財部剣人の館「マーメイド クロニクルズ 第三部」配信中!「第一部 神々がダイスを振る刻」幻冬舎より出版中「第二部 完結」

(旧:アヴァンの物語の館)ギリシア神話的世界観で人魚ナオミとヴァンパイアのマクミラが魔性たちと戦うファンタジー的SF小説

マクミラの真のバースデーパーティ・ウィズ・ミスティラ

2012-02-29 00:19:32 | 私が作家・芸術家・芸人
 4年に一度のうるう年。
 マクミラは、2月29日の真の誕生日をヌーヴェルバーグ・タワーで迎えた。ただし、四人の魔女との闘い以降、ダニエルの看病で誕生日であることも忘れていたし、友人たちも遠慮していた。
 コンコン。ノックの音がした。
「いったい、誰が?」暗闇の中で、ワイングラスを手にしたマクミラは考えた。「おそらくこのタイミングで訪ねて来そうなのは・・・」
「あの~、お姉様。昨年は、2月28日に勘違いして失礼いたしました」蚊の鳴くような声でミスティラが入って来た。
「やはり・・・」
「お誕生日おめでとうでございます。もしかして、おじゃまだったでしょうか?」
「よいのだ。わたしは人間がするようなことは、ダニエルとはしない」
「それは、どういう意味ですか?」
 柄にもなく照れたマクミラが、一瞬、躊躇した。「人間の恋人同士がするようなことだ。我らは、ヴァンパイアだからな」
「参考のために教えていただきたいのですが、デートもしないのですか?」
「バカなことを聞くな。だが、読者も知りたいかも知れないな。よいであろう。ダニエルが元気だった頃には、ひたすら夜のニューヨークの街を歩いた」
「夜の街を、歩く?」
「そうだ。かつて冥界の神官だったわたしには、肉の交わりなどは興味がない。不思議だが、ダニエルと何時間でも腕を組んで歩くことが唯一の安らぎだった。時々、冥界から抜け出して来た悪鬼共と出会うこともあったが、二人で闘うことも楽しみの内だった」
「そうなのですか」マクミラに近づいたミスティラがギョッとした。「お姉様、その顔は!」
 マクミラの顔は、痣だらけだった。
「まさか人間界で今、はやりのDVですか?」
「まさか。だが、わたしは自分では見ることができないからな。ひどい顔をしているか? あばれるのだ、ダニエルが。もう自分の中の悪と正義の対立をおさえられなくなってきているらしい」
 ミスティラが気がつくと、床にぶっ倒されたダニエルが横になっている。
「お姉様、これは・・・」
「人間になったとはいえ、まだダニエルに遅れを取るわたしではない。やられたら、倍にして返すまでのことだ」マクミラが、ゾッとする微笑みを浮かべた。「アヴァンが今、書いている第三部では再び、わたしは悪役に戻るかもしれぬ」
「まさか」ミスティラは思った。でも、それも昔のお姉様らしくてよいかも。
「もうよいであろう。せっかく、かわいい妹が訪ねて来てくれたのだ。極上のワインでも飲もうではないか」
 アオーン! 
 キル、ルル、カルの3匹が小さく哭いた。3人と3匹のパーティが始まった。
 1人は床に寝転がったままだったが。


ランキング参加中です。ご訪問された方は、はげみになりますので以下のバナーのクリックを是非お願いします
     
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

コメント

「ベルセルク」読み進め中!

2012-02-27 15:52:32 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです。

 友人が36巻まで貸してくれた『ベルセルク』ですが、読み応えがあるという言葉では月並みすぎて言い尽くせない重さがあります。「断罪篇 生誕祭の章」14から22巻も4回くらい読み返して、やっと細かい部分まで理解しました。23巻からの「千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章」も、単純に読んだ、終わった~という感じにならなくて読む方もエネルギーが必要で、非常につかれます。でも三浦建太郎先生の絵は、普通のマンガの5~10倍くらい書き込んであって、ストーリーも本当に緻密で文字通り、命を削って書いているという感じです。三浦先生ご自身が、まだ頭の中にあることの半分も出せていないとおっしゃったそうですが、たしかにストーリーを端折ったり、飛ばしたりはできない展開だと思います。

 昨日は、「旅するマーメイドの神話」第一部と第二部をプリントアウトしてみました。両面印刷ですが全部で314ページもあり、ファイルに綴じてもずっしりと重いです。でも、自分の作品なのになぜ今頃? 聡明な「アヴァンの物語の館」の読者の皆さんは、ご存じですよね。そう、アヴァンはいままで通して自分で第一部と第二部を読んだことがなかったのです・・・いつも書き直し書き直しで個々のエピソードは十回以上も読んでいるので、全体も頭に入っていると勝手に思い込んでいたら、けっこう忘れている細かいセリフやプロットなどがあり、第三部がスムーズに展開するにはもう少しお時間をいただかなくてはいけないかもしれません。


ランキング参加中です。ご訪問された方は、はげみになりますので以下のバナーのクリックを是非お願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

「ALWAYS3丁目の夕日'64」を見て来ました

2012-02-25 00:04:03 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです。

 最近、邦画も見るようになったアヴァンですが、3作目にして初めて「ALWAYS3丁目の夕日」を見ました。西岸良平先生の原作は昔から好きだったのですが、あの地味な世界を実写版でどうドラマチックにするのかなと心配していたら、あの時代は日常がこんなに大事件だったのか~と感動しました。映画を見に行く前は、実はかなりイヤ~なことがあったのですが、見た後は心が満たされました~。はやりのイヤされましたではありません、念のため。「ああ、こんな時代に生きたかった」って、アヴァンは完全にじゃないけど生きてたじゃん! 

 個人的には、「幸せってなんなんでしょうな」という三浦友和さんのセリフのシーンがよかったです。20代の二枚目時代、30代の微妙な時代、40代のだんだんポジションを確立した時代、50代のなかなかシブいいい役者になった時代も知っていますが、奥さんの三浦百恵さんが「本当にいい役者になったわね」と、最近、友人に言われるのがうれしいというコメントに納得です。

     


ランキング参加中です。ご訪問された方は、はげみになりますので以下のバナーのクリックを是非お願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン


コメント

「映画『逆転裁判』を見て来ました!」

2012-02-24 09:35:00 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです。

 テレビゲームはまったくと言っていいほどしないアヴァンなのでゲームではどうなっているのか、わからないのですが「異議あり!」の場面と証拠画像が法廷で動くシーンが見たくて(私の好きな三池崇史監督作品)「逆転裁判」に行って来ました。

     

 主役の弁護士の名前が「成歩堂龍一」というのですネ! 実はペンネームを考えた時、「なるほどう」もちょっと考えたのですが、最初は「アヴァンギャル堂」という名前でした。一部、最高のネーミングと激賛されていた(!?)のですが、「アヴァンの物語の館」を立ち上げるにあたって(1)長過ぎる!(2)ふざけすぎている!(3)全然、前衛的な(avantgarde)作品でない!という自己ダメだしが出て「アヴァン」になりました。こちらは(1)短い!(2)外国語でカッコいい!(3)わけわからない作品にふさわしい!と勝手に自己判断いたしました。

 余談ですが、ライバル検事「御剣怜侍」役の斉藤工君、顔もハンサムですが、久々の超声ハンサムですね。声がいい人って得だな~、としみじみ思いました。


ランキング参加中です。ご訪問された方は、はげみになりますので以下のバナーのクリックを是非お願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

私はベニスに住むイタリア人モデル、アントニオでした!

2012-02-21 00:53:10 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです。

 Facebookのアプリで、「もしもあなたが海外で生まれていたら、何処でどんな生活をしているでしょう?」で調べてみたら、私はアントニオというイタリア人でモデルでした(冷や汗)。でもベニスは、何度か行って好きな街なので、いいかも・・・



 私も試してみたいという人は、「もしも生まれ変わったら」を試してみてください。


ランキング参加中です。ご訪問された方は、はげみになりますので以下のバナーのクリックを是非お願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

ブログ開設700日のご挨拶

2012-02-20 01:02:45 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです。

 昨日で、おかげさまでブログ開設700日を迎えることができました。通算の訪問者数も64103人と、ついに1日平均91.5人と90人を超えることができました! いつか通算で1日平均100人を超えるのが夢ですが、これまでのエピソードのリンク集を貼ってから毎日の訪問者もコンスタントに160人を超えるようになって本当に感謝です。通算アクセス数の方も188353PVと、あと一歩で20万回を目指せるところまで来ました。

 ただし、「旅するマーメイドの神話」第三部闘う龍孔明篇の執筆に入ったため、もしかすると明日以降は不定期なアップのペースになってしまいますが、本当にいつもご愛読ありがとうございます。今後の展開にも、どうぞ請うご期待!


