財部剣人の館「マーメイド クロニクルズ 第三部」配信中!「第一部 神々がダイスを振る刻」幻冬舎より出版中「第二部 完結」

(旧:アヴァンの物語の館)ギリシア神話的世界観で人魚ナオミとヴァンパイアのマクミラが魔性たちと戦うファンタジー的SF小説

第二部(悪魔姫ドルガの闘いのイメージソング)

2011-08-28 07:55:07 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです!

 今日は、悪魔姫ドルガの闘いのイメージソングです。Liv Moon―Escapeをお楽しみください。はたしてドルガは何からエスケープして、どこにエスケープするのか? 美しいLiv AkaneさんのCDジャケット写真もつけました! 来週は、一気に最終章のエピソードを連続でアップする予定です。乞うご期待!








ランキング参加中です。はげみになりますので、以下のバナーのクリックをお願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

第二部(嵐の部屋のイメージソング)と石田衣良さんの『ブルータワー』

2011-08-26 00:26:18 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです!

 ついに、第二部最終章が始まったので、イメージソング集再開です。今日は、「嵐の部屋のおイメージソング」Deep Purple―Lazyです! パープルのレイジーは、学生時代に何百回聞いたことでしょう。もちろんLive in Japanヴァージョンでした。レイジーは、元々、ちょ~長い曲ですがこの動画ファイルは10分35秒という信じられないくらい長い演奏になっています。パープルファンの皆さん、ご堪能ください。

 最終章を書きながら、石田衣良さんの『ブルータワー』(文春文庫版)を読みました。実は、今、2回目の読み返しをしているのですが、家でも電車の中でも数ページ読む度に鼻の奥がツンとしてくるので困っています。石田さんは、一番好きな作家かも知れないくらい好きで、IWGPシリーズはもちろん『娼年』『エンジェル』など、どれが一番好きな作品かは決められないのですが、SF大好き少年(SF作家の中では平井和正先生が一番好きです! 『ウルフガイ』シリーズを読んでいなかったら、「旅するマーメイドの神話」(旧タイトル:マーメイド・サーガ)は存在しなかったです)だったアヴァンとしては、『ブルータワー』は本当にうらやましいくらいおもしろいです。もしも、たまにはファンタジー以外のジャンルを読んでみたいという人でSFファンがいれば、文句なくおすすめです。いつ読んでも恋愛の形の描き方がうまいです、石田さん。「解説」で503ページに、3.11の東日本大震災のことが触れられていますが、どうしても考えられずにはいられませんでした。「旅するマーメイドの神話」をお読みの皆さんも、どんなことを考えながらお読みなのかコメントいただけるとうれしいです。




ランキング参加中です。はげみになりますので、以下のバナーのクリックをお願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

第二部(KayaとSadieのベリーダンス)

2011-08-24 00:25:23 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです!

 一気に週末に、「旅するマーメイドの神話」(旧タイトル:マーメイド・サーガ)の第二部最後のエピローグまで書き上げてしまいました。本業の方の仕事がたまりすぎているので、夏休みはなさそうですが・・・

 今日は、Sadieの最後のパフォーマンスです。Kaya and SadieのハリウッドでのショーのYouTubeです。ロサンゼルスに1年住んだ時は、アパートがUCLAの近くでハリウッドまで車で30分の場所だったのでたまにドライブに行きました。ロスは、フロリダの大都市と並んで運転の荒いことで知られていますが、私も最初の1ヶ月はクラクションならされまくりでした(ビビリ~)。でも不思議なもので、3ヶ月もするとそれなりに対応しました。もっともヒヤッとしたことは何度もあるので、運転になれていない人はロスでは絶対に運転しない方がよいと思います。

 ところが、ほんの少し離れたハリウッドでは、皆、運転マナーがよくて気分よく運転できた記憶があります。HOOTERS HOLLYWOODにも行ったのですが、ジュリア・ロバーツそっくりのウェイトレスさんがいてビックリしました! 公共交通機関のあまり発達していないカリフォルニアですが、ロスは今、地下鉄をどんどん延長しており、ハリウッドやユニバーサルスタジオには地下鉄でも行けますよ!http://www2m.biglobe.ne.jp/%257EZenTech/world/map/usa/Los_Angeles/Metro.htm




ランキング参加中です。はげみになりますので、以下のバナーのクリックをお願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

第二部(Sadieのベリーダンス第四弾!)と第二部最終章脱稿のお知らせ

2011-08-22 00:47:04 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです!

 今日は、アヴァンの大好きな戦前の「魔都」上海を舞台にした映画SHANGHAIを見てきました。ジョン・キューザックは、デビュー当時から好きな俳優だったのですが老けたのにビックリ! といってもまだ40代半ば(笑)。コン・リーの美しさと存在感に、さらにビックリ!!! 渡辺謙さんも、日本海軍情報部の大佐役でがんばってました。菊地凛子も、すっかりハリウッド映画が板についた感じ。アメリカン・ホードボイルド調の作りになっていたので、最後まで楽しめました。古典的なスパイ映画が好きな人には、絶対失望させないと思います。

 昨晩、第二部最終章ついに完成しました。第二部の展開は、自分でもまったく予想もしていなかった内容になってしまいました。ただし、まだマクミラの告白による「エピローグ」を書かなくてはいけないのですが、3週間あるのでこれは大丈夫です。尊敬している高橋留美子先生は、傑作『犬夜叉』を書いている時、次の週までしかストーリーを決めていなかったそうですが・・・すごいと思います。第三部は、もう少し書きためてから余裕を持って、始めたいです。今日は、Sadieのベリーダンスの第四弾ですが、次回でSadieのパフォーマンスのYouTubeのご紹介は最後になります。ところで昨日1日の訪問者数163人とまた記録更新なのですが、ありがたすぎて言葉もありません。でも、いつか200人とか目標にしたいです(懲りない奴)!





ランキング参加中です。はげみになりますので、以下のバナーのクリックをお願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

第二部(Sadieのベリーダンス第三弾!)とようやく第二部の終わりが見えてきました!

2011-08-21 00:24:33 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです!

 よたよた続き、泣き言続きでしたが、出張帰りの新幹線の中まで書き続けて、ようやく「旅するマーメイドの神話」第二部マクミラ篇完成まであと一エピソードまで来ました。最後の方は書けなくて泣きそうだったのですが、いつも読んでいただいている皆さんといろいろアイディアをくれる登場人物たち(?)に感謝です! でも、あんなに苦労したのに、もうすぐ終わると思うとさびしいのはなぜ? こんなことを言うと墓穴を掘っているような気がしますが、第三部孔明篇も書いてみたいと思っています。三部作を考えているので、マーメイドのナオミの旅もついに終わりを告げる完結編になる予定です。
 
 第二部最終章のアップが終わったら、以前、お約束したように第一部を各章ごとにまとめて再編集版としてアップするつもりです。もうしわけないのですが、エピソードとエピソードの間に書いた「コラム」は入れると筋が分かりにくくなるので、まだ第一部ナオミ篇を読んでいない方はよろしければ是非「記事一覧機能」などを活用して過去のエピソードも読んでください。ナオミのバースデーパーティなど、番外編もありますので、より楽しみが増すかもしれません。どうか乞うご期待!

 今日は、ベリーダンサーSadieのショーの第三弾です。ノースカロライナ州ウィンストン・セーラムでのパフォーマンスですが、昔行ったことがありますが典型的な南部地方都市という感じで、雰囲気もあたたかく住みやすそうな街だった記憶が残っています。機会があれば、またいつか行ってみたいです。今は知りませんが、ノースカロライナは当時、全米で唯一ラジオでタバコの広告が許されていたタバコ産業の盛んな州です。タバコ王デュークの創設した全米屈指の名門大学デューク大学とパブリック・アイビーの一つノースカロライナ大学チャペルヒル校とリサーチ・トライアングルを組む私立の名門ウェイク・フォレスト大学もあります。




ランキング参加中です。はげみになりますので、以下のバナーのクリックをお願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

第二部(Sadieのベリーダンス第二弾!)

2011-08-19 09:13:19 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです!

 昨日は、PVが858というすごい数字を記録しました。どなたかほとんど「旅するマーメイドの神話」(旧題:マーメイド・サーガ)の全エピソードを読んでいただいたのでしょうか!? ありがとうございます。本当にうれしいです。コメントも是非いただけるとはげみになります。

 今日は、イメージソング集がほとんどストーリーを追い越しそうなので、今でも訪問者の多いベリーダンス界のスーパースターSadieの第二弾です。個人的には、Rachel Brice <http://blog.goo.ne.jp/avantgarde-october/e/8a0fd9d766fb867e125a6203b40d7e99>が好きなのですが、訪問者数ではSadieに負けていますね。

 最終章は、第5のエピソードまで書きました。今週中に、第二部完結させる予定です。知り合いから「第三部」も期待していると言われて、その気になっています。「アヴァンもおだてりゃ気が上る」。どうか乞うご期待!




ランキング参加中です。はげみになりますので、以下のバナーのクリックをお願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

 
コメント (3)

「あなたを世界一愛してくれる人が見つかったー」& パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々のDVD

2011-08-17 10:19:47 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです!

 恋愛関係のウエッブ紹介第二弾です。ツイッター診断メーカー「あなたを世界一愛してくれる人が見つかったー」をお試しください。ちなみに「Avanを世界一愛してくれる人は、1月生まれのO型で、苗字のイニシャルはSです。心当たりはありませんか?」でした。

 それからgooランキング「恋愛において別れのサインだと思うこと」ですが、こちらは前回の「男性からみて「なぜ?」と思う女性の行動」ほどの驚きはないかも? NAVERまとめ「女性に一度は言われてみたいセリフ・ランキング」は、男性必読?

 先日「今度ご紹介します」と言った、買って得した気分になったDVDは、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」です! コンビニで1000円でした。アマゾンでチェックすると参考価格1,490円でした。私は、2つの理由でこの映画が好きです。(1)ファンタジーの王道である「ふつうの世界の住人が、不思議の世界に遊んで、最後はふつうの世界に戻ってくる」というお約束事をやぶっている。これは「旅するマーメイドの神話」も同じですが、「不思議の世界の方がふつうの世界に入り込む」!?、(2)私のお気に入りのギリシア神話のキャラクター、メデゥーサが美しく描かれている。メデューサ役は美女ユマ・サーマンで、見にくい姿にされてしまった愚痴を言わせたり、うっかり見た人を石にしてしまわないように気をつかっていたり(違うか?)、エンディングの後でもう1回おまけで登場したり(映画館では、エンディングロールが終わったら帰ってしまった人いました!?)。

 でも最初からディスカウント価格で販売ということは、あまりヒットしなかったのでしょうか? 原作は、アメリカ人作家リック・リオーダンが書いた、半神半人(デミゴッド)の少年パーシーの活躍を描いた5部作のファンタジー小説シリーズ(『盗まれた雷撃』(The Lightning Thief)、『魔海の冒険』(The Sea of Monsters)、『タイタンの呪い』(The Titan's Curse)、『迷宮の戦い』(The Battle of the Labyrinth)、『最後の神』(The Last Olympian)、もっと読みたい人は、外伝などもアリ)なのですが、もう映画化されないと、ちょっと悲しいかも?


ランキング参加中です。はげみになりますので、以下のバナーのクリックをお願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント (4)

第二部(アルトロラーベの闘いのイメージソング)とドラゴンボールZのDVD

2011-08-15 00:01:32 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです!

 今日は「アストロラーベの闘い」のイメージソングBonnie Tyler―"It’s A Heartache"です! 「イッツ・ア・ハートエイク」って、あんまりというかアルトロラーベの気持ちそのまんまなのですが・・・歌っているボニー・タイラーは女性版ロッド・スチュワートと言われていた人ですが、どちらというと「しゃがれ声」のロッドと比べると「ハスキー・ボイス」のボニーは少し違うような気がするのは、私だけ?

 コンビニで買おうかどうしようか悩んでいたDRAGONBALL Z: SPECIAL SELECTION DVD「たったひとりの最終決戦~フリーザに挑んだZ戦士悟空の父」「絶望への反抗!!~残された超戦士・悟空とトランクス」、ついに買ってしまいました! 買ってみたら、何を悩んでいたんだろうと思うくらいの大傑作エピソードでした。値段も千円の超お買い得だったしね。漫画『ドラゴンボール』はもちろん全巻持っているのですが、なぜかTVのスペシャル番組は見逃しまくっていました。悟空の父バーダックは、漫画でもフリーザの回想シーンで一瞬、登場しますがず~っと見たいと思っていました。見てみたら、予想をはるかに超える素晴らしさ! トランクスのタイムマシンで現れるシーンの前のエピソードの方は、そんなに期待していなかったのですがこちらもすごくよかったです。世界観がはっきりしてる、キャラが立ってる、絵がうまい等々、けっきょく鳥山明先生が天才だという結論になってしまいます。もう一枚、ちょっとうれしいDVDを買ったのですが、そちらは次回にご報告させていただきます。どうか乞うご期待!




ランキング参加中です。はげみになりますので、以下のバナーのクリックをお願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

第二部(唄姫ライムの闘いのイメージソング)と花火大会

2011-08-14 00:13:29 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンでやんす!

 今日は地元の花火大会。子供の頃は毎年行っていたのですが、大人になってからはず~とさぼっていました。なんとなく時間が空いたので「ひとりではなんかちょっとさびしいなあ~」と思いながら、バスに乗って行ったらちょ~楽しかった。人ごみ楽しい! テキ屋さんのお店楽しい! (子供の時と比べて進化した?)花火楽しい! おねえさんの明るいナレーション楽しい! でもイチャイチャしてるカップルむかつくみたいな(苦笑)。でも花火を見ていたら、一時間あっという間でした。当たり前かもしれませんが、しかもタダ! 来年からは、時間が許せばまた行こうと思ったアヴァンでした。

 今日は、唄姫ライムの闘いのイメージソング Michelle Branch and Santana―The Game of Love(2003年グラミー賞ベスト・ポップ・コラボレーション部門受賞曲)です。母方の血がオランダ、インドネシア、フランス、父方の血がアイルランドを引くつやっポイ声のミシェル・ブランチとカルロス・サンタナの夢のコラボレーション! なんかゆったりして、すてきな曲ですね。でも、プロモがキス一〇〇連発なのが、すごいというかすてきというか・・・

 書いていてこれまでは今一つ感情移入できなかった四人の魔女たちですが、闘いに入って「そうか、君たちも苦労してきたんだね」という感じになっています(作者なのに、なんのこっちゃ!?)。どこかの国の首相のように行き当たりばったりなのがバレバレですが、お盆休みに最終章の三分の一が書き上がって、「旅するマーメイドの神話」第二部マクミラ篇もようやく終わりが見えてきました。残りの闘いにも、どうか乞うご期待!





ランキング参加中です。はげみになりますので、以下のバナーのクリックをお願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント (2)

第二部(土煙の部屋のイメージソング)と恋愛アンケート

2011-08-12 09:44:08 | 私が作家・芸術家・芸人
 「旅するマーメイドの神話」(旧題「マーメイド・サーガ」)語り部のアヴァンです! 

 夏休みに入って物語の館に訪問していただけるお客様も3週間連続で800人越え、PVも1800回越えを達成して、本当にありがとうございます。今日は、土煙の部屋のイメージソング Eurythmics--"Sweet Dreams"です。ユーリズミックスの曲の中でも、「スイート・ドリームス」は好きな人が最も多い曲の一つではないでしょうか? アメリカ人の友人から、別れ際に"Sweet dreams!"と言われて、「へ~、普通に会話でも使うんだ」と感心した記憶があります。





 「旅するマーメイドの神話」第二部のテーマは、アイ、あい、愛なのですが、これまでどなたからもコメントがなかったのを幸いと一度も恋愛に関するトークをしてきませんでした。ムムム、これはアヴァンの筆力のなさか、あるいは愛にはツライ思い出があって身につまされてしまう人が多い? Gooランキングで「恋愛&結婚ランキング」http://ranking.goo.ne.jp/rankinglist/017/1/というサイトを見つけました。恋愛に関するさまざまなアンケート結果が見られるので、恋愛に興味のある人、悩んでいる人(?)におすすめです。特に面白いと思ったのが、「男性からみてなぜ?と思う女性の行動ランキング」http://cache001.ranking.goo.ne.jp/crnk/ranking/017/mystery_action_female/です。16位「ダメ男でも愛せてしまう」、20位「寒くても薄着」、22位「別れた相手のことをあまりひきずらない」とかはなんとなく分かるのですが、28位「ひと目のあるところでキスを求める」などは、たしかに男性には理解不能・・・かも?


ランキング参加中です。はげみになりますので、以下のバナーのクリックをお願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント