華氏451度

我々は自らの感性と思想の砦である言葉を権力に奪われ続けている。言葉を奪い返そう!! コメント・TB大歓迎。

ムル&トマの「国家あるいは集団」(3)――ウザイッ

2008-04-28 23:50:03 | ムルのコーナー

 くも膜下出血起こすんじゃないかと思うほど多忙で(私のオヤジは40歳を目前にして、くも膜下出血で死んだ。私は彼のように真面目な努力家ではないけれども、やむを得ず多忙になることはままあり、そんなときはふと、自分もオヤジと同じ死に方をするんじゃないかなぁと思ったりもする。それはそれで、ま、いいかって気もあるが)、ブログをほったらかしにしていた。もともと私のブログは単なる寝言だから、さまざまな意味で忙しければ平然とほったらかしにするのである。その程度の感覚でいた方がいい、というのが私のいわば基本的なスタンスだと言っても いい。

 ……というのはいいけれども、ひさしぷりに覗くと……驚きますわなぁ。開店休業なのに、TBをたくさん(そこそこに、と言う方が正確かも)戴いていて、それはホント涙が出るほど嬉しい。とむ丸さんほか……律儀にTB下さる方、ほんとに有り難う。長いことさぼり続けているので訪問してくださる方はごくわずかになっているけれど、その人達に、このブログを経てTB下さっているブログを読んでもらえればこれにまさる喜びはない。て言うか、その程度しかここの存在意義はない、のやけんど。

 いや、驚いたのは、TBいただいていることではない。わけわからないコメントが、ごちゃまんと入っていたことだ。ヒマですなあ……。うちみたいな過疎ブログにまで、律儀に攻撃コメント入れることないでしょうに(笑)。私は基本的にTBもコメントも削除しないことにしているが、記事の内容とまったく関係のないからかいコメントと、署名のないコメントは削除させてもらいました。悪しからず。

 えらく愚痴が長くなった。ちょっとだけ、ムルとトマシーナ(※)に登場してもらいましょうか。

◇◇◇◇◇

トマ:兄貴、おっひさ~。

ムル:何が「おひさ」だよっ。華氏の野郎、さぼりやがって(笑)。あいつ、生きてんのか?

トマ:うふっ。生きてるけどね、仕事忙しいし体調悪いしとかで、毎日「くも膜下出血で死ぬかも」ってギャアスカ言ってるよ。随分昔に、華氏のオヤジさんが、くも膜下出血で過労死してるんだっとさ。

ムル:ふん、過労死するほど働いてねーくせに。あいつは甘ったれの怠け者っていうだけなのさ。死んだら少し地球がすいて、結構みたいなもんさ。

トマ:うふ、言えてる……。まっ、それはいいじゃん。しばらく話してない間に、いろんなことがあったよね。

ムル:そうだなあ……目まぐるしいぐらいだよな。

トマ:たとえば、そう……聖火ランナーがどうとか。

ムル:ああ、あれか……。おいらは猫だかンね、オリンピックなんざ、ほんとのところどうでもいい。

トマ:きゃはっ、華氏みたいなこと言ってら~。華氏はオリンピックが大嫌いなんだってさ。いろんな国の国旗が翻るの見るだけで、蕁麻疹が出てくるって。ナイショだけどって声ひそめて、爆弾投げたいぐらいだとも言ってた。むろんあいつは小心な小市民だから、そんなこと絶対できっこないけどさ。

ムル:ばかやろ、あんな偏屈者と一緒にするないッ。……ま、それはそれとしてさ、おいらはオリンピックなんてぇものに何の興味もない。やりたきゃやれば?てなもんさ。でも、あの聖火リレーを巡る騒ぎだけは、何か居心地わりぃんだよなぁ。

トマ:チベット問題うんぬんで、中国に対する反感が……というやつだね。

ムル:おいらもさぁ、いわゆる「チベット問題」についての中国の態度が正しいとは思わねぇ。ちょっと待てよ、みたいな気は多分にあるさ。ただよぉ、人権とかに関わる問題を抱えているのは、中国だけじゃあねぇ。おいらはさ、あれが中国だから、やたらに問題になったんだと思う。たとえばさぁ、アメリカでオリンピックが開かれるとするだろ? ほかの、ヨーロッパの国でもいいけどさ、あんなふうに騒動が起きると思うかい?

トマ:うん……起きないかも。

ムル:中国って、「敵視」するのに格好な相手なんだとおいらは思う。ちょっと前はさ、その対象はソ連だった。でもソ連は崩壊しちゃったからさ、代わりにどっか無いかと探した結果が中国なんだよな。前のギョーザ騒動だって、その臭いがする。

トマ:何か巨大な「敵」を想定することの必要性……?

ムル:あのなぁ、おいらに難しいことは聞くなよな。何もわかんねぇんだからさ。おいらが喋ってるのは、「生き物のカン」にしか過ぎない。でも、生き物のカンって、そうバカにしたもんじゃあねぇんだぜ。

トマ:はいはいはいはい……。ゴタクはいいからさ、話を続けてよ。

ムル:集団がまとまるためには、「あいつはわりぃ奴だ」という敵が必要なんだ。敵が巨大であればあるほど、集団の結束は固まる。それって、すごく基本的なことじゃんか。でもさぁ、おいら達に必要なのは――そんなふうに集団の結束固めて、それが何なのさという白けた目線なんだと思うんだよな。大切なのは「個々の命」であって、決して「その命が集まった集団」じゃあねぇ。それさえわかってれば、誰もオリンピックなんていう単なるお祭りに熱くなったり、国を守るなんていう馬鹿げた幻想にめくらましされることはないと思うんだけどなぁ……。

ムル:眠くなっちゃった。続きは明日、ね。もしかすると明後日になるかもだけど。

◇◇◇◇◇

※ムル=都の東北を縄張りとするボス猫。華氏の代理であちこちに顔出しておりまする。  トマ=華氏宅の居候で、本名はトマシーナ(坊や猫だが、飼い主?の趣味で女性名をつけられた。ちなみにトマシーナの男性型はトマス)。ムルの腰巾着。

ムルとトマのどうでもいい雑談は、「ムルのコーナー」にまとめてありまする。

 

コメント (32)   トラックバック (161)