SEO(すこし、E な、おやじ)のホームページ

ウェイブマーケティングコンサル、ホームページ製作及び、作り方をお教えする(株)ブレインアソシエイツ社長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新興のSEO業者の動き

2011-05-30 09:03:21 | Weblog
新興のSEO業者がローラー作戦をやっているケースが多く見かけられます。
ローラー作戦知らない人はいないと思いますが、古典的な営業方法で、地域を区切って営業マンが片っ端から無差別に会社を訪問します。じゅうたん爆撃のように数打つちゃ当たるという戦法です。

自分のお客さんでも何社か、SEO業者の訪問を受けたと報告を受けました。大体パターンは同じで、お客さんが所有しているサイトの不備を突き、スモールキーワードで上位を狙う、月額数万円と言う感じです。

弊社が作ったサイトをボロボロにけなすわけですから、面白くないというより、SEOを意識した構築を当然しているので、たまったものではありません。

営業マンは共通して20代で、たぶんIT業界に入って間もない、詰め込みで教育を受けたというのが、セールストークを聞いて感じるところです。

フラッシュはだめです。テキスト中心でブログのようなサイトがいいです。御社のサイトキーワードが少ない。と言った営業トークです。いつの時代の営業トークか?

自分が数年前に言っていた事です。今はフラッシュがダメだと言ってられません。サイトにインパクトを与える、アピールするために有効な手段です。キーワードを埋め尽くせばよいという、検索エンジンが脆弱な時代の方法では通用しません。キーワードのバランスを考え、減らすという作業もあります。

古い教科書的な事を詰め込んだ知識をひけらかし、勧めるのが収益に結びつかないスモールキーワードです。誤解しては困るのですが、スモールキーワードすべてが収益にならないというのではありません、収益になるものも多くあります。

そういうスモールキーワードはある程度骨のあるキーワードです。業者は骨のない上げやすいスモールキーワードを複数セットで勧めてくるのです。月間PVが300とか、1000以下のキーワードを堂々と勧めてきます。

それらの業者は無知なのでしょうか? いいえ違います。彼らもこれで収益など上がるわけがない事はよくわかっています。要はSEOという言葉すらよく知らず、グーグル、ヤフーにどんなキーワードでも載ったことで喜ぶ、レベルの低いお客(失礼)を相手にするのです。

その場で、ある程度知っていると分かったなら二度と来ません。数を打って、無防備なお客を探し、商売をしようとしているんです。ある程度知識を持っていないとたまったものではありません。




教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヤフーはレストランとは違います、だから顧客志向のサービスはしません。

2011-05-24 22:34:38 | Weblog
リスティング広告でオーバチュアからヤフーに代わり、インタフェイスも昔のとは打って変わって便利になりましたが、サービスは疑問です。

ヤフー広告の場合はアドワーズと違い、時間設定が出来ません。広告を出したいときにオン、止めたいときにオフを一々ログインして行わなければなりません。これを忘れて損害賠償を払わされた業者がいます。冬休み27~年明け4日まで止めておいてくれとお客さんに言われたのにうっかりオフし忘れて、担当者は退社しそのまま冬休みを過ごしてしまったらしです。そのため利用もしていないのに多額の料金が掛ってしまいました。

自分の場合そういう事はありませんが、忘れそうになってひやりとしたことは何回もあります。一日金額の上限を設けておけばその金額に達した時点で広告が表示されなくなりますが、厄介なことに1日の上限の設定がありながら、Ⅰ日の区切りが16時というから、なんとも不便です。しかも日本にはまだないサマータイムが導入されていますから、夏だけ16時、それ以外は17時です。お客さんの方でそれを注意しなければならないんです。

普通は一日の区切りは夜中の12時であるはずですが、何故だと聞くとヤフーはアメリカの会社だからとヤフーのスタッフは答えてきます。アドワーズの区切りは夜中の12時です。
ここは日本で日本人のお客さん相手にしているから、その区切りはおかしいでしょと講義した事がありますが、要望として上げておきますと言って未だ変わりません。

