SEO(すこし、E な、おやじ)のホームページ

ウェイブマーケティングコンサル、ホームページ製作及び、作り方をお教えする(株)ブレインアソシエイツ社長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不謹慎な儲け?

2011-04-17 21:32:47 | Weblog
大震災を受けて東日本ではこれからの景気、経済を憂んでいる人は多いと思います。輸出産業や国内でも消費者向けの業種などはガタガタです。

自分の周りでも小売業などの会社などは今月に入って注文がゼロ何て事を聞いています。Be to BeであるIT業界ではどこで聞いても直接影響はないようですが、経済全体が落ち込めば、その先無傷でいられるわけはありません。

その中で、自分の周りで、逆に大震災の影響で仕事が忙しくなったところがあります。一つは損害保険の調査会社です。

ここの社長が言うには、人出が足りなくて困っている状態だそうです。直接東北に派遣して調査をさせる要員を募集しているそうですが、最初1週間の研修後派遣していたのが、間に合わず3日間に短縮したそうです。

もう一つはコールセンターの会社です。保険会社や大手一般会社、国からの要請で、災害時の緊急支援として引っ張りだこらしく、こちらも緊急に人が必要で、ろくに研修もせずとも配置させなければ間に合わない状態らしいです。

両社ともあまり大きい声では言えませんが、こんな時期に不謹慎だとは思いますが、と教えてくれました。

確かに大きい声で言う必要はありませんが、仕事が忙しい事自体、不謹慎でもなんでもないと思います。ニーズがあるから忙しいわけですし、災害時に役に立っているわけですから。

仕事をした正当な対価ですから、そこで得た利益を他人がとやかく言うことではないし、後ろめたさも持つ事はないと思います。






教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

綺麗ごとだけでは食っていけない?

2011-04-04 10:44:45 | Weblog
お客さんからリスティング広告からの問い合わせが震災以降激減しているから、なんかいい方法を考えてくれと言われました。

リスティングによる訪問者数はあるのですが、問合せ、売り上げにつながらないというのです。
どうしても正常時はないので経済活動が縮みがちです。買おうと思っても行動に出にくいのではないでしょうか?そこで動くきっかけを与えたらよいのではと思います。

具体的にはキャンペーンで、買い上げ金額の10%は寄付しますなど広告に打つというものです。その業界ではリスティングの広告としては誰もやっていないのでインパクトがあると思いますが、とお勧めしました。

そうしたらそういう災害義援金を広告として便乗するのは気乗りしない、義援金に協力するなら赤十字に促す方が親切な気がすると言われました。


確かに自分もそういう後ろめたさはあります。最近大手会社はこぞって寄付金を募っています。グリー、モバゲーなどを見ると、ユーザーにうまく募らして、復興支援をしてますと言う事ですが、人からかき集めないで、自分たちが勝手に財布から出せと言いたくなります。

ですが、現に売上が減っているなら、背に腹は変えられないのではと思います。便乗と思われるのは嫌だと思います、わかりますが、悪い事をしているわけではないです。
10%寄付するのですから、被災者にとって悪い事は何もないはずですし、それで売り上げが上がればよい事です。

臭い事だとは思いますが、カッコいい、スマートなやり方で売り上げが上がらなければどうしょうもありませんから。

聞いた話ですが、ある介護ビジネスの大手の社長が、綺麗ごとでは会社は成り立たない、と言われたそうです。きつい仕事を従業員にだましだましやらせなければ成り立たないし、お客の事ばかり考え、利益を追求しなければ、只のボランティアになるということです。

ボランティア精神があふれる人は介護ビジネスが出来ない、という皮肉な見方もあります。

それに比べ今回の話は、より人の役に立ち、良い事かと思います。

スマートな形でビジネスをやりたいというのは誰しもが思うのですが、現状は難しい事もあります。










教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする