SEO(すこし、E な、おやじ)のホームページ

ウェイブマーケティングコンサル、ホームページ製作及び、作り方をお教えする(株)ブレインアソシエイツ社長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手作りサイトの功罪

2010-08-30 23:22:16 | Weblog
個人であっても、企業であっても、出来るだけコストを抑えて利益を増やしたいと思うのは当然です。日々のランニングコストもそうですが、事業を始める際に初期投資をなるべく抑えたいものです。

事業の準備をするにあたって、店舗であるなら店舗改装費、保証金など、オフィス業務であっても備品、広告宣伝費など出費がかさみます。

その中で、必ず作らなければならないのがウェブサイトかと思いますが、後回し、軽視する人が依然少なくないように思います。

他の費用はどうしても削ることが出来ないので、ウェブサイトはとりあえず後回しか、なるべくコストをかけないよう、自分で習って作成する、知り合いに頼むといったケースがあります。

自分で習って作成するというのは一見すると起業家スピリットとしては褒めたいところですが、あまりにもロスが多いのでお勧めできません。本業の準備にはどれだけ時間を割いても足りない状況(余裕のあるケースはほとんどないでしょう)であるのに、企業広告のサイトであれショッピングサイトであれウェブサイト構築の習得に時間を割いたらもったいないです。それで商用に耐えられる立派なものが出来ればいいですが、大半は中途半端なものです。(立派なものがでいるなら最初からウェブ関係の仕事を選んでるでしょう)

知り合いの頼むケースで、厄介なのは作成に慣れている知り合いに頼むケースです。明らかに素人っぽいサイトであるならば、とりあえずそれで始めるにしても、途中でちゃんとしたものを作るという意識が働きます。

ところが中途半端に形だけ整ったサイトを作ってしまうと、どこが悪いのか分からず、そのまま過ごしてしまう可能性があるからです。

ある商品をネットで販売している企業のショップサイトを紹介されて見ましたが、友人が得意なのでその友人に作ってもらったということした。拝見したら、なるほど良くできていました。
しかし意地悪な言い方をすると、プロでないにしては良くできているということです。
形が整っているだけで、デザイン的に微妙である、利便性の欠如、検索エンジンを全く意
識していない作り、といったところです。大方友人に作ってもらたサイトの傾向は同じです。
自作の手作りサイトで繁盛しているサイトがあるのも事実です。それだから大丈夫でないかと思うのは早計です。時期を考えてください、周りも進歩してレベルが上がっています。
ソーシャルメディアが活発化している中で、個々のサイトの議論は陳腐化していますが、軽視すべきでないことに違いはないでしょう。


教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サイトを売るときの正味値段

2010-08-26 21:23:20 | Weblog
近頃、サイト売買の情報を見ると値下げしているサイトを多く見かけます。1200万円したものが、600万円と半額になっているケースも珍しくありません。

あるショッピングサイトで3年運営して粗利益月額20万程度で、500万円で売りに出されてました。計算で言うと収益20万円×2年分ということで480万円、切りのいいところ500万円という数字が出たのでしょう。

果たしてこれが今の状況にあっているかどうか?
仮にショッピングサイト構築が100万かかったとします。何の根拠もないですが、パソコンの法定対応年数が4年なので、4年で償却するとします。残存価格なしで、定額法でいくと3年たてば25万です。

サイトの運営による付加価値はどうでしょう。サイト売買事業者の慣行でサイトから上がる利益の2年分ということになってますが、目まぐるしく変化するネット環境を考えれば、1年でしょう。すると240万円となります。

さきほどの償却後の資産価値25万と合わせて265万円です。

ところがサイトはサイトの種類によって価値が違います。ほとんど手間がかからず、メンテナンスで実働1日2~3時間のポータルサイトと、梱包、発注と手間のかかるショッピングサイトと、収入が仮に同じでも、その価値に相当の差があります。

ほとんど自動課金なら、余った時間を他の仕事に割り当てられます。ショッピングサイトのようにほとんどかかりっきりであるなら、他の仕事が出来たという機会損失の分を計算しなければなりません。

仮に商品管理、顧客管理、サイトのメンテに1日6時間掛ったとします。これを最低賃金でバイトにやらせると、600円(全国平均の近似値)×6時間で3600円、つまり3600円のマイナスです。20万円がバイトの賃金を差し引いたものであれば別ですが。
そうすると3600×営業日数23日(週休2日)×12か月=99万3600円 これを損失分と考えます。
先ほどの265万から引くと、165万6400円、これがこのショッピングサイトの正味売値、というような計算方法はいかがでしょうか? サイト売買会社に提案してみましょう。
反発が出るとは思いますが。



教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

思わぬ収穫

2010-08-14 16:58:33 | Weblog
休暇をとって軽井沢に行ったんですが、激混み道路を運転するのを避け、新幹線で、行ってきました。向こうに着いてからの移動手段はタクシーかレンタサイクルということになりました。

星野リゾートが運営しているハルニレテラスから宿泊施設に帰るためタクシーに乗ると、話好きの運転手が話しかけてきました。お昼を食べて眠かったのでタクシーで寝ようと思っていた自分にとっては外れをつかんだ感じです。喋ってくるんで眠いながら相槌だけ打っていました。

ところがその運転手なかなか面白い情報を持っていました。地元星野リゾートの社長の話です。星野リゾートはマスコミでよく出ている現社長で4代目ですが、創業者が会社を盛り立てても2代目、2代目がなんとか維持しても3代目が潰すということが多いなか、星野家は4代ともそれぞれ持ち味がって、それぞれがそれぞれのやり方で優秀だったというから驚きです。

3代目は初めて避暑地にブライダルを導入した人物だそうです。観光シーズン以外ガラガラの施設をどうにかしたいという思いから、地元の神父と提携して結婚式場を作って閑散期にも人が来るようにしたということです。今でこそレジャー施設でのブライダルはあたり前ですが、星野リゾートがさきがけらしいです。しかも流行らすために当時五月みどりを口説いて、結婚式を行わせ、全国に放映させたそうです。

現社長の活躍は言うまでもないことだと思いますが、知らなかったのはマーケンティグ業界では奥さんの方が優秀で有名だそうです。日産のカルロス・ゴンの右腕とういとこです。

現星野社長はスタッフやお客さんの前ではボロボロのパジェロを乗っているそうですが、
家に帰るとポルシェ2台が置いてあるということです。サービス業の基本ですね。

これを聞いてどうということはありませんが、地元のタクシーの運転手ならではの話を聞けたのは、睡眠をとる以上の収穫でした。







教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする