SEO(すこし、E な、おやじ)のホームページ

ウェイブマーケティングコンサル、ホームページ製作及び、作り方をお教えする(株)ブレインアソシエイツ社長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

覚悟と度胸が成功の鍵

2010-05-31 00:36:31 | Weblog
先日仕事の打ち合わせで、現在香港で日本人映画プロデューサーとして著名で活躍されている染野さんという人と会いました。彼は数々の中国映画を撮り、ブルースリーの弟、サモハンキンポー、ジャッキーチェーンと懇意にしている人です。

彼の話の中で非常に感銘を受けたものがあります。彼が映画のプロデューサーで活躍し始めたころ、「三国志」の映画を作ってほしいという依頼があったそうです。20年前のことで当時それまで中国では「三国志」の映画は話が長すぎて、コストがかかるため1本もなかったそうです。

軽く引き受けたはいいですが、「三国志」というのがどれほど長いのか知らなかったので、大変なコストがかかるということを知り愕然としたそうです。それでもなんとか資金集めに奔走して、制作にこぎつけましたが、問題は中国当局の許可が下りないことでした。

映画を上映するには、中央電視局の許可が必要らしいです。これは役所で、中国では映画を上映するのも政府がコントロールしているということです。それでもって、中国では「紅楼夢」「水滸伝」「西遊記」「三国志」は四大名著と呼ばれ、中国人以外がこの四大名著の映画化をすることは禁じられていました。

中国の役人は金次第というおとで、中央電視局の局長に何度も贈りもの、現金を何度も
渡したそうです。それでも許可はおりませでした。

とうとう諦めて、日本に帰る直前、中国の要人、映画関係者を招いて晩餐会を開いたそうです。その中には中央電視局の局長もいました。

会は和やかな雰囲気のもと、最後染野さんのご挨拶で無事終わろうとしました。染野さんがその会場でつぎのようなご挨拶をしたそうです。
「明日私は日本に帰りますが、どうしても心残りなことがあります。それは「三国志」の映画を上映できなかったことです。非常に残念でたまりません。四大名著は中国人以外は作ってはならないということはどうしても理解できません。私は中国の国土が広いように、中国人も心が広いものかと思ってました。私は中国人の妻をめとりました。中国人は友達だと思ってました。 その友人が中国人のために作った映画を流せないほど、中国人の心は狭かったのかと思うと残念で仕方がありません。」
今まで和やかな雰囲気だった会場がいっぺんに空気が重たくなり、全員の顔がこわばったそうです。染野さん以外は全員中国人だから全員敵に回したようなものです。
局長が立ち上がり、マイクを握ったそうです。何を言うのかハラハラしたそうです。「日本人の染野さんにそう言われるのは非常に残念です。染野さんの妻は中国人、つまり染野さんと我々は同士であると同じこと。私たちは心の広い民族です。我々の同士が作った映画を公開させることに、何の戸惑いもありません」
それを聞いた瞬間会場は拍手喝采の嵐だったそうです。そうして中国で初めて映画化された「三国志」は、日本人の手によって実現されました。この映画の全世界での興行収入は47億です。20年前ですから相当なものでしょう。

染野さんは刺されるのを覚悟で自分の思いをぶちまけたそうです。覚悟と度胸がなかったらこの「三国志」は世に出ていなかったことになります。やはり覚悟と度胸がないと大きな成功は得られないということでしょう。










教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヤフーのエンジンは遅れてる?

2010-05-25 08:31:19 | Weblog
ヤフーの検索結果の上部にある虫眼鏡はよく活用されてますか? アプローチした検索結果の関連キーワードです。たとえばダイエットと検索すると、虫眼鏡にはダイエットレシピ、黒豆ダイエットと関連キーワードが出ます。

ところがこの関連キーワードに固有名詞が出ることがしばしば見かけます。例えばインプラントを検索してください。きぬた歯科来院 インプラント 安心 団地会館歯科.. インプラント
インプラントを検索した人がみる関連キーワードとしてはおかしいですよね。これでは関連キーワードではなく広告宣伝ですね。

この虫眼鏡のアルゴリズムの正確なところはわかりませんが、およそ推測できるのは検索回数多さが基準になっているということですが、個人的な医院の名前がキーワードとしてそれほど検索されているとは思いません。よほどのニュース性があれば別ですが、まずないでしょう。

ということはこれは自然の検索回数で表示されたものではないということです。それ専門の業者がいて、検索回数を人工的に増やして載せているんです。正直なところどうやってやっているのかわかりませんし、IPアドレスを分散しているのか、或いは分散しなくてもバレないのかも分かりませんが、ヤフーは比較的簡単に攻略できるということです。グーグルはかなりこの辺が難しく目をごまかすことができず、今のところ攻略されていなと聞きます。

被リンクにしても、グーグルは関連性を重視します。だからやたら無差別に衛星サイトを作りリンクさせても効果はヤフーほどないはずです。ヤフーは、たとえば無関係なアダルト情報であろうとゲーム情報であろうとリンクをすれば通用するようです。

ヤフーの検索窓で以下をうって見てください。リンク先がわかりますが、およそ関係ないサイトのリンクがたくさんあります。これは某SEO業者がリンクを貼っています。
link:http://www.saishunkan.co.jp/domo/


いやグーグルのほうが先に上がることがある、と言われるかもしれません。ニュース性のあるものは早く上がるというのがありますし、何かの拍子でということはありうることです。

しかし基本的にはYST(ヤフーのエンジン)はグーグルのそれに比べ精度が低いといえます。








教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コミックの力

2010-05-06 00:38:42 | Weblog
ゴールデンウィークの真っ最中、スーパーコミックシティ(同人誌即売会場)に行ってきました。ビッグサイトでレディースコミックの即売が2日間にわたり行われたので、どういうものかと、後半の日に、いわゆる腐女子に案内されて行ってきました。

会場はものすごい人で、当然ながら、99%は女子です。下は中学生から、上はおばさんまで、平均年齢はたぶん20歳ぐらいかな。いろんな種類の女の子がいて、いかにもオタクっぽいのから、普通の女の子、メイド風の女の子と様々でした。

そんな女の子がゴミのように群がっている中、おっさんが1人恥ずかしいと思っていたら、おっさんはいました。おそらく転売目的か、真に趣味っぽい人もいました。

体がぶつかったことが切っ掛けで、おそらく女子高生らしき女の子から話しかけられました。「わたし忍たま系だから、この列から外れる。ここはおそらく後でも買えるからね」
なんのことだかさっぱり、顔ひきつりながら、そうなんだ、と答えるのが精いっぱい。
話しかけないでくれっ というのが心中の叫び。

ジャンプ系、ヘタリア系、テニプリなど、まったくわからない言葉が飛び交います。
1000円で買ったガイドブックに全作品が紹介されているんですが、どれも似たようなBL(ボーイズラブ)がほとんどです。知らなかったんですが、レディコミの多くはBLだそうです。

小ロットの製本だから仕方ないそうですが、それにしても1冊15ページほどで400円は高いですね、本屋で並んでいるコミックは同じような値段で200ページですから。

そんなことを言っても買うんですから、すごいですね。来場者数は2日間で10万人近くらしいですから、1人が仮に1万円使ったとしても10億円です。ちなみに付き添った女の子たちは5万ぐらい使ってました。平均1万ってことはなさそうです。自分は分からないから試しに1000円分しか買いませんでした。

これでも中規模のイベントというから驚きです。年に2回のビッグイベントだけ出展するだけで1年間食っていける漫画家がいるのもうなずけます。ものすごい経済効果です。

不況だなんだと言っても、お金が動くところはあるんですね。コミックの力はすごい。




教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム
コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする