)

 ある大学院の学生がおこなった「天皇制に対する意識」の社会調査について、著者は簡単に紹介している。それによると、40代から60代は天皇制を支持する人が多かったのに対し、80代では消極的・否定的反応を示す傾向が見られたという。ちなみに『歴史家のみた日本文化』が書かれたのは今から40年余り前、1960年代前半である。当時の80代は既にみな故人であるから、現在は「高齢者は天皇制に消極的・否定的」というわけではない。

 当時の80代は、明治20年以前の生まれである。まだ天皇制の権威が充分に確立していない頃に成長したため、天皇制に対して深い尊敬だの畏怖だのを持たずにすんだのだろう、と著者は語る。それに対して、著者自身を含む明治半ば以降に生まれた人々は、「国体の尊厳」で心理的にガンジガラメにされており、違った考え方もあり得るのだということに思い至らなかった――のだそうである。

 そして、大昔からずっと、日本人は皇室を崇めていたと思い込んでいた。表面的・形式的な文献だけ見れば、確かにそのように思えもした。

しかし、考えてみれば、古代や封建社会で書かれた文献というものは、すべて支配階級に属する人々か、そうでないまでも支配階級の文化の洗礼を受けた人々の手で書かれたものばかりであって

 被支配階級の人々が本当に皇室を崇めていたかどうかを明確に示す史料は、はじめから存在しないのだ、と著者は続ける。

(この後に、庶民の感覚を垣間見せる断片的な史料などが挙げられているが、紹介は割愛する)

◇◇◇◇◇

 冒頭に挙げた一文を、私は自分の頭のなかでこんなふうに読み替えた気がする。

「ひとは常に、自分が刷り込まれた価値観というプリズムを通してモノゴトをみる。歴史を見るときも、現実の事象を見るときも」 

 天皇陛下は神様です、太古の昔から日本人は天皇を尊崇してきたのですと教えられて信じ込んでいた「戦前世代」を、我々は嗤うことはできない。「日本文化って繊細だよね」でも「北朝鮮って怖いよね」でも、「自由ばかり主張するのは間違いだ」でも何でもいい、我々もいろいろなことを刷り込まれ、違った考え方が成り立つということに思い至らない。
 
 こんなことを言うと、おまえがギャアツク言ってること――たとえば愛国心は不要とか、憲法は改定するなとか、そういうのも刷り込まれてるんじゃねぇの?という批判もあるかも知れない。うん、あるだろうなきっと。

 しかしですね。うーん、さぼってここでも家永三郎の本から引用してみる。

支配階級はそれぞれの歴史的理由によって天皇の存在を必要としていた。だから天皇の地位はついに廃止されないで今日に至ったのであり(以下略)】

 支配階級、という言葉は違和感があるかも知れない。実は私もある。階級として鮮やかにカテゴライズされるものではなく、もうすこし輪郭の曖昧な、ぶよぶよしたつかみ所のないものだと思っているので……。だからここは、「オカミ、および表舞台の人達」と言い替えてみようか。

 オカミ、および表舞台の人達――は、自分達が是とする社会をつくるために(正しいか正しくないかということは、このさい関係ない。彼らにも彼らの考え方があり、私はそれを否認するけれども、否定しきることはできない)なりふりかまわず狂奔する。いや、なりふりかまわずってのは言葉のアヤでね、それなりにかまってるけれども。でも本質はやっぱり、なりふりかまわず――かな。で、彼らは金もある、地位もある、権力もある。大人と子どものレスリングみたいなものですよ。だからスタートとして、ともかく彼らの言うことは疑ってみる。それぐらいで、実はちょうどバランスがとれていると言っていい。

 声高に、シャワーのように浴びせかけられてくる価値観を、まず疑う。さもなければ、しらずしらずのうちにガンジガラメになるに決まっている。 

◇◇◇◇◇
 
「天皇制批判の伝統」の章のなかで、著者は、むろん明治政府が無から有を造りだしたわけではないと述べている。日本人の生活に深く根を張っていた天皇制の根源のようなものがあり、それが存在していたために、新しい天皇制の権威を築き得たのだという。では、天皇制の根源とは何か。

――というところでかなり酔いが回ってきたので、一時中断。続きは次回。 

◇◇◇追記(10月29日)◇◇◇

家永三郎って何者だ?というヒトのためにひとこと解説。(ある程度以上の年齢の人はよく御存知のはずだが、若い人は知らない……かもしれない)

5年ほど前に亡くなった歴史学者。東京教育大学で教鞭をとっていた。若い頃は体制翼賛傾向がつよかったことから変節漢とも批判されているそうで、そのあたりについては実は私はよくわかっていない。ただ、私の子どもの頃は「家永教科書裁判」(※)で名高く、私はこの裁判によって「教科書というもの」や、「国が教科書をチェックするということ」をボンヤリとではあるが考えさせられた記憶がある。

※教科書検定は違憲だとする訴え。南京大虐殺などについて記述した教科書が検定でハネられたことが、第一次訴訟をおこすきっかけだった。第一次から第三次まで三回の訴訟があり、30年以上を費やしてあらそわれた。第三次訴訟の最高裁判決が出たのは10年ほど前。

 

 

コメント (1)   トラックバック (28)

お久しぶりです。生きてました

2007-10-24 23:38:23 | 雑感(貧しけれども思索の道程)

 ここ数か月、なぜか多忙な日々が続いていた(なぜか、なんて言うのは変か。多忙の理由と、なぜそうなったかという原因は自分でもよくわかっているのだが。感覚としては、やっぱり「なんでや~」なのだなあ)。やっと一段落と思ったら、また面倒ごとが現れ……。
 私は何年かに一度の割合で、こういう事態を引き起こしてしまう。というか、巻き込まれてしまうのだ(何か憑いてるんじゃないか、お祓いしてもらったらどうだと友人たちにからかわれるぐらいで)。四年ほど前だったか、十人足らずでチームを組む仕事に誘われて気楽に参加したところ、途中でややこしくこじれ、コーディネーター役が突然オリてしまったものだから大混乱。さらに決断の早い人間から順に一人辞め、二人辞め。結局、私を含めて逃げそびれたのろまな人間たちがオロオロウロウロしながら何とかゴールインまで持っていったのだが、いやぁ、あの時もひどい目に遭ったなあ。それでも懲りずに、すぐ巻き込まれる私はいったい何だろう。

 でもまあ、明けない夜はなかったのだ。やっとこさ、ほんとうに今度こそ一段落。今週は休むぞと自分自身に宣言し(自分以外に宣言する相手はいない。何しろ一人で仕事してるんで)、今日は久しぶりに一日中、古書店巡りをして遊んでいた。買い込んできた本を傍らに積んで、ニヤニヤと喜んでいるところである(キモチ悪いって? す、すみません……)。

 さっき読んでいたのは、家永三郎著『歴史家の見た日本文化』(雄山閣)。読みながら少し考えてみたこともあるので、それはまた明日にでも。

 ひとつだけ、なるほどなぁ、おもしろいこと言うなぁと感心した一文を紹介しておこう(まるで予告編)。

【日本というのは、こういう国なのだ。日本の顔を片側からみただけで判断すると、とんでもないまちがいをひきおこす。眉目秀麗の横顔の向こうには、ひっつりだらけの物すごい横顔がついているのである】(「汚い社会と美しい文化」の章より)

 日本文化をこよなく愛する一方で、必死で隠蔽されてきた汚さにも眼を向けずにおれない歴史学者の言葉である。

コメント (6)   トラックバック (7)

肯定的こだわりと否定的こだわり(UTSコラム再掲)

2007-10-03 23:41:44 | 雑感(貧しけれども思索の道程)

  息苦しい世の中はイヤだ――というブロガーのゆるやかな輪「Under the Sun」 で、複数のブロガーがコラムを書いています。なかなかおもしろいので、気が向いた時に覗いてみてください。(私もときどき書いておりまする。あ、私のはあんまりおもしろくない)

 今回のテーマは「こだわり」。自分の書いたものを、ここに再掲しておきます。

◇◇◇◇以下、再掲

 こだわる……ということを、実のところ今まで真面目に考えたことはない。自分の「こだわり」や、こだわりの是非についても含めて。だから今日は、「こだわる? えっ? 何やねん、それ」という感覚のままに、脈絡なく文を綴ってみようと思う。

 ひとは肯定にこだわるのだろうか、それとも否定にこだわるのだろうか。いや、おそらく両方ともアリなのだろうけれども、どちらのベクトルが強いかは人によるような気がする。妙なたとえになってしまうが、たとえば誰かとメシ食おうよという話になった時――「中華を食べたい! それも四川料理がいいな。四川料理だったら上野に○○って店があってさぁ、あそこの麻婆豆腐が……」などと言うのは前者。「あ、麺類だけは苦手なんよね。それと、今日は胃腸の具合がよくないから脂っこいものはちょっとなー。それ以外なら何でもいいや」と言うのは後者、という感じだろうか。
(毎度のことながら、どうでもいいようなしょうもないたとえで失礼。日常的な些末な場面を背景にして考えないと、アタマがまとまらない癖がありまして……。これも一種の貧乏性だろうか)

 自分自身のことを考えると、どうも私は後者であるようなのだ。「これだけは勘弁して」というものはある。でも、それさえ忌避できれば後は割とどうでもいいような。少し前、同業者数人と組んで、10巻だったか12巻だったかの子供向けの本を作る仕事をした。その準備段階で誰がどの巻を担当するかという話になった時、私は自分が苦手とするテーマのものを1つ2つ取り除けて、「ほかはどれだっていいや」と言った覚えがある。で、他の仲間がそれぞれに選んだ残りのものを担当した。
 思えば、いつも私はそんな生き方をしてきたようだ。むろん、時には「これでなければ」とコダワル局面もないではなかったけれども、子供の頃から多くの場合は消去法的なこだわり方であったような気がする。

 続きはこちら

 

コメント (8)   トラックバック (33)