ランキング参加中です。ご訪問された方は、はげみになりますので以下のバナーのクリックを是非お願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

「旅するマーメイドの神話」第一部と第二部究極のリンク集?

2012-02-19 00:39:53 | 私が作家・芸術家・芸人
 アヴァンです。

 今日は、PCではなく携帯電話やスマホで「旅するマーメイドの神話」をお読みの方のために究極のリンク集のリンク集を作ってみました~。このページをお気に入りに登録しておけば、ほとんどの第一部と第二部関係の記事は読めると思います。

     第一部人魚ナオミ篇リンク集 各エピソードへのリンクが貼ってあります
     第二部神官マクミラ篇リンク集 各エピソードへのリンクを貼ってみました
     ブログ開設記念日のご挨拶集
     第一部イメージソング集(前半部分)
     第一部イメージソング集(後半部分)
     第二部イメージソング集
     第二部「四つの部屋:最後の闘い」イメージソング集
     第一部と第二部のフォトチャンネル
     映画・DVD・ミュージカルのコメント集 映画好きの方へ
     ベリーダンス動画&Belly Dance in Second Life
     四大精霊の画像リンク集 サラマンダー、ウンディーネ、シルフとノーム好きの方へ
     マーメイド映像リンク集


ランキング参加中です。ご訪問された方は、はげみになりますので以下のバナーのクリックを是非お願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

第一部人魚ナオミ篇「マーメイド画像」リンク集

2012-02-18 01:03:12 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです。

 これまでご紹介したマーメイド動画リンク集です。Second Lifeからのものもあります。ご堪能あれ!

     マーメイド映像
     マーメイド・ダンスショー
     クラブ・マーメイド
     マーメイド・ダンスショー2
     マーメイド・ダンス3
     マーメイド・ダンス4
     マーメイド・ダンス5


ランキング参加中です。ご訪問された方は、はげみになりますので以下のバナーのクリックを是非お願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント

「ベルセルク」22巻までイッキ読みしました!

2012-02-17 00:09:01 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです。

 我も第三部の執筆に、ついにとりかかり(蘭さん、コメントありがとう)コラムもお休みになる日が近づいておるのじゃ、ってネタ切れなだけだろ~! だいたい、いったい誰の口調だ! まあ、アヴァン得意の手抜きということかも知れませんが、気がつけば過去1年間では、なんと343回 / 366日(平均6.6回/週)という驚異のアップペースなので、もしもしばらくお休みになっても待っててくださいね。

 先日、映画「ベルセルク黄金時代篇I 覇王の卵」を見に行って来たと書きましたが、知り合いがこれまでに発売されたコミックス36巻すべてを持っていて貸して(課して?)もらえることになりました。コンビニで売っている大型判4巻の次のエピソードから22巻まで借りて、イッキ読みしました。具体的にプロットをパクったりはしないつもりですが、「旅するマーメイドの神話」第三部の内容も一気にダーク・ファンタジー化しました!!! 自分ながら、なんと主体性のなさ! トホホ・・・でも、最終章を完結させるためにインスピレーションを得られるために利用できるものはなんでも利用して、よいものにしていかねば! 皆様、今後の展開に請うご期待!


ランキング参加中です。ご訪問された方は、はげみになりますので以下のバナーのクリックを是非お願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン


コメント

レッド・ツェッペリン「移民の歌」

2012-02-15 23:07:40 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです。

 先日、映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のオープニングで使われていたLed Zeppelin, Immigrant Songのカバー・ソングをご紹介しましたが、やはりオリジナルが聞きたくなりましたので、以下にYouTube画像を貼っておきます。

「移民の歌」に、歌詞のわかりやすい説明が載っています。なるほど、映画の雰囲気に内容がピッタリと納得しました。名曲ですね! Laura Manilowさんのコメントを待ちたいところですね~。





ランキング参加中です。ご訪問された方は、はげみになりますので以下のバナーのクリックを是非お願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
コメント (2)