おかげで上限が設けられているものの、平日の朝から夕方か夜の時間帯にした場合、例えば上限が2万円でも、4時を過ぎると新たに翌日の上限設定になりますから、へたするとその日3万円消化してしまうこともありうるわけです。

しかもシステム障害が頻繁にあります。 昨日ですが、オフにしようとログインしてもログインできません。そんな状態が3時間ほど続きました。もちろんへルプデスクに電話をしてどうにかしろと言っても、今復旧作業をしていますのでしばらくお待ちくださいの一点張り。直ったら教えろというと、それは出来ないのでお客様でしばらくしたら試してくださいとのこと。

ようやく19時にログインできオフにしたところ、当然その分クリックされるから金額が跳ね上がります。ヘルプデスクに当然ログインできなかったんだから、オーバーした分は返金してくれる、と言ったらそれはお客様がいつオフにしようとしたか分からないので出来ませんという返事でした。それじゃ電話をかけた時点で意思表示をしているわけだからその時点の金額から余分な分は差し引いてというと、その時点の金額が把握出来ないのでできません、他のお客さまも保証してませんと言われました。

久々に激怒して、責任者を電話口に呼ばせ、1時間にわたり怒鳴りました。レストランでおなかいっぱいだから出ようとしたら、今出口が塞がって出られませんと言われ、次々頼んでない料理が出され、食えないのにその料金も払えと言っているのと同じでしょ、と言うと
ヤフーの責任者は、うちはレストランではないのでシステムが違います、まじめな声で言い返してきました。なんだそりゃ!

結局怒鳴りこんだ迫力に負けて、社内でもう一度検討するという事になりましたが、
ヤフーって本当にサービス業やっているのか疑いたくなります。



教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

効率のいい働き方

2011-05-08 23:08:11 | Weblog

働くスタイルは現在多様化して、いろいろな形の働き方があるようです。ノマドワーカーなんて言葉最近になるまで知らなかったですが、これも一つの働き方です。

ノマド(遊牧民)のように、オフィスを持たず外出先で仕事をするスタイルを「ノマドワーカー」と言うそうです。街中のカフェなどで、スマートフォンをいじりつつ何やら作業に没頭している人を見かけたことはありませんか。その人がノマドワーカーです。

クラウドサービスとスマートフォンを活用することによって、オフィスに縛られない働き方が可能になるということで推奨する人もいます。

オフィスを持っているけど、会議などは外のカフェでやるという企業もありました。
その方がリラックスできるので、いい案が浮かぶということです。

テレワークというのもありました。これは基本的にオフィスがあるし、社長以下幹部はオフィス勤務で、部下が通信ネットワークを利用して、オフィス以外の場所で働く労働形態のことを指すらしいです。在宅勤務の一形態ですね。従業員にとっては通勤の必要がない、自由に労働時間を選べるなどのメリットがあります。

働く時間帯に目を向けると、アメリカのある企業(名前忘れました)では深夜から出勤して朝まで働くというのがありました。なぜその時間かというと、その時間帯だと電話が掛ってこないし、外の雑音もないので集中できるということです。

サラリーマンと言えば、満員電車に詰め込まれて、通勤して朝から会社に来て仕事をし晩に帰るというのが定番ですが、確かに通勤時間というのは無駄だと昔から思ってました。
一説によると通勤時に受けるストレスで、寿命は縮まっているということです。

通勤時間を有効利用すればいいじゃないかと言われそうですが、ラッシュ時であれば新聞、本は読めないし、イヤフォンつけて語学学習といっても音漏れが気になります。
現に新聞読んでいておばさんに肘鉄食らった事があります。

型にはまって働くよりも、もっともやりやすい場所、方法、時間で働く方が効率がいいから、これからどんどん多様化していくんでしょう。

ただ組織の中で揉まれて、磨きあがるコミュニケーション能力はどう補足するのか、本当に全てにおいてストレスフリーは人間の成長にプラスなのか、という疑問が残りますが。





教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする