SEO(すこし、E な、おやじ)のホームページ

ウェイブマーケティングコンサル、ホームページ製作及び、作り方をお教えする(株)ブレインアソシエイツ社長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不況が人を狂わす

2010-07-31 09:18:50 | Weblog
知り合いのファンドの会社の人から聞いた話ですが、20年前証券マンだったころのお客さんがいまして、急に会社に訪ねてきたそうです。
応接室にて話をしました。その客さんが、最近はどうですか? と聞いてきたので、ぼちぼちです、○○さんはどうですか?と聞き返すと、どうもこうもねえよっ!こんな状況になったのはお前のせいだ!といきなり怒鳴りこんだそうです。

それから永遠2時間と恨みつらみをぶちまけました。自分の知り合いが何かをしたわけではありません。どういうことかというと、その人はエリートサラリーマンで、昔某大手信託のファンドマネージャーでした。その時その人をお客にしてたのが自分の知り合いでした。

当時すごく仲が良く、年中飲みに行っていた中です。それが20年前の話で、その人はその信託銀行をやめ、キャリアを積むため、投資顧問会社などを転々と渡り歩きました。
信託銀行を辞めて以降、自分の知り合いのお客ではなくなり、たまに連絡を取るぐらいになりました。

ところがリーマンショック以降、どうも仕事がうまくいかず、給料が下げられ、家族を養えずみっちもさっちも行かなくなったようです。それで20年前、某信託銀行を辞めなければ良かったとか、20年前その知り合いが担当だからそうなったんだとか、今うまくいってない原因を20年前まで遡らせたというわけです。

20年前担当だった人のせいで今こうなっていると事務所まで乗り込んでくるというのは気がふれたとしか言いようがありません。

もう一人、また自分の知り合いのお客さん、元大手生命保険のファンドマネージャーが会社を辞めて(首になったかどうかわかりません)暇になったので、その知り合いに頻繁に連絡するようになりました。

パソコンに詳しいので、掛ってくるついでに色々聞いてたそうです。そのうち事務所に顔を出すようになり、あいているパソコンちょっと見ていいですか、というのでOKしました。どうせ暇なので只で教えてあげます、といろいろ教えてくれたそうす。週に2~3回は来るようになり、勝手にパソコンをいじくっていたそうです。


しばらくすると、急に事務所側に、年収2000万の給料をくれ、と請求書つきつけたそうです。もちろん断りましたし、居座っているので、弁護士に掛けあって訴訟まで持っていくそうです。パソコンちょろっと教えて週2,3日で2000万だったら自分がやりたいです。

この二つのケースですが、両方とも高学歴の元エリートサラリーマンです。にもかかわらずとても正気でない行動に出るということは、よほど窮地に陥っているということでしょうか?

うまくいかない時は他人のせいにしたり、インチキをしてでも、という気持ちはたとえ一瞬でも、誰しもが持っているものでしょう。この二つは異常にしても、考えさせられる事象でした。



教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大赤字

2010-07-26 09:02:36 | Weblog
以前上海に視察に行ったときに、上海に詳しい人なら知っている、七浦路という、服を売っている街、こちらで言うと馬喰町といったところでしょうか、その一角に女性物の服ばかり扱ったビルがあるので、その中をぐるぐる回り、そこで試しに3着買いました。

セレクトショップのようにいくつもの店がその中に入っていて、その中で韓国風という店で買いました。韓国風というのは中国では洗練されたものというイメージらしいです。その中で人がごった返していました。

中で店員と交渉して買った物を大きな袋に詰めている人がたくさんいたんですが、聞くと、バイヤーらしいです。地方から来ている人で、上海で買って地方で売るそうです。

付き添いの中国人と日本人の女の人に交渉してもらい、3着安く買いました。1着100元で、日本円だと1400円程度でしょう。4000円ぐらいで売れるという算段でした。

さて、いくらで売れたでしょうか? 100円です。オークションでスタート100円にしておいたら、それぞれ1人しか参戦せず、100円で決まってしまいした。

100元で買って100円で売る、これはシャレにならないです。1枚当たり約1300円の
損失です。まあそんなに本腰で売る気でなかったのもあります、本気で売るなら、売る時間帯、表現方法、仕掛け(?)など売り方を考えるんですが、この場合何も考えず、100円スタートで出しました。

それにしても縫製も良くなく、いわゆる粗悪品だし、見た目もあまり高く売れるようなものではなかったので、仕方ないというのもあります。

後で上海の女性に聞くと、あそこで買うのは田舎者、ダサい人で、ちょっとおしゃれな女の人は粗悪品をつかまされる可能性があるので買わないそうです。なるほど、だからバイヤーが地方で売るために買いにきているとのことです。

つまりそこの服を着るのは田舎の中国人女性ということです。これじゃ日本でまともに売れるわけがない。付け加えると、その上海出身の女性は、七浦路で買うなら、帽子や、靴下、スカーフなど小物だと言いました。それだとリスクが少なく安く買えるから。

なるほど、やはり現地で消費行動をしている人に聞くのが的を得ているということです。


教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

淘日本不発?

2010-07-19 18:04:19 | Weblog

以前ヤフーのチャイナモールが、どうもダメっぽい話をしましたが、中国のモール側、タオバオの淘日本(タオリーペン)は果たして動いているのか気になるところです。
淘日本は日本側が中国人に売るというコーナーです。ちょっとは違うのかと思いきや、同じ理由で不人気のようです。
中国の消費者からの「苦情」として多いのは
・送料が高すぎる
・問い合わせに対する返答が機械翻訳で、話がかみ合わない
だそうです。
 チャットでの対応にもかなり時間がかかることなど課題がいっぱいあるということです。
 
 また出店者側ではプロモーションをしようと思っても何もできない(広告も打てない、SEO的なこともできない)らしいです。
 キャンペーンを張ったとしても、それを中国のタオリーペンのページで
 アピールできるか分からないということがあります。

当初日本と中国のかけ橋ということで、鳴り物入りで始まりましたが、裏話でタオバオ側はこの件には全く乗り気でなく、孫さん肝入りでアリババジャパンが死ぬ気でやってるから付き合ってるだけ、というスタンスことらしいです。

それが本当だとすると、ジャック・マーがアリババを立ち上げたときの、中国と日本(世界)のかけ橋をつくるという理念はどこへ行ってしまったのだろうと感じます。

しかし、見方を変えると、日本人が甘すぎるということになるんでしょうか。
郷に入っては郷に従え、とあるように、中国を相手したければ、中国に従えなんでしょう。

中国人相手に金儲けをしたいなら、中国語をマスターするのがまず最初
とは陳海騰(百度の日本法人責任者)言ってましたが、その通りかもしれません。百度の日本法人内の公用語は日本語らしいです。

かけ橋なんかに頼らず、直接中国語を話し、中国市場を調べ、直接マーケットに打って出る、というのが遠回りでも正解というとこでしょうか。





教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

女性は営業の武器?

2010-07-09 10:33:31 | Weblog
ミクシーで女性の名前で足跡の付いていたので何気なく訪問し、素通り禁止ということが書いてあったので、律義にメッセージを書きました。

メッセージは差し障りなく、挨拶のようなものでしたが、さっそく返信が来ました。その返信に、私のプロフのどこが気に入りましたか、と書かれていましたが、特段印象的なのものがなかったので、もう一度見直しました。

そうすると、いろいろなことをやってきて、今は独立してウェブ関係の仕事をしている、だけど全然売れないので、今は資産運用してどうにか生計を立てている、何かアドバイスがあったらください、というような内容でした。

その資産運用は何かというと、アービトラージ(裁定取引)で月15万位稼いでいるということです。全くの素人だが、知人から教えてもらったマニュアル通りにやっているだけだということです。

返信の内容も、現仕事の内容書いてたり、こちらの仕事が何かを聞くなど、普通にパーソナル的なことでした。こんど時間があったら情報交換しようで終わってました。

こちらはそれに対して、仕事の内容を教え、何か運用をやっているのかという質問があったので株をやっているなど普通に答え、情報交換のため連絡をとりあいましょう、よろしく願いします、で終わりました。

次にきたメールで、今度お茶でもしながら情報交換でもしませんか?というものでした。
いきなりミクシー2,3度メールを交わしただけで、直接会おうなんてする女子は何かの営業目的か詐欺のどちらかでしょう。ゆめゆめ自分のことが気に入って会って都合のいい関係になるなんて思わないから、会うことはしないでしょう。

ところがその前に伏線を張ってあって、いかにも未熟なのでいろいろ教えてくれと健気に
書いてあるから、悪い気はしません。そういうことなら会うって言ってもおかしくないだろうという気にさせました。

会いました。会ってびっくりしたのですが、へそ出しルックのジーパン、Tシャツ、茶髪のイケてるギャル風の女子でした。
そして何気なく相談から入り、今現状やっていることを話し、あれよあれよという間に、アービトラージの営業をかけられたのです。

自分の負けでした。忙しいのにわざわざ出向いて、しかも年上なんで、お茶代出して営業かけらたんですから。相手が男だったらそうはいかなかったです。

そういえばある女性営業マンが言ってました。相談に乗ってほしいて近づいたり、愚痴を聞いて親しみをこめてアプローチするだけでいつの間にか注文を取ってくるそうです。

営業は女性の方が向いているかもしれないと思いました。



教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

インストールだけで5日間

2010-07-05 09:37:46 | Weblog
EC-CUBEというとショッピングサイトのオープンソースであることを知っている人は多いのではないでしょうか。ショッピングサイトの運営に必要な標準的機能がついていて、完璧オリジナルのサイトが廉価で作れるということで非常に便利です。

一からショッピングサイトのシステムを構築すると数千万かかってしまうところ、カスタマイズ費用だけで自分専用のサイトが手に入るから、利用している人は多いんでしょう。

ところが、このオープンソースは曲者で、バグの宝庫です。ちょっとしたことで動かなくなるし、カスタマイズも大変です。オープンソースのデフォルトの状態ではショップサイトとしては使えないといってもいいでしょう。

そこに来てさらにインストールが他のオープンソース、たとえばXOOPS、WORDPRESS、GeekLogとは比較にならないくらい厄介です。オープンソースに慣れていても初めての方はまずまともにインストールできないでしょう。

自分はそんな手間のかかる作業が面倒で効率悪いので、あるホスティング会社のプレインストール(あらかじめホスティング側でインストールされているので、管理画面から簡単な操作だけで利用できる)を使っていました。

ところが、そのホスティング会社のシステムが変更されていて、以前とは違ってオープンソースのファイルそのものにアクセスできないようになってしまいました。管理画面からの操作だけになるということです。こうなるとカスタマイズはレイアウトの変更ぐらしかできず、機能的にはなにも変更できないということになります。これでは話になりません。

そればかりか、そういう仕様に変わったことをホスティング会社の担当者自身も気づいておらず、変更があった事実が分かるのに3日かかりました。

それから、インスールを手動に切り替えたのですが、エラーの連続です。一つ一つエラーログを見ながら潰していったのですが、やはりうまくいかず、プログラマーにやらせました。ところがそのプログラマーもお手上げで、やむおえず、サーバーを別会社に切り替え、自力でやっとインストールできたという始末。ここまで5日かかってしまいました。

EC-CUBEは、解凍ソフトの相性があり、環境の条件を満たしていてもサーバーにも相性がある非常にデリケートなオープンソースであることは以前から経験済みで分かっていたことですが、プレインストールに最近頼り切って楽していた自分がバカでした。ホスティング会社もお粗末ですけどね。






教